グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

レイトレーシングとは何か|対応グラボで超美麗ゲームを楽しもう

レイトレーシングとは何か

次世代ゲーム機の目玉機能として「リアルタイム・レイトレーシング」話題になっていますが、どんなものかイマイチわからないという方もいると思います。

実際に体験していない方からは「レイトレーシングなんていらない」なんて声も。

この記事では

について初心者でも理解できるよう、丁寧に紹介します。

目次

レイトレーシングとは何か

レイトレーシングとは何か

レイトレーシングとは、ものすごく簡単に言うと「光や影を現実世界と同様に表現する」機能です。

映画などではプリレンダリングといって予めシーンが決まっているものに対し光や影の描写を計算を行うのに対し、プレイヤーやキャラクターが動き回るビデオゲームでは即座に光や影の位置を反映・処理する能力が求められます。

by:『WATCH DOGS LEGION


これを可能にしたのが、「リアルタイムレイトレーシング」という技術で、NVIDIAのRTXシリーズから可能になった機能です。

このリアルタイムレイトレーシングによって、まるでその場にいるかのようなリアルな描写が可能となり、プレイヤーにより深い臨場感をもたらすことができるようになりました。

レイトレーシングの効果とメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • ゲームの中に入り込んだかのような“圧倒的”にリアルな映像
  • 製作者の意図した通りの映像を楽しむことができる
  • 将来的にはゲーム開発のコストが下がると言われている
  • 膨大な計算が必要なため、フレームレート(1秒間に描写する回数)が下がる
  • オンラインFPSなどフレームレートが勝敗に影響するゲームでは不利になる
  • レイトレーシングに対応している最新のグラフィックボードが必要

レイトレーシングの有無でゲームがどれぐらい変化するのかは、やはり実際に映像で見てみるのが一番です。
NVIDIA公式より『バトルフィールド5』を使って解説している動画をご紹介します。

路面電車の窓に反射する建物や火炎放射器を放つ際の地面への映り込みに注目してください。
2:40秒辺りからレイトレーシングをオフにしているので、よりわかりやすいと思います。

レイトレーシングの有無でかなり描写に違いがあるのは明白です。

DLSSとレイトレーシングは相性抜群

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

レイトレーシングは描写をリアルにする反面、フレームレートを下げてしまうというデメリットもあります。

そこで、DLSSの出番となります。
DLSSとはNVIDIAの開発したシステムの一つで、映像をよりキレイに描写したり、グラフィックボードの負担を下げたりことができるものです。

DLSSとレイトレーシングは相性抜群
by:NVIDIA


レイトレーシングにより発生するメモリ消費をDLSSで減少させることができるので、フレームレートを維持しながらにリアルな映像を楽しむことができます。

こちらも百聞は一見にしかず。
NVIDIA公式の比較動画で確認してみましょう。

『コールオブデューティー ウォーゾーン』ではDLSSをオンにすることで、40~50fpsほど上がっていることが確認できます。

レイトレーシング対応グラボ

現在発売されているNVIDIAのグラフィックボードでレイトレーシングに対応しているのは『RTXシリーズ』です。
AMDの「Radeon RX 6000シリーズ」もレイトレーシングに対応していますが、DLSSが使用可能なのはNVIDIAだけです。

RTXシリーズの対応グラボは以下の通りです(他に「RTX 2060」「RTX 2070」「RTX 2080」などもありますが、流通量が少ない+レイトレーシングを使うには性能不足なためここでは省略します)。

スクロールできます
RTX対応グラフィックボード(メモリ)性能の目安
GeForce RTX 3090(24GB)最強GPU(2021年)
4K最高画質50 FPS
WQHD最高画質90 FPS
FHD最高画質120 FPS
GeForce RTX 3080Ti(12GB)3090ほどではないが、ほぼ最強
4Kで最高画質45 FPS
WQHD最高画質85 FPS
FHD最高画質115 FPS
GeForce RTX 3080(10GB)ハイエンドGPU
4K最高画質40 FPS
WQHD最高画質80 FPS
FHD最高画質110 FPS
GeForce RTX 3070Ti(8GB)アッパーミドルレンジ
4K最高画質35 FPS
WQHD最高画質65 FPS
FHD最高画質95 FPS
GeForce RTX 3070(8GB)前世代20シリーズのトップクラスと同等
4K最高画質30 FPS
WQHD最高画質60 FPS
FHD最高画質90 FPS
GeForce RTX 3060Ti(8GB)ミドルレンジ
4K最高画質25 FPS
WQHD最高画質50 FPS
FHD最高画質80 FPS
GeForce RTX 3060(12GB)ミドルレンジ
4K最高画質20 FPS
WQHD最高画質40 FPS
FHD最高画質60 FPS
GeForce RTX 2080Ti(11GB)前世代フラッグシップ
4K最高画質30 FPS
WQHD最高画質60 FPS
FHD最高画質90 FPS
GeForce RTX 2080 SUPER(8GB)前世代ハイエンド
4K最高画質25 FPS
WQHD最高画質50 FPS
FHD最高画質75 FPS
GeForce RTX 2070 SUPER(8GB)前世代アッパーミドルレンジ
4K最高画質20 FPS
WQHD最高画質40 FPS
FHD最高画質60 FPS

以上、簡単にレイトレーシング対応GPUの性能目安をまとめました。

※基本的に画質とFPSは反比例の関係で、画質を下げればFPSが向上します。
※フレームレートは『サイバーパンク2077』のベンチマークテストを基準に記載しています。

レイトレーシング対応ゲーム一覧

レイトレーシングに対応しているゲームを一部ご紹介いたします。

『サイバーパンク2077』

『サイバーパンク2077』は2020年の超大型タイトルで、オープンワールドRPGのゲームです。
圧倒的な描写で要求スペックも高くなりますが、夜の繁華街や海での光の反射は圧倒的に美しく、レイトレーシングの恩恵を余すことなく体感できるゲームです。

『サイバーパンク2077』のおすすめゲーミングPCは以下の記事で紹介しています。「4Kレイトレーシング」から「フルHD60fs」まで、さまざまな設定に対応したモデルを揃えています。

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』


FPS(ファースト・パーソン・シューティング)ゲームのビッグタイトルもレイトレーシング対応です。

FPSは自分の目線でゲームが進むので、移動によって影の向きが変わったり、暗い場面での炎の光、爆発がガラスに反射したりするなど、レイトレーシングの効果は抜群です。

『ウォッチドッグス レギオン』

レイトレーシング対応によりロンドンの街並みが実写のようにリアルなものとなっています。

街中のネオンが水たまりに反射する様子は本当にゲームなのかと疑いたくなるほどの再現度。

こちらもレイトレーシングのオンオフで明確に違いが出るタイトルです。

『CONTROL(コントロール)』

主人公が超能力を使って戦闘を繰り広げる三人称視点のアクション・アドベンチャーです。

レイトレーシングにより、施設内の床、ガラスに映り込むプレイヤー、爆発の表現がさらにリッチなものとなっています。

レイトレーシング必要GPU・おすすめゲーミングPC

「レイトレーシング対応グラボ」と「レイトレーシング対応ゲーム」を見て、「結局どのGPUを搭載したゲーミングPCを買えばいいんだ?」と思う人もいるでしょう。

お金に糸目をつけないのであれば「RTX 3090」を購入すれば間違いないのですが、環境によってはオーバースペックになることもあります。

参考までにAAA級の重量ゲームをレイトレーシング付きでプレイする場合

  • 4KならRTX 3080以上
  • WQHDならRTX 3070以上
  • フルHDならRTX 3060以上

であれば、それなりに快適にプレイすることができるでしょう。

ガレリア XA7C-R39
ガレリア XA7C-R39
CPU : Core i7-10700K
グラフィック : RTX 3090
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

「ガレリア XA7C-R39」はi7モデルですが、CPUスペックが重要な動画編集などの作業をする方には、価格は約5万円アップしますがi9モデルの「ガレリア ZA9C-R39」がおすすめです。

このゲーミングPCならどんなに重いゲームでもレイトレーシングを楽しめるので、グラフィック重視派のゲーマーなら4Kモニターと一緒に楽しむことをおすすめします。

日本エイサー
¥38,768 (2021/07/18 23:05時点 | Amazon調べ)
参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる