グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

予算10万円以内で買えるゲーミングPCまとめ|10万円以下でもPCゲームを余裕で遊べる超格安モデルを紹介!

予算10万円以内で買えるゲーミングPC

この記事では、予算10万円以内で購入できるゲーミングPCの特徴や、おすすめモデルを紹介しています。

上記の項目について詳しく解説していきます。

「細かい説明は抜きにおすすめのゲーミングPCだけ知りたい!」という方は以下のリストからジャンプできます。

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ販売ページ
Magnate IMデスクトップドスパラCore i5-10400インテル UHDグラフィックス6308GB256GB NVMe SSD詳細を見る
Lightning AC5デスクトップドスパラRyzen 5 3500GeForce GT 10308GB256GB NVMe SSD詳細を見る
Lightning AH5デスクトップドスパラRyzen 5 3500GTX 16508GB500GB NVMe SSD詳細を見る
Magnate MHデスクトップドスパラCore i5-10400GTX 165016GB256GB NVMe SSD詳細を見る
目次

予算10万円以内で買えるゲーミングPCの特徴

10万円以内のゲーミングPCは、初めてゲーミングPCを購入する方や、とにかく予算を重視してPCを格安で購入したい方にとっておすすめの価格帯です。

ここでは10万円以内で購入できるゲーミングPCの特徴を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

予算5万円と予算10万円ではスペックに大きな差がある

10万以内のゲーミングPCと一言でいっても、予算5万円と10万円ではスペック差はかなり大きいです。

5~7万円台のPCは一般的に「デスクトップPC」と呼ばれるものが多く、9~10万円台から「ゲーミングPC」と呼べるようなスペックが多いです。

「プレイしたいゲームもそこまで重くないし、とにかく安いPCが良い」「ビジネス利用のついでに軽いゲームもできるスペックが欲しい」という方には5万円のPCでも十分に満足することができるでしょう。

逆に「本格的にPCゲームに触れてみたい」という方や「FPSやTPSで上達したい」という方はなるべく10万円に近いPCか、予算10万~15万で購入できるPCを確認してみてください

格安PCでも設定次第ではゲームはプレイ可能

マインクラフト
by:『マインクラフト』

10万円以内の格安PCでもプレイするゲームタイトルや、画質の設定次第では問題なくゲームがプレイできます。

『マインクラフト』、『Valorant』や『Fortnite』のような比較的軽いゲームであれば60fpsでプレイできるため、PS4やSwitch以上のパフォーマンスを持っています。

ただし、「最新のゲームを最高画質でプレイ」「大人気バトロワを144fpsで遊ぶ」といったことを実現させるのは難しいです。

ゲームを快適に遊ぶためには、どうしても性能が良いゲーミングPCが必要なので、ゲーミングPCを使用する目的や用途に合わせて慎重にPC選びを行いましょう。

ゲーム別の推奨スペックを知りたい方は「ゲーム別推奨カテゴリ」から気になったゲームをチェックしてみてください。

予算10万円以内でプレイできるゲーム別パフォーマンス

スクロールできます
ゲーム初級中級上級最高級
Apex Legends
Apex Legends
60fps144fps240fpsWQHD 144fps
フォートナイト
フォートナイト
60fps144fps240fpsWQHD 144fps
マインクラフト

マインクラフト
60fps144fps影MOD4K 60fps
FF14
FF14
60fps144fpsWQHD 144fps4K 60fps
ゲーム別パフォーマンス評価表

10万円以内で購入できるゲーミングPCのゲーム別パフォーマンスです。

基本的に様々なゲームで60fpsを出すことは可能ですが、144fpsを目指すとなるとこの価格帯のスペックでは少し厳しいです。

より安定したフレームレートや画質を求めるのであれば、少し予算を増やして上の価格帯のゲーミングPCを狙いましょう。

他の価格帯とのゲーミングPCの比較【性能の目安】

ゲーミングPCは価格が高ければ高いほど性能が高く、PCでできることも増えていきます。

そこで、10万円以内の価格帯のPCと他の価格帯のPCで、出来ることと出来ないことを下記のテーブルにて紹介していきます。

スクロールできます
価格帯最新ゲームタイトルをプレイFPS/TPSで60fpsFPS/TPSで144fpsFPS/TPSで240fpsレイトレーシング対応4K画質でのプレイゲーム実況/動画配信
5万円~10万円可能60fps144fps240fpsなし4K動作が重い
10万円~15万円可能60fps144fps240fpsなし4Kタイトルによって可能
15万円~20万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
20万円~25万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
25万円~30万円可能60fps144fps240fpsあり4K快適
30万~可能60fps144fps240fpsあり4K快適

上記のテーブルを参考に、自分がゲーミングPCでやりたいことを考えた上で価格帯を選ぶことが重要です。

予算10万円以内で買えるおすすめゲーミングPC

ここではBTOショップで予算10万以内で購入できるデスクトップPCを安い順から紹介していきます。

スクロールできます
商品名種類BTOショップCPUGPUメモリストレージ販売ページ
Magnate IMデスクトップドスパラCore i5-10400インテル UHDグラフィックス6308GB256GB NVMe SSD詳細を見る
Lightning AC5デスクトップドスパラRyzen 5 3500GeForce GT 10308GB256GB NVMe SSD詳細を見る
Lightning AH5デスクトップドスパラRyzen 5 3500GTX 16508GB500GB NVMe SSD詳細を見る
Magnate MHデスクトップドスパラCore i5-10400GTX 165016GB256GB NVMe SSD詳細を見る

予算10万円以内で買えるおすすめデスクトップPC

Magnate IM

Magnate IM
Magnate IM
CPU : Core i5-10400
グラフィック : インテル UHDグラフィックス630
メモリ : 8GB SDRAM
ストレージ : 256GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 超格安なデスクトップPC
  • 高速読み込み可能なSSD搭載
  • ドスパラおすすめモデル人気上位
  • グラフィックボードは非搭載
  • 最新ゲームをプレイするにはやや厳しいスペック

Magnate IM」ドスパラの中でも超格安で購入できるデスクトップPCです。

ゲーミングPCと呼ばれるスペックにはやや遠いですが、それでも『マインクラフト』や『Fortnite』などの軽いゲームを遊ぶには問題ないスペックです。

ですが、グラフィックボードが非搭載なため、最新ゲームタイトルや最高画質でのゲームをプレイするということに関しては難しいです。

遊びたいゲームが軽いゲームしかない、ビジネス兼ゲーム用として欲しいという方にとっては破格の値段で購入できるためおすすめです。

Lightning AC5

Lightning AC5
Lightning AC5
CPU : Ryzen 5 3500
グラフィック : GeForce GT 1030 2GB
メモリ : 8GB SDRAM
ストレージ : 256GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 超格安グラフィックボード搭載PC
  • ゲームプレイには十分なCPUやメモリ
  • 最新ゲームタイトルをプレイするには厳しいスペック
  • 長年ゲーム用として使用していくには厳しい

Lightning AC5」はグラフィックボードにGT1030が搭載されたモデルです。

このPCの特徴としては、超格安PCなのにグラフィックボードが搭載されている点で、予算をとにかく落としてゲームができるPCが欲しい方にはおすすめです。

『デッドバイデイライト(DbD)』や『Valorant』などの人気ゲームでも設定を落とせば60fpsでプレイできるスペックです。

「とにかく低予算でいろんなPCゲームをプレイしたい」という方におすすめの超格安モデルです。

Lightning AH5

Lightning AH5
Lightning AH5
CPU : Ryzen 5 3500
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 8GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
89,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 最新ゲームを遊べるスペック
  • 500GBの大容量SSD搭載
  • 全体的なパフォーマンスは低め

Lightning AH5」はGTX1650、CPUはAMD製Ryzen 5 3500が搭載されています。

予算10万以内のゲーミングPCの中ではかなり優秀なスペックで、ゲーム性能的には『Apex Legends』や『R6S』の人気FPSゲームは問題なく遊べます。

ゲームタイトルや設定次第では60fps以上を出せるスペックなので、完全に家庭用ゲーム機を超えた性能を持っています。

PCにしかないゲームを遊びたい、PCでしか出来ない改造MODを入れてプレイしたいという体験するには十分なゲーミングPCです。

Magnate MH

Magnate MH
Magnate MH
CPU : i5-10400
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 256GB NVMe SSD
99,980 円(税込)

ドスパラで詳細・価格を見る

長所
短所
  • 10万以内で購入できるPCの中で最強のコスパ
  • PCゲームを始めてみたい人におすすめ
  • 16GBの大容量メモリ
  • カスタマイズでストレージ増量が必要

Magnate MH」は予算10万以内で購入できるPCの中で最もコストパフォーマンスに優れたゲーミングPCです。

最新ゲームをプレイするのに十分なCPUとグラフィックボード、そして16GBの大容量メモリが搭載されています。

ゲームによっては大きくメモリ容量を使用するゲームもあり、ゲーム起動中に少しでもインターネットブラウザを開いていたらメモリ使用量がいっぱいで消さなきゃいけない…という悩みも解消してくれます。

「これからPCゲームを始めてみたい」「家庭用ゲーム機から移行したい」という方におすすめできる、理想的な格安ゲーミングPCです。

予算10万円以内で買えるゲーミングPCに関するよくある質問

中古でゲーミングPCを買うのはNG?

おすすめしません。

中古で購入した場合、見た目で分からない部分でパーツが劣化していることもあるため、すぐ故障する可能性があります。

詳しくは「中古パソコンをおすすめしない理由やデメリットについて詳しく解説」にまとまっています。

家電量販店でゲーミングPCを買うのはNG?

家電量販店のゲーミングPCはBTOショップよりも遥かに高く、ネット回線やセキュリティソフトなど余計なサービスまで付いてきて、初心者は騙されて不当に高い買い物をさせられる可能性があるのでNGです。詳しくは「電気屋や家電量販店をおすすめしない理由」にまとまっています

CPUのAMDとインテルはどっちがおすすめ?

最近はコスパや性能面でAMDが優勢だと言われていますが、決定的な差はありません。

144hzモニターや240hzモニターを購入しても大丈夫ですか?

フレームレートが144fpsや240fpsを維持できないと効果が発揮しないので、やりたいゲームや画質設定などをよくチェックして、ゲーミングPCの性能と相談してから購入しましょう。

この価格帯のPCでは、要求スペックの高い最新ゲームやフレームレートが安定しない大人気バトロワゲーでは効果を発揮することは難しいので注意しましょう。

予算10万円以内で買えるゲーミングPCまとめ

  • 自分の用途に合わせて購入するゲーミングPCの価格帯を選ぶ
  • 他の価格帯のゲーミングPCと何が出来るかを比較する
  • 軽いゲームしかプレイしないなら10万円以内のPCがおすすめ

10万円以内のゲーミングPCは性能よりも予算を重視する方にとっておすすめの価格帯です。

144fpsや最高画質を目指すとなるとやや厳しいですが、それでも一通りPCゲームを堪能するのには問題ないスペックです。

10万以内の価格帯のゲーミングPCを長年使用するには、グラフィックボードの交換やメモリの増設が必要になってきます。

まずは超格安帯のPCを購入して、慣れてから上の価格帯のゲーミングPCを購入するというのも一つの選択です。

超格安といえど、家庭用ゲーム機には存在しない特別なゲーム体験を味わえることには間違いないので、格安ゲーミングPCを購入して新しいゲーム体験を経験してみましょう!

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる