【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

いぐりゅうの『Apex Legends』での設定まとめ 最強の経歴を持つPADプレイヤーのボタン配置や使用デバイスについて詳しく解説

いぐりゅうデバイス

この記事ではSBI e-Sportsの『Apex Legends』部門所属、世界1位PADプレイヤーである「いぐりゅう」氏の情報や使用デバイスをまとめています。

上記の項目について紹介しています。

当サイトでは、真の推奨スペックをまとめた「Apex LegendsのおすすめゲーミングPC」について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

いぐりゅうのプロフィール

スクロールできます
名前いぐりゅう
本名非公開
出身日本 京都府
あだ名・愛称りゅうくん、いぐ
誕生日2004年8月9日
年齢18歳
所属チームSBI e-Sports
SNSTwitterYouTube
いぐりゅう氏のプロフィール

いぐりゅう氏は、SBI e-Sportsの『Apex Legends』部門に所属する世界最強のPADプレイヤーです。

全シーズンプレデター、S9・S11世界一位、S12日本最高RP(13万)という素晴らしい経歴で、大会出場年齢を満たしてからは競技シーンにも出場しています。

プレイスタイルは冷静ながらも攻撃的で、部隊と対面した際にはいぐりゅう氏の「これやろ(戦おう)」といった声をきっかけになぎ倒すスタイルで、日本だけでなく海外プロからも認識されています。

現在18歳のいぐりゅう氏は高校中退後ゲームに専念していて、顔出しについては本人からはしていませんが、イベントではファンの方と写真撮影に応じていました。

ファンと写真撮影するいぐりゅう氏

動画は2年以上投稿していませんが、YouTubeライブは頻繁にしているので気になる方はYouTubeのタブからライブを開くと世界一のプレデターランクを見ることができます。

いぐりゅうの使用デバイス一覧

ここでは、いぐりゅう氏が使用しているデバイス一覧をまとめています。

デバイスのおすすめ部分についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
ゲームパッドマウス(推定)ゲーミングモニター(おすすめ)イヤホンキーボード(おすすめ)
Scuf Impact 
SCUF IMPACT
GPro Wireless
GPro Wireless
XL2546K
BenQ XL2546K
EarPods
apple純正イヤホン
Ducky One 2 Mini RGB
Ducky One 2 mini
参考リンク

本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

本人がデバイスの更新などをした場合には掲載されている情報が100%確実ではないことがあるのでご了承ください。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

いぐりゅうの使用ゲームパッド

Scuf
¥55,935 (2023/01/31 12:26時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
スクロールできます
接続方式無線/有線
ブランドSCUF
重量約243g
背面パッドあり
『Scurf Impact』のスペック
  • 海外PRO御用達
  • カスタマイズ可能な背面パドル
  • トリガーの硬さを調整可能

いぐりゅう氏は以前まで純正のPS4コントローラーを使用していましたが、現在は「SCUF PRO」を使用しています。

海外で人気なPADで、純正コントローラーより軽くなっており、握り部分が細くて握りやすくなっています。

背面パドルにジャンプ撃ちやスライディングなどをカスタマイズすることができ、操作性が格段にアップし、R2やL2の押し込みの深さなどをカスタマイズできるので、タップ撃ち等の操作が楽です。

高価ですが、本気で『Apex Legends』をやり込みたい方におすすめのモデルです。

関連記事 Apex おすすめ ゲームパッド

いぐりゅうの使用モニター

いぐりゅう氏は使用モニターについて公開していないため、ここではFPSプロ使用率No1のモニターをご紹介します。

ベンキュージャパン
¥70,545 (2023/02/03 01:50時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
スクロールできます
応答速度0.5ms
リフレッシュレート240Hz
インチ24.5インチ
パネルTN
解像度フルHD
出力HDMI×1・DP×1
『BenQ ZOWIE XL2546K 』のスペック
  • DyAc+技術で素早い動きが視認しやすい
  • 世界大会会場で使用されるプロ仕様
  • 頑丈でコンパクトなスタンドでデスクがスッキリ

BenQ ZOWIE XL2546K」は、BenQがeスポーツ向けに提供している「ZOWIE」のゲーミングモニターです。

eスポーツの世界大会でも使用されていて、世界中で多くのゲーマーが使用しています。

リフレッシュレートは240Hzと高く、枚数が多いので滑らかな映像を映し出すことが可能です。

さらに、ブレを抑えるDyAc+が採用されており、残像がなくなりシャープな映像が表示されるので、FPSにおいて敵を視認しやすくなります。

この高性能なモニター「BenQ ZOWIE XL2546K」が、ゲームの強さを高めてくれることは間違いありません。

リフレッシュレート(Hz)とは
1秒間に映像が切り替わる回数で、数値が高いほど滑らかな映像が表示されます。

関連記事 Apex おすすめ ゲーミングモニター

いぐりゅうの使用マウス

いぐりゅう氏は使用マウスについて公開していませんが、「マウスの充電切れてた」と発言していたことから、無線マウスを使用していることがわかります。

また、以前Logicoolのデバイスを探していので、ここではいぐりゅう氏と仲の良いCheeky(ちーきー)選手も使うG PRO ワイヤレスをご紹介します。

Logicool G(ロジクール G)
¥12,980 (2023/02/03 02:54時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
接続方式ワイヤレス(無線)
重さ80g
ボタン数8
DPI100-25000
センサーHERO16Kセンサー
形状左右対称
  • プロ人気No.1のワイヤレスゲーミングマウス
  • 1回の充電で60時間駆動
  • 左右対称のため左利きでも右利きでもフィットする形状

G PRO ワイヤレス」は、ゲーミングデバイスメーカーLogicoolが提供する、軽量の無線マウスです。

「Logicool G Pro Wireless」の外観は左右対称なので、シンプルで癖がないので右利きでも左利きでも手に馴染みやすい形状です。

デザインもシンプルなオーソドックスなマウスとなっており、両面に付いている2つのサイドボタンの取り外しすることも可能です。

薄いソールで動き出しが良くちゃんと止まる、どんなマウスパッドとも相性が良いG PRO ワイヤレスはどんな方にもおすすめのマウスです。

関連記事 FPSにおすすめなゲーミングマウス

いぐりゅうの使用イヤホン

Apple(アップル)
¥2,668 (2023/01/31 23:51時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
スクロールできます
メーカーApple
インイヤー型
ドライバーダイナミックドライバー
接続方式3.5mmミニプラグコネクター
マイクあり
ケーブルの長さ1.8m
『Apple EarPods』のスペック
  • 着け心地が良い
  • 音が劣化しにくく高音質
  • コストパフォーマンスが高い

いぐりゅう氏はなんと、Apple純正の「Apple EarPods」をPCイヤホンジャックに直挿しで使用しています。

一般的な評価としては、安価な上、スマートフォンに付いてくるものといったイメージのせいで、FPSをするならもっと高価な物を買った方がいいといわれるほどです。

しかし、意外にも足音を聞きやすいといったレビューも多く、大会で使用するプロも存在します。

音質はさすがAppleといったところで、音の出力を上げても音の劣化を抑えるよう設計されています。

マイクもしっかりと音を拾ってくれるので、2000円代では非常にコストパフォーマンスが高いイヤホンですが、PCに接続する場合はマイクを使うことができないので、注意が必要です。

関連記事 おすすめゲーミングイヤホン

いぐりゅうの使用キーボード

いぐりゅう氏は使用キーボードについて公開していませんが、同チームメイトであるCheeky氏からおすすめをもらいキーボードを選んだ可能性もあるので、Cheeky氏も使用するおすすめキーボードを紹介します。

DUCKY
¥17,100 (2023/02/01 22:39時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
接続方式有線
ブランドDuckey
銀軸
配列英語
重量880g
『Ducky One 2 Mini RGB 』のスペック
  • FPS・TPSプロ使用率上位
  • 60%サイズの超コンパクトキーボード
  • マウスとの距離感をより狭めることができる
  • カスタマイズ性が高い

超コンパクトなサイズで、ファンクションキーやテンキーがなく、ゲームをするために作られたキーボードです。

いぐりゅう氏はメインでPADを使用するためテンキーは邪魔になる可能性が高く、同じようにPCでゲームしたいけど操作はPADという方はテンキーがない60%キーボードがおすすめです。

コンパクトなためキーボードとマウスの距離が短くなり、肩幅が開きづらくなるので、エイムが安定するなどのメリットが強みとなっています。

カスタマイズ性も高く、Windowキーの有効・無効の設定が可能で、ゲーム中誤って押してしまい裏画面へ行くという事故を防いでくれます。

コンパクトでカスタマイズ性が高いキーボードを使いたい方におすすめのゲーミングキーボードです。

関連記事 FPSにおすすめのゲーミングキーボード

いぐりゅうのPCスペック

CPUIntel Core i 9 11900K(推定)
GPUGeForce RTX 3090 12GB(推定)
メモリ32GB(推定)
同チームのCheeky氏に提供されたゲーミングPCのスペック

いぐりゅう氏が所属するSBI e-Sportsは、パソコン工房のゲーミングPCブランド「Level∞」とコラボゲーミングPCを出していて、同チームのCheeky氏はTwitterでLevel∞からSBI e-SportsコラボゲーミングPCを提供してもらったとツイートしています。

そのためチームメイトであるいぐりゅう氏もPCを提供された可能性が高く、ゲームのグラフィック設定も高めに設定しており、おそらくハイスペックなゲーミングPCを使用していることが考えれます。

現在のゲームを最高画質で配信するのはもちろんのこと、4Kでのゲームプレイも可能で、VRやメタバースなどもこの超ハイエンドPCでは余裕で遊べます。

以下では、おそらくいぐりゅう氏が使用しているPCスペックに近いモデルを紹介していきます。

いぐりゅうのPCに近いスペックのモデル

ガレリア XA7C-R48
ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4080
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ベンチマークスコア計測中
3D Mark Time Spy

ドスパラが展開しているゲーミングPCブランドのガレリアは他BTOショップとくらべても納期が早く、「早く手元にゲーミングPCがきてほしい!」という方におすすめのブランドです。

XA7C_R48は、GALLERIAが販売しているPCの中でいぐりゅう氏のスペックに近いゲーミングPCです。

最新の4世代のGPURTX4080が搭載されているので、高画質設定での配信や、プロ級の動画編集も行えます。

メモリは16GBで十分にプレイヤーの力を最大限引き出してくれますが、マルチタスクや高負荷がかかる作業をする方は32GBへ増設することをおすすめします。

SSDは1TBで、普通に使うには十分な容量ですが、データを多く扱う場合はHDDの増設も注文時に簡単に追加可能です。

高いレベルでFPSなどのゲームを行いたい方には、非常におすすめのPCです。

いぐりゅうのPCに近いスペックのモデル

G-Tune XP-Z
G-Tune XP-Z
CPU : Core i7-13700KF
グラフィック : RTX 4090
メモリ : 64GB
ストレージ : 2TB NVMe SSD/4TB HDD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

マウスコンピューターが展開しているゲーミングブランドのG-Tuneは、とにかくゲーマーのニーズに応えたラインナップが多く、サポートも充実しているためPC初心者におすすめのブランドです。

G-Tune XP-Z」は、いぐりゅう氏のようにグラフィック設定を上げても絶対に全くパフォーマンスを落とさない最強のゲーミングPCです。

SSD2TB、HDD4TBと大容量なので、動画編集などで動画を沢山管理するような方でも、余裕を持ってデータを保存できます。

ケースはエアフローが考慮された排熱性の高いケースで、パーツの力を発揮しやすく、また拡張性にも優れています。

CPUとGPUは最上位のモデルが組まれているので、ゲームを高い品質でプレイできることはもちろん、動画編集などの負荷がかかる作業も行える超高性能なPCです。

いぐりゅうの『Apex Legends』の設定

ここでは実際にいぐりゅう氏が『Apex Legends』でどんな設定でゲームをプレイしているかを記載していきます。

こちらも以下のSNS、YouTube動画などを参考にして作成しています。

参考リンク

こちらも本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

設定の更新、一時的な変更によって掲載されている情報が最新のものではない可能性があります。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

いぐりゅうのゲームパッド設定

視点感度5
エイム時感度4
反応曲線クラシック
視点操作デッドゾーンなし
スコープ感度倍率オフ
移動スティックのデッドゾーン
視点の反転オフ
振動オフ
スコープ感度倍率オフ
背面パドル設定

こちらのゲームパッドの設定はいぐりゅう氏の配信モデレーターのチャットを参考にして記載しています。

いぐりゅうのボタン配置設定

ジャンプL1
しゃがみ(切り替え)R3
アクション/拾う/リロード
武器切り替え/収納(ホールド)
照準器エイム(ホールド)L2
攻撃R2
戦術アビリティ×
シグナル/ホイール(ホールド)R1
スプリントL3
格闘
ヘルスキット/シールドキット十字キー上
キャラクターの固有アクション十字キー下
射撃モード切り替え十字キー左
グレネード装備十字キー右
マップ(切り替え)タッチパッド
アルティメットアビリティ×+R1

いぐりゅうのApexでのビデオ設定

スクロールできます
画面モードフルスクリーン
縦横比16:9
解像度1920×1080
明るさ100%
視界(視野角)108
FOVアビリティ・スケーリング有効
スプリント時の視点のゆれ普通
NVIDIA Reflex無効
垂直同期無効
解像度適応の目標FPS0
アンチエイリアスTSAA
テクスチャストリーミング割り当て極(VRAM:8GB)
テクスチャフィルタリングバイリニア
アンビエントオクルージョン品質無効
サンシャドウ範囲
サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール無効
空間光無効
ダイナミックスポットディテール無効
モデルディテール
エフェクトディテール
衝撃マーク無効
ラグドール

視野角は少し珍しい108で、基本的には低い設定ですがアンチエイリアス、テクスチャ、モデルデティールが最高設定にしています。

いぐりゅうの使用デバイスまとめ

スクロールできます
ゲームパッドマウス(推定)ゲーミングモニター(おすすめ)イヤホンキーボード(おすすめ)
Scuf Impact 
SCUF IMPACT
GPro Wireless
GPro Wireless
XL2546K
BenQ XL2546K
EarPods
apple純正イヤホン
Ducky One 2 Mini RGB
Ducky One 2 mini
  • いぐりゅう氏はプレデターランク世界1位のプロゲーマー
  • PADは高級高性能なコントローラーで、イヤホンは手に入りやすいモデル
  • いぐりゅう氏のゲーミングPCは超ハイスペック

いぐりゅう氏の使用しているデバイスはすべてAmazonから購入することが可能となっているので、同じデバイスを使用してみたい方はぜひチェックしてみてください。

また、当サイトではFPSプレイヤーやゲーマーに向けたおすすめのゲーミングデバイスをまとめています。

具体的な選び方やメリットまで詳しく解説しているので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次