2010年01月18日(月)02時03分

Army of Two: The 40th Day 海外レビュー

2_40.jpg

Army of Two: The 40th Dayの海外レビューです。

IGN 8.5/10

ディザスター映画をゲームにしたようなArmy of Two: The 40th Dayは、協力プレーを最大限に活かした、楽しいアクション・ゲームだ。1人だろうと友人とプレーしようと、協力プレー感覚はより自然なものになっているし、カットシーンの最中ですら、テンポの速いアクションを楽しめるだろう。改善されたAggroシステムと拡張された武器カスタマイズは戦場の戦略性を増しているし、前作よりも奥深いものとなっている。マルチプレーも、本作の協力プレー要素を色濃くしていて、長く遊べる存在だ。モラル・システムの重要性はそれほど高くないし、AIももたつく事が多々あるが、全体として見ればThe 40th Dayは最高に楽しく仕上がっている。

Cheat Code Central 4.0/5.0

前作の売りだった武器カスタマイズ、パートナー戦術、Aggroシステムなどは全て再登場し、多くが改善されている。ファンは勿論、今世代のシューターをプレーしてきた者なら、その操作性にすぐ馴染めるだろう。革新性はないものの、EAは上出来のアクション体験を届けてくれたと言えるだろう。君も友人も撃ちまくるのが好きなら、間違いない選択だ。

GameTrailers 7.7/10

Army of Two: The 40th Dayは楽しいが短く、グレネード・ランチャーを振りかざす以上の敵を提供してはくれない。このシリーズの真のポテンシャルを発揮するにはまだまだ改善が必要なのは確かだが、一緒に遊ぶ友人がいるなら、崩れゆく上海を眺める旅に一緒に出かけるのも悪くないだろう。

Teamxbox 7.5/10

残念ながら、Army of Two: The 40th Dayには中身が伴っていない。ゲームプレーとレベル・デザインは改善され、見た目も美しいゲームではあるが、消化不良のストーリーテリング、退屈なキャラクター、ギミック感の強いモラル・システム、印象の薄いマルチプレー、疑問が残るメカニック上の決断など、前作以上の作品にはなっているが、枯渇気味のジャンルにおける出来の良い3人称シューター以上の作品にはなっていない。アイテム収集要素や協力プレーが自分に合っていると感じるなら、手に取るべきかもしれないが、そうでないなら他を当たった方が良いだろう。

GameSpot 7.5/10

Army of Two: The 40th Dayは非常に魅力的なシューターで、見た目も美しい。多種多様な崩壊した環境、クールな敵の装備デザイン、出来の良いアニメーションのお陰で、アクションが生き生きとしている。問題点も少なくなく、何故ビルが崩壊しているのか、何故自分たちを攻撃する者がいるのか、全く分からないままゲームの大半を過ごす事になるだろう。だが、キャンペーンとオンライン・マルチプレーは、どちらも楽しめる仕上がりだ。楽しいアクション、最高のビジュアル、驚くほどのリプレー性、敵の死体の上でジャンケンが出来るなど、The 40th Dayはシューター・ファンにとって楽しい2010年の幕開けとなった。

Video Gamer 7.0/10

Army of Two: The 40th Dayは良く出来た楽しい3人称シューターで、友人と一緒にプレーするには最高に楽しいが、前作から大幅に進化しているというわけではない。ロケーションや真実味のあるキャラクターのお陰で中身の濃いゲームになっているが、AIには失望させられる事が多いし、モラル・システムには外れが多い。しかも極めて短いゲームで、最高級のマルチプレーも存在しないため、楽しさもすぐに終わりをむかえる事だろう。悪い出来ではないが、EAが望むような一級品の超大作というわけではない。

Eurogamer 7.0/10

前作の薄っぺらな魅力の虜になった者なら、ほぼ同じ内容を更に洗練させた本作に熱狂するのは間違いない。だが、二流の野心が一流のプロダクションの妨げになっている本作には、他の数々の協力プレー・ゲームからプレーヤーを数日以上引き離すだけの中身が伴っていない。

Game Imformer 6.5/10

素晴らしい協力プレーが溢れかえっている今、The 40th Dayをお勧めするのは難しい。中身の濃い物語もなく、操作性も悪く、マルチプレー・フィーチャーも貧弱、洗練さにも欠けている。この続編は、ゲーム・デザインの核心に充満する平凡さを埋める事が出来ていないのだ。

GameSpy 3.0/5.0

前作で不評だった部分を、EAが改善しようとしなかったわけではない。稼いだお金で武器などをアップグレード出来るシステムは、本作ではいつでも利用する事が可能となっているし、金に困る事もないので、武器をたっぷりアップグレードさせる事が出来る。本作で新たに追加されたマルチプレー・モードExtractionは、ともすれば画一的なマルチプレーを楽しいものにしてくれている。そうした改善がありながらも、The 40th Dayは平凡さから脱却出来ていないし、抜群のチームワークをもってしてもそこから抜け出す事は難しいだろう。

Giant Bomb 3.0/5.0

The 40th Dayには幾つか技術的なバグがあり、私がプレーした360版は何度かフリーズした。だが全体的には、技術的に優れた協力プレー・シューターとなっている。それで充分という者もいるだろうが、シューターにうるさいタイプなら、クレジットを目にする前に飽きてしまうだろう。