【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

まろんの『Apex Legends』での設定まとめ|ボタン配置や使用デバイスについて詳しく紹介

この記事ではプロゲーミングチーム「RIDDLE」所属の『Apex Legends』強豪パッドプレイヤーである「まろん」氏の情報や使用デバイスをまとめています。

上記の項目について紹介しています。

当サイトでは、真の推奨スペックをまとめた「Apex LegendsのおすすめゲーミングPC」について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

まろんのプロフィール

スクロールできます
名前まろん
本名非公開
出身非公開
あだ名・愛称まろん
誕生日2000/7/28
年齢21歳(2022年5月現在)
所属チームRiddle
SNSTwitterTwtichYouTube
まろん氏のプロフィール

まろん氏はプロゲーミングチーム「Riddle」所属の人気ストリーマーです。

ストリーマーですが、その実力はかなり高くPADプレイヤーの中では日本一なのではないかと言われています。

まろん氏は、過去にその実力の高さから、チートと判断され誤BANされてしまったことがあるほどです。

アカウントを停止され、配信活動も休止されましたが、無事チート疑惑は晴れ活動を再開しました。

本名に関しては非公開で、出身地も不明ですが、2020年時点では名古屋に住んでいると明かしています。

まろんの使用デバイス一覧

ここでは、まろん氏が使用しているデバイス一覧をまとめています。

デバイスのおすすめ部分についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
ゲームパッドゲーミングモニターヘッドセットミックスアンプ
DUALSHOCK 4
dual shock 4
‎EX-LDGC252UTBa
GigaCrysta 240Hz 0.4ms TNパネル
GSP600
ゼンハイザー GSP600
GSX 1000
GPS1000

まろん氏はTwitterでゼンハイザーGSX1000をおすすめしています。

本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

本人がデバイスの更新などをした場合には掲載されている情報が100%確実ではないことがあるのでご了承ください。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

まろんの使用ゲームパッド

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥5,558 (2022/05/17 12:48時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
接続方式無線/有線
ブランドSONY
重量約320g
背面パッドなし
『DUAKSHOCK4』のスペック
  • 日本でおなじみのPSコントローラー。
  • 純正なので耐久力と信頼性がある。
  • PCゲームとの互換性もかなり良くなってきている。

日本ではおなじみのゲームパッドです。

一般ユーザーからプロまで幅広く支持されており、耐久性が高いことでも評判なゲームパッドといえます。

昔はPCゲームとの互換性がないことも多かったのですが、最近ではメジャータイトルはPSゲームパッド対応は当たり前となりました。

PSゲームパッドに慣れている方や定番ゲームパッドがいいという方におすすめです。

KontrolFreek
¥2,223 (2022/12/04 18:19時点 | Amazon調べ)

また、まろん氏は右スティックにVORTEXの一番高いフリークを付けています。

フリークをつけるとスティックの長さが高くなり、可動域が広がるのでエイムコントロールしやすくなります

コンバートなどのチートではなく、大会でも使われていて、APEX公認なので安心して使用することができます。

パッドによってはフリークが対応していない場合もあるので、手持ちのパッドがフリークに対応しているか確認してから購入しましょう。

関連記事 Apex おすすめ ゲームパッド

まろんの使用モニター

アイ・オー・データ
¥45,800 (2022/12/02 23:40時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
応答速度0.4ms
リフレッシュレート240Hz
インチ24.5インチ
パネルTN
解像度フルHD
出力HDMI×2・DP×1
『24.5インチ GigaCrysta』のスペック
  • 240hz・0.4msと高速表示が可能な高性能なモニター
  • Night Clear Vision機能で暗所が見やすい
  • フリッカーレス、ブルーライトカット機能で目に優しい
  • エンハンスト機能搭載で色鮮に

240hz・0.4msだけでも高性能ですが、このモニターにはゲームをするのに便利な機能が複数ついています。

「AMD FreeSync Premium」対応で、画面のズレや引っ掛かり感を抑えてくれます。

他にも「Night Clear Vision」を搭載しており、暗闇に隠れた敵を見逃さずゲームを遊ぶことができます

関連記事 Apex おすすめ ゲーミングモニター

まろんの使用ミックスアンプ

EPOS
¥39,800 (2022/12/01 23:04時点 | Amazon調べ)
接続端子USB/3.5mm端子×3
互換性Mac/Windows
  • 7.1chサラウンドを体感できる。
  • ボリュームコントロールを手元で行える。
  • ヘッドセットとスピーカーをワンタッチで切り替え可能

定位性が高く、前方・後方の音をはっきり聞き分けることができます。

また、前方・後方どちらかの音を強調する機能もあり、ゲームに特化していると言えるでしょう。

手元で調節できるUSBタイプとなっており、出力先をスピーカーとヘッドホンとワンタッチで切り替えたり、サラウンドなどの調整も可能です。

ミックスアンプに変更

関連記事 FPSにおすすめなゲーミングマウス

まろんの使用ヘッドセット

EPOS
¥14,600 (2022/12/03 00:50時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
メーカーEPOS
サラウンド対応
イヤーパッドベロア/レザー
接続方式3.5mmプラグ
マイクあり
重量約395g
  • コスパ最高のゲーミングマイク
  • マイクの音質、集音性ともにいい
  • 耐久性抜群

音響機器メーカー「SENNHEISER」から発売されただけあって音質は最高の性能を誇っています。

定位性も高く、どこから足音がしてるかはっきり聞こえます。

さらに、ヘッドバンドの側圧を変更することができる調節機能付きで、自分の頭の形に合わせることが可能。

関連記事 おすすめのゲーミングヘッドセット

まろんのPCスペック

CPUIntel Core i 7 12700以上
GPURTX3070Ti以上
まろん氏の予測PCスペック

まろん氏はTwitterでLevel∞からRiddleコラボPCを提供してもらったとつぶやいています。

コラボPCは複数のモデルがあるので、どのPCを提供してもらったかは分かりませんが、CPUはCore i 7 12700以上、GPUは3070Ti以上、メモリは16GB以上だということがわかります。

CPUは第12世代のCore i 7とかなり性能が高く、GPUも3070Tiなので配信しながら安定して144fpsを出すことが可能。

また、通常モデルと違い見た目がザ・ゲーミングPCという感じなので、光るかっこいいモデルが欲しい方におすすめです。

以下では、まろん氏が使用しているPCスペックに近いモデルを紹介していきます。

まろんのPCに近いスペックのモデル

ガレリア ZA7C-R38
ガレリア ZA7C-R38
CPU : Core i7-12700K
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 GALLERIA ZA7C-R38レビュー

ベンチマークスコア17064
3D Mark Time Spy

ハイエンドGPUの「RTX 3080」が搭載されたゲーミングPCモデルです。

CPUも12700Kなので、グラフィックボードの性能をしっかり引き出すことができます。

ゲームでの仕様はもちろん、配信や動画編集もすることが可能です。

また、240Hzのゲーミングモニターを持っていれば240fpsでゲームをできるので、敵の動きが滑らかになり視認・エイムがしやすくなります。

本気で『Apex Legends』を上達したい方におすすめのモデルです。

アイ・オー・データ
¥34,949 (2022/12/05 03:09時点 | Amazon調べ)

まろんのPCに近いスペックのモデル

G-Tune EP-Z
G-Tune EP-Z
CPU : Core i9-12900KF
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD + 4TB HDD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

G-Tune EP-Z」はハイエンドなGPUの「RTX3080」と大容量のメモリ32GBが搭載されたスペックのゲーミングPCです。

CPUもCore 9の12世代と非常に性能がいいので、今後も長い期間使い続けることができます。

メモリも32GBなので、今リリースされているゲームはもちろん今後リリースされる大容量のゲームも遊ぶことができます。

高価ですが、それに見合う性能を持っていて長期間快適に使い続けることができるモデルです。

マウスコンピューターは価格面でも他BTOショップに比べると安いため、なるべく予算を抑えてハイエンドなゲーミングPCを購入したい方におすすめ。

まろんの『Apex Legends』の設定

ここでは実際にまろん氏が『Apex Legends』でどんな設定でゲームをプレイしているかを記載していきます。

こちらも以下のSNS、YouTube動画などを参考にして作成しています。

こちらも本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

設定の更新、一時的な変更によって掲載されている情報が最新のものではない可能性があります。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

まろんのゲームパッド設定

カスタムの視点操作オン
デッドゾーン8%
入力範囲の限界1%
反射曲線6%
左右視点移動速度280
上下視点移動速度240
左右視点移動加速0
上下視点移動加速0
視点移動付与時間0
視点移動付与ディレイ0
左右視点移動速度(エイム時)110
上下視点移動速度(エイム時)75
左右視点移動加速(エイム時)0
上下視点移動加速(エイム時)0
視点移動付与時間(エイム時)0
視点移動付与ディレイ(エイム時)0
ターゲット補正オン
格闘ターゲット補正オン

こちらのゲームパッドの設定はまろん氏のYoutube動画を参考にして記載しています。

まろんのボタン配置設定

ジャンプL3
しゃがみ(ホールド)R3
アクション/拾う/リロードL2
武器切り替え/収納(ホールド)
照準器エイム(ホールド)L1
攻撃R1
戦術アビリティタッチパッド
シグナル/ホイール(ホールド)R2
スプリント
格闘
ヘルスキット/シールドキット十字キー上
キャラクターの固有アクション十字キー下
射撃モード切り替え十字キー左
グレネード装備十字キー右
マップ(切り替え)
アルティメットアビリティタッチパッド+R2

まろんのApexでのビデオ設定

画面モードフルスクリーン
縦横比16:9
解像度1920×1080
明るさ50
視界(視野角)104
FOVアビリティ・スケーリング無効
スプリント時の視点のゆれ
垂直同期無効
NVIDIA Reflex有効+ブースト
解像度適応の目標FPS0
アンチエイリアスTSAA
テクスチャストリーミング割り当て中(VRAM:3GB)
テクスチャフィルタリング異方性4x
アンビエントオクルージョン品質無効
サンシャドウ範囲
サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール無効
空間光無効
ダイナミックスポットディテール無効
モデルディテール
エフェクトディテール
衝撃マーク無効
ラグドール

まろん氏はFOVが104と少し特殊な設定をしています。

まろんの使用デバイスまとめ

スクロールできます
ゲームパッドゲーミングモニターヘッドセットミックスアンプ
DUALSHOCK 4
dual shock 4
‎EX-LDGC252UTBa
GigaCrysta 240Hz 0.4ms TNパネル
GSP600
ゼンハイザー GSP600
GSX 1000
GPS1000
  • まろん氏のゲーミングデバイスはAmazon定番モデル
  • まろん氏のゲーミングPCはRiddleコラボモデル

まろん氏の使用しているデバイスはすべてAmazonから購入することが可能となっているので、同じデバイスを使用してみたい方はぜひチェックしてみてください。

また、当サイトではFPSプレイヤーやゲーマーに向けたおすすめのゲーミングデバイスをまとめています。

具体的な選び方やメリットまで詳しく解説しているので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次