2010年02月17日(水)19時00分

Remedy 「Alan Wakeを箱庭にする価値はなかった」

346.jpg

RemedyのライターSam Lake氏が、Alan Wakeに箱庭要素を盛り込もうとしたものの上手く行かず、方向転換をしていた事を明らかにしています。

Sam Lake: 我々は様々なゲームプレーを試し、何が上手く機能するか確認したんだ。勿論、複数のプロトタイプを作ったし、そこで満足がいかなかったものは、製品版には収録されていない。

例えば、開発当初に箱庭要素を試した。すると、スリラー要素のテンポやストーリーテリングにおいて、大幅な妥協を強いられるという状況に度々遭遇した。そして最終的に、箱庭にする価値はないという結論に達したんだ。我々はストーリー主導型のゲームを作りたかった。Remedyのゲームとはそうあるべきなんだ。

箱庭要素は、我々が削除した要素の一つだよ。机上では良いアイディアに思えても、実際に試してみると上手く行かないものもあるんだ。

[ソース: CVG]