2020年03月31日(火)20時10分

『BIOHAZARD RE:3』海外レビュー

re3rc.jpg

『BIOHAZARD RE:3』の海外レビューです。

  • ジャンル:サバイバル・ホラー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:カプコン
  • 販売:カプコン
  • 概要:1999年に発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイク版

94/100 COGconnected

良い点:
・まさにリメイクのお手本
・驚異的なビジュアル
・素晴らしいサウンド・デザイン
・ゲーム史上最高のゾンビ
悪い点:
・古臭いインベントリー管理
・不安定に感じる避け動作

カプコンが『BIOHAZARD RE:3』や『BIOHAZARD RE:2』のように丁寧に作られたリメイクを出し続けるなら、今後が楽しみでしょうがない。本作がオリジナルのメカニック的な欠点に固執する一方で、ゲームの大半は我々が20年前に恋に落ちたゲームの見違えるような再現となっている。「再現」という言葉を軽く用いたのは、これが新旧プレーヤーを震え上がらせる準備万端の完全新作に仕上がっているからだ。唯一残された疑問は、次は『BIOHAZARD 4』の出番なのか?ということだ。

9.0/10 Game Informer

コンセプト: 敵、パズル、環境を全て作り直したこの3人称シューターでラクーン・シティに舞い戻る
グラフィック: クリーンかつ鮮明で、モンスターのデザインは当然ながらグロテスク
サウンド: アクションにマッチしたサウンドトラックは手に汗握る。銃弾が飛び交っていない時でも、アンビエント・エフェクトやゾンビの唸り声がハラハラさせてくれる
プレー性: 前作同様、肩越しガンプレーは爽快。残念ながら、避け動作は少々不安定
エンターテイメント性: またしても素晴らしいリメイクであり、ゲームを通して容赦なく追ってくるネメシスは恐ろしい敵だ
リプレー性: 高め

このリメイクでカプコンは、シリーズで最も人気のない作品を見事に改善してみせた。『BIOHAZARD RE:3』はよりアクションに重きを置いているため、じっくり考える暇が減っているものの、凄まじいスリリングなライドに仕上がっている。ネメシスが初めて壁をぶち破って登場した瞬間からバクバク言いだした私の心臓は、最後のクレジットに到達するまで落ち着くことはなかった。

9.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・素晴らしい見せ場
・高いリプレー性
・素晴らしい見た目と感覚
・ネメシスは素晴らしい悪役
悪い点:
・周回プレーしない場合は短く感じるかも
・狭すぎるように感じる一部エリア
・ネメシスとの遭遇がもっとダイナミックだったら良かったかも

カプコンは『BIOHAZARD RE:3』で素晴らしい仕事を見せており、サバイバル・ホラーの古典を見事に現代に蘇らせている。プレーヤーをひねり潰すためにネメシスが帰ってきた。

9.0/10 God is a Geek

良い点:
・素晴らしいネメシス
・目を見張るビジュアル
・真実味のある優れた演技
・シームレスなパフォーマンス
悪い点:
・問題になるかもしれないインベントリー管理
・厄介なエイミング

『BIOHAZARD RE:3』は見事なリメイクで、ネメシスがハイライトだ。インベントリー管理やエイミングは問題になるかもしれないが、それでも素晴らしいゲームである。

9.0/10 GameSpew

ハラハラドキドキで言えば、『BIOHAZARD RE:3』はシリーズ最高のキャンペーンかもしれない。細かな作業は少なめで、どんどん先に進むことができるのだ。アクション寄りなのは確かだが、たまに恐ろしいほど緊迫する場面もある。『BIOHAZARD RE:2』はこのシリーズの魅力を再確認させてくれたが、『BIOHAZARD RE:3』はその感情を強固なものにしてくれた。『BIOHAZARD RE:3』は新旧の素晴らしい祝福であり、今後のシリーズにはこのフォーミュラを捨てずに行って欲しいと思う。

4.5/5.0 Hardcore Gamer

単体で判断すれば、『BIOHAZARD RE:3』はカプコンの新たな傑作だ。オリジナル至上主義者は不満かもしれないが、前作のファンなら確実に楽しめるはずだ。この2作を比較するのは難しいが、『BIOHAZARD RE:3』はオリジナル同様にアクション要素多めで、綺麗に6時間から10時間のキャンペーンにまとめている。ビジュアル的には、前作を凌駕している箇所もあれば、不安定なフレームレートのせいで前作に劣っている箇所もある。ジルとカルロスは良く出来ているし、ネメシスは最高に恐ろしい。『BIOHAZARD RE:3』では、パズルが抑えめで戦略が前面に出ている。取って付けたようなレジスタンスは必要なかったと思うが、繰り返しプレーするのが好きな層を魅了するかもしれない。技術的不具合も無視できないが、カプコンは本編とレジスタンスで一つの完成されたパッケージとのことなので、ボーナス・コンテンツ的なレジスタンスに不満を言うのは難しい。注目すべきなのは、この『BIOHAZARD 3』リメイクが前作と同じくらい素晴らしい出来栄えという点なのだ。

オイルが馴染んだ機械のように、『BIOHAZARD RE:3』はカオスなアクションを短時間届けてくれる。タイトなゲームプレー、ゴージャスなビジュアル、刷新されたキャラクター・デザインなど、カプコンは見事に古典を現代に蘇らせている。

8.5/10 Wccftech

良い点:
・ジルとカルロスに深みを持たせている
・オリジナルを楽しくリミックス
・心地良い避け動作メカニック
・スリルと恐怖の絶妙なバランス
・美しいグラフィック
悪い点:
・以前ほどタフでなくなったネメシス
・あっという間に終わってしまう

『BIOHAZARD RE:3』は、『BIOHAZARD 4』の栄光の日々以来となるアクション主導作品の最高傑作だ。白熱の騒乱と昔ながらの緊迫感のバランスが絶妙な『BIOHAZARD RE:3』は、残念ながらあっという間に終わってしまう、よだれが止まらないポップコーン・エンターテイメントである。お得なゲームを探しているなら、もっとボリューム満点なゲームが他にあるが、本作ほど指まで舐めてしまうくらい美味しいゲームは殆どない。

8.5/10 Critical Hit

『BIOHAZARD RE:3』は、リメイクの基準をさらに上げている。突貫工事のように感じられる箇所もあるが、ネメシスの恐ろしさ、ジルの帰還だけでも必見だ。替えの下着を用意することを忘れずに。

8.5/10 DualShockers

Mr.Xや警察署がゲーム史上最も好きなだけに、私は『BIOHAZARD RE:2』の方が好きだが、『BIOHAZARD RE:3』は諸手を上げておススメできるし、このリメイクの方が好きだというファンが沢山いても驚かない。ジルを再び操れる興奮を上回るのは難しい。どちらの作品が好きであっても、『BIOHAZARD』フランチャイズが完全復活を果たしたのは嬉しい。カプコンがこの勢いを持続してくれることを願いたい。

8.0/10 ZTGD

良い点:
・驚異的なビジュアルと安定したパフォーマンスに改めて驚かされるREエンジン
・複数難易度とアイテムや武器を購入できるショップ
・戦略性を増す避け能力
・恐ろしくも戦うのが楽しいネメシス
悪い点:
・物語に分岐がない
・マーセナリーズ・モードがない
・スクリプト偏重に感じるネメシス

オリジナルに欠かせなかったフィーチャーが幾つか消えているものの、『BIOHAZARD RE:3』はベテランから新規ファンまでが楽しめるスリリングな体験となっている。

4.0/5.0 Games Radar+

良い点:
・最高の雰囲気と恐怖
・面白い多彩なロケーション
・数が増えた敵とアクション
悪い点:
・狭い空間に追い込まれやすい
・少々がっかりなネメシス
・前作より底が浅い

再び楽しめるこのリメイクは、アクションこそ見事だが深みに欠ける。

7.5/10 Video Chums

良い点:
・直感的な動きを可能にする滑らかな操作性による爽快なゲームプレー
・好感の持てる主人公たち
・多彩な環境
悪い点:
・大傑作だった前作に及んでいない
・過去作と比べると簡単になっているように感じる

結局のところ、『BIOHAZARD RE:3』は前作に及んでいない。好感の持てるカリスマ性のある主人公たちとジェットコースター的スリルを堪能できるが、手に汗握る本格サバイバル・ホラーだった前作と比べると、後退に感じるのだ。それでも、新作を欲しているファンなら、十分に満足できるはずだ。

良い点:
・素晴らしいグラフィックと楽しいアクション
・一番予定調和な場面ですら楽しめる
・充実したマルチプレー体験を提供するレジスタンス
悪い点:
・前作を焼き直すことが優先され、活用されていないネメシスとラクーン・シティ
・平凡な物語とキャラクター
・怖くない

そもそもオリジナルが問題を抱えているが、この残念なリメイクは『BIOHAZARD 3』をさらにつまらなくしている。

3.5/5.0 Trusted Reviews

良い点:
・1999年のオリジナルのゴージャスなリメイク
・戦闘、探索、雰囲気はどれも一流
・シリーズのエキサイティングな未来を示唆
・アンロック要素のお陰でリプレー性が高いキャンペーン
悪い点:
・あまりに短く予定調和なキャンペーン
・最終的には物足りないネメシス
・楽しいが雑なレジスタンス

『BIOHAZARD RE:3』には少々がっかりした。ゴージャスなお化け屋敷ではあるものの、あまりに短すぎるキャンペーンとそこそこのマルチプレーは、近年のカプコンに期待する基準に達していない。