2010年01月12日(火)21時30分

Darksiders 海外レビュー

434.jpg

Darksidersの海外レビューです。

Teamxbox 9.0/10

Darksidersをクリアすると、安堵と共にもう1周したいという欲求が自然と湧き上がってくる。この手のゲームにしては実に長いのだ。最初のプレースルーには、アイテム収集や武器のレベル上げには手を出さない状態でも20時間以上かかった。そっちをコンプリートしようと思ったら、更に10時間はかかるだろう。それでも、喜んでもう一度プレーしたくなるほど、Darksidersは楽しい仕上がりとなっている。勿論欠点はあるが、どれも技術的なものだ。コンセプトから仕上がりに至るまで、作品の全てが文句なく素晴らしい。Darksidersは新たな10年の最高の幕開けだ。

MS Xbox World 9.0/10

Darksidersが偉大なる先人たちの上に成り立っている事は疑いの余地がない。情熱的かつ慎重なデザインは、Vigil Gamesが過去の傑作をリスペクトし、アイディアを借用する術を心得ている事を表しているのだから、彼らは胸を張れるだろう。だが更に重要なのは、魅力的で独創的な物語、命溢れる世界、中毒性とやりがいのあるパズルを構築し、古臭い要素に再び新鮮さをもたらすだけのバラエティとヒネリの効いたゲームプレーを盛り込む術を、Vigil Gamesは心得ているという点だろう。一言で言って、アクション・アドベンチャーを探しているゲーマー、3Dのプラットフォーミング・パズルを探しているゲーマー、素晴らしい物語を求めているゲーマー、そしてジョー・マドゥレイラやコミック全般のファンなら、この作品をプレーする「必要」があるのだ。プレーしないと損をする事になる。よくやった、Vigil。我々には、こういうゲームがもっと必要だ。

1UP B/A+

良く言えば、Darksidersは今世代の最も面白いメカニックのコンピレーションのよう。悪く言えば、平凡なカバー・バンドが君のお気に入りの楽曲を延々と演奏するのを聴かされているようだ。幸運にもDarksidersは前者寄りであって、たとえBayonettaやDante’s Inferno、God of War IIIといった大物の存在にもかかわらず、チェックする価値がある作品に仕上がっている。

Game Informer 8.5/10

物語は焦点がハッキリとしないものの、Darksidersは楽しいアドベンチャーを保ち続けている。私は最後まで楽しめたし、奇妙な事に、他の作品からの明らかな借用が楽しさを増しているのだ。失望させられるラスボス戦を除けば、続編が待ち切れない出来栄えである。

Cheat Code Central 4.1/5.0

アクション・アドベンチャーというジャンルに不足気味の良質なタイトルを探しているなら、Darksidersが最適だろう。極めて技術的に成熟したゲームで、目的を全て見事に果たしている。だがDarksiders唯一の罪は、目標が低すぎた事かもしれない。確かに目標は見事に達成されているが、その目標がもう少し高めに設定されていたら、と願わずにはいられない。

GameSpot 8.0/10

Darksidersは、ゲームプレーのアイディアやメカニックをあらゆる所から借用しつつ、新たな要素を定期的に放り込み続ける。革新的な要素は皆無と言って良いが、真新しさがないというわけではない。様々な要素が驚くほど上手く融合しているだけでなく、融合する事によって新鮮さを取り戻しているからだ。出来の悪い物語と複雑な操作性が足を引っ張ってはいるが、Darksidersはフェアだが手応え満点のパズル、ボリュームたっぷりのキャンペーン、魅力的な戦闘システムを備えた楽しいアドベンチャーとなっている。

GameSpy 4.0/5.0

Darksidersには、特徴となるようなフィーチャーが何一つない。天国と地獄の戦いという物語も、黙示録的な小説や映画が氾濫する昨今では少々使い古された感がある。だが、様々なゲームの部分部分を借り、質の高いゲームに仕上がっている。確かに、「何かに似ている」では済まされない部分もあるし、「これ、あのゲームで見た」と口にした回数は一度や二度ではないが、古臭い物からも新鮮な作品を作れるという事をDarksidersは証明している。

IGN 7.8/10

自らの汚名を晴らす旅に出るWarのように、Darksiders自体も自らのアイデンティティを求めてさ迷っている。3DのLegend of Zeldaで確立されたメカニックからの影響が色濃く出ていて、そこに手軽な戦闘システムと、数々の人気タイトルの要素を織り交ぜている。どこかで見た事があるような収集、探索、戦闘のごった煮だが、開発元のVigilはこれらを一つの製品として巧みに融合させている。ゲーム世界はもう少し手が込んでいて欲しかったし、ボス戦も消化不良、戦闘やパズルも刺激に欠けるきらいはあるが、それでも全体として楽しめるゲームに仕上がっている。もし本作が成功し続編が作られるなら、新たな試みが見られると嬉しい。それまでは、上出来のパズルと戦闘システム、そして黙示録の四騎士になって悪魔を踏み潰すのを楽しむとしよう。

GamePro 3.5/5.0

恥知らずなまでのアイディアの借用を許容し、その下にある出来の良いアクションを目に出来るゲーマーには、Darksidersをお勧め出来る。だが、必ずや出るであろう続編では、何かしら新しい要素を盛り込んで欲しい。せっかくの良いアイディアが詰まったフランチャイズなのだから勿体ない。開発陣がその事に最初から気付かなかったのは、実に嘆かわしい。