【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

予算20万円~25万円で買えるゲーミングPC FPSゲーマーにおすすめ!144fps以上でプレイできるパソコンを紹介

予算20万円~25万円で買えるゲーミングPC

この記事では、20万円~25万円で購入できるゲーミングPCの特徴や、おすすめモデルを紹介しています。

上記の項目について詳しく解説していきます。

当サイトではゲーミングPCを価格別やゲーム推奨別にまとめた「初心者におすすめのゲーミングPC」も紹介しています。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからジャンプできます。

20~25万で買えるゲーミングPCおすすめTOP3

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ価格販売ページ
G-Tune HM-B-AFデスクトップマウスコンピューターCore i7-12700FRTX 306016GB512GB NVMe SSD199,800円詳細を見る
RM7C-R36デスクトップドスパラCore i7-12700RTX 306016GB512GB NVMe SSD204,980円詳細を見る
RM7C-R36TデスクトップドスパラCore i7-12700RTX 3060 Ti16GB1TB NVMe SSD209,980詳細を見る
G-Tune HM-B-3060Ti-ALデスクトップマウスコンピューター Core i5-12400RTX 3060 Ti16GB512GB NVMe SSD229,900円詳細を見る
RM7C-R37デスクトップドスパラCore i7-12700RTX 307016GB1TB NVMe SSD229,980詳細を見る
目次

予算20万円~25万円で買えるおすすめゲーミングPC

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ価格販売ページ
G-Tune HM-B-AFデスクトップマウスコンピューターCore i7-12700FRTX 306016GB512GB NVMe SSD199,800円詳細を見る
RM7C-R36デスクトップドスパラCore i7-12700RTX 306016GB512GB NVMe SSD204,980円詳細を見る
RM7C-R36TデスクトップドスパラCore i7-12700RTX 3060 Ti16GB1TB NVMe SSD209,980詳細を見る
G-Tune HM-B-3060Ti-ALデスクトップマウスコンピューター Core i5-12400RTX 3060 Ti16GB512GB NVMe SSD229,900円詳細を見る
RM7C-R37デスクトップドスパラCore i7-12700RTX 307016GB1TB NVMe SSD229,980詳細を見る

ここではBTOショップで予算20万~25万円で購入できるデスクトップPCを価格の安い順から紹介していきます。

G-Tune HM-B-AF【Core i7-12700F + RTX 3060】

G-Tune HM-B-AF(限定コラボモデル)
G-Tune HM-B-AF
CPU :インテル Core i7-12700F
グラフィック :RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB(NVMe)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 第12世代のCore i7搭載
  • あらゆるPCゲームを最高設定でプレイできる
  • パソコン大百科限定のコラボモデル
  • 4Kやレイトレーシングを高fpsで遊ぶのは厳しい
  • FPS競技勢レベルの環境目指すには物足りない性能

G-Tune HM-B-AF」はパソコン大百科×マウスコンピューターのコラボ限定モデルです。

特徴的なのは最新の第12世代のCPUを搭載していて、ゲーム性能と相性の良いIntel製なので、ビジネス~ゲームまでサクサク快適に動かすことが可能です。

RTX 3060はほぼすべてのPCゲームを最高設定で遊ぶことができるため、「家庭用ゲーム機から乗り換えたい」「低すぎないスペックで予算はなるべく安めのPCが欲しい」という方におすすめのゲーミングPCモデルです。

>>公式サイトで「G-Tune HM-B-AF」の詳細を見る

ガレリア RM7C-R36【Core i7-12700 + RTX 3060】

ガレリア RM7C-R36
ガレリア XA7C-R36 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 20万前後でRTX 3060搭載
  • 第12世代CPU搭載
  • 設定次第ではほとんどのゲームで144fpsが可能
  • 240fpsなど完全維持を目指すのであればやや性能が物足りない
  • ストレージが500GBなのでやや安め

「ガレリア RM7C-R36」は第12世代Core i7 CPUとRTX 3060の組み合わせのコスパの良いゲーミングPCです。

かなり安いモデルではありますが、GPUには「RTX 3060」などが搭載されており、『Apex Legends』や『FF14』などの人気ゲームでも144fpsを出して快適に遊べることができます。

アップグレードでこれ以上の性能のカスタマイズは必要ない!という方には最安で購入することができるおすすめモデルです。

>>公式サイトで「ガレリア RM7C-R36」の詳細を見る

ガレリア RM7C-R36T【Core i7-12700 + RTX 3060 Ti】

ガレリア RM7C-R36T
ガレリア XA7C-R36T
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : GeForce RTX 3060 Ti
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 第12世代のCPUが搭載
  • 最強コスパGPUのRTX 3060 Ti搭載
  • RTX 3060搭載モデルよりも大きくフレームレートが出せる
  • リアルタイムレイトレーシング非対応

RM7C-R36T」はRTX 3060の上位互換モデルの「RTX 3060 Ti」が搭載されています。

性能自体は大きく上がっており、RTX 3060の3Dマークスコアが「8833」なのに対してRTX 3060 Tiは「11856」とかなりの差がついています。

144fpsギリギリを目指すのではなく、もっとゆとりもってフレームレートを上げたい!という方にピッタリのモデルです。

>>公式サイトで「RM7C-R36T」の詳細を見る

ガレリア RM7C-R37【Core i7-12700 + RTX 3070】

ガレリア RM7C-R37
ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • CPU・GPUともに高性能
  • 今回紹介する中で最も高性能
  • モニターなどの周辺機器と合わせると高額

RM7C-R37」は今回紹介する中で最も高性能なモデルです。

今回紹介する中で唯一GPUに「RTX 3070」を搭載しているため、価格も高いですがゲーミングPC本体に妥協したくない方におすすめです。

『Fortnite』や『R6S』のような比較的に軽いゲームであれば240fpsも視野で、今までよりも更にゲーム体験が楽しくなること間違いないスペックです。

>>公式サイトで「ガレリア RM7C-R37」の詳細を見る

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

G-Tune HM-B-3060Ti-AL【Core i5-12400F + RTX 3060Ti + デバイス一式】

G-Tune HM-B-AL
G-Tune HM-A-AL
CPU : Core i5-12400F
グラフィック : RTX 3060Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : iiyama G-MASTER GB2470HSU
マウス : Logicool G304
キーボード : Logicool G213r
ヘッドセット : Logicool G331

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

長所
短所
  • ゲーミングデバイス一式が搭載
  • 高速読み込みができるSSD搭載
  • ほとんどのゲームで144fpsが可能
  • 配信をするなら少し物足りないスペック

G-Tune-HM-B-3060Ti-AL」はCPUにCore i5の第12世代+RTX 3060Tiの高コスパミドルレンジスペックのゲーミングPCです。

このPCの特徴としては、「マウス~モニター」までのゲーミングデバイスに必要なものがすべて揃っており、周辺機器をわざわざ購入する必要はありません。

また、デバイスもしっかりとLogicoolのゲーミング製品が用意されているためPC入門としては十分なものばかり用意されています。

モニターも165Hzで稼働できるため、「まさしくゲーミングPCでプレイしている」という感動をいち早く味わうことができます。

>>公式サイトで「G-Tune-HM-B-3060Ti-AL」の詳細を見る

予算20万円~25万円で買えるゲーミングPCの特徴

20万円~25万円のゲーミングPCは、これからFPSゲームを始める対戦ゲーム初心者や、今使っているゲーミングPCをより高性能なPCに買い替えたい方におすすめの価格帯です。

ここでは20万円~25万円で購入できるゲーミングPCの特徴を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

FPSなどの対戦ゲームで勝ちたい方におすすめ

こんな人にはおすすめ
こんなに人は不向き
  • FPSやTPSを本気で上達したい
  • 『Apex Legends』などの高負荷なバトロワを安定して144fps以上でプレイする
  • ゲームの配信をしてみたい
  • 『Apex Legends』などの高負荷なバトロワを安定して240fps以上でプレイする
  • 最新AAAタイトルを4K+60fpsでプレイする

20万円~25万円のゲーミングPCはFPSなどの対戦ゲームをプレイする、ヘビーゲーマーにおすすめできる価格帯です。

144Hzモニターでのプレイを考えている方には必須スペックを持つ価格帯です。

20万円~25万円のゲーミングPCであれば、CPUもハイクラスのものを搭載しているため、ゲームの配信をすることもできます。

しかし、AAAタイトルを4Kの高画質で60fps以上を維持してプレイするには少し性能が物足りないのでより上位の価格帯の製品を目指しましょう。

コストパフォーマンスが高いGPUが豊富なラインナップ

GPU グラフィックボード

この記事で紹介しているおすすめゲーミングPCの多くのGPUには、「RTX3060 Ti」という価格以上の性能を持ったコストパフォーマンスの高いGPUが搭載されています。

「高い性能のGPUも欲しいけど、それなりに予算もできるだけ抑えたい」という方にとって、まさしくおすすめのモデルです。

またRTXシリーズからは「リアルタイムレイトレーシング」と呼ばれるゲームの描画をよりリアルにする技術を使用することができます。

詳しくは「レイトレーシングとは何か」で解説しているので気になった方はチェックしてみてください。

144fpsでゲームを遊べる本格的なスペック

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

FPSなどの対戦ゲームで勝つためには、ある程度のスペックが必要不可欠で、20万円~25万円の価格帯のスペックを持つゲーミングPCは必須です。

これ以下の価格帯となってくると、『Apex Legends』などの高負荷なバトルロワイアルゲームだと、戦闘中や最終局面でプレイヤー数が多いときなどにfpsが大きく下がってしまいます。

戦闘中にfpsが大きく上下するとエイムやキー入力に大きく影響してしまい負けてしまう原因ともなります。

戦闘中でも安定してプレイしたい、144fpsで他のプレイヤーよりも有利に戦いたい方に20万円~25万円ののゲーミングPCはおすすめです。

予算20万~25万円でプレイできるゲーム別パフォーマンス

スクロールできます
ゲーム初級中級上級最高級
Apex Legends
Apex Legends
60fps144fps240fpsWQHD 144fps
フォートナイト
フォートナイト
60fps144fps240fpsWQHD 144fps
マインクラフト

マインクラフト
60fps144fps影MOD4K 60fps
FF14
FF14
60fps144fpsWQHD 144fps4K 60fps
ゲーム別パフォーマンス評価表

20万円~25万円で購入できるゲーミングPCのゲーム別パフォーマンスです。

どんな大人気ゲームでも144fpsを出すことは可能で、ゲームタイトルによっては240fpsを目指すこともできます。

4K画質+60fpsや240fpsを完全維持してプレイしたい方は20万~25万円の価格帯のゲームPCでは難しいため、より高性能なグラフィックボードが搭載されている「予算25万~30万円」の記事を参考してみてください。

他の価格帯とのゲーミングPCの比較

ゲーミングPCは価格が高ければ高いほど性能が高く、PCでできることも増えていきます。

そこで、20万円~25万円の価格帯のPCと他の価格帯のPCで、できることとできないことを下記のテーブルにて紹介していきます。

スクロールできます
価格帯最新ゲームタイトルをプレイFPS/TPSで60fpsFPS/TPSで144fpsFPS/TPSで240fpsレイトレーシング対応4K画質でのプレイゲーム実況/動画配信
5万円~10万円可能60fps144fps240fpsなし4K動作が重い
10万円~15万円可能60fps144fps240fpsなし4Kタイトルによって可能
15万円~20万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
20万円~25万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
25万円~30万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
30万~可能60fps144fps240fpsあり4K快適

上記のテーブルを参考に、自分がゲーミングPCでやりたいことを考えた上で価格帯を選ぶことが重要です。

予算20万円~25万円で買えるゲーミングPCに関するよくある質問

中古でゲーミングPCを買うのはNG?

おすすめしません。

中古で購入した場合、見た目で分からない部分でパーツが劣化していることもあるため、すぐ故障する可能性があります。

詳しくは「中古パソコンをおすすめしない理由やデメリットについて詳しく解説」にまとまっています。

家電量販店でゲーミングPCを買うのはNG?

家電量販店のゲーミングPCはBTOショップよりも遥かに高く、ネット回線やセキュリティソフトなど余計なサービスまで付いてきて、初心者は騙されて不当に高い買い物をさせられる可能性があるのでNGです。詳しくは「電気屋や家電量販店をおすすめしない理由」にまとまっています

CPUのAMDとインテルはどっちがおすすめ?

最近はコスパや性能面でAMDが優勢だと言われていますが、決定的な差はありません。

144hzモニターや240hzモニターを購入しても大丈夫ですか?

大丈夫です。

この記事で紹介しているおすすめゲーミングPCはすべて144fps以上出せるスペックを持っているため、144hzモニターや240hzモニターの効果をしっかりと発揮することができます。

20万円~25万円の価格帯のPCであれば「144hz対応ゲーミングモニターがおすすめ」です。

BTOショップと自作PCはどちらがおすすめですか?

PCの知識があまりない初心者でしたら圧倒的にBTOショップがおすすめです。

自作PCは予算を抑えることができますが、PCを組み立てるのに時間がかかり、保証などはありません。

詳しくは「BTO vs 自作PC」 の記事で詳しく解説しています。

予算25万以内のゲーミングPCの特徴は?

20万前半ですとある程度のPCゲームでは最高設定は狙えることができつつ、設定を下げることによって144fpsを目指せます。

25万円ギリギリか、ややオーバーでしたら有名タイトルのFPSゲームですと最高設定でも144fpsは目指せます。

予算20万のPCでApexは遊べる?

余裕で遊べます。

20万のPCは設定を下げて144fps前後、25万のPCは高設定でも144fps安定の目安になります。

いずれも240fpsの張り付きを目指す場合は30万円以上のゲーミングPCが必要となってきます。

予算20万円~25万円で買えるゲーミングPCまとめ

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ価格販売ページ
G-Tune HM-B-AFデスクトップマウスコンピューターCore i7-12700FRTX 306016GB512GB NVMe SSD199,800円詳細を見る
RM7C-R36デスクトップドスパラCore i7-12700RTX 306016GB512GB NVMe SSD204,980円詳細を見る
RM7C-R36TデスクトップドスパラCore i7-12700RTX 3060 Ti16GB1TB NVMe SSD209,980詳細を見る
G-Tune HM-B-3060Ti-ALデスクトップマウスコンピューター Core i5-12400RTX 3060 Ti16GB512GB NVMe SSD229,900円詳細を見る
RM7C-R37デスクトップドスパラCore i7-12700RTX 307016GB1TB NVMe SSD229,980詳細を見る
  • 自分の用途に合わせて購入するゲーミングPCの価格帯を選ぶ
  • 他の価格帯のゲーミングPCと何ができるかを比較する
  • 20万~25万円の価格帯のゲーミングPCはFPSゲーマーにおすすめ

予算20万円~25万円のゲーミングPCはFPSで勝ちたいヘビーゲーマーには必須なスペックです。

『Apex Legends』などのバトルロイヤルゲームを144fpsでプレイしたい方におすすめの価格帯となります。

しかし、「高負荷なバトルロイヤルゲームを安定して240fps以上でプレイする」、「AAAタイトルを4Kの高画質で60fps以上を維持してプレイする」には少し性能が物足りません。

後々、「144fpsじゃ満足できない!」、「240fpsでプレイしたい!」と思った時に、GPUをよりハイスペックなものに交換するだけで240fpsでのプレイを実現できます。

自分にあったゲーミングPCを選んで、家庭用ゲーム機では体験できない高fpsでのプレイの快適感をぜひ体感してください!

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次