【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

予算15万円~20万円で買えるゲーミングPC|価格と性能のバランスが良い中級者向けモデルを紹介

予算15万円~20万円で買えるゲーミングPC

この記事では、予算15万円~20万円で購入できるゲーミングPCの特徴や、おすすめモデルを紹介しています。

上記の項目について詳しく解説していきます。

当サイトでは価格別やゲーム推奨別にまとめた「初心者におすすめのゲーミングPC」も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからジャンプできます。

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ販売ページ
RM5R-R35デスクトップドスパラRyzen 5 4500RTX 305016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
RM5R-R36デスクトップドスパラRyzen 5 4500RTX 306016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
RM5C-R36デスクトップドスパラCore i5-12400RTX 306016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
XL7R-R36ノートドスパラRyzen 7 5800HRTX 306016GB512GB NVMe SSD詳細を見る
UL7C-R36ノートドスパラCore i7-11800HRTX 306016GB1TB NVMe SSD詳細を見る
目次

予算15万円~20万円で買えるおすすめゲーミングPC

ここではBTOショップで予算15万~20万円で購入できるデスクトップPCとノートPCを安い順から紹介していきます。

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ販売ページ
RM5R-R35デスクトップドスパラRyzen 5 4500RTX 305016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
RM5R-R36デスクトップドスパラRyzen 5 4500RTX 306016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
RM5C-R36デスクトップドスパラCore i5-12400RTX 306016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
XL7R-R36ノートドスパラRyzen 7 5800HRTX 306016GB512GB NVMe SSD詳細を見る
UL7C-R36ノートドスパラCore i7-11800HRTX 306016GB1TB NVMe SSD詳細を見る

予算15万円~20万円で買えるおすすめゲーミングデスクトップPC

予算15万円~20万円は、最高設定の画質で高フレームレートを狙えることができるので、本格的にPCゲームを始めたい方におすすめの価格帯です。

以下では予算15万円~20万円で購入できるおすすめのゲーミングデスクトップPCを紹介していきます。

RM5R-R35【Ryzen 5 4500 + RTX 3050】

ガレリア RM5R-R35
ガレリア RM5R-R36T
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GeForce RTX 3050
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • あらゆるPCゲームを高設定で遊べる
  • 軽いゲームであれば144fps以上も安定
  • 一部のゲームでは144fps目指すのは厳しい

RM5R-R35」はミドルレンジクラスのGPUとコスパの良いAMD製CPUが搭載された予算15万円前後で購入できるゲーミングPCです。

あらゆるPCゲームを高設定で遊べるのはもちろん、『VALORANT』や『LoL』のような比較的軽いゲームであれば144fpsを目指すことが可能なスペックとなっています。

一方で、『Apex Legends』などのフレームレートが安定しづらいバトロワ系や、『サイバーパンク』などの要求スペックが高いゲームは、快適にプレイはできるものの144fpsを目指すはやや厳しいです。

ただ、それでもほぼすべてのPCゲームを15万円前後の程よい価格で中~高設定でプレイできるのは「RM5R-R35」ならではです。

「とりあえずPCでゲームがやりたい・予算15万円以上は少し厳しい…」という方におすすめできるモデルとなっています。

>>公式サイトで「RM5R-R35」の詳細を見る

RM5R-R36【Ryzen 5 4500 + RTX 3060】

ガレリア RM5R-R36
ガレリア RM5R-R36
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : GeForce RTX 3060
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 最新ゲームでも高画質でプレイできるスペック
  • 人気バトロワゲームでも144fpsを目指せる
  • Intel製CPUよりも安い
  • ストレージ容量が少なめなので、カスタマイズアップグレードが必要

RM5R-R36」はコストパフォーマンスの良いAMD製CPUとRTX 3060が搭載されたゲーミングPCです。

AMD製とIntel製のCPUに大きな違いはありませんが、ゲームなどの相性によっては若干のフレームレートの差がでるレベルです。

RTX 3060はありとあらゆるPCゲームを堪能するの向いているミドルレンジモデルのため、「低すぎず高すぎず」のスペックを狙っている方におすすめです。

>>公式サイトで「RM5R-R36」の詳細を見る

RM5C-R36【Core i5-12400 + RTX 3060】

ガレリア RM5C-R36 第12世代Core搭載
ガレリア RM5C-R36
CPU : Core i5-12400
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 最新ゲームでも高画質でプレイできるスペック
  • 人気バトロワゲームでも144fpsを目指せる
  • AMDよりもゲーム相性は良い
  • ストレージ容量が少なめなので、カスタマイズアップグレードが必要
  • AMD製CPUよりは高い

RM5C-R36」は高性能なCPUと、RTX30シリーズのグラフィックボードが搭載されています。

15万円前後の価格帯のモデルではありますが、高画質でPCゲームをプレイするだけなら余裕のスペックで、ゲーミングPCの家庭用機以上の性能をわかりやすく体感できます。

予算をなるべく抑えながらも、高いスペックを持ったゲーミングPCを狙っている方にはおすすめです。

>>公式サイトで「RM5C-R36」の詳細を見る

予算15万円~20万円で買えるおすすめゲーミングノートPC

予算15万円~20万円で購入できるゲーミングノートPCは、144Hz・240Hzをしっかりと発揮できる高性能なGPUが搭載されているのが特徴的な価格帯です。

家庭用ゲーム機以上の性能を持っているのは当たり前で、いつでもどこでも144fps以上でゲームがプレイできるのはまさにゲーミングノートPCだけの特権です。

以下では予算15万円~20万円で買えるおすすめゲーミングノートPCを紹介していきます。

XL7R-R36【Ryzen 7 5800H + RTX 3060

ガレリア XL7R-R36
ガレリア XL7R-R36
CPU : Ryzen 7 5800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター : 144Hz 15.6インチ
重量 : 2.1kg
バッテリー : 6.3 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • コスパ最高のゲーミングノートPC
  • 144Hz対応モニター
  • マウスやキーボードといった周辺機器の出費ゼロ
  • 容量が少ないのでストレージ増量必須
  • 重量はやや重め

XL7R-R36」はドスパラのゲーミングノートPCの中でもかなり人気の高いモデルです。

144hzに対応したディスプレイと、『Apex Legends』や『Fortnite』などのFPS/TPSゲームで144fpsも出すことができるグラフィックボードが搭載されている、高性能なゲーミングノートです。

同価格帯のデスクトップPCと比べるとやや割高に感じますが、モニターやマウスなど周辺機器の費用を考えるとむしろコスパに優れています。

家中のどこでもゲームを遊びたい、もしくはサブPCとして購入したい方に最適なゲーミングノートPCです。

>>公式サイトで「XL7R-R36」の詳細を見る

UL7C-R36【Core i7-11800H +  RTX 3060

ガレリア UL7C-R36
ガレリア UL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD
モニター : 240Hz 15.6インチ
重量 : 2.0kg
バッテリー : 9.6 時間

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「GALLERIA UL7C-R36」レビュー

長所
短所
  • デスクトップゲーミングPCクラスの高スペック
  • 高性能かつ長時間駆動可能なバッテリー
  • 240hz対応モニター
  • デスクトップPCと比べると拡張性が少ない

GALLERIA UL7C-R36」は「RTX 3060」が搭載されたゲーミングノートPCです。

液晶は240Hzに対応しており、もはやデスクトップゲーミングPCクラスの最強スペックとなっています。

さらにバッテリー最大駆動時間は約9.6時間で、これだけ高性能で長時間稼働させられるゲーミングノートは中々ありません。

価格面ではゲーミングノートPCにしては若干高いように見えますが、240Hzモニターを普通に買うとなるとかなりの出費がかかります。

搭載されている高性能なCPUやGPU、240Hz液晶モニターに対応していると考えると実質かなりお得なモデルであることは間違いありません。

最強のスペックでゲーミングノートPCで快適にゲームがプレイしたい方におすすめのモデルです。

>>公式サイトで「UL7C-R36」の詳細を見る

予算15万円~20万円で買えるゲーミングPCの特徴

15万円~20万円のゲーミングPCは、FPSなどをプレイしながら高フレームレートと高画質を維持できる、ゲーミングPCだけの強み(PS5以上の性能)を活かせるモデルが多い価格帯です。

ここでは予算15万円~20万円で購入できるゲーミングPCの特徴を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

フレームレートと画質を両立させたい方におすすめ

こんな人にはおすすめ
こんなに人は不向き
  • フレームレートも画質もどちらも重視したい
  • FPSで144fps以上のフレームレート維持したい
  • ゲームにMODを入れて遊びたい
  • 上の下ぐらいの性能のゲーミングPCが欲しい
  • 画質やフレームレートにはこだわらない
  • 4K+レイトレーシングでプレイしたい
  • FPSで240fps完全維持がしたい

ゲーミングPCでの強みをわかりやすく体験できるのが15万円~20万円の価格帯です。

家庭用ゲーム機には実現できない画質の良さや、フレームレートの滑らかさを味わうことができます。

「とりあえずPS5より上のスペックのPCが欲しい」という初心者の方にも、15万円~20万円帯のゲーミングPCはおすすめです。

将来的に長く使えるスペック

ゲーム開発技術の進歩とともに、PCゲームの要求スペックは年々上がってきます。

そのため、低スペックなゲーミングPCでは、要求スペックの高くなっていく最新のPCゲームに追いついていくことができず、結果的にすぐに買い換える必要がでてきます。

15万円~20万円の価格帯のゲーミングPCであれば、最低でも3年は最前線で使用できる高性能なパーツが搭載されているものが多いです。

性能不足だと感じたらグラフィックボードだけ交換するなどパーツのアップグレードを行えば、5年以上でも余裕で使用できます。

144fpsが目指せるミドルレンジゲーミングPC

15万円~20万円の価格帯は、RTX 3060やRTX 3060tiなどのミドルレンジのグラフィックボードが搭載されたモデルが多く、様々なゲームで144fpsに近い数字を安定して出すことが出来ます。

144hzモニターを使用したゲームプレイは、未体験の方には衝撃が走るほどの快適な描画で、今までのゲーム体験を大きく塗り替えることは間違いありません。

15万円~20万円のゲーミングPCはただPCでゲームをプレイするだけではなく、ゲーム体験のクオリティを一段と上げたい方におすすめです。

ベンキュージャパン
¥30,101 (2022/12/03 20:17時点 | Amazon調べ)

以下の記事では格安モデルから「4K 144fps」まで、さまざまな144hz対応ゲーミングモニターを紹介していますので参考にしてください。

予算15万円~20万円のゲーミングPCのゲーム別パフォーマンス

スクロールできます
ゲーム初級中級上級最高級
Apex Legends
Apex Legends
60fps144fps240fpsWQHD 144fps
フォートナイト
フォートナイト
60fps144fps240fpsWQHD 144fps
マインクラフト

マインクラフト
60fps144fps影MOD4K 60fps
FF14
FF14
60fps144fpsWQHD 144fps4K 60fps
ゲーム別パフォーマンス評価表

15万円~20万円で購入できるゲーミングPCのゲーム別パフォーマンスです。

この価格帯であれば、大人気バトロワゲーで144fpsを維持することができたり、高画質にしても高いフレームレートでプレイすることができます。

4K+最高設定や、レイトレーシングを使って超最高級の画質でプレイしたい方は、更に上の価格帯のゲーミングPCを目指したほうが良いでしょう。

スクロールできます
価格帯最新ゲームタイトルをプレイFPS/TPSで60fpsFPS/TPSで144fpsFPS/TPSで240fpsレイトレーシング対応4K画質でのプレイゲーム実況/動画配信
5万円~10万円可能60fps144fps240fpsなし4K動作が重い
10万円~15万円可能60fps144fps240fpsなし4Kタイトルによって可能
15万円~20万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
20万円~25万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
25万円~30万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
30万~可能60fps144fps240fpsあり4K快適

他の価格帯と予算15万円~20万円ゲーミングPCの比較

ゲーミングPCは価格が高ければ高いほど性能が高く、PCでできることも増えていきます。

そこで、15万円~20万円の価格帯のPCと他の価格帯のPCで、できることとできないことを下記のテーブルにて紹介していきます。

上記のテーブルを参考に、自分がゲーミングPCでやりたいことを考えた上で価格帯を選ぶことが重要です。

予算15万円~20万円で買えるゲーミングPCに関するよくある質問

中古でゲーミングPCを買うのはNG?

おすすめしません。

中古で購入した場合、見た目で分からない部分でパーツが劣化していることもあるため、すぐ故障する可能性があります。

詳しくは「中古パソコンをおすすめしない理由やデメリットについて詳しく解説」にまとまっています。

家電量販店でゲーミングPCを買うのはNG?

家電量販店のゲーミングPCはBTOショップよりも遥かに高く、ネット回線やセキュリティソフトなど余計なサービスまで付いてきて、初心者は騙されて不当に高い買い物をさせられる可能性があるのでNGです。詳しくは「電気屋や家電量販店をおすすめしない理由」にまとまっています

CPUのAMDとインテルはどっちがおすすめ?

最近はコスパや性能面でAMDが優勢だと言われていますが、決定的な差はありません。

144hzモニターや240hzモニターを購入しても大丈夫ですか?

フレームレートが144fpsや240fpsを維持できないと効果が発揮しないので、やりたいゲームや画質設定などをよくチェックして、ゲーミングPCの性能と相談してから購入しましょう。

15万円~20万円の価格帯のPCであれば「144hz対応ゲーミングモニターがおすすめ」です。

BTOショップと自作PCはどちらがおすすめですか?

PCの知識があまりない初心者でしたら圧倒的にBTOショップがおすすめです。

自作PCは予算を抑えることができますが、PCを組み立てるのに時間がかかり、保証などはありません。

詳しくは「BTO vs 自作PC」 の記事で詳しく解説しています。

予算15万円~20万円で買えるゲーミングPCまとめ

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ販売ページ
RM5R-R35デスクトップドスパラRyzen 5 4500RTX 305016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
RM5R-R36デスクトップドスパラRyzen 5 4500RTX 306016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
RM5C-R36デスクトップドスパラCore i5-12400RTX 306016GB500GB NVMe SSD詳細を見る
XL7R-R36ノートドスパラRyzen 7 5800HRTX 306016GB512GB NVMe SSD詳細を見る
UL7C-R36ノートドスパラCore i7-11800HRTX 306016GB1TB NVMe SSD詳細を見る
  • 用途に合わせてゲーミングPCの価格帯を選ぶ
  • 他の価格帯のゲーミングPCと比較する
  • 15万~20万円のゲーミングPCは、ゲーム機以上の体験を求める人におすすめ

15万円~20万円のゲーミングPCは、PCゲームならではの体験をより味わいたい方におすすめの価格帯です。

家庭用ゲーム機では感じることのできない綺麗な描画や、144HzモニターでプレイするFPSゲームはまったく新しいゲーム体験です。

「せっかく買ったゲーミングPCのスペックが低いと、この先また買い換える必要がありそう」という不安も、この価格帯のゲーミングPCなら無用です!

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次