2017年06月14日(水)06時22分

XboxやSwitchとのクロスプレー未対応の理由をソニーが説明「ユーザーを守る責任がある」

rl-switch.jpg

現在開催中のE3にて、Microsoftは『Minecraft』がSwitch、Xbox One、PC、モバイル、VRのクロスプレーに対応することを発表。続いて『Rocket League』も、Xbox One、Switch、PCでのクロスプレーに対応することが明らかとなっている。だがどちらのケースにおいても、PS4は含まれていない。

PS4がクロスプレーに参加していない件に関して、欧州ゲーム情報サイト最大手Eurogamerがソニーのグローバル・セールス&マーケティングを率いるJim Ryan氏に話を聞いている。

▼ 『Minecraft』はSwitch、Xbox、PCのクロスプレーに対応しています。そして、『Rocket League』もSwitch、Xbox、PCのクロスプレーに対応することが今日発表されました。そのどちらも、PlayStationとのクロスプレーには対応していません。これはソニーが拒否しているんですか?一体どうなっているんです?

Jim Ryan
何か深遠な理念的立場から反対しているわけでは当然ない。過去に許可してもいるからね。対話を望むなら、あらゆるパブリッシャーやデベロッパーと対話する準備ができているよ。残念ながら、我々自身と他の利害関係者との間の商業上の交渉になるので、この特定の事例に関して詳細を説明することはない。納得していないようだね。

▼ PlayStationユーザーが怒っているのは分かるでしょう。彼らは、この2本の重要なゲームをSwitch、PC、Xbox Oneのユーザーと一緒にプレーしたいと思っているのに、何の説明もなされていないんです。私が言いたいのはそこですよ。

Jim Ryan
我々のインストール・ベースへの責任について留意する必要がある。知っての通り、『Minecraft』はあらゆる年齢層がプレーするゲームだが、小さな子供も非常に多い。我々のオンラインに参加する人たちとの間には、PlayStationが監督するユニバース内にいる彼らの面倒を我々が見るという契約がある。多くの子供たちを、我々の管理の及ばない外部の影響に晒すことに関しては、極めて慎重に検討すべきだということだ。

▼ 子供たちの安全を守ることに関しては、ビデオゲーム会社の中で恐らく最も留意しているであろう任天堂にとっては問題ではないようですが。

Jim Ryan
それは確かにその通りだ。各自がそれぞれ決断を下さなければならない。我々も同じだ。先ほども述べたように、理念的立場からクロスプレーに反対しているわけではないんだよ。

▼ もう決定済みなんでしょうか?可能性は残されている?

Jim Ryan
決定済みなことなど何もないはずだよ。そんな風に独断的な立場を取るのは、バカというものだ。とはいえ、私の知る限り、現時点で何らかの話が進んでいるということはない。

ソース: Eurogamer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 業界 タグ: Minecraft, Rocket League