2011年01月31日(月)00時49分

Bethesda 「Rageはidの過去作とは全く違う」

2148.jpg

BethesdaのPete Hines氏が、id Softwareの新作Rageはこれまでのid作品とは全く違う作風のゲームになると語っています。

▼ Rageはidにとって15年ぶりの新規タイトルですが、Bethesdaにとってだけじゃなく、idにとっても苦労が多いんじゃないですか?

Pete Hines: イエスでありノーでもあるというのは良い答えかな?(笑)

新規タイトルを手掛ける時は常に、どんな作品なのかをユーザーに説明しなければならない。それには通常よりも多大な労力がかかるんだ。そういう意味でイエス。

ノーというのは、idがRageで過去作では不可能だった事を数多く成し遂げているからだ。idの過去作はどれも、大雑把に言うと一本道のダークなシューターだったから、それとは全く違った作風に挑戦したがっていた。

Rageがただそれだけのゲームじゃないという点は、見れば分かると思う。盗賊の基地を探索するような部分はそういうゲームプレーになるが、広大な屋外エリアも存在するんだ。ドライビング要素もふんだんに盛り込まれていて、街や集落に行って住人と話したりクエストを請け負ったり出来る。Doom 3やQuake、Wolfensteinなどよりも幅広いゲームに仕上がっているよ。

より苦労が伴うのは事実だが、同時にクールで新しいアイディアを試す事も可能になったんだ。誰もが好意的に見てくれている。「こんなのDoomじゃない、それじゃ駄目だ」という状況にはならずに済むからね。

[ソース: VG247]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: ニュース タグ: Rage