2019年09月24日(火)02時45分

『AI: ソムニウム ファイル』海外レビュー

aisf.jpg

『AI: ソムニウム ファイル』の海外レビューです。

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種:PS4/PC/Switch
  • 開発:スパイク・チュンソフト
  • 販売:スパイク・チュンソフト
  • 概要:連続殺人事件を追う刑事を描く、東京を舞台にしたアドベンチャー・ゲーム

94/100 RPG Fan

良い点:
・最高の心理/SF要素を盛り込んだ素晴らしい物語
・真実味のある風変わりなキャラクターたち
・独創的なソムニウム・パート
・寛容なQTEセクション
・フローチャートの使い方
悪い点:
・会話ロード時のラグ
・要約の繰り返しが多い
・イライラするソムニウムの時間制限
・違和感のある英語版のリップ・シンク

『AI: ソムニウム ファイル』は、ビジュアル・ノベルの中でも最後まで楽しめる作品に仕上がっている。

9.2/10 Video Chums

良い点:
・面白い物語とチャーミングな個性を備えた楽しいキャラクターたち
・プレーヤーを飽きさせない分岐するストーリーライン
・ユーモアの巧みな活用
悪い点:
・どうすれば先に進めるのか分からない場面がある

私はすっかり『AI: ソムニウム ファイル』の虜になってしまった。質の高いキャラクターや物語に、多種多様なゲームプレーと楽しい捜査パートが加わり、日本製探偵ゲームのファン必携のゲームとなっている。

9.0/10 RPG Site

『AI: ソムニウム ファイル』は、探偵ゲームのファン必携のゲームだ。大胆かつ独創的で魅力にあふれており、ビジュアル・ノベルの進化形に感じられる。『刻のジレンマ』で燃え尽きた人々からの様々な懸念も散見されたものの、本作では全て解消されているように感じる。完璧には程遠いものの、欠点は極めて些細なものばかりだし、今年最も強力なナラティブを堪能できる。ファンも新参者も、『AI: ソムニウム ファイル』を大いに楽しめるはずだ。見逃すな。

8.0/10 Wccftech

良い点:
・捜査パートに彩を添える短いQTEシークエンス
・狂った解法を可能にしたソムニウムの夢世界
・スパイク・チュンソフト最高のローカライズ
・英語と日本語の音声を選択できる
・好きな時に物語の好きな場所をプレーできる
悪い点:
・ドラマチックな見せ場が奇妙で低予算に感じられる限定的なキャラクターのアニメーション
・打越氏のSFスリラーを楽しむには不信の停止が不可欠
・失笑物の英語音声

恐ろしい現場を目撃したトラウマと被害者の夢の関係性を掘り下げた、ぶっ飛んだ殺人ミステリーを引っ提げて、打越氏が帰ってきた。

8.0/10 GameSpot

良い点:
・主人公たちのやり取りも楽しい面白いSF設定
・感情移入できる描き込まれたキャラクターたち
・物語をより魅惑的にする奇妙で恐ろしいソムニウム世界
悪い点:
・ソムニウムの時間制限のせいで、重要な場面で必要以上にイライラする

夢シークエンスでイライラすることもあるとはいえ、『AI: ソムニウム ファイル』は楽しくスリリングで魅力的な体験に仕上がっている。物語には引き込まれるヒネリやショッキングなサプライズが満載だし、キャラクターたちの物語にも感情移入させられる。夢世界は進行中のミステリーに心理ホラー要素を加えており、主人公たちのやり取りもユーモラスで、捜査を楽しくしてくれる。『AI』は、忘れがたい奇抜な探偵物語だ。

8.0/10 DarkZero

『極限脱出』シリーズをはじめとする打越鋼太郎氏のストーリーテリングが好きな人なら、彼の最高傑作の一つである『AI: ソムニウム ファイル』は必携だ。失笑物の下ネタを批判する人もいるかもしれないが、それでもキャラクターたちや素晴らしい近未来設定を備えた強力な物語展開が際立っており、他の未来警察物よりもディストピア色は薄いものの、魅力や思慮深さでは全く負けていない。

4.0/5.0 Trusted Reviews

良い点:
・魅力的で入り組んだキャラクターたち
・物語に大きく影響するプレーヤーの決断
・強力で先の読めないコア・ナラティブ
・最後まで飽きさせない台詞とパズル・メカニック
悪い点:
・適当で非論理的に感じることのあるパズルの解法
・不必要な説明を延々と聞かされることがある

『AI: ソムニウム ファイル』は打越鋼太郎氏の新たな傑作で、スパイク・チュンソフトの名高いフォーミュラを進化させつつ、大胆な新機軸に挑戦している。ビジュアルとメカニックはイマイチだが、いくつかの欠点を許容できるなら、素晴らしいアイデアに満ちた極めて独創的なアドベンチャーとなっている。

イライラする箇所もあるものの、『AI: ソムニウム ファイル』ほど没入感のある物語は殆ど存在しない。

6.5/10 ZTGD

良い点:
・最高なソムニウム・シークエンス
・面白い題材
・ジャンルのファンなら親しみやすいコンテンツ
悪い点:
・退屈な説明
・盛り上がりに欠けるオープニング
・テンポが悪い

『AI: ソムニウム ファイル』には素晴らしい瞬間もあるものの、まとまりのないナラティブと捜査プロセスが足を引っ張っている。非常にクールなソムニウム・シークエンスを別にすると、引き込まれるものが何もないのである。私は魅力を感じなかった。とはいえ、このジャンルのファンならチェックする価値はあるし、度肝を抜かれることはないだろうが、安心して楽しめるだろう。

3.0/5.0 Twinfinite

良い点:
・面白くて楽しめるソムニウム・パズル・シークエンス
・ゲームに活気をもたらす最高のキャラクター
・物語を綺麗にまとめ上げる練られた結末
悪い点:
・粗削りでテンポが悪い序盤の数時間
・全体的な物語のテンポが悪い
・イマイチな脚本
・プレー時間を長くするために中弛みした捜査シークエンス

『AI: ソムニウム ファイル』は、一見するととても面白そうな要素満載だが、テンポの悪さと質の低い脚本が足を引っ張っている。素晴らしい『極限脱出』シリーズに相応しい後継作を探しているなら、これではない。

58/100 COGconnected

良い点:
・引き込まれるプロット
・素晴らしい演技
悪い点:
・非論理的な脚本
・ギャグがスベっている
・古臭いグラフィック

充実したプロットを備えたビジュアル・ノベルを探していて、酷い台詞を許容できるなら、『AI: ソムニウム ファイル』は諸手を上げておススメできる。しかし、その充実したプロットに辿り着くのを全力で阻止するかのような本作を、それ以外の人におススメすることは難しい。ゲームプレーは安定しているが、宣伝文句のようなアドベンチャー・ゲームというよりもビジュアル・ノベルに近いので覚悟すること。