2010年06月28日(月)17時03分

Transformers: War for Cybertron 海外レビュー

2106.jpg

Transformers: War for Cybertronの海外レビューです。

IGN 9.0/10

開発元のHigh Moonは発売前にかなり期待を煽るような事ばかり言ってきたが、多くの版権ゲームが期待外れに終わってきた。ありがたい事に、War for Cybertronには協力プレー対応の素晴らしいキャンペーン、Hordeに似たEscalationモード、驚くほど奥が深く工夫に富んだマルチプレーがある。Transformers: War for Cybertronは、クールな変身をするオモチャで遊ぶというマジックを、実にスペシャルな作品に作り変える事に成功している。この夏最高のオンライン・ゲームとして、驚きのダークホースだ。

1UP B+/A+

「トランスフォーマー」は放課後に見るアニメの時代からだいぶ進化した。Optimus PrimeとMegatronの見た目も変わったが、このゲームは子供の頃に見ていたアニメのスピリットをしっかりと捉えている。StarscreamとMegatronの罵り合い、Soundwaveの冷酷なコミュニケ、Optimusの高圧的なスピーチまで、全てが揃っている。War for Cybertronは上出来のエンターテイメントだ。

Game Imformer 8.5/10

War for Cybertronは決して完璧なゲームではないが、開発陣が私の幼少期を覗き見たんじゃないかと思うほど、私の子供の頃の夢を叶えてくれる作品だ。子供の頃に「トランスフォーマー」に夢中になった人間なら、夢が実現したこのゲームをプレーするのは義務である。

G4TV 4.0/5.0

Transformers: War for Cybertronは多くの面で嬉しい驚きとなったが、何よりもマルチプレーが素晴らしい。キャンペーンは簡単で短いが、舞台設定や協力プレーはファンにとって魅力的だろう。近年の高品質なシューターと同じくらい中毒性の高いマルチプレーこそ、本作のスターである事に疑問の余地はない。「トランスフォーマー」に少しでも興味がある人間なら最低でもレンタルはすべきだし、ファンでなくとも、シューターが好きなゲーマーならば試す価値は十分にある。ここで「版権ゲームにしては、見た目以上の仕上がりだ」というチープなジョークも、本作に限っては極めて的を射ている。

GamePro 4.0/5.0

全体的に見て、War for Cybertronは長年のファンを満足させる、良く出来た迫力満点のシューターだ。Optimus Primeが死んだ時に涙したような人間は発売日に買うべきゲームで、それ以外の人間にとっては夏を過ごすのに最適のゲームである。普通のシューターとは一味違うし、巨大なロボットが盛り沢山だ。巨大なロボット、特に戦車に変形するロボットなら間違いはない。

GameTrailers 7.7/10

War for Cybertonは良く出来たゲームで、マルチプレーは何十時間も楽しめるし、キャンペーンもプレーする価値がある。ファンのためのゲームではあるものの、ファンでなくとも楽しめる仕上がりだ。このゲーム、良く分かってる。

Cheat Code Central 3.8/5.0

Transformers: War for Cybertronは、私の期待通りのゲームだ。革新性こそないが、良く出来たオマージュ作品になっている。「トランスフォーマー」のファンは、メックたちの起源が語られる本作を買うべきだろう。だが、ファン以外の人間や、ひねりのない3人称シューター・メカニックが好みでないなら、素通りすべきかもしれない。

GameSpot 6.5/10

キャンペーンはテンポが悪くバラエティに欠け、唯一の売りであるトランスフォーム要素も、底の浅いシューティング・メカニックに取って付けただけのような感じがする。だが、よく見れば楽しさを見つける事も出来る。キャンペーン以外には、魅力的な協力プレーに加え、何時間も遊べる対戦モードがある。自分のTransformerをロボット・マスターへとレベルアップさせていくのは中毒性があるし、キャンペーンの問題点はそのまま存在するものの、他のプレーヤーと一緒にプレーすれば全く気にならないのだ。版権は上手く生かされているが、核となるゲームプレーが版権の使い方と同じくらい上出来だったなら、War for Cybertronはスペシャルなゲームになっていただろう。とはいえ、ノスタルジアに浸りたい人間はたっぷり楽しめるはずだ。

Giant Bomb 3.0/5.0

Transformers: War For Cybertronに最大限の賛美を送るとすれば、「マルチプレーは気晴らしにはちょうど良い」という感じだ。キャンペーンは、他の「トランスフォーマー」の物語とどう関わってくるのか、という点に興味がある人間だけが見る価値があるもので、マルチプレーは少々独創性に欠けるが、出来は悪くない。数日間は良い暇潰しになるが、長く楽しめるゲームを期待しないように。