【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

Amazonの商品を受取拒否で返品する方法│いつ返金されるのか、ペナルティがあるかについても解説

Amazon受取拒否

ここでは上記の項目をポイントに、Amazonの商品を受取拒否する方法を紹介していきます。

Amazonのセールの開催期間が知りたい方は、「Amazonセールの開催期間はいつ?」の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

目次

Amazonで受け取り拒否する方法

Amazonの商品を受け取り拒否する方法は、荷物を届けにきた宅配業者に「不要になったため受け取りできません」と拒否するだけで成立します

サインなどを求められても書かないように気をつけましょう。

しかし、Amazonマーケットプレイス商品の場合は出品者によってはキャンセルを禁止している場合があるので購入する際によく確認しておくといいでしょう。

キャンセル禁止の商品を受け取り拒否してしまうとトラブルに発展してしまう可能性があるので注意が必要です。

Amazonで受け取り拒否したあとの返金はいつになるのか

Amazonで受け取り拒否したあとの返金はいつになるのかそれぞれの方法ごとに詳しく解説します。

返品商品を受領後、通常1-3日程度で返金いたします。コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いや代金引換で支払った商品を銀行振込で返金する場合は、約1-2週間かかります。返金額については、お手続き中に画面に返金額が表示されますので、ご確認ください。

引用元:Amazon
返金方法返金時期代金引換
クレジットカードクレジットカードへ返金1日~3日程度あり
携帯決済携帯決済サービス事業者経由で返金1日~3日程度あり
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーAmazonギフト券、または銀行振込1日~3日程度あり
代金引換Amazonギフト券、または銀行振込1~3週間程度あり
Amazonギフト券Amazonギフト券の残高に返金1~2日程度あり
AmazonポイントAmazonポイントの残高に返金1日~3日程度あり
キャンペーン用クーポン返金不可1日~3日程度なし
Paidy翌月払Paidyアカウントに返金1日~3日程度あり
Okidokiポイントボーナスポイントとして返還3~5日程度あり

クレジットカードで支払った場合

返金は基本的にはAmazonギフトで返還されますが購入時と同じクレジットカードへの返金も選択できます。

Amazonギフト券の場合は返品商品を受領してから1〜3日程度で行われます。

利用しているクレジットカードによって同じ月の請求額分から返金させれる額が差し引かれる場合と、締め日に請求がされるものの翌月以降に返金されることがあります。

携帯決済で支払った場合

購入の際に利用していた携帯決済サービスの事業者を経由して返金される仕組みです。

返品された商品の受領が確認され次第1〜3日程度で行われます。

利用している決済事業者によって本禁されるタイミングは異なりますが同月の請求から差し引かれるか、または翌日に差し引かれる場合に分かれますので事業者に確認をとりましょう。

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーで支払った場合

原則的にAmazonギフト券での返金となりますが、Amazonカスタマーサポートに連絡すれば銀行振込にすることも可能です。

返金までの所要日数は返品された商品が受領されて1〜3日程度で行われます。

代金引換で支払った場合

代金引換の場合は基本的にAmazonギフトでの返金となりますが、コンビニなどと同じくAmazonカスタマーサポートに連絡して銀行振込に変更することも可能です。

こちらも返金までの所要時間は商品が受領されてから1〜3日程度で行われます。

PayPayで支払った場合

PayPayでの支払いはPayPay経由で返金が行われます。

返金までは、返品商品を受領してから1日程度かかるので、即座に返金されないため注意しましょう。

Amazonギフト券で支払った場合

Amazonギフト券で支払った場合はシンプルにそのままAmazonギフト残高へ戻されます。

返金までの所要時間は他と比べてやや早く、返品商品が受領されてから1〜2日程度です。

購入時にAmazonギフト券と他の支払い方法を併用している場合は、それぞれの方法に従い返金されます。

Amazonポイントで支払った場合

Amazonポイントもそのままポイントとして返還されます。

Amazonポイント以外での返金はないので注意しましょう

返金にかかる所要時間は受領が確認されてから1〜3日で行われます。

キャンペーン用クーポンで支払った場合

キャンペーン用クーポンで商品を購入した場合には返金対象外ですので注意しましょう。

Paidy翌月払いの場合

Paidy翌月払いの場合はPaidy経由で返金されるのでアカウントに反映されているか確認しましょう。

アカウント内で支払いが完了していない金額がある場合には請求金額から返金が差し引かれます。

返金までの所要時間は1〜3日ほどとなっています。

Okidokiポイントで支払った場合

JCBで利用できるOki Dokiポイントで支払っている場合はポイント残高にそのまま返金されます

ポイントと併用して他の支払い方法を利用していた場合にはそれぞれの方法に従った返金となりますのでよく確認しておきましょう。

返金の所要時間は返品商品を受領してから1〜3日ほどです。

Amazonで受取拒否するとペナルティがあるのか?

受取拒否に対しては基本的にペナルティや手数料が発生することはありません。

しかし何度も受取拒否をするなど「明らかに悪質」だと判断された場合には、アカウント停止の措置を受ける可能性があるので頻繁に受け取りを拒否することはなるべく避けたほうがいいでしょう。

悪質だと判断されるとアカウント停止の可能性がある

Amazonの返金システムを利用した返品詐欺や、故意に返品を繰り返して出品者を困らせる悪質なユーザーも存在します。

そのためたとえ悪意がなくとも返品を頻繁に繰り返していると悪質なユーザーであると判断されアカウントそのものが停止になってしまいAmazonで買い物ができなくなってしまいます。

「何回受取拒否をするとアカウント停止になる」という明確な表記はされていませんが、常識の範囲内で返品や受け取り拒否をするように心がけましょう

新しくアカウントを作成してもペナルティが科せられる可能性

アカウント停止はAmazonを利用する上でとても厳しいペナルティであるため措置が徹底されており、アカウント停止になってしまったユーザーは新しくアカウントを作成しても同様に停止させられてしまいします

悪質なユーザーや返金詐欺から出品者を守るための大切なルールであるため、必要な措置であるといえるでしょう。

Amazonの受取拒否はどうしても必要なときだけ利用する

受取拒否の方法と、返金がいつになるのか具体的に説明し、頻繁に受取拒否をするとペナルティが科せられる可能性があることに注意を促す

Amazonの受け取り拒否は配達員に「不要になったため」と伝えるだけで成立し、基本的に1〜2回繰り返してもペナルティはありません。

返金までの所要時間は返品商品を受領後、通常1-3日程度で返金されることがほとんどです。

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いや代金引換で支払った商品を「銀行振込で返金」する場合は、約1-2週間かかるので注意が必要です。

受け取り拒否は安易にできてしまう反面、頻繁に繰り返してしまうとアカウント停止の措置が取られてしまうのでどうしても受取拒否をせざるを得ないときのみに行いましょう

返金方法返金時期代金引換
クレジットカードクレジットカードへ返金1日~3日程度あり
携帯決済携帯決済サービス事業者経由で返金1日~3日程度あり
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーAmazonギフト券、または銀行振込1日~3日程度あり
代金引換Amazonギフト券、または銀行振込1~3週間程度あり
Amazonギフト券Amazonギフト券の残高に返金1~2日程度あり
AmazonポイントAmazonポイントの残高に返金1日~3日程度あり
キャンペーン用クーポン返金不可1日~3日程度なし
Paidy翌月払Paidyアカウントに返金1日~3日程度あり
Okidokiポイントボーナスポイントとして返還3~5日程度あり

また、当サイトでは「Amazonおすすめデバイス」や「Amazonの商品を安く買う方法」などを紹介しているので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次