【最大88,000円OFF】マウスコンピューターのセール情報まとめ

Amazonプライム会員のメリットを紹介|やめた方がいい人の特徴についても解説

Amazon-prime

大手ECサイトであるAmazonには様々な特典が盛りだくさんの「Amazonプライム会員」という有料サービスがあります。

この記事では以下の内容について解説します。

Amazonのセールの開催期間が知りたい方は、「Amazonセールの開催期間はいつ?」の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

目次

Amazonプライム会員とは?

Amazonのプライム

Amazonプライムとは、世界最大手の通販サイト「Amazon」が提供するサブスクリプションサービス(サブスク)です。

Amazonプライムは他のサブスクと違い、送料無料や映像・音楽など複数のサービスを受けられる点が特徴です。

したがって、Amazonプライムは数あるサブスクの中でも、圧倒的にコストパフォーマンスに優れるサービスと言えます。

サブスクリプションサービス(サブスク)とは?

サブスクリプションサービスとは、ユーザーが月単位もしくは年単位で契約し、受けられるサービスを指します。

元々は予約購買や定期購買という意味で、新聞や雑誌の定期購買がイメージしやすいです。

Amazonプライム会員の料金は?

Amazonプライム会員の料金体系について解説します。

スクロールできます
期間年あたりの料金月あたりの料金無料トライアル期間
月間プラン6,000円(税込)500円(税込)30日間
年間プラン4,900円(税込)408円(税込)30日間
Prime Student2,450円(税込)204円(税込)180日間

Amazonプライムは、初回登録時30日間(Prime Studentは半年間)は料金が発生せず、完全無料で利用できます。

特に機能に制限もかからず、途中で解約しても違約金など金銭的なデメリットは一切発生しないので、心置きなくAmazonプライムを試すことが可能です。

Amazonの通販は大体400円程度の送料がかかるので、もっとも月あたりの料金が高い月間プランの場合でも、月に2回利用するだけで元が取れてしまいます。

Prime Studentとは?

大学生・短大生・大学院生・専門学生(高等専門学校含む)が利用できるAmazonのサブスクリプションサービスです。

一般向けのAmazonプライムとほぼ同等のサービスを受けられますが、無料トライアル期間が半年と非常に長く、Amazonプライムを体験するには十分な期間が与えられます。

文房具が特別価格で購入できたり、本の購入でポイント還元が行われるなど、学生に嬉しい特典がいくつもあります。

Amazonプライム会員のメリット

Amazonプライム会員は、とても月額500円のサービスとは思えない様々なメリットがあります。

この項目では、非常に魅力的なAmazonプライムの特典である各種サービスを解説します。

送料無料 お急ぎ便が利用可能

Amazonプライム会員の特典のひとつに、送料無料およびお急ぎ便(注文確定から3日以内に配達)の利用が含まれています。

ただし、あくまで発送元がAmazonの物に限られ、Amazonマーケットプレイスの商品は対象外なので、注意しましょう。

Amazonマーケットプレイスの商品に対するサービスとして、マケプレお急ぎ便があり、送料は無料になりませんが、通常発送より早く配送してもらうことが可能です。

なお、送料無料やお急ぎ便の対象商品は下図のように視覚的に分かるようになっています。

対象の商品はprimeの表記がある。

また、お急ぎ便を利用するとAmazon配送業者から配送される可能性が高くなります。

Amazonプライムデーに参加できる

Amazonプライム会員になると、定期的に開催される超お得なセールである「Amazonプライムデー」に参加できます。

物によっては50%以上の値引きを行われていることも珍しくなく、それだけで年会費の元が取れてしまうくらいお得なセールなのです。

また、Amazonプライム会員なら、ギフト券チャージの還元率がお得になっているので、併用することにより更にお得に買い物ができます。

もしプライム会員でなくてもAmazonで買い物する場合にはギフト券をチャージしないと損をするので、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

Amazon prime Videoで映画・アニメなどが見れる

Prime Video

Prime Videoは往年の名作映画やアニメなど、幅広いジャンルを取り扱っているビデオオンデマンド(VOD)サービスです。

Amazonプライム会員なら、対象の作品をいくらでも見放題で、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも楽しむことができます。

このサービスだけでも月額500円を払う価値があると言っても過言ではありません。

Amazon Music Primeで音楽を聴ける

Amazon Music

Amazon Musicでは、対象となる200万曲以上の音楽が聴き放題のサービスです。

モバイル端末用の専用のアプリもあり、いつでもどこでも好きなタイミングで音楽鑑賞ができます。

prime readingで本が読める

prime reading

Amazonプライムの会員なら、漫画や小説、ビジネス書、各種専門雑誌など幅広いジャンルの本を制限なく楽しむことができます。

対象となる本は数百種類にものぼり、余暇を過ごしたり、何かを学ぶのに最適なサービスと言えます。

また、電子書籍なので、紙の本と違いかさばらず、荷物にもならない点もポイントです。

他には、AmazonデバイスおすすめのKindleを使えばPrime Reading以上の本を読むことが可能となり、プライム会員であれば毎月1冊無料になります。

Prime Try Before You Buyで試着して購入できる

Prime Try Before You Buy
by Amazon

Prime Try Before You Buyとは、主に各種衣類、シューズやバッグなどを対象に、試着後に正式購入できるサービスです。

購入から試着、支払いの流れは以下の通りです。

STEP
商品を選ぶ

レディース、メンズ、キッズなどの衣服や、バッグやシューズなどの中から、 Prime Try Before You Buy対象商品を選ぶ。

STEP
自宅で試着する

配達完了後、翌日から最長で7日間試着が可能。

STEP
購入または返送する

試着期間が終了すう前に、注文履歴から購入する商品と返送する商品を選択。

期間内に手続きを行わなかった場合は、全て購入扱いになり代金が正式に請求される。

返送する場合は、商品に同梱されている返送用伝票(着払い)を使用し、最寄りのコンビニなどから返送する。

Amazonプライム会員はやめた方がいい?デメリットを解説

Amazonプライムは多くの人にとって、非常に魅力的でコストパフォーマンスに優れたサービスであるのは疑いようがありません。

正直、Amazonプライムはデメリットと言うほどの大きなデメリットはないと筆者は考えていますが、当然ながら無理にAmazonプライム会員にならなくてもいい人がいますので、解説します。

そもそもAmazonをあまり利用していない

身も蓋もない理由ではありますが、Amazonプライム会員になったものの、全てのサービスを含めて、月に1回使うか使わないかくらいの頻度の方は、通常会員の方がお得になります。

なぜなら、通販しか使っていない人であっても、2,000円以上の買い物であれば送料が無料になるので、意味のない特典に感じる人もいるでしょう。

また、お急ぎ便に関しても、特に急ぐ必要がない人にとっては無用の特典になります。

Amazon Prime Videoしか使っていない

Amazonの通販自体は全く利用しておらず、専らAmazon Prime Videoしか使っていない人は、他のVOD専門のサブスクに乗り換えた方が満足度が上がる可能性があります。

というのは、 Amazon Prime Videoは確かに多くの作品が配信されているのですが、やはり「Netflix」や「Hulu」といったVOD専門サービスには敵いません。

これらは月額自体はAmazonプライムより高いものの、映像目的であることを考えれば、圧倒的に配信作品数が多く、配信ペースも早い専門のVODに代えた方がより高い満足感を得られるでしょう。

ただし、NetfilixやHuluでは取り扱いがなく、 Amazon Prime Videoのみで配信されている作品もあるので事前の調査は必要です。

Amazonプライム会員を辞めた人が続出?その理由とは

Amazonプライム会員を辞めた人が続出?

2019年に行われた会費の値上げによって、 過去にAmazonプライム会員を辞めた人が続出した出来事がありました。

現在、Amazonプライム会員の年間プランの価格は4,900円ですが、以前は3,900円でした。

月間プランは400円から500円の値上げだったので、一気に20%以上の値上げになりました。

年間プランの場合は、月単位で考えれば、値上げ幅は100円未満なのでそれほど大きな値上げに感じないですが、それほど使いこんでいなかった人であれば、十分解約する理由になった可能性があります。

引用元:株式会社インプレス

しかし、統計を見る限りAmazonの売り上げは2019年以降も右肩上がりなので、一時的なネガティブな話題にすぎませんでした。

Amazonプライム会員のメリットまとめ

Amazonプライム会員のメリットに関してまとめます。

  • Amazonプライムは非常に多くのメリットがある
  • プライム会員になると基本的に送料無料だが、マーケットプレイスの商品は対象外
  • Amazon Videoは見放題のVODサービス
  • Amazon Musicは専用アプリもあり、どこでも音楽鑑賞ができる
  • 買い物の金額が常に2,000円以上だったりするなど、特定の人は通常会員の方がお得になるケースがある

Amazonプライム会員は月額500円とは思えないほど様々な特典を得られます。

送料無料の特典だけでもあっという間に元が取れてしまうレベルなので、Amazonプライム会員になって損をする人はごく少数でしょう。

しかし、契約しても毎回2,000円以上の買い物をしていたり、利用しない月がある人などは敢えてプライム会員にならず、通常会員を選択した方がお得な人場合もあります。

Amazonプライムは多くのメリットがありますが、全てを使いこなせなくとも、十分に元が取れる多くの人におすすめできる優良なサブスクであると言えます。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる