2011年05月29日(日)14時52分

Silicon Knights 「マルチプレーの増加は中古市場が原因」

Silicon KnightsのDenis Dyack氏が、ゲーム業界における中古市場の問題を語っています。

Denis Dyack: 何故マルチプレーに力を入れるゲームが増えているのか、ゲーマーは疑問に思い始めている。中古市場のせいでシングルプレー・ゲームの売り上げが落ちているため、経済的な理由でマルチプレーを入れざるを得ない状況なんだ。生き残るためだよ。だから、クラウド・コンピューティングなどが業界のためになると考えているんだ。時間はかかるが、可能性はあるだろう。

小売店の殆どが、新品よりも中古ゲームによる売り上げの方が多いという統計があったはずだ。そうした会社が記録的な利益を上げている一方、パブリッシャーやデベロッパーはレイオフを行っている。この業界最大の問題点だよ。

Dyack氏は、GameStopに代表される小売店も、今後はデジタルを推進せざるをえないだろうと考えているようです。

Denis Dyack: 彼らは生き残るために必死だ。中古市場は共食いのようなもので、業界内ではこのまま行くと先細りになるという見方が大勢を占めている。こうしたビジネス・モデルでは生き残れないという、我々のような連中が増えているんだ。何かが変わらなければならない。彼らもそれに気付いているから、生き残るための手段を模索しているんだ。

明確にしておきたいのは、クラウド・コンピューティングやデジタル配信による変化は、儲けのためではなく生き残るためだという事だ。文字通り、ゲーム業界が生き残るためなんだよ。そういう経済状況になってくると、抵抗の少ない道筋が見えてくるようになる。Netflixはクラウド・コンピューティングの最高の例で、全てを吹き飛ばす勢いだ。Netflixが消費者にとってあまりに便利なので、ケーブル会社は頭を抱えているよ。クラウド・コンピューティングの事や、リニアなメディアとビデオゲームやインタラクティブ・メディアの違いなどに関してはこれまでにも話してきたが、完全デジタル化や、Microsoftがクラウドに移行していくような事になっていくだろうと思っている。マルチプレーがなくても売れるようになり、物語が重要となるシングルプレー・ゲームのようなジャンルを保護する事に繋がるからね。

[ソース: Industry Gamers]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 業界 タグ: -