【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

エクセルやワードの代わりに使えるおすすめフリーソフト5選│有料・無料のどちらが向いているかについても解説!

無料で使えるオフィスソフト

今日、経理・事務以外にもプレゼン、手紙の作成にも欠かせないツールとなっているMicrosoft Officeですが、最近は料金が高くなったり、サブスク制度が導入されたりとユーザーの財布を苦しめている要因にもなっています。

この記事では、

について詳しく解説していきます。

当サイトでは、「Office搭載のおすすめパソコン」についても紹介しているので、これからパソコンを購入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

エクセルやワードが使える「Office」とは?

  • Word
  • Excel
  • PowerPont
  • Outlook

このソフトウェアがOfficeのメインソフトのラインナップです。

Wordはワープロソフト、Excelは表計算ソフトです。

PowerPointはスライド作成ソフトで、会議に使うことが主な用途になります。

Outlookはメールソフトです。

Microsoft Officeの価格・料金表

MicrosoftOfficeにはいくつかのプランがあります。

各種プランについて表にまとめてみました。

スクロールできます
プラン名詳細料金ソフトの種類
Microsoft 365 Personalサブスク12,984円/年Word・Excel・PowerPoint・Outlook他 計8種類
Office Home & Business 2021買いきり38,284円Word・Excel・PowerPoint・Outlook
Office Personal 2021買いきり32,784円Word・Excel・Outlook

短期的にしか使う、またはビジネス用のMicrosoftのツールが必要な方は「Microsoft 365 Personal」がおすすめ年間12,984円で利用することができます。

また、登録後は1ヶ月間無料です。

ExcelやWord、Outlookが利用できるのが「Office Personal 2021」で、PowerPointが追加されたのが「Office Home & Business 2021」というラインナップになっています。

3年以上使用する可能性が高いのであれば、買い切りのタイプで購入するのがおすすめです。

Microsoft Officeと無料フリーソフトはどちらがおすすめ?

Microsoft Office
無料フリーソフト
  • ビジネス・学業でExcel・Wordを使用する人
  • 高度なマクロが必要な人
  • Wordのデータをエクセルに引っ張ってきたい人
  • 個人で使う場合
  • 高度な計算を必要としていない人
  • MicrosoftOfficeとの互換性を重視しない人

Microsoft Officeと無料のフリーソフトでは上記のような違いがあります。

以下ではMicrosoft Officeが向いている人・無料フリーソフトが向いている方

Microsoft Officeが向いている人

office img

ビジネスでどうしてもExcelやWordでのファイルのやり取りをしなければいけない場合もあるでしょう。

例えば、他社にデータやファイルファイルを送信する場合、WordやExcelを指定されることも多いです。

また、ExcelVBAなどのマクロを使う業務の場合もExcelが必須以外は考えられません。

表計算ソフトでマクロが使えるものはExcel以外は少なく、Excelが一番使いやすいです。

無料フリーソフトが向いている人

稀有な会社でない限り、フリーソフトを使うことは無いです。

この表計算のファイルを見るために、このフリーソフトをダウンロードしてくださいという会社は問題ですし、信用がなくなってしまいます。

最近ではGoogleスプレッドシートで会社データを送付している会社も増えてきましたが、マクロで吐き出したデータなどもありますからExcelがまだまだ主流です。

なので、あくまで個人て使う場合で費用を極限まで抑えたい場合に使うのが一般的です。

エクセルやワードの代わりになるおすすめ無料フリーソフト

Excelの代わりになりえる無料のフリーソフトを紹介します。

また、「Office搭載のおすすめパソコン」であれば、最初からOfficeがついてくるので、フリーソフトを使用する必要はありません。

【クラウドで引き継ぎ簡単】Google

Google
Googleでできること
  • Googleスプレッドシート
  • Googleドキュメント
  • Googleスライド

上記のものがOfficeの代用となるソフトです。

一応は互換性があり、スプレッドシートのファイルをエクセルで開くことはできますが、エラーが多くデザインが大きく変わってしまったり、難しい関数を使用してしまうと反映されなかったりします。

しかし、クラウド上のサービスなのでUSBなどを使わなくてもGoogleのアカウントでログインすることができればどんなパソコンからでもデータを編集することができるのが利点です。

【無料でマクロで利用可能】Open Office

Open Office
Open Officeでできること
  • Excelの代用ソフト
  • Word代用ソフト
  • PowerPoint代用ソフト

1つのソフトですが包括的にWord・Excel・PowerPointの代用が可能です。

OpenOfficeはMicrosoftOfficeとも互換性があり、多くの教育機関や、自治体で使われています。

フリーソフトの中ではマクロが利用でき、複雑な業務にも対応できるのが特徴です。

複雑な業務をしているが、お金がかけたくないという人にはピッタリです。

【主要なOfficeソフトをカバー】Libra Office

Libra Office
Libra Office でできること
  • Excel代用ソフト「Calc」
  • Word代用ソフト「Writer」
  • PowerPoint代用ソフト「Impress」

口コミを見てみるとエクセルファイルを読み込む際にデザインが崩れる、修正が容易ではないなどのエラーが発生することがあります。

「Writer」は問題なく使えるといった口コミが多かったです。

やはり、VBAなどのプログラミングでフリーソフトでも使えるというものは少なく、互換性に何らかの不具合が起きてしまうということを認識したうえで使用するほかないと割り切った方が賢明です。

【Linuxでも使える】Free Office

Free Office
Free Office でできること
  • Excel代用ソフト「PlanMaker」
  • Word代用ソフト「TextMaker」
  • PowerPoint代用ソフト「Presentations」

やはり、文字化けしてしまうという口コミは少なからずありました。

しかし、ソフトウェア自体の作りはMicrosoftのものと遜色がなく、新たに覚えることは少ないですし、LinaxOSでも使える数少ないソフトウェアでもあります。

何の支障もなくMicrosoftOfficeと互換性がある代用ソフトというものは存在しないので、どこまで妥協できるのか、使用用途を明確にして使っていく必要があります。

【格安有料ソフト】WPS Office 2

WPS Office 2
WPS Office でできること
  • Excel代用ソフト「Spreadsheet」
  • Word代用ソフト「Writer」
  • PowerPoint代用ソフト「Presentation」

無料ソフトでは物足りないが、MicrosofttOfficeほど高いソフトは手が出づらい人向けです。

Excelに関してはVBAに完全な互換性があるわけではなく、マクロの自動作成機能はないのでやはりMicrosoftと比べると劣って見えてしまいます。

自宅にWPSと会社にMicrosoftOfficeという環境下でもつかいにくいです。

ただ、MicrosoftOfficeと遜色なほどのフォントの種類と有料ソフトだからできる細かなアップグレードがあることは嬉しいです。

またスマートフォン用のアプリとの連携も有料だからこそ手が行き届いています。

キングソフト
¥4,698 (2022/09/29 16:35時点 | Amazon調べ)

エクセルやワードの代わりになるおすすめ無料フリーソフトまとめ

Excelの代用となるソフトウェアのまとめです。

  • 複数台で同じデータを動かすなら「Google」
  • マクロを使う人は「OpenOffice」
  • Linaxでも使いたい人は「FreeOffice」
  • 互換性を重視けれども安く済ませたい人は「WPS Office」
  • ビジネスでの利用する人、マクロやVBAなどを利用したい人はMicrosoftOffice

互換ソフトで完璧に互換性があり文字化けしないというものは見つけることができませんでした。

ですので、Excelを使っている人とのやり取りには互換ソフトは向いていません。

個人で利用する方、相手がたも同じソフトウェアを使用している場合のみ互換ソフトを使う方が賢明です。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次