2010年03月24日(水)18時41分

Metro 2033 海外レビュー

295.jpg

Metro 2033の海外レビューです。

MS Xbox World 9.5/10

Metro 2033は、素晴らしい作品ではあるものの、決して万人向けではない。実際、多くのシューター・ファンは本作を難しすぎると感じ、マルチプレーの欠如にも失望するだろうし、サバイバル・ホラーのファンは、パズルが存在しない事や激しいテンポに閉口するだろう。Metro 2033に最適なプレーヤーは、斬新で没入感が高く、本当に難しいゲームを求めている人間だ。そこに当てはまるなら、Metro 2033を諸手を挙げてお勧めしたい。4AとTHQは、BioWareやBethesdaしか成し遂げた事がないようなディテールに富んだ世界を構築し、一本道のローラー・コースターの道中に浸透させている。決してパーフェクトではないし、ジャンルが明確ではないため、想像と違うと失望する者も多いだろう。だが、努力してこの世界にどっぷりと身を浸けてみて欲しい。その価値はある。

Game Imformer 9.0/10

細かな欠点はあるし、終盤はストレスが溜まるセクションが幾つかあるものの、Metro 2033は極めてテンポの良い作品だ。定期的に新たな派閥や興味深いロケーションが登場するし、ミッション内容も多彩だ。この素晴らしい処女作で4A Gamesは、革新的でこそないが、このチームが手掛けた過去のどの作品よりも取っ付き易く楽しいゲームを作り上げたと言える。Metro 2033はカルトなヒット作になる事が運命付けられた作品だ。シングルプレーのシューターが好きなら、本作をプレーする事は義務であると言えるだろう。

GameTrailers 7.8/10

Metro 2033は、極めてムラの激しいゲームだ。ゲームは恐怖と驚きに満ちた儚い雰囲気で強力なスタートを切るが、馬鹿なAIや上手く機能しないデザインのせいで崩壊寸前となっている。ローラーコースターのチェイス・シーンのように、体験する価値はあるものの、投げ出したくなるだろう。

GameSpot 7.5/10

Metro 2033は、10時間ほどでクリア可能なテンポの良いシューターだ。エモーショナルでドラマチックな瞬間に満ちているが、欠点がないわけではない。Metro 2033の多くの要素は現代シューターの基準に達していないが、全体として見れば、上手くまとまっている。全体に浸透する雰囲気こそ、中身の濃い、不気味で魅力的な世界を作り出しているのだ。欠点こそあれ、Metro 2033はダークな未来を描いたユニークなやりがいのある旅を切望する者にとって、価値あるゲームとなるだろう。

Video Gamer 7.0/10

最後のクレジットが流れ、広大な土地に現れた自分の行動の結果を眺めると、若干の失望を感じざるをえなかった。ゲームが終わってしまった事もそうだが、その失望は主に改善の余地があまりに明確だったからだ。Metro 2033は十分お勧め出来る作品ではあるが、このジャンルのエリートたちと肩を並べるには至っていない。

Game Daily 7.0/10

Metro 2033を買うべきかどうかは、君の忍耐力にかかっている。もし君が、マイクロマネジメントが嫌いでただ殺しまくりたいだけのFPS狂なら、避けた方が良いだろう。だが、もし君がこのジャンルをより深く掘り下げたゲームを探しているなら、本作は探索を要求してくる。

GamePro 3.5/5.0

4Aエンジンは素晴らしい仕事で荒れ果てた物悲しい土地に命を吹き込んでおり、ストーリーテリングの周辺にゲームプレーを構築する開発陣の手腕は賞賛に値する。だが、Metro 2033の強みはアクションを支えるアイディアの中にあり、それなくしては、ただの生々しいシューターに成り下がってしまうのだ。豊かな原作を実際のゲームプレーに融合させ、中身の濃い作品に仕上げる事が出来なかったのは残念である。本作を体験する最高の方法は、まず最初に小説版を読んでからプレーする事なのだから、小説の英語版が現時点では出版されていないのも残念だ。小説を読んだ後ならば、世界と乖離している感覚を味わう事もなく、物語の穴を埋める事も出来る。だが、Metro 2033世界の初体験にゲームを選んだのなら、少々の当惑、混乱、失望といった、私と同じ感想を抱く事になるのは間違いないだろう。

IGN 6.9/10

雰囲気やユニークなデザインは価値ある体験となるかもしれないが、Metro 2033は貧弱なステルスやバグなどの様々な問題点に苦しめられている。終末後の物語に興味があり、問題点を許容できるなら、手に取る価値はあるだろう。

1UP C+/A+

Metro 2033のAIはとにかく馬鹿で、武器もバラエティに欠けている。だがそれでも、魅力的なゲームになっている。駅を訪ねて酷い環境での生活を余儀なくされている住人と遭遇したり、初めて空を見た時の子供の喜びの声を聞いたりすると、世界に惹き込まれずにはいられないのだ。だが、ゲーム中に物語が十分に語られる事はない。ロード画面での主人公の語りが物語を推し進めるが、2つのエンディングは両方とも答えより疑問を多く残すものだ。興味深い体験ではあるが、4Aがより時間をかけて土台、特にシューティング部分を改善してさえいれば、より充実したゲームになっていただろう。

Giant Bomb 3.0/5.0

Metro 2033は真実味のある世界を構築する事に成功しており、ゲームプレーの不満点を許容させるのに十分な舞台設定や物語を提供してくれている。
蒸気が噴出して10トンはあろうかというドアが開き、広大でダークなモスクワの地下が姿を現した時、間抜けなモンスターも許せるかもしれない。現代シューターの飾りに慣れていて、ユニークな体験を提供してくれる荒削りなゲームを許容できるベテラン・ゲーマーにこそ、Metro 2033はピッタリだ。