【最大88,000円OFF】マウスコンピューターのセール情報まとめ

【初心者向け】パソコンで絵を描くためのおすすめノートパソコン&デスクトップパソコン・選び方まとめ

パソコンでイラストを始めてみたいけど、何を買えばいいのかわからない。

そんな人に向けて、実際に趣味でイラストを書いている筆者がおすすめのパソコン・ソフト・周辺機器を紹介します。

以下の情報を掲載しているので、自分にあったパソコンでのお絵かき環境が必ず見つかります。

毎日イラストを描いて上手くなりたい人から、最小限のコストで絵を描けるようになりたい人まで、環境に合わせてパソコンを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

お絵かき用以外にもさまざまな用途を持ったおすすめのクリエイターパソコンが存在します。
動画編集や3DCGにも興味がある方は要チェックです。

目次

お絵かき用パソコンおすすめモデル一覧・スペック表

スクロールできます
厳選おすすめモデル種類CPUGPUメモリストレージ販売ページ
DAIV 4Pノート i7-1165G7 Iris Xe グラフィックス16GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek R5-TA5ノートCore i7-11800HRTX 305016GB512GB NVMe SSD販売ページ
DAIV 5N 32GBモデルノート i7-10870H RTX 306016GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek DebutデスクトップCore i5-11400UHDグラフィックス73016GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek MXデスクトップCore i7-11700GTX 165016GB512GB NVMe SSD販売ページ
DAIV A7デスクトップRyzen 7 3700XRTX 306032GB512GB NVMe SSD / 2TB HDD販売ページ

当サイトがピックアップしたお絵かき初心者におすすめするクリエイター向けパソコンがこちらです。
全てのモデルがお絵かき用に必要なスペックを満たしているので、自分の予算や用途に合わせて選んでみましょう。

先におすすめのお絵かきソフト・ペンタブを知りたい方、お絵かき用パソコンの選び方について知りたい方は以下のリンクからチェックしてください。

パソコンで絵を描くためのおすすめノートパソコン

この項目では当サイトがおすすめするお絵かき用のクリエイター向けノートパソコンを紹介しています。

デスクトップパソコンのおすすめについて知りたい方は以下のリンクからチェックしてください。

次の項目に進む デスクトップパソコンはこちら

パソコン初心者・お絵かき初心者におすすめ DAIV 4P

DAIV 4P
DAIV 4P
CPU : i7-1165G7
グラフィック : インテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
モニター :14インチ
重量 : 985g
バッテリー : 12.0時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

どこでも使える格安ノートPC

薄くて軽い約1kgの最軽量モデルとして、格安で購入できるクリエイター向けノートPCです。

コンパクトサイズですがマンガやイラストを描くには十分なスペックなので、「にかく格安でマンガ制作を始められるPCが欲しい」という方には最適なモデルです。

ペンタブと一緒にバッグへ入れてもさほど気にならない重さなので、学生の方には特におすすめです。

Adobe製ソフト向けの安いノートパソコンを探しているなら raytrek R5-TA5

raytrek R5-TA5 イラスト向けモデル
raytrek R5-TA5 イラスト向けモデル
CPU : i7-11800H
グラフィック : RTX 3050
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

本格的にイラストを始めたい方におすすめ

raytrek R5-TA5」は本格的にイラスト・デザインを始める方におすすめのノートPCです。

イラストレーターや漫画家たちが使用するイラストソフトが動作検証済みなので、作業中にカクついたり重くなったりなどのストレスを感じることはありません。

pixiv使用率No.1の『CLIP STUDIO PAINT DEBUT』のシリアルも同梱されているので、予算を少し上げて本格的なイラスト用PCでスタートしたい方におすすめです。

\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

グラフィックボードを搭載しているため、『Photoshop』や『Illustrator』といったAdobe製品に適しています。

Adobe製ソフトを使えるクリエイター向けノートパソコンの中ではかなり安いモデルなので、Adobeのソフト代が高いと感じている方は予算を抑えるという意味でおすすめです。

お絵かき用ノートパソコンでハイスペックを求めるなら DAIV 5N 32GBモデル

DAIV 5N
DAIV 5N
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060 Laptop GPU
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ :512GB (NVMe)SSD
サイズ:15.6型 フルHDノングレア
バッテリー駆動時間:約 6.0時間
重量:約1.73kg
セール価格 : 230,780円204,800円

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

イラスト・デザイン用ノートPCの最高峰モデル

DAIV 5N 32GBモデル」はスペック的にゲーミングPCと変わらないクラスの高性能なパーツが搭載されています。

32GBの大容量メモリが搭載されているので、作業中にありがちな「動作が重くなってソフトがエラー落ちした」などのトラブルを心配する必要は一切ありません。

逆にお絵かきだけではオーバースペックなノートパソコンなので、動画編集や3DCGについても興味がある方向けとなっています。

お絵かき以外の用途はこちら おすすめクリエイターPCまとめ

パソコンで絵を描くためのおすすめデスクトップパソコン

この項目では当サイトがおすすめするお絵かき用のクリエイター向けパソコンを紹介しています。

ノートパソコンのおすすめについて知りたい方は以下のリンクから戻ってチェックしてください。

1つ前の項目に戻る ノートパソコンはこちら

パソコン初心者・お絵かき初心者向けデスクトップPC raytrek Debut

raytrek Debut
raytrek Debut
CPU : Core i5-12400
グラフィック : インテルUHDグラフィックス
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

あらゆるイラストソフトに対応した格安デスクトップ

raytrek Debut」はまさしくこれからデジタルでお絵かきを始めたい方におすすめな格安デスクトップPCです。

高性能なCPUと16GBメモリ、高速読み込みができるSSDが搭載されているので、一般的なパソコンと比べるとかなり快適に作業ができます。

デスクトップパソコンはノートパソコンと違って拡張性も高いため、長持ちするパソコンが欲しいと考えている方にもおすすめです。

raytrek MX

raytrek MX
raytrek MX EM041ミニタワーケースモデル
CPU : Core i7-12700
グラフィック : GTX 1650
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ワンランク上を目指す方におすすめなクリエイターPC

raytrek MX」はイラスト・デザイン用PCの中では最高の環境で作業できる最適なモデルです。

お絵かきソフトではレイヤーを増やしていると動作が重くなってしまいますが、このモデルならストレスフリーで快適に作業することができます。

少しでも環境を良くして絵を上達したい!という方におすすめのクリエイターPCです。

\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

グラフィックボードを搭載しているため、『Photoshop』や『Illustrator』といったAdobe製品に適しています。

Adobe製ソフトはクリエイター向けソフトの中でも必要となるスペックが高いことで有名ですが、このパソコンならばスペックを満たしています。

ハイスペックなクリエイター向けパソコン DAIV A7

DAIV A7
DAIV A7
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 32GB SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD / 2TB HDD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

クリエイターパソコンに一切妥協したくない方におすすめ

DAIV A7」はお絵かきだけとなるとオーバースペックになるレベルの高性能デスクトップです。

イラスト制作以外にも、動画編集やPhotoshopなどでの画像の編集など、クリエイティブワークスを全般的に行うことができます。

画像ファイルや動画ファイルなど、容量を取りがちなデータがいくらあっても問題ない大容量ストレージも搭載されています。

様々なクリエティブな活動をしたい方に、「DAIV A7」はどのソフトでも快適に作業できること間違いありません。

お絵かき以外の用途はこちら おすすめクリエイターPCまとめ

パソコンで絵を描くために必要な機材やソフトとは?

  • イラスト・デザイン制作ソフトが必要
  • ペンタブ・液タブが必要
  • デスクトップパソコンならモニターが必要

パソコン本体・モニター・イラストソフト・ペンタブがあればデジタルで絵を描けるようになります。

もっと言えばノートパソコンであればモニターは不要ですし、パソコンにこだわらずタブレットであれば単体で絵を描くことができます。

まずは自分で用意できる範囲の機材やソフトを揃えたり、自分がすでに持っている機材にプラスして環境を整えましょう。

お絵かきソフトは価格と必要なスペックが大きく異なるので注意

スクロールできます
ペイントソフト価格対応OS必須メモリ/推奨メモリ
CLIP STUDIO PAINT5,000(DL版)
9,350円(パッケージ版)
Windows
mac
2GB/8GB
Adobe Photoshop
Adobe Illustrator
月額2,728 円
(買い切り不可)
Windows
mac
8GB/16GB
ペイントツールSAI5,500円Windows 1GB/記載なし
GIMP無料Windows
mac
1GB/8GB(筆者調べ)

特に人気が高いお絵かきソフトを4つピックアップしてみました。

必要なメモリ量は今回紹介しているクリエイター向けパソコンならスペックが足りているので、あまり気にしなくても問題ありません。

この中で「GIMP」は唯一無料のペイントソフトですが、基本的な要素を備えているものの、やはり有料ソフトには一歩及ばない印象です。

ただし、パソコンのスペックを重視して、ソフトはとりあえず無料で済ませるといった方法も買い方のひとつでしょう。

セルシス
¥7,409 (2021/10/24 01:50時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

結論から言うと『CLIP STUDIO PAINT』(通称クリスタ)がお絵かき初心者に適しています

なぜならネット上でのテクニックが広く深く紹介されており、価格も買い切りで手を出しやすいからです。

すでにデジタルイラストのノウハウがあったり、動画制作や映像制作に興味がある方はAdobe製品もおすすめです。

Adobeは『Illustrator』がお絵かきソフトとなっていますが、クリエイターツールとして画像作成向けの『Photoshop』、動作制作向けの『Premiere Pro』『After Effects』と連動できるというメリットがあります。

ペイントツールSAIも良いソフトなのですが、お絵かきソフトとして先駆け的な意味合いで紹介されることが多い印象です。
あえて古いソフトを使う理由もないので、SAIかクリスタで悩んでいる方はクリスタにしましょう。

ペンタブの種類について(板タブ・液タブの違い)

タブレットには板タブレット(板タブ)と液晶タブレット(液タブ)の2種類があります。

どちらにも違うメリットがありますが、初心者が手を出しやすいのは間違いなく「板タブレット」です。

なぜなら液タブは安くても2万円ほどですが、板タブレットは5,000円から購入できるためです。

まずは板タブレットでデジタルイラストに慣れて、その後から液晶タブレットに移行しても遅くありません。

Wacom(ワコム)
¥5,940 (2022/05/23 00:41時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

デジタルイラスト初心者にはWacom(ワコム)の板タブレットがベストでしょう。

Amazonにはもっと安価な板タブも売っていますが、メーカーの信頼性という点でワコムが最もおすすめです。

XP-Pen
¥34,980 (2022/05/23 00:41時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

液晶タブレットから選ぶなら、メーカーはXP-PENが良いでしょう。

ワコムに続いて国内2位のシェアであり、信頼性が高く絵師の愛用者も多いメーカーです。

板タブと比べるとやはり価格が気になりますが、初期投資と割り切って最初から良い製品を使うのも1つの選択肢です。

Apple(アップル)
¥106,800 (2022/05/23 00:41時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

パソコン以外にお絵かきをする選択肢としては、『iPad』もお絵かき用ツールとしておすすめできます。

パソコン本体・モニター・ペンタブを揃える必要がないため、価格を安く&どこでもお絵かきがしたい方には向いています。

しかしペンタブと違ってお絵かき用に作られているわけではないので、操作感が独特な上にペンを握っている手をiPadにつけてはいけない(iPadが反応してしまう)という難があります。

モニターのサイズは作業の快適さに直結する

パソコンでお絵かきするためのモニターは23~30インチがおすすめ

イラスト・デザインに使用するならモニターのサイズも重要です。

デスクトップパソコンであれば、23インチから30インチくらいまでが最適でしょう。

23インチ以上あれば、全体を大きく見れるので、いちいち画面を拡大しなくても細かい作業が可能になります。

モニターが広いと参考資料を同時に表示することもできて快適です。

ノートパソコンの場合は持ち運びも考えなくてはいけないので、14インチから17インチが画面サイズも大きく、持ち運びもしやすいことからおすすめです。

逆に11インチだと画面が小さすぎて、イラスト・デザイン制作には向いていません。

もっと作業を快適にするモニターの使い方として「デュアルモニター(デュアルディスプレイ)」があります。

デジタルでお絵かきをする際には資料などを横に並べながら作業したいので、画面が2つあると非常に便利です。

メインモニターは性能をこだわるべきですが、サブモニターはあまりこだわらなくても良いので、スペースさえあればお手軽に作業効率をアップできます。

関連記事 デュアルモニターのやり方はこちら

結局どのお絵かきソフトがおすすめなの?

デジタルお絵かき初心者は『CLIP STUDIO PAINT PRO』がおすすめです。

Adobe製品は高価なので、デジタルでの制作に慣れてからのほうが無難です。

パソコンで絵を描くにはペンタブは必要?

必須です。
プロのイラストレーターや漫画家は、ほぼ全員がペンタブを使用して描いているといってもいいでしょう。
ペンタブがなければ、パソコンで絵や漫画を描くことができません。

ノートパソコンは液タブの代わりになるの?

ノートパソコンでは、液タブの代わりにはなりません。
ノートパソコンは液晶画面だけで、タッチパネルではないため、ペンを使って絵を描けないのです。
タッチパネルが搭載されたモデルもありますが、液タブの代わりにはなりません
液タブは、専用のペンにしか反応しないように出来ていますが、タッチパネルだと手も反応してしまうため、手を浮かして描いたりと快適とは言えません。
ですので、ノートパソコンを液タブ代わりに使用するのはおすすめできません。

モニターってテレビでも代わりになる?

おすすめはできませんが、代わりにはなります。
ただし応答速度が遅いと自分が描いた線が遅れて見えるので、やはりパソコン用のモニターがおすすめです。

お絵かき用パソコンの選び方・必要スペック

お絵かき用パソコンに必要なスペック
OSWindowsがおすすめ(Macは非推奨)
CPUIntel Core i5、 Ryzen 5以上
メモリ8GB、できれば16GB
グラボ無くてもOK(あれば快適)
お絵かき用パソコンに必要な推奨スペック

お絵かき用パソコンに必要なスペックはこちらです。

一般的なパソコンと違う点はやはり必要となるメモリの量です。
お絵かきソフトが必要とするメモリの量や、資料を常駐させるためにこのスペックが必要となります。

ただし難しく考えなくても今回紹介しているクリエイター向けパソコンは上記のスペックをクリアしているため、良く分からないという方は予算重視で考えると良いでしょう。

スクロールできます
厳選おすすめモデル種類CPUGPUメモリストレージ販売ページ
DAIV 4Pノート i7-1165G7 Iris Xe グラフィックス16GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek R5-TA5ノートCore i7-11800HRTX 305016GB512GB NVMe SSD販売ページ
DAIV 5N 32GBモデルノート i7-10870H RTX 306016GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek DebutデスクトップCore i5-11400UHDグラフィックス73016GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek MXデスクトップCore i7-11700GTX 165016GB512GB NVMe SSD販売ページ
DAIV A7デスクトップRyzen 7 3700XRTX 306032GB512GB NVMe SSD / 2TB HDD販売ページ

プロの漫画家・イラストレーターが使っているパソコンの作業環境は?

https://twitter.com/yoshikadu2010/status/1102951792810192896

アニメ化もした『つぐもも』で有名な「浜田よしかづ」先生の作業環境が上記の通りです。
浜田よしかづ先生はフルデジタルで作画をしていることでも知られており、3Dモデルも駆使しているようです。

…はっきり言ってあまり参考にはなりません。
なぜならどんなプロの漫画家も今の作業環境へたどり着くまでの「慣れ」があるので、いきなり漫画家の環境を真似ても意味はありません

まずは自分の手が届く範囲で環境を整え、コツコツとパソコンでのお絵かきに慣れていきましょう。

Windowsをおすすめする・Macをおすすめしない理由

イラストレーターにはMac派も多いですが、個人的には断然Windowsをおすすめします。

Macはパーツを細かく選んでカスタマイズできないからです。

Windowsのパソコンなら「ストレージはクラウドに保存するから少なくていい」とか、「メモリは快適性に関わるから増やそう」といったカスタマイズが豊富なんですが、Macだとそうはいかないのです。(正確にはMacでもカスタマイズはできますが、Windowsほど細かくはできません)

拡張性の点でWindowsPCが優れているので、あとからやりたいことが増えそうな方にはWindowsPCがおすすめです。

また、ソフト・アプリの関係からもWindowsのほうが対応している数が多いため、その点からもWindowsをおすすめします。。

メモリが多いと何が違うの?

メモリはよく作業台の広さに例えられるパーツです。
メモリの容量が多ければ多いほど重たいソフトを同時に立ち上げたりできるようになります。

結局グラボって必要なの?

あれば快適程度ですが、無いと3DCGや動画制作が難しくなります。
また、せっかくパソコンを買うならパソコンでゲームをしたい方には必須です。

Macを持っているんだけど買い替えたほうが良い?

持っているMacのスペックによります。
メモリの量が4GBなら確実に買い替えをおすすめしますが、スペックが高ければそのまま使いましょう。

パソコンで絵を描くためのおすすめPCまとめ

まずは、パソコンを買わないと始まらないので、自分の予算と使用目的に合ったものがあるのか見てみましょう。
自分に合ったパソコンを見つけることが、デジタルイラストへの第一歩です。

スクロールできます
厳選おすすめモデル種類CPUGPUメモリストレージ販売ページ
DAIV 4Pノート i7-1165G7 Iris Xe グラフィックス16GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek R5-TA5ノートCore i7-11800HRTX 305016GB512GB NVMe SSD販売ページ
DAIV 5N 32GBモデルノート i7-10870H RTX 306016GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek DebutデスクトップCore i5-11400UHDグラフィックス73016GB512GB NVMe SSD販売ページ
raytrek MXデスクトップCore i7-11700GTX 165016GB512GB NVMe SSD販売ページ
DAIV A7デスクトップRyzen 7 3700XRTX 306032GB512GB NVMe SSD / 2TB HDD販売ページ

他にもさまざまな用途を持ったおすすめのクリエイターパソコンが存在します。興味のある方は以下の記事を参考にしてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる