2010年03月11日(木)01時32分

God of War III 海外レビュー

1810.jpg

God of War IIIの海外レビューです。

Video Gamer 10/10

私がどれほどGod of War IIIを気に入ったか、もう明らかだろう。前評判の高いゲームというのは、常に失望させられる危険を帯びているのだが、Sonyとサンタモニカ・スタジオのチームは、自分たちのやるべき事をしっかり心得ていたようだ。これ以上ないほど高いレベルで開発されたビデオゲームであり、更なる高みへと導いてくれるかもしれない。God of War IIIは私がプレーしたPS3ゲームでも最高の作品であり、史上最も気に入ったゲームの一つだ。

Game Imformer 10/10

憤激、破壊、殺された神々。全ては本作で終結する。2005年に初めてKratosのブレードを手にした時、私はこれがシンプルな復習の旅だと思っていた。3つのプラットフォーム、4作品に渡って死体の山を築き上げてきた今、その旅も遂に終わりを迎えようとしている。Ghost of Spartaのサーガに、これほどまでパワフルかつ映画的で、息を呑むような結末が待ち受けていようとは、夢にも思わなかった。

GameDaily 10/10

あらゆるゲームと同じように、本作も完璧ではない。セーブ・ポイントの配置はもっと上手く出来ただろうし、完全に廃止してしまっても良かったはずだ。加えて、オブジェクトを動かしてありふれたパズルを解かされる場面も嫌気がさした。だが、どれもゲーム体験を駄目にする類のものではない。

最後に言えるのは、「今すぐGod of War IIIを買え」という事だけだ。Sonyは期待に応え、キラー・タイトルであると同時にPS3の力を見せ付けるゲームで、アクション・アドベンチャーの新たなスタンダードを築き上げた。Zeusによろしくを。

PSX Extreme 9.8/10

これ以上、何を言う事があろうか?現状以上にGod of War IIIを欲しくさせるような言葉など、もう何もないだろう。本作は、いくら賞賛してもし足りないほどだ。アドベンチャーは8-10時間ほど続き、クリア後にはそのまま2周目に突入する事になるだろう。贅沢なビジュアル、素晴らしいゲームプレー、類を見ないストーリーテリング、最高級の演出と、God of War IIIは正に今世代のゲームの縮図だ。早くも、今年のゲーム・オブ・ザ・イヤーの最右翼だ。

1UP A/A+

過去、私はGod of War Iの物語がシリーズ最高、God of War IIの戦闘がシリーズ最高であると言ってきた。その意味では、God of War IIIは最もバランスの取れた作品だ。God of War 1ほど的が絞れていないし、God of War IIほど濃厚なわけでもない。だが、3作品の中で最も安定しバラエティ豊富で、ハイライト部分は前2作品を遥かに上回る。

勿論、God of War IIIにも細かな不満点を見つける事は出来る。だが、全体の素晴らしいまとまり、無駄のないアイテムや武器、ゲーム史上最も凄まじい光景であるTitanの戦闘、殆どの映画をも凌駕するカットシーンにおけるアニメーションとカメラ・アングル、抜群に機能するコンバット・グラップル、それだけでもプレーする価値があると言えるほどのビジュアルなどを考えると、不満点など全く問題にならないだろう。

IGN 9.3/10

God of War IIIはKratosトリロジー最高の完結編だ。ストーリーテリングや進行にムラがあるなどパーフェクトではないが、それでも全体のパッケージとしては素晴らしい出来である。戦闘は相変わらず凄まじいし、血飛沫はシリーズ最高、一部分はゲーム史上最高のグラフィックになっている。私は今でもGod of War IIがトリロジーの最高傑作だと感じているが、それでもSonyサンタモニカはKratosの復讐の旅を最高の形で締めくくった。

GameTrailers 9.2/10

極めて馴染み深く短めなのだが、それでもGod of War IIIは驚異的な業績だ。愛情とケアが注がれており、あらゆる面でそれを感じる事が出来る。ゲームプレーには最小限しか手が加えられていないし、Titanとのやり取りがないのが勿体なく感じるが、Kratosが剣を振り回す時、他の事は全て忘れ去ってしまう。印象的な場面が数多くあり、今後長くに渡って語り継がれる事になるだろう。本作をプレーして何の感動もしなかったら、神ですらどうする事も出来ないだろう。

CVG 9.2/10

バーチャル・バイオレンスに麻痺したゲーマーですら胸糞悪くなるような残虐性こそ、Kratosだ。相手が誰だろうと、どれだけデカかろうと、邪魔をすれば目に刃が突き刺さるのだ。Kratosは徹底的に皆殺し状態。確かに、新鮮味はない。言ってしまえば、パワーアップしたGod of War IIなのだが、唯一無二の残虐性とゴア、壮大なスケールによって、歴史に名を残すアクション・ゲームとなった。

Cheat Code Central 4.6/5.0

総合的に見て、God of War IIIは期待を超える作品だ。極めてグレードアップしたビジュアルと高品質のサウンドトラック、簡単な操作性、豊富な武器やパワー、やりがいのある戦闘、種類豊富な敵の数々、盛り沢山のボス戦、没入感の高いパズル、複線をしっかり回収する物語などなど。唯一の不満は革新性の欠如で、だからこそ、悲しいながらもこれが完結編であるというのは喜ばしい事なのかもしれない。最低でも12時間から14時間に及ぶゲームプレー、2周目に使用可能なアイテム、解除されるチャレンジ、アドベンチャー・ゲーム史上最高のグラフィックなど、God of War IIIを手に取るべき理由には事欠かない。逃すな!

GameSpot 9.0/10

God of War IIIは過去2作で確立された長所に固執しているが、革新性の欠如は完成度の高さで補われている。戦闘はシンプルで取っ付きが良いが、追加された動作により奥深さが加わっており、驚異的なビジュアルのお陰でこれまでにないほど残虐だ。だが、God of War IIIは充実した戦闘だけのゲームではない。創造性溢れるビジュアル・デザインとムード満点のスコアによる芸術的な喜びが、復讐の旅のバランスを上手く取っているし、しっかりと組み立てられたパズルが脳を刺激してくれる。God of War IIIは、スリルと満足感が最後まで途切れる事のない、素晴らしいペース配分の細部まで凝りに凝ったアドベンチャーになっている。

GamePro 4.5/5.0

私がGod of War IIIのストーリーテリングに感じた問題点は、結局のところこういう事になるだろう。どっぷりとのめりこんだ物語が終わりを迎えた時、私はいつも、長く充実した旅を共にした良き友人に別れを言うかのような感情を抱いてしまう。ほろ苦い瞬間であり、感謝の気持ちと同時に、終わりを迎えた悲しさを感じるのだ。God of War IIIでは、こうした感情を味わう事が出来なかった。だからといって楽しさが削がれたわけではないが、全体の楽しさには確実に影響しただろう。極めて巧みに構築されたアクション・ゲームであるというのは事実だし、スペクタクルに参加出来るだけでハッピーで、物語が弱い点を全く気にしないファンも多い事は分かっている。本作がSonyにとって極めて重要なパズルのピースであるという点も軽視出来ない。Heavy RainやFinal Fantasy XIIIとあわせ、God of War IIIは伝統的に売り上げが落ちるホリデー・シーズン後のこの時期に勢いを付けてくれる筈だ。だが、Kratosの置かれた苦境を気にかけている真のファンとしては、少々失望を感じてしまう。最後まで旅を楽しむ事は出来たものの、ああいった形でKratosが別れを言わねばならなかった点にはガッカリせざるを得ないのだ。