2019年10月10日(木)03時26分

『Tom Clancy’s Ghost Recon Breakpoint』海外レビュー

breakpoint.jpg

『Tom Clancy’s Ghost Recon Breakpoint』の海外レビューです。

  • ジャンル:シューター
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Ubisoft Paris
  • 販売:Ubisoft
  • 概要:前作に続きオープンワールド環境を舞台にした人気タクティカル・シューター最新作

8.25/10 GameCrate

グラフィック 8.0: 生態系に多様性はないものの、PC版のミディアム設定ですら美しいゲームだ。キャラクターのモデリングも、カットシーン中は特に良くできている
オーディオ 8.0: 笑っちゃうほど濁声なNormadとは対照的にCole Dを演じるジョン・バーンサルの好演が光る。他の声優たちの演技も良く、Auroraには音楽スコアと野生動物によるアンビエント・サウンドが充満している
ゲームプレー 8.0: Nomadの動きは少し堅苦しく、特に勢いと滑らかさが生き残るためには最優先になる緊迫した銃撃戦時に顕著だが、これほど戦術的選択肢の多いゲームは他に存在しない
リプレー性 9.0: 現時点でも膨大な量のリワードや成長要素が盛り込まれているし、野心的な発売後のサポート予定のお陰で、コンテンツは増えるばかりだ

前作とは違い、『Ghost Recon: Breakpoint』はRPG的なハクスラ要素とレベル・メカニックによって、ターゲット層を遠ざけてしまうリスクを冒している。しかし、ハクスラ的要素や蔓延するゲーム内課金と折り合いをつけることができるシューター・ファンは、瞬間瞬間のゲームプレーを存分に楽しめるはずだ。ファンが望んだタクティカル・シューターとは異なるものの、あらゆるシューター・ファンに長期的価値をもたらすであろうことは否定しようがない。

81/100 COGconnected

良い点:
・最高のオープンワールド箱庭
・優れた成長要素
・美しいグラフィックとサウンド・デザイン
・充実した物語
悪い点:
・ビジュアル、オーディオ、UIのグリッチ
・PvPのバランスの悪さ
・ゲーム内課金だらけ

フレームレートの低下やサーバーからの切断に何度か遭遇したものの、意図通り機能した時の『Breakpoint』は最高のゲームである。進化し続けるタイプのゲームだけに、ビジュアルとオーディオのグリッチは修正してもらいたい。マルチプレーのスナイパー・ライフルなどはバランス調整必須だし、配信予定のDLCは、最高の物語をさらに豊かにしてくれるはずだ。『Breakpoint』を長くプレーしてみて、私は今後が楽しみになっている。

7.0/10 Softpedia

良い点:
・本物の俳優による良く出来たストーリーライン
・PCに最適化された美しいエンジン
・豊富なシングルプレー・コンテンツ
悪い点:
・アグレッシブなゲーム内課金
・細かなグリッチと技術的不具合
・少々雑な車の物理演算
・無理矢理に感じられる協力プレー

私はこのシリーズや新作の設定が大好きだが、本作が目指すものは好きになれないので、『Tom Clancy’s Ghost Recon Breakpoint』に対しては複雑な気持ちを抱いている。本作は、ゲームをサービス化するUbisoftが推し進めている戦略の一部なのだ。

往々にして、ゲーム内ストアを正当化するための道具にしか見えないことがある。発売後に小銭を稼ぐ手段だ。しかし、全てが上手くいくと、真のゴースト気分で無双することができるのだ。

『Tom Clancy’s Ghost Recon Breakpoint』には追加コンテンツが配信予定だが、本作はマルチプレー・メインで、シングルプレーは後付けに過ぎないことが明白だ。『Breakpoint』がより洗練された体験への第一歩になることを願ってやまない。

7.0/10 Video Gamer

良い点:
・ステルスでのヘッドショット
・ジョン・バーンサル
・戦利品漁り
悪い点:
・戦術的緊迫感に欠ける
・戦利品漁り

Ubisoftに対して懐疑的になるのは容易だが、私はその信頼性を称賛したい。アイテム漁りが楽しく、ジョン・バーンサルの演技が全体を押し上げる優れたシューターだ。飽きるまでの数日間は存分に楽しめるだろう。

7.0/10 DualShockers

『Ghost Recon Breakpoint』には多くの問題があるが、成長の余地も多大に残されている。これは、『Ghost Recon Wildlands』のファンを念頭に置いて作られたゲームなのだ。まだ買おうか迷っている人は、複数のコンテンツやパッチが配信されてからなら安心して購入に踏み切ることができるだろう。欠点はあるものの、一人でも友達と一緒でも大いに楽しめるゲームであることは間違いない。あとは上向きになるだけだし、長所短所を考慮したうえで、Ubisoftが本作をどこまで成長させることができるのか、非常に楽しみである。

70/100 GamingTrend

良い点:
・美しい世界デザイン
・ユニークな物語と突出した演技
・協力プレー・メカニック
悪い点:
・単調なミッション構造
・退屈なサバイバルRPG要素の追加
・シンプルなマルチプレー・デザイン

この結論には複雑な気持ちを抱いているが、私はUbisoftが『Breakpoint』で無難にやり過ぎたと感じている。殆どリスクを冒しておらず、それが顕著に表れているのだ。とはいえ、『Ghost Recon Breakpoint』は良いゲームだが、残念ながら『Wildlands』からは後退していると思う。発売を延期させていれば、問題を解決できていたかもしれない。ファンが愛する『Ghost Recon』にそぐわない要素が多すぎるのである。無料DLCの配信も予定されているので、まだ挽回の余地は残されている。全てを鑑みれば、『Breakpoint』は安泰であり、今後が楽しみと言える。

6.5/10 Gameplanet

良い点:
・手に汗握るステルス・ゲームプレー
・豊富なミッションとサイド・アクティビティ
・最高の演技を見せるジョン・バーンサル
・素晴らしい戦闘サウンド
・快適な移動
・最高に楽しい協力プレー
悪い点:
・酷い敵AI
・不安定なパフォーマンス
・屋内で邪魔になるカメラ
・レベルに関係なくバラエティが少ない装備品
・Ubisoftのオープンワールド・ゲームに共通の要素が盛りだくさん
・気まぐれに感じる装備品のスコア

『Ghost Recon Breakpoint』に目新しさはないが、戦術的に戦うことを厭わないなら、存分に楽しめるだろう。物足りない部分も多いし、ライバルには及んでいないが、シューターやステルスのファンは最高に楽しめるはずだ。パフォーマンス上の問題が足を引っ張っているし、一部のデザイン決定にも首をかしげたくなる。3人称シューターのファンで、オープンワールド・ゲームが大好きなら、あまり期待しない限り、試してみても後悔しないはずだ。

良い点:
・膨大な量のコンテンツ
・中毒性のある装備品スコア・アップグレード
・圧倒的な勢力を相手に射撃で乗り切る楽しさ
・ボリビア人を不快にしない舞台設定
悪い点:
・フル・プライスのゲームでゲーム内課金重視なのは不快
・大量のバグ
・概ね不必要な銃のアップグレード・システム
・今世代のトリプルAゲームにしては最低のセリフと演技

Ubisoftの他のオープンワールド・ゲームのアイデアをありったけ詰め込んでいるが、楽しい新たなアイデアも盛り込まれている・・・山ほどのバグとゲーム内課金も一緒に。

3.0/5.0 Hardcore Gamer

『Tom Clancy’s Ghost Recon: Breakpoint』は、全体的には良いゲームだ。最大の不満は、最近のUbisoftシューターの寄せ集めに感じられることで、独自性を盛り込もうという試みはみられるものの、最近プレーしたばかりのような気がしてしまうのである。にもかかわらず、本作はそれなりに楽しめるし、『Wildlands』や『The Division 2』がもっとプレーしたい人なら、同じ興奮を得られるはずだ。最近のゲームから派生した類似ゲームのお陰で過剰な期待をせずに済んでいる人は、『Ghost Recon Breakpoint』を大いに楽しめるだろうが、劇的に異なる内容や新鮮味を求める人にとっては、長旅になるかもしれない。

2.5/5.0 Games Radar+

良い点:
・『Wildlands』から大幅に改善された物語
・戦術的駆け引きとシューティングが爽快
悪い点:
・バグ満載でゲームプレーの邪魔をすることも
・移動が面倒で退屈な場面が多い
・バカみたいに単調

前作に酷似しているにもかかわらず、『Ghost Recon Breakpoint』はメカニックがオープンワールドの姉妹作品と酷似しており、フランチャイズの退化のように感じられる。

Ubisoftの最近のゲームのベスト・アルバムのようなゲームである『Ghost Recon Breakpoint』は、重要な箇所全てでシリーズの良さを再現することに失敗している。

2.5/5.0 Screen Rant

『Breakpoint』は非常に美しいゲームだが、いつものUbisoftの箱庭に『Tom Clancy’s Ghost Recon』のペンキを塗っただけだ。チーム制のタクティカル潜入、ガジェット、寝返った兵士のありきたりな物語がお望みなら、『Ghost Recon Breakpoint』が全て応えてくれる。色々な銃やドローンで倒せる敵が満載の島を舞台にした箱庭ゲームが欲しいだけなら、『Breakpoint』で満足できるはず。ゲーム内課金や直感的ではないメニューで満載のユニークなオフライン体験を探しているなら、他を探すべきだ。初日からサーバーが落ちてゲームにアクセスできない人がいるくらいなのだから。

4.0/10 CGMagazine

『Ghost Recon Breakpoint』は煩雑なゲームで、中途半端に多くのことに手を出してしまったため、何になりたいのか分からなくなってしまっている。

2.0/5.0 EGM

より良い装備品を求めてアイテムを漁るのは現代ゲーミングの主流だが、『Ghost Recon Breakpoint』ほど不必要でシニカルに感じたことはない。『Wildlands』と『The Division』を融合させた『Breakpoint』の装備品システムは、エリート特殊部隊員としての没入感を台無しにしている。それが唯一の問題点ならマシだったのだが、予定調和な物語、ムラのあるグラフィック、酷いオープンワールドなど、同じパブリッシャーによる複数のIPを融合させる試みとしては失敗している。

3.0/10 Destructoid

私はシリーズの長年のファンで、本作にもチャンスを与えたのだが、残念ながら『Breakpoint』は失敗作だと言わざるを得ない。これ以下は存在しないのであとは改善されるだけだと思うが、現時点では到底完成品とは見なせない。