グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

『マインクラフト』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|バニラ版から工業MODまで、最適なパソコンで遊びつくそう!

minecraft アイキャッチ

この記事では『Minecraft(マインクラフト)』をPC版でプレイしたい方の「結局どのPCを使えばいいの?」「グラボなしの普通のパソコンでも遊べるの?」という疑問を解消します。

以下の悩みを抱えている人は参考にしてください。

  1. 『マインクラフト』をプレイするための推奨スペックを知りたい
  2. グラボなしでマインクラフトができるのかを知りたい
  3. おすすめなゲーミングPCが知りたい
  4. MODで遊ぶ方法を知りたい

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・安くプレイしたい人向け → 「とにかく安い入門モデル
・MOD入れて遊びたい人向け → 「中級者向けコスパ最高モデル
・レイトレーシングON+MODで遊びたい人向け → 「上級者向けハイエンドモデル
・手軽にマイクラを触ってみたい人向け→ 「入門者向けゲーミングノート
・省スペース・持ち運びできてMODも触りたい人向け→ 「ミドルスペック&軽量ノート
・最新ゲーミングノートが欲しい人向け→ 「ミドルスペック最新ゲーミングノート

目次

『Minecraft』を遊ぶハードと「Java版」「統合版」の違いについて

Java版
by : Minecraft

『Minecraft』はPC版だけではなく、Nintendo SwitchやPS4、AndroidやiOSなど様々なハードで配信されています。

しかし、すべてのハード・バージョンで互換性があるわけではなく、大きく分けて以下の二種類に分類されます。

クロスプレイ(同じワールドで一緒に遊ぶこと)をしたい場合は、他のプレイヤーがどちらで遊んでいるかを確認し、同じ種類のソフトを購入しましょう。

PC版(Java版)

PCでのみ動作可能。影MODや工業化MODなど、無料のMODで遊ぶことが可能。統合版とのクロスプレイが不可

統合版(Bedrock Edition、BE版とも)

Java版以外のすべてのハードで遊べるMinecraftの総称で、PCの場合Windows 10版と呼ばれる。
異なるハード間(例えばSwitchとAndroidなど)でのクロスプレイが可能だが、Java版とのクロスプレイのみ不可

なお、このページではゲーミングPCで遊ぶことを前提として、Java版と統合版の両方に当てはまる解説を行います

「どちらを買えばいいのか?」と聞かれたら筆者個人としてはMODを使えるJava版を推奨しますが、フレンドと一緒に気軽に遊びやすいのはいろんなハードでクロスプレイできる統合版です。

『Minecraft』動作環境・推奨スペック

グラフィックボード Minecraft
by : NVIDIA

ここでは、公式サイト情報を元に、どの程度のスペックのPCであれば『マインクラフト』が快適に動作するかを紹介します。

GPU(グラフィックボード)無しでプレイできる?→ほぼ不可能です!

よくある質問なので先に述べておきます。

『Minecraft』をPCでプレイする場合は相応のグラフィック性能が必要となるため、快適にプレイするためにはグラフィックボードが必須です!

ビジネス用のデスクトップPCやノートPCではGPUが搭載されていたとしても、性能が貧弱でまともにプレイできない可能性が高いためご注意ください。

最低スペック(Java版)

スクロールできます
CPUCore i3-3210 3.2GHz / AMD A8-7600 3.1GHz もしくは同等以上のCPU
GPUOpenGL 4.4 対応 NVIDIA GeForce 400シリーズ / Radeon HD 7000シリーズ
メモリ4GB
ストレージ最低1GB
OSWindows:Windows 7 以上、masOS:OS X 10.9 Mavericks 以上、Linux:2014年以降の64bitディストリビューション
その他インストール時にファイルダウンロード用のインターネット接続が必須
Java版のシステム要件(by : Minecraft公式)

こちらの条件はあくまで最低スペックであるため、大規模なワールドでプレイすることは不可能です。

最低スペック(統合版)

スクロールできます
CPUCeleron J4105 | AMD FX-4100
GPUIntel HD Graphics 4000 | AMD Radeon R5
メモリ4GB
OSWindows 10 (32/64bit) バージョン 14393.0以降
統合版のシステム要件(by : Minecraft公式)

統合版もJava版と同様、最低スペックでのプレイはワールド規模が大きくなるにつれて動作不能になります。

推奨スペック(Java版)

スクロールできます
CPUCore i5-4690 3.5GHz / AMD A10-7800 APU 3.5GHz もしくは同等以上のCPU
GPUOpenGL 4.5 対応 GeForce 700 シリーズまたは AMD Radeon Rx 200 シリーズ(統合チップセットを除く)
メモリ8GB
ストレージ4GB(SSD推奨)
OS(すべて64bitOS) Windows:Windows 10、masOS:macOS 10.12 Sierra、Linux:2014年以降のディストリビューション
Java版のシステム要件(by : Minecraft公式)

推奨スペック(統合版)

スクロールできます
CPUIntel i7-6500U | AMD A8-6600K
GPUNVIDIA GeForce 940M | AMD Radeon HD 8570D
メモリ8GB
OSWindows 10 (32/64bit) バージョン 14393.0以降
統合版のシステム要件(by : Minecraft公式)

真の推奨スペック

スクロールできます
CPUCore i7-9700K
メモリ16GB
GPUGTX 1650
推奨スペック(by:マインクラフト)

筆者が個人的に考える「高いフレームレートで安定してバニラ版『Minecraft』を遊ぶためのスペック」はこの程度となります。

【現在使っているPCのスペック確認方法】
Windows画面左下の検索欄に「dxdiag」と入力→「コマンドの実行」をクリックするとDirectX 診断ツールが起動します。
システムタブからはPCのプロセッサ(CPU)とメモリ、ディスプレイタブからはGPUを確認できます。
もっと詳しくPCスペックを確認したい方は「PCスペックの確認方法」をチェックしてください。

PCスペックの確認方法

GPU&グラフィック設定別フレームレート・ベンチマーク

フルHD(1080P)-高設定
RTX 3090
1995fps
RTX 3080
1878fps
RTX 3070
1436fps
RTX 2080 Ti 
1291fps
RTX 3060 Ti
1219fps
RTX 2080 SUPER
1184fps
RTX 2070 SUPER
1081fps
RTX 3060
1068fps
GTX 1080 Ti
1016fps
RTX 2060 SUPER
974fps
GTX 1660 SUPER
717fps
GTX 1650
459fps

このベンチマークはMOD等を導入しない状態での平均フレームレートです。「影MOD」や「工業化MOD」導入時にはもちろん重くなり、この平均fpsは維持できません。
また、それぞれ『Minecraft』内での環境も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

BTOショップ別特徴まとめ【ドスパラからパソコン工房まで】

大手BTOショップ4社比較
メーカー値段(安さ)納品速度サポート使い勝手ゲーマー向け
ドスパラ〇◎〇◎◎
マウスコンピューター◎〇◎〇◎
パソコン工房〇〇◎△◎
フロンティア◎△△△◎

最近のBTOショップでは、販売されているPC自体の性能差はほとんど存在しません。

一日でも早くお目当てのゲーミングPCが欲しいなら「ドスパラ」

どれほど時間がかかっても受注生産やセールで最安ゲーミングPCが欲しい人は「フロンティア」

「マウスコンピューター」は24時間365日の電話サポートが手厚いので入門者にはぴったりです。

今日本でゲーミングPCを買おうと思ったらこの記事で紹介しているPCモデルがトップクラスです。

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのはコスパが悪いのでやめましょう。
家電量販店のデメリットを詳しく知りたい方は「パソコン買うなら電気屋や家電量販店はNGな理由」を参考にしてください。

『Minecraft』おすすめゲーミングPC

Minecraft プレイ画像
by : Minecraft公式

人気PCはほとんどのBTOショップで在庫が切れがちです。

ドスパラ」だけは在庫が豊富で出荷スピードが早いため、一日でも早くPCを手に入れたい人のために「ドスパラ」からPCを紹介します。

どのショップでもPCは頻繁に値上げされているので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。

GPUの在庫不足問題については「GPU在庫不足とグラボ品薄の原因」という記事で詳しく解説しているのでそちらを参照してください。

初心者にはとにかく安い入門モデルがおすすめ

ガレリア RM5C-G60
ガレリア RM5C-G60
CPU : Core i5-10400
グラフィック : GTX 1660
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
109,980円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 初めてのゲーミングPCが欲しい人には無難な性能
  • 軽めのMODであれば快適
  • 爆速ロードのNVMe SSD搭載
  • 大規模ワールド+MODは重くなる

『Minecraft』はプレイするスタイルによって必要なスペックが大きく変わるゲームです。

こちらのPCではMODを導入して遊ぶにはスペックが足りない可能性があり、いわゆるバニラ(MOD導入をせず標準仕様)で遊ぶ前提となります。

画像はバニラ状態の『Minecraft』のゲーム画面
画像はバニラ状態の『Minecraft』のゲーム画面

しかし、『Minecraft』の楽しさをまず体験したいという場合このモデルでも十分楽しむことはできるため、ゲーミングPCの1台目としておすすめです。

MOD入れまくりで遊びたい中級者は人気no.1モデルがおすすめ

ガレリア XA7R-R37
ガレリア XA7R-R37
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • コスパ最高の人気no.1モデル
  • 240hzモニターや4Kモニターの性能をフルで活かせる
  • ゲーミングモニターと同時に購入すると高価

『Minecraft』を存分に楽しみたい方におすすめのドスパラ人気no.1モデル。

数百人単位で大型のイベントなどを主催しようとすると、負荷がかかりカクついてしまう可能性があります。

イベントの主催などを行わず、通常プレイの範囲でしたら困ることはまずないスペックとなっております。

レイトレーシングはもちろん、後述する筆者おすすめのMODを導入することも可能です。

レイトレーシングとは?

by:『WATCH DOGS LEGION

「レイトレーシング」をONにすると自然と水に光が反射し、近くで見ると陰影のクオリティが段違いにアップします。

詳しいレイトレの仕組みは「レイトレーシングとは何か」で解説しています。

統合版はレイトレーシングに正式対応しているがjava版は対応していない、という説がありますが、java版もグラフィックMODという形でレイトレーシングに対応しています。

ベンキュージャパン
¥26,700 (2021/07/18 14:44時点 | Amazon調べ)

重たい回路処理を目指す上級者やゲーム配信を行いたい人にはハイエンドゲーミングPCがおすすめ

ガレリア XA7C-R39
ガレリア XA7C-R39
CPU : Core i7-10700K
グラフィック : RTX 3090
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

「ガレリア XA7C-R39」はi7モデルですが、CPUスペックが重要な動画編集などの作業をする方には、価格は約5万円アップしますがi9モデルの「ガレリア ZA9C-R39」がおすすめです。

長所
短所
  • 重たい回路処理やワールドを作って遊べる
  • 最高級のゲーミングPC
  • 配信映えするMODとゲーム配信を同時に動かしても余裕のスペック
  • レイトレーシングも楽々対応
  • 性能に比例して高額

圧倒的なスペックで、マイクラで遊べるすべてに対応できるモデルがこちら。

筆者自身もともとは安いPCで『Minecraft』を楽しんでいたのですが、いざ動画のような大型の回路処理を走らせると重たくてまともに確認できないレベルになってしまいました。

その後、ハイエンドゲーミングPCを導入したのですが、あまりの違いに驚きが隠せませんでした。

筆者の遊びたいことが何も問題なく、カクツキなどを一切気にせずに遊べることがどれだけストレスのないことかを実感しました。

お金に余裕があり、遊びたい内容が「大型のワールドを作って遊びたい」「複雑な回路を作って遊びたい」などでしたら、可能な限りハイエンドなゲーミングPCを購入することをおすすめします。

ベンキュージャパン
¥61,000 (2021/07/18 14:44時点 | Amazon調べ)

手軽に遊びたい人は入門者向けゲーミングノートがおすすめ

ガレリア RL5R-G50T
ガレリア RL5R-G50T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 120Hz 15.6インチ
重量 : 1.9kg
バッテリー : 7.5 時間
109,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 圧倒的に安いゲーミングノート
  • この価格で120hzのモニター搭載
  • マウスやキーボードの出費がゼロ
  • 容量が少ないため大量にゲームを導入できない
  • デスクトップPCと比べ拡張性がない

デスクトップのゲーミングPCと比べるとややスペックが落ち、バニラで使う前提になりますが、「大きいPCを置くスペースがない」「最初はお手軽に『Minecraft』を始めたい」という方にはゲーミングノートもオススメです。


ゲーミングノートの問題点としてよく挙がる「モニターが60hz」という問題も解決、バニラでのプレイであればモニターのスペックである「120hz」もフルで活かすことができます。

持ち運べるゲーミングノートでMODを楽しみたい人はこちら

ガレリア GCR2070RGF-QC
ガレリア GCR2070RGF-QC
CPU : Core i7-9750H
グラフィック : RTX 2070 MAX-Q
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 1.87kg
バッテリー : 10時間
164,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • スペックと値段のバランスが非常に優れたモデル
  • 通常のゲーミングモニターと遜色のない144hzのモニター搭載
  • 軽量の薄型ボディで持ち運びにも有利
  • デスクトップPCと比べ拡張性がない

ハイエンドのデスクトップPCと比べると劣りますが、ノートPCでMODを導入しつつ遊びたい方はこちら。

『Minecraft』のゲーム画面
by : Minecraft公式

レイトレーシングにも対応し、『Minecraft』の持つ綺麗なグラフィックを楽しむことができます。

ミドルスペックの最新ゲーミングノートが欲しい方はこちら

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 5.8 時間
159,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 最新パーツを揃えたコスパ最高のゲーミングノートPC
  • 144Hz対応モニター
  • マウスやキーボードといった周辺機器の出費ゼロ
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • デスクトップPC並の拡張性はない

デフォルトのストレージ容量が若干少なめであること以外は非の打ち所がないモデルです。

「たくさんのゲームをするわけではないけど、自分のプレイするゲームは快適にプレイしたい」人におすすめです。

『Minecraft』のゲーム画面
by : Minecraft公式

影MODに加えて多数のMODを導入しても安心。
省スペースでマイクラを遊びつくしたい人におすすめできるモデルとなっています。

『Minecraft』をプレイするならPC環境がおすすめ

『Minecraft』をプレイするためにはゲーミングPCを用意するのが最も便利です。

MODで遊んだり多数のワールドに遊びに行くことができるのはPC版『Minecraft』にしかできないからです。

『Minecraft』おすすめMODについて

ここでは、PC版『Minecraft』でしか体験できないおすすめのMODを一部紹介します!

Lycanite’s Mobs Mod

Lycanite’s Mobs Mod
by : Lycanites Mobs

このMODを導入すると、Minecraftには出てこない強敵と戦うことができるようになります!

Lycanites Mobs
by : Lycanites Mobs

各バイオームに様々なMOBが追加されるため、改めてMinecraftを新しい気持ちで探検することができます。

追加されるモンスターは攻撃力が高く、装備をかなり整えないとすぐ倒されてしまうのでご注意ください!

Casino Craft Mod

CasinoCraft
by : CasinoCraft

このMODは『Minecraft』のゲーム内でカジノゲームやアーケードゲーム機を追加するMODです。

『Minecraft』のゲーム内でカジノなどを再現することができるようになります。

建築でカジノを作って友人を招待、みんなでカジノを楽しむなんてこともできるようになります!

Small Boats Mod

Small Boats Mod
by : Small Boats Mod

『Minecraft』の海って広いですよね。

大海をちっちゃいボートで漕いでいくのも悪くはないですが、別の船で探索したくなりませんか?

そんな夢をかなえてくれるMODがこちら。船が追加され、『Minecraft』の移動手段がさらに豊富になります。

船にはチェストも積まれているため、いろんな土地で降りて補給してまた乗って船旅に出るという船乗りのような暮らしをすることもできます。

フレームレートが高いほど快適なプレイを体験できる

せっかくMODを導入したり、複雑な回路処理を組んだのに画面が滑らかじゃないと没入感が損なわれてしまいます。

しかし、フレームレートが高ければ導入したMODのグラフィックやMOBの挙動を臨場感ある状態で楽しむことができる為おススメです。

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須

高フレームレートでプレイしたいならゲーミングモニターが必須
by:BenQ

いくら良いゲーミングPCで高フレームレートを出せても、その映像を描画できる高リフレッシュレート対応ゲーミングモニターがなければ意味がありません。

詳しく知りたい方は「フレームレート(fps)とは何か?」と「リフレッシュレートとは何か?」をセットで参考にしてください。

『マインクラフト』に最適なゲーミングモニターを紹介します。

BenQ XL2546K

ベンキュージャパン
¥61,000 (2021/07/18 14:44時点 | Amazon調べ)
24.5インチ0.5ms240Hz

240Hz対応ゲーミングモニターでプレイする『Minecraft』は、没入感が非常に素晴らしいものになります。

視点を動かしたときに自分の目線が滑らかに描写され、綺麗な景色が描写される感覚は「最高」の一言に尽きます。

BenQ ZOWIE XL2411K

ベンキュージャパン
¥27,367 (2021/07/18 21:39時点 | Amazon調べ)
24インチ1ms144Hz

「240hzでプレイしたいけどモニターにそこまで払えない」と思ってしまう方にオススメなのが144hzモニターです。

60hzのモニターと比べれば圧倒的に滑らかさの差が大きく、一度体験すると60hzのモニターには戻れないほどです。

こちらの記事では、当サイトが厳選した「おすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。

ゲーミングPCの基礎知識」「おすすめBTOショップ」についても解説していますのでこの記事で欲しいゲーミングPCが見つからなかった方はあわせてご確認ください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる