2010年06月20日(日)15時47分

【E3 10】 Journey プレビュー

1162.jpg

PSNで2011年に配信予定のJourneyのプレビュー記事がIGNに掲載されています。

flOwとFlowerを手掛けたThatGameCompanyは、美しく雰囲気満点のゲームで有名だ。そんな彼らが、再びゲームの伝統を無視した実験的最新作を発表。Journeyというタイトルの本作は、見たところ期待通りの作品に仕上がっているようだ。

ゲームというのは、エキサイティングで血沸き肉踊るもの。だがThatGameCompanyは、異なる感情を喚起しようとしている。Journeyは、自分の存在の血笹を感じるとはどういう感じなのか、プレーヤーに思い出させようとしているのだ。ThatGameCompanyの共同設立者の一人であるJenova Chen氏は、宇宙飛行士との会話にインスピレーションを受けて、本作を思い付いたという。その宇宙飛行士は、月に降り立った人間は誰しもが、それまでの宗教観などに関わらず、全く違った人間になるのだという。どうやら、遥か遠くから地球を見つめる事で、人間という存在がいかに小さいものなのか、思い知らされるのだろう。Chen氏は、こうした感覚をJourneyで再現したいのだそうだ。月に降り立つゲームでも、宗教的なゲームでもなく、プレーヤーに人間の小ささを感じさせるゲームなのだ。

プレーヤーは砂漠で目覚め、自分が誰で、ここがどこで、今がいつなのかも分からない。遥か遠くには凄まじい山が見え、その頂上は眩く光っている。目的地には最適だろう?Journeyでの目的は、その山に辿り着く事。だが、その山と主人公の間には広大な砂漠が広がっていて、自分がとても小さく思える。

377.jpg

Journeyは、オンライン・マルチプレーに面白いアプローチをしている。開発陣によると、本作はハイキングのようなゲームだという。ハイキングの最中には、色々な人に出会うかもしれない。彼らと旅するのも良いし、別々の道を行くのも良い。プレー中、それぞれが山へと向かう人々に出会うのだ。最初から最後まで自分一人でプレーしても良いが、ThatGameCompanyによると、オフラインでもプレー可能かどうかはまだ決まっていないという。

主人公を移動させるには、左スティックを使う。他に使うのはあと2つのボタンだけで、ジャンプと呼びかけ/歌だ。Chen氏によると、歌を歌う事で他のプレーヤーとのコミュニケーションを取るという。歌うボタンを連打すると短い音が出て、押し続けると長いトーンになる。Sixaxisを使うと、周辺を見渡す事が出来る。

Journeyは砂漠が舞台なので、当然ながら周りは砂だらけ。ThatGameCompanyは多くの時間を費やして滑らかに動く砂を再現し、その出来は素晴らしいものだ。砂に絵を書く事すら出来る。Chen氏によると、砂にペニスを書くプレーヤーがいたそうだ。

砂は美しいが、常に現実的に動くというわけではない。まるで海の波のように、砂が波のように迫ってくる場面もある。その波に乗ると、砂でサーフィンが出来るのだ。砂の滝から砂の粒子が降り注ぐ。

砂以外では、リアルな布のシミュレーションを行っている。砂漠には風が常に吹いていて、主人公のローブがはためいている。裁くには、布切れがあちこちに点在していて、それを拾うと短い距離を飛んでいく事が可能だ。大きな布切れに触れると「調和」する事が可能で、それを利用して先に進む事が出来る。調和した布切れは平らになる事があるので、それを橋のように使う事も出来るのだという。

634.jpg

山に向かって進んでいくと、頭を使わなければ乗り越える事の出来ない障害に遭遇する。敵は一切登場しないが、自然が障害となり、主人公が山に辿り着くのを妨げてくるのだ。仲間がいた方が簡単に解けるパズルもあるが、ボイス・チャットは使えないので、言葉以外でコミュニケートする方法を見つけなければならない。ThatGameCompanyはプレーヤーの匿名性を重視していて、遭遇する旅人もPSNの名前は表示されないし、必ずしもフレンド・リストの人間ではないという。一度に1人だけしか出会う事はないので、たとえ100万人がプレー中でも、砂漠がプレーヤーでごった返す事はない。

赤の他人とランダムに遭遇する可能性があるという事で、デザイン上の問題もある。もし彼らが先にパズルに辿り着いたら、彼らが解いてしまうのだろうか?ThatGameCompanyは、現在その問題に取り掛かっているそうだ。

Journeyは、PSNで来年配信予定。Chen氏によると、一度山に辿り着いた後にも、この砂漠を再び訪れる理由があるという。本作はまるで美術館のようにデザインされていて、一度訪れただけでは全てを見る事は出来ないのだ。

[ソース: IGN]