2016年11月13日(日)21時17分

『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』海外レビュー

mw4remake.jpg

『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』の海外レビューです。

  • ジャンル:FPS
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Raven Software/Infinity Ward
  • 販売:Activision
現在でさえ、『Modern Warfare』はこれまでとは違う意味で革新的だ。『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』は、他のいわゆる「リマスター」の面目を潰する基準を設定している。
Raven Softwareは本作で高いハードルを設定した。『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』はオリジナルに忠実であるというだけでなく、現代PS4ゲームと同じくらい美しい出来である。
8.5/10 God is a Geek
良い点:
・大幅に改善されたライティング
・世界に命を吹き込む背景のディテール
・フル・リマスター
悪い点:
・時代遅れに感じられる一部の古いデザイン
・かつてのインパクトを失ったシーン
・記憶ほど長くない

もうこんなゲームは作られなくなってしまった。『Modern Warfare Remastered』はその内容に相応しい扱いを受けており、『Infinite Warfare』に素晴らしい付加価値を与えている。

8.5/10 IGN
端的に言って、『Modern Warfare』はもはやモダンではないが、戦闘とアクション映画風物語は時代を超越しており、レベル・デザインとキャンペーンに成長要素がない点は時代を感じさせる。だが時代遅れではなく古典であり、モデルやテクスチャ、エフェクトの改善に注がれた労力のお陰で、改めてキャンペーンをプレーするのはやりがいがあった。マルチプレーもグラフィックのアップグレードの恩恵を受けており、昔気質のテンポには独特の楽しさがある。初登場時のようなインパクトはないかもしれないが、現代にも通用すると同時に、シューターのかつての姿を体現する作品である。
8.5/10 CGMagazine
『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』のキャンペーンは、現代基準で見ると少し古臭いかもしれないが、マルチプレーの中毒性と楽しさは少しも色褪せていない。
良い点:
・変わらず練られたストーリー・キャンペーン
・シリーズ最高峰のキャラクターと記憶に残る見せ場
・現行シューターとは良い意味で異質に感じられるマルチプレー
悪い点:
・マルチプレーは楽しいが、現行タイトルほどの自由度や深みがない
・模倣しまくられたため、初めてプレーする人すら既視感を感じるかも

史上最も影響力の強いゲームの一つに相応しいリマスターであり、現在でも全く色褪せていない。

8.0/10 Destructoid
現時点では全てのマップが提供されているわけではなく、ホリデー・シーズンを通して何度か配信される予定となっている。決して理想的ではないし、『Infinite Warfare』を買わなければ入手できないこともそうした思いに拍車をかけているが、それまで十分楽しませてくれるだろう。『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』には愛情と気遣いがふんだんに盛り込まれており、他のデベロッパー(これはActivision自身のスタジオにも言えること。『Marvel Ultimate Alliance』と『Prototype』のことだ)のお手本になってくれることを願っている。
7.0/10 Stevivor
良い点:
・見事に改善された古臭いビジュアル
悪い点:
・当時の欠点が健在
・単体で販売されていない

『Modern Warfare Remastered』を『Infinite Warfare』のオマケとしてのみリリースし、単体ではリリースしないというのは、必死の小銭稼ぎに見える。この販売モデルは、『CoD4』ファンの誰もがこの9年間フランチャイズを熱心に追い続けてきたか、熱心な『CoD4』ファンならお気に入りゲームのリマスター版をプレーするためだけに喜んで金を払うだろうという仮定を前提にしている。だが、現実を見よう。普通の人間なら、ビジュアルが改善された9年前のゲームのために129豪ドルも支払うわけがないはずだ・・・よね?

3.5/5.0 Hardcore Gamer
『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』の任務は非常に困難なものだった。プレーヤーの思い出補正に応えなければならないと同時に、9年後の今でも楽しめるゲームにしなければならないのだから。ある意味、本作は成功を収めている。キャンペーンは9年前と同じ共感を呼ぶし、マルチプレーは今でも最高に楽しめる。ビジュアルの刷新はリマスター最高峰だ。Ravenの仕事振りは驚異的だが、限界もある。オリジナルのフォーミュラを堅持しようとする彼らの徹底したこだわりが、2007年当時の欠点をも露わにしてしまっているのだ。その後の続編では修正された問題点が、『Modern Warfare Remastered』では手つかずのまま残されており、体験全体を貶めている。『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』は美しいビジュアルと追加マルチプレー・コンテンツによってオリジナルを強化した手堅いリマスターだが、Raven Softwareはオリジナルに少しこだわり過ぎたのかもしれない。多少の調整がバランス問題を解消してくれたはずだが、懐かしい思い出を堪能したい人にとっては何の問題もないだろう。