2020年01月21日(火)16時11分

『ドラゴンボールZ カカロット』海外レビュー

dbzk.jpg

『ドラゴンボールZ カカロット』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクションRPG
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:サイバーコネクトツー
  • 販売:バンダイナムコエンターテインメント
  • 概要:『ドラゴンボールZ』をオープンワールドで追体験できるアクションRPG

良い点:
・最高のアート・スタイル
・豊富な収集要素
・取っ付きやすく楽しい戦闘
悪い点:
・残念な環境のディテール
・盛り上がりに欠ける一部の物語展開

『ドラゴンボールZ カカロット』は、『DBZ』のファンなら必携だ。主人公たちを操ってアニメの名場面を追体験するのは格別。確かにアニメの時のようなインパクトに欠ける場面もあるし、物語展開の細部が失われてもいる。しかし、100%のコンプリートを目指すと軽くその倍は超えるであろう40時間に散りばめられたプレーできる名場面の多さだけでも、ファンは満足するはずだ。

8.0/10 GameSpew

『ドラゴンボールZ カカロット』は間違いなく『ドラゴンボール』ファンのためのゲームだが、興味はあるがアニメを最初から見るだけの時間がなかった私のような人間の方が、より楽しめるのではないかと感じる。私のような人間なら、物語が改変されていることも気にならないし、原作と比較したりもしない。『ドラゴンボールZ カカロット』では、欠点と無縁ではないがやりがいのあるエキサイティングなアクションRPGゲームプレーを楽しみつつ、壮大な物語をただ楽しむことができる。『DBZ』とビデオゲーム両方のファンなら、『ドラゴンボールZ カカロット』を楽しめるはずだ。アクションRPG全般が好きというだけでも、大いに気に入るだろう。

『ドラゴンボールZ カカロット』は過去作を参考にしつつ、様式化を強めることで差別化を図っている。問題がないわけではないが、長所が短所を十分すぎるほど補っている。いずれはファンの良い思い出になる類のゲームである。

75/100 GamersHeroes

『ドラゴンボールZ カカロット』は、人気フランチャイズを深く掘り下げており、新規ファンやカジュアル層の入門編に最適のゲームだ。しかし、シリーズの古くからのファンは感心しないかもしれない。滑らかかつスピーディでビジュアルが凄まじい戦闘に魅力的なアイデアを組み合わせるなど、『ドラゴンボールZ カカロット』には良いところが沢山あるが、それでも姉妹作品の『ゼノバース』ほどの独創性や充実度は感じられない。

7.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・ゴージャスなビジュアルと優れたカットシーン
・ファンを喜ばす細かなディテールやキャラクターたち
悪い点:
・斬新さのない戦闘
・不必要に感じるレベル・システム
・嫌な沈黙が多い英語音声
・シンプル過ぎるアクティビティやサイド・クエスト

『ドラゴンボールZ カカロット』は、丁寧かつ敬意をもって伝説的な物語を移植している。オリジナルの音楽はあるし、オリジナルのキャラクターたちは登場するし、名場面も見事に映像化されている。これがビデオゲームで初めて語られた物語であったなら、凄まじい体験になっていただろう。しかし、何度目かのセル編をフリーザが倒されるまで見届けるには、『ドラゴンボールZ カカロット』は無難すぎるのだ。過去に『DBZ』のゲームをプレーしたことがあるなら、本作をプレー済みも同然だ。

7.0/10 Wccftech

良い点:
・ファンサービスが多い
・野心的なオープンワールド
・忠実なアート・スタイル
・素晴らしいカットシーン
悪い点:
・単調なサイド・クエストと戦闘
・水増しの多い退屈な探索
・非直感的なメニュー

『ドラゴンボールZ カカロット』は玉石混合だ。熱心な『ドラゴンボール』ファンなら、名場面の数々に笑顔が絶えないだろう。しかし、探索や戦闘はあっという間に退屈になってしまう。フル・プライスではおススメしにくいが、セールで手頃になればファンは買わずにいられないだろう。

良い点:
・先に進むにつれ面白くなる戦闘
・盛り沢山のオープンワールド
・豊富なファンサービス
・優れたグラフィック
悪い点:
・面白くないサイドクエスト
・既視感の強いプロット
・非直感的な飛行操作
・技術的不具合

アニメを忠実に再現しているが、シリーズのファンにとってすら既視感が強く、良く出来てはいるものの突出したところのないアクションは、穴を埋めるには不十分だ。

7.0/10 Destructoid

『ドラゴンボールZ カカロット』は、アニメ・ゲームの大傑作ではない。ファンではない人間を、数十年の歴史を持つこの古典ユニバースに引き込む力はない。未だに『DBZ』を見返すことのある人間ですらイライラすることがあるが、そこを耐えるだけの価値はある。

3.5/5.0 Trusted Reviews

良い点:
・ワールドの素晴らしいディテールとUIデザイン
・『ドラゴンボールZ』の物語全てを語る
・盛り沢山のファンサービス
悪い点:
・物足りないサイドクエスト
・固すぎるボス
・イライラする戦闘操作

40時間を超えるメイン・ストーリーやバラエティに欠けるサイドクエストなど、『ドラゴンボールZ カカロット』は少々長すぎるかもしれない。美しいグラフィックや豊富なファンサービス、熱心なファン向けのノスタルジアはあるものの、その価値があるように感じられないことが多いのだ。