2011年05月29日(日)22時11分

IO Interactive 「Hitman: Absolutionを万人向けにする事が目標」

人気ステルス・ゲームの最新作Hitman: Absolutionに関し、IO Interactiveのゲーム・ディレクターTore Blystad氏がDigital Trendsのインタビューに応え、より幅広い層に受け入れられる事が目標だと語っています。

Tore Blystad: これまでのHitman作品は非常にハードコアだった。Hitmanユニバース自体は世界的な人気があるものの、ゲームは難易度が非常に高く、万人向けではなかったんだ。最新作で最大のチャレンジとなったのは、あらゆる面でゲームの幅を広げ、取っ付き易い作品であると同時に、ハードコアな側面も維持する事だ。長年支持してくれた熱心なファンを、ないがしろにはしたくないからね。

IO Interactiveは、Hitman: Absolutionの開発にあたってGlacier 2というゲーム・エンジンを新たに開発。ゲーム中のAIに最も力を入れているという。

Tore Blystad: この最新作では、全てがゲーム・エンジンからのリアルタイムのフィードバックをベースにしている。過去作と違い、全ての行動がリアルタイムにアップデートされていくんだ。ゲームのフィーチャーに関して言えば、テック・チームとゲームプレー・チームが共同で新フィーチャーが機能するように努力しているよ。

敵を攻撃すると反撃させる事が出来るし、敵を無視した場合は通常の行動を継続する。GTAのような箱庭大作は似た感じだが、本作ではキャラクターの能力に焦点を当てているから、表面的なものではないんだ。本作ではキャラクターの間近まで近づく事になるからね。全員に名前があるし、物語の中で役割を与えられている。だから、可能な限り真実味のある振る舞いをさせる事が最も重要なんだ。このゲームの中核だよ。

[ソース: Digital Trends]