2010年10月29日(金)02時45分

Red Dead Redemption: Undead Nightmare 海外レビュー

undeadnightmare5.jpg

Red Dead Redemption: Undead Nightmareの海外レビューです。

IGN 10/10

価格に見合ったUndead Nightmareこそ、ダウンロード・コンテンツのあるべき姿だ。6時間を越えるシングルプレー・キャンペーン、2つのマルチプレー・モード、2種類のコスチューム、サイド・ミッション、武器、馬などなど、新しいコンテンツが盛りだくさん。Rockstarがケチではない事は明らかなのだから、我々も僅か10ドルをケチるべきではないだろう。陽気な西部を体験出来る楽しさ満点のコンテンツに仕上がっているので、ゾンビだらけの洗練されたコンテンツに飢えているなら、お勧めだ。

Video Gamer 9.0/10

細かな問題を除いて、Undead Nightmareに一つだけ文句を言うとしたら、同価格で配信中の2つのダウンロード・コンテンツがボリューム不足に思えてしまう事だろう。本作はとにかくコンテンツが盛りだくさんで、私は急いでプレーして6時間ほどかかったが、隅々まで堪能したらもっと長くかかるはずだ。これは拡張パックのスタンダードであり、GTA IVのアドオンよりは短いものの、内容は負けていない。全てのダウンロード・コンテンツがこれくらいのボリュームなら良いのだが。

GameSpot 8.0/10

演出面でRed Dead Redemptionの長所を引き継いでいるとはいえ、Undead Nightmareは本編と殆ど同じようなアドオンにはなっていない。戦闘や物語は本編ほど面白くなく、ミッションもバラエティに欠けている。とはいえ、Undead Nightmareはユーモア満点で武器も独創性があり、サウンドトラックは不気味で、レアな馬も簡単に手に入る。僅か800ポイントでたっぷり楽しめるUndead Nightmareは、Red Dead Redemptionの世界に舞い戻る最高の理由になるはずだ。

Game Imformer 8.0/10

ミッションの幾つかは面白みに欠けるが、Red Dead Redemptionの楽しさは失われていない。生き生きとした登場人物たちや最高のカットシーンは今まで以上に素晴らしいし、今回はブラック・ユーモアも加わっている。街を掃除してアイテムを取ってくるミッションはすぐに退屈になってしまうが、Dead Eyeを利用して一瞬で6体のゾンビの頭を吹き飛ばすのは最高に楽しい。7時間ほど掛けてキャンペーンを味わい尽くしたら、オンラインのUndead Overrunホード・モードで末永く楽しめるだろう。本編のファンなら躊躇せずに新たな敵に立ち向かうべきだ。