2019年08月27日(火)15時45分

『ASTRAL CHAIN』海外レビュー

achain.jpg

『ASTRAL CHAIN』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:Switch
  • 開発:プラチナゲームズ
  • 販売:任天堂
  • 概要:近未来都市を舞台に、特殊部隊ネウロンと異形生物の戦いを描くアクション

9.5/10 CGMagazine

『Astral Chain』は、極めて独創的で満足感の高い戦闘システムでジャンルに革命を起こす、素晴らしいキャラクター・アクション・ゲームだ。

9.3/10 Wccftech

良い点:
・面白いサイバーパンク設定
・アニメ風味が強い
・魅力的な物語
・素晴らしい探索と捜査メカニック
・作り込まれた戦闘システム
・膨大なコンテンツ
悪い点:
・あまり長くないメイン・ストーリー
・Sランクの獲得が非常に簡単
・低い難易度

『ASTRAL CHAIN』は、文句なくプラチナゲームズの最高傑作の一つであり、Switch独占ゲームの最高傑作の一つである。プラチナ過去作の要素を巧みに盛り込んだド派手なアクション・ゲームプレー、魅力的な捜査と探索メカニック、楽しい物語、膨大なコンテンツなど、『ASTRAL CHAIN』はアクション・ゲームのファン必携のゲームである。低い難易度やバランスの悪い評価システムのせいで、S+を取るのが簡単すぎることだけが玉に瑕ではあるが。

91/100 COGconnected

良い点:
・素晴らしいプラチナゲームズ流アクション
・ローカル協力プレー
・多彩な音楽
悪い点:
・序盤は手に余るアクション
・古臭いグラフィック

『ASTRAL CHAIN』は、Switchの独自性を活かした素晴らしいアクション・ゲームだ。プラチナゲームズの傑作群と堂々と肩を並べており、日本のアクションRPGや3人称アクション・ゲームが好きなら、必ず満足できるはずだ。隅々まで満足できるだろう。

9.0/10 Game Informer

コンセプト: ナラティブはとっ散らかっているが戦闘と探索は楽しい、2キャラを同時に操作するSFアクション
グラフィック: 未来都市は美しく描かれており、エイリアン次元の赤い光がいい感じに相殺。アニメーションは超一流の出来
サウンド: 無口な主人公はあまり上手く機能しておらず、一部の脇役の演技もやり過ぎだ。音楽に関しては、静かなメロディが戦闘が勃発すると唸るようなヘビーメタルへと変化するのが最高
プレー性: 練られた操作性とAIアシストのお陰で、2キャラを同時に操作するゲームに付き物の違和感を最小限に抑えている
エンターテイメント性: サイド・ミッションからクリア後のコンテンツまで、最初から最後までプレーヤーを飽きさせない

『Astral Chain』は最高に楽しく、終わってほしくなかった。プラチナは素晴らしい新ユニバースを創り上げており、今後アニメや映画、願わくば続編へと発展していってもらいたい。デュアル・アクション・ゲームプレーも創意工夫に富んでおり、プラチナ過去作ほど難易度は高くないものの、無双感を堪能できるデュエットを生み出している。軸がぶれまくる物語が最大の弱点かもしれないが、最高の場面もいくつか収められているし、予想だにしないどんでん返しも用意されていた。なんにせよ、凄いゲームである。

良い点:
・取っ付き易いが極めるのは難しい素晴らしい戦闘システム
・膨大な数のアップグレードとアンロック可能な能力
・楽しい捜査セクションとプラットフォーミング・パズル
悪い点:
・狭い空間で色々起きるとカメラが見にくくなる
・ビジュアル的にバラエティ不足な舞台設定

破裂せんばかりにアイデアが詰まっており、全てが完璧に機能するばかりか伝染しそうなバカっぽい楽しさに満ち溢れた、プラチナによる新たなアクション・ゲームの古典。

9.0/10 God is a Geek

良い点:
・素晴らしく独創的なコンセプト
・素晴らしいサウンドトラック
・高いリプレー性
・TVモードと携帯モードの両方で美しく滑らか
悪い点:
・出来の悪いステルス
・違和感のあるプラットフォーミング

初心者にも取っ付き易く、戦闘を極めたい人を満足させる奥深さもある素晴らしいゲーム。混雑した市場において、『ASTRAL CHAIN』はその独自性で際立っており、素通りするのバカだ。

9.0/10 IGN

『Astral Chain』はプラチナの新たな傑作で、今世代最高のアクション・ゲームの一つである。ロボットを従えてエイリアンの侵略と戦うのは、ぱっと見よりもはるかに楽しい。戦闘以外でも、世界観やキャラクターが実に生き生きとしている。手に汗握る戦闘と魅力的な探索のバランスも絶妙で、最高に充実した風変わりなライドに仕上がっている。

9.0/10 Destructoid

『Astral Chain』にどんな批判を浴びせようとも、ユニークでナイトは決して言えないはずだ。最初の数時間は、私の評価の激しく上下した。だが一旦エンジンがかかりだすと、プレーを止められなくなってしまった。

4.5/5.0 Twinfinite

良い点:
・ひたすらスタイリッシュでプレゼンテーションも目を見張る
・唯一無二の戦闘
・世界観構築に力を入れた魅力的なメイン・ストーリー
・バリエーション豊富なゲームプレー
悪い点:
・場違いに感じるステルス・セクション
・中途半端に感じる協力プレー

『Astral Chain』は、間違いなくSwitch最高傑作の一つである。プラチナゲームスはまたしてもスタイリッシュなアクションにかけては右に出る者がいないことを証明しており、いつか再びアークを再訪できる日が来ることを心から願う。

4.5/5.0 Screen Rant

『Astral Chain』の主な欠点は協力プレー・モードと、稀に手が負えなくなってスコア・アタックの邪魔になる戦闘時のカメラくらい。なんにせよ、やることも多様性に富んでいるし、優れたナラティブの土台のお陰で生き生きとしたSwitch独占ゲームに仕上がっており、年末までプレーヤーを飽きさせないはずだ。

リプレー性も非常に高く、新たな難易度をアンロックすればまた戦闘を楽しめるし、違うリージョンで異なる装備やアップグレードを試すこともできる。プラチナはようやくSwitchでも一流のオリジナルIPを生み出した。そのブランドに相応しい洗練された妥協のないアクション・アドベンチャーであり、新たなヒット・フランチャイズの誕生である。

ユニークな戦闘システムから豊かなRPGメカニックまで、『Astral Chain』にはプラチナゲームスらしさが詰まっている。世界観、物語、空気感は嬉しいオマケ――本作はプラチナの最高傑作の一つであり、田浦貴久氏は華々しくディレクター・デビューを飾っている。

8.0/10 GameSpot

良い点:
・楽しいツール満載の独創的で爽快な戦闘システム
・ボリューム満点のキャンペーンを飽きさせないバラエティとペース配分
・スタイリッシュで生き生きとしたアニメ風のプレゼンテーション
・ノリノリのハウスからハードなロックまで、トーンを決定付ける最高の音楽
悪い点:
・たまに不正確でイライラさせられる動き
・物語の足を引っ張る陳腐さ

『ASTRAL CHAIN』の欠点は、長所の妨げにはならない。スタイリッシュ・アクションの傑作の数々によって築き上げられたプラチナゲームスの土台の、驚異的な新解釈となっている。アニメ風センスのお陰で、戦闘がとにかく爽快なのだ。改めて戦闘にはせ参じる前に落ち着ける、戦闘間に変化を付ける静かな場面もありがたい。40時間ほどプレーしてもまだ、より困難な試練に立ち向かいたい気持ちにさせてくれるし、全てのムーブを決める様子を眺めながら、私は大きな笑顔を浮かべるはずだ。

8.0/10 Shacknews

良い点:
・最高のアニメ風ビジュアル
・初心者向けモード
・引き込まれるプロット
・捜査
・個別のハブ世界に感じる各ステージ
・キャラクター・カスタマイズ
・野良猫の救助
・犬のラッピー
悪い点:
・酷いカメラ・アングル
・崖から落ちまくる
・剣の角度を合わせる

プラチナは、『ASTRAL CHAIN』で驚異的な世界を生み出している。ゴージャスだし、プロットは魅力的、捜査は非常に新鮮だ。戦闘メカニックには改善の余地があるかもしれないものの、少なくとも開発チームに論争になるかもしれないという先見の明があったのはクールだが、それでも初心者向けモードを用意するなど、盛り沢山のゲームである。あらゆるタイプのプレーヤーに対応したゲームを責めることなどできないだろう。

8.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・プラチナらしい爽快な戦闘、特徴的なビジュアル、最高の物語
・戦闘に深みを加えるレギオン操作
・気分転換になる捜査と探索
・取っ付き易い難易度オプション
悪い点:
・ゲームから個性を吸い取る無口な主人公
・いつまでも不自然さが付きまとうレギオン操作

爽快な戦闘、特徴的なビジュアル、充実した物語など、『Astral Chain』にはプラチナの傑作の勝利の要素が詰まっているが、少々個性が失われている。『Bayonetta』や『2B』が感情的な軸を有していたところを、『Astral Chain』の無意味に無口な主人公は、魅力的な世界に救われた、魅力の薄い存在となっている。

4.0/5.0 USgamer

『Nier Automata』のデザイナー田浦貴久氏は、ディレクター・デビューとなる『Astral Chain』で、自らが注目すべきクリエーターであることを証明している。メロドラマ調のアニメであり、複雑すぎるたまごっちでもある『ASTRAL CHAIN』は、シングルプレー・ゲームでは珍しく優れた連携の良さを実感させてくれるアクションRPGとなっている。『Nier』で蒔かれたアクションの種を発展させた『Astral Chain』は、戦場の内外で愛らしいペットのサイバーモンスターとの絆を深めたい気持ちにさせてくれる。そして、戦場では一つになるのだ。

4.0/5.0 EGM

『Astral Chain』は派手でケバく、エキサイティングで、盲目的な忠誠心の危険性についての警告だ。動きの止まらないアクション・シークエンスとカラフルなキャラクターのせいで、手の込んだ戦闘とジャンルの王道物語だけのゲームに見えるかもしれないが、最後までちゃんと付き合えば、2070年代の警官が単なるベタなSF警官ではないことを見せ付けてくれるはずだ。