2009年04月22日(水)21時56分

Fallout 3: Broken Steel プレビュー

brokensteel1.jpg

Fallout 3のダウンロード・コンテンツ第3弾Broken Steelの最新プレビュー記事がIGNに掲載されています。

私のように、Fallout 3でレベル20のまま何ヶ月も過ごした者ならば、Broken Steelを待ち望んでいる事だろう。レベル・キャップを30まで引き上げるコンテンツが、いよいよ配信される事になる。Broken SteelはXbox 360とPCにて、5月5日に800ポイントで配信だ。価格も判明したところで、実際のコンテンツの中身について見て行こう。

Broken Steelの大きな売りは、レベルを21以上に上げる事が出来るようになる、という点だ。これは決して表面上だけの変化ではない。実績も追加され、新Perkも登場する(その内の1つは、Dog Meatが死んだ際にクローンを作って取り戻す事が出来るというもの)。レベルが30に近づくにつれ、敵も手強くなっていくという。更に新種の敵も登場する。レベルが更に上がっていくからといって、簡単になるとは思わない方が良いだろう。

レベル30に到達するのは、決して楽な事ではない。BethesdaのPete Hines氏によると、新たな上限に達するには、とにかく「山ほどの経験値」が必要になるのだという。The Pittよりも長いと言われるBroken Steelのメイン・クエストをプレーするだけでは不十分。レベル30に達するには、再びCapital Wastelandの探索に戻らなければならないだろう。Broken Steelでは本編が終了しないので、以前よりも大分楽にはなっている。後戻り出来なくなる心配を一切せずに、好きなだけ冒険を続けられるのだ。

メイン・クエストは4、5時間で、サイド・クエストは2、3時間といったところ。サイド・クエストも、The Pittのような収集クエストではないが、サイド・クエストの話をする前に、Broken Steelの基本的なプロットをお話しした方が良いだろう。

このコンテンツは、Fallout 3のメイン・クエストが正に終了したところからスタートする。もしまだエンディングまで到達していないなら、今すぐ読むのを止めた方が良いだろう。ネタバレがある。

brokensteel5.jpg

Fallout 3のメイン・クエストの最後でプレーヤーは、この地区全体の水供給の未来に関して、幾つか重要な決断をする事になる。プレーヤーが死んで終わりとなる事もあるのだが、今回はリアクター内に誰が入ろうとも、死ぬ事はない。更に、ここまで同行させる事が可能な者なら、誰でもリアクターに送り込む事が出来るのだ。本編では不可能だった事だ。Super Mutantを汚染するかどうかと同様に、誰がリアクターに入るかが重要となるそうだが、Bethesdaは詳細を明かしてはくれなかった。どういった決断を下そうとも、プレーヤーは気絶してしまう。2週間後に目を覚ますと、クエストのスタートだ。

Project Purityが成功した場合、貯水池は新鮮な水で満ちる事になるが、残念ながら配給に問題がある。EnclaveとBrotherhoodの戦争もまだ継続中だ。この2つの問題が、Broken Steelでのクエストの中心となるのだ。どうやら、Enclaveを一掃するにはLiberty Primeでは力不足だったようで、その仕事を完了させるためにも、新たな武器Tesla Cannonを手に入れなければならない。

brokensteel6.jpg

巨大な新武器は凄まじい。基本的に、巨大なチューブの中で電流がパチパチと音を立て、膨大なエネルギーを撃ち出すのだ。飛行中のVertibirdを撃ち落すには一発で充分。それ以外には、火の玉とレーザーを発射する火炎放射器も登場。これらの武器は、倒した敵から手に入れる事が可能だ。Overlord Super Mutantが新レーザー武器を、Enclave Hellfire Trooperが新火炎放射器をそれぞれ携帯している。

Bethesdaはネタバレが流出するのを防ぐためにBroken Steelの物語は教えてくれなかったが、新たなエリアが登場する事が分かった。The PittやOperation Anchorageと違い、Broken Steelの舞台の殆どはCapital Wastelandとなる。新たなトンネルや建物以外の大きな新エリアは、Enclaveが拠点とするAndrews空軍基地だ。基地に辿り着くには、White House地下にあるトンネルを、敵を蹴散らして進んでいかねばならない。Feral Ghoulで溢れかえっているのだ。

過去の2つのコンテンツは数時間ほど楽しむには十分であったが、決して世界がひっくり返るようなものではなかった。このジョークに呆れたなら、今回のコンテンツは正にうってつけだ。レベル・キャップの引き上げだけでも素晴らしい。エンディングの廃止や新ミッションは、オマケのようなものだ。Broken Steelが期待通りの内容かどうかは、5月5日に判明する。

[ソース: IGN]