【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

「Ryzen 7 5800X3D」の性能比較・レビュー AM4ソケットの最高峰!タルコフなどの重量級ゲームも快適なCPUを解説

5800X3D アイキャッチ

今回はゲーム特化CPUとして『Escape from Tarkov』などに最適と噂の「Ryzen 7 5800X3D」について詳しく解説します。

既存モデルの「5800X」とどうちがうのか?ハイエンドCPUと遜色ないfpsが出せる理由など、以下の項目で気になっている方はぜひご覧ください!

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

スクロールできます
おすすめモデルCPUGPUメモリストレージ
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3060)
Ryzen 7 5800X3DRTX 306016GB1TB SSD
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3060 Ti)
Ryzen 7 5800X3DRTX 3060 Ti16GB1TB SSD
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3070)
Ryzen 7 5800X3DRTX 307016GB1TB SSD
目次

Ryzen 7 5800X3Dの基本スペック

Ryzen 7 7700Xの基本スペック
by.AMD
スクロールできます
世代第4世代
アーキテクチャZen3
コア数/スレッド数8コア16スレッド
定格クロック周波数3.4GHz
最大クロック周波数4.5GHz
ソケット形状AM4
TDP105W
二次キャッシュ4MB
三次キャッシュ96MB
内蔵グラフィックスなし
PassMark CPU Markスコア28031

一番目を引くのは末尾にある見慣れない表記「3D」です。

これは「Ryzen 7 5800X3D」で初めて付けられた表記で、「AMD 3D V-Cache Technology」を搭載しているという意味になります。

「AMD 3D V-Cache Technology」とは、簡単に説明すると「CPUを3層構造にしてキャッシュ容量を大幅に増やす技術」です。

キャッシュ容量が増えることにより、CPUが素早くアクセスできるデータに余裕ができると、主にGPUとのやりとりがスムーズになるため、ゲーム性能が大幅に向上します。

それ以外は既存の「Ryzen 7 5800X」と変わらない構造なので、計算処理に大きな変化は見られませんが、ゲームに関するグラボの処理は大きくスペックアップするので、今後発売されるAMD製CPUの新機軸となるモデルの第一弾と言えます。

AMD
¥55,758 (2023/02/01 15:40時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

AMD Ryzen標準のクーラーは使える?

AMD Ryzen標準のクーラーは使える?
by.Amazon

「Ryzen 7 5800X3D」には、リテールクーラー(標準の付属クーラー)は付いていませんが、現在もリテールクーラーを使用していてそのまま流用して使いたいという方もいるかと思います。

結論から言うと「冷却性能が足りません」

動作クロックが高く、TDP105W以上の高性能CPUのため、発熱量が高いところがデメリットになるので、相応のCPUクーラーが必要です。

また、冷却性能が足りないと高温時にはファンが最大で回り続けるので、音もうるさくなります。

そのため、「Ryzen 7 5800X3D」には静音性と冷却性能が優秀な水冷式CPUクーラーか、空冷式であればサイドフロー型の大型CPUクーラーがおすすめです。

DEEP COOL
¥3,599 (2023/01/28 15:13時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
DEEP COOL
¥21,000 (2023/01/29 21:38時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

高性能CPUの寿命と性能を引き出すためにも、水冷かサイドフロー型の空冷CPUファンとセット購入することをおすすめします。

Ryzen 7 5800X3Dのベンチマーク

ここでは、実際に「Ryzen 7 5800X3D」の性能をベンチマークを使用して数値化し、どのような用途に優れているのかを解説します。

Ryzen 7 5800X3DのCPU Markスコア

PassMarkは、重い計算処理や動画処理など、CPUを様々な用途で使用した場合の総合的なスコアを評価しています。

基本的にこの値が高いほどCPUの性能が総合的に高いと思っていいです。

Ryzen 7 5800X3D CPU Mark
AMD Ryzen 9 7950X
64294
AMD Ryzen 9 5950X
46021
Intel Core i9 12900K
41923
AMD Ryzen 7 7700X
36396
Intel Core i7 13700K
34431
Intel Core i7 12700F
31279
AMD Ryzen 7 5800X3D
28031
AMD Ryzen 7 5800X
27844
AMD Ryzen 5 5600X
21726
Intel Core i5 12400
19384
AMD Ryzen 5 3600X
18091

同世代の「Ryzen 7 5800X」と比べると誤差レベルです。基本構造は変わらず、キャッシュ容量のみが増加しているだけでは計算速度は変わらないので、妥当な結果と言えます。

そのため、基本的な総合スコアの評価は「Ryzen 7 5800X」と変わらないと言って差し支えないでしょう。

「Ryzen 7 5800X3D」は特にゲーム性能で力を発揮するため、ゲーム用途を想定していない場合は3Dシリーズをわざわざ選ぶ必要性はありません。

Ryzen 7 5800X3DのCinebench R23(マルチコア)スコア

Cinebench(マルチコア)で計測するスコアの主な指標は「マルチコアの性能」です。

マルチコアとは、CPUの頭脳の数のことを指し、マルチコア処理能力とはそれぞれのコアの並列処理能力を指します。

このスコアが高いと、複数のアプリ動作などのマルチタスクに優れます。

Ryzen 7 5800X3D Cinebench R23
AMD Ryzen 9 7950X
38577
Intel Core i7 13700K
30988
AMD Ryzen 9 5950X
28580
Intel Core i9 12900K
27796
AMD Ryzen 7 7700X
26580
Intel Core i7 12700F
21568
AMD Ryzen 7 5800X
15228
AMD Ryzen 7 5800X3D
15103
Intel Core i5 12400
12455
AMD Ryzen 5 5600X
10988
AMD Ryzen 5 3600X
9704

マルチコア処理能力になるとコア数で勝るCPUが一気にスコアを伸ばすため、位置的にはミドルクラスのCPUと言えます。

ここでも「Ryzen 7 5800X3D」と「5800X」は変わらないスコアなので、マルチスコアもキャッシュ容量による影響はありません。

CPU単体でのベンチマークの結果は、いずれも「Ryzen 7 5800X」と変わらないことがわかります、「Ryzen 7 5800X3D」はグラボと合わせた場合のグラフィック処理能力の高さで本領を発揮します。

単純な処理能力の高さで選ぶなら、ハイブリッドコアを採用した「Intel Core i7 12700F」などのCPUがおすすめです。

Ryzen 7 5800X3DとライバルとなるCPUとの比較

ここでは、「Ryzen 7 5800X3D」とライバルとなるCPUを比較し、どのようなところが優れ、劣っているのかを解説します。

Ryzen 7 5800X3D vs Ryzen 7 5800X

世代第4世代
アーキテクチャZen3
ソケット形状AM4
コア数/スレッド数8コア16スレッド
定格クロック3.4GHz
最大クロック4.5GHz
キャッシュ容量L2:8MB
L3:96MB
TDP105W
CPU Mark28031
Cinebench R2315103
価格(2023年1月現在)約50,000円
Ryzen 7 5800X3D
世代第4世代
アーキテクチャZen3
ソケット形状AM4
コア数/スレッド数8コア16スレッド
定格クロック3.8GHz
最大クロック4.7GHz
キャッシュ容量L2:4MB
L3:32MB
TDP105W
CPU Mark27844
Cinebench R2315228
価格(2023年1月現在)約35,000円
Ryzen 7 5800X

動作周波数などに若干の変更が加えられていますが、キャッシュ容量以外の基本スペックとスコアは両モデルとも変わりありません。

しかし、グラフィックボードとのやりとりに大きな革命を起こした「AMD 3D V-Cache Technology」により、各ゲームでのfpsはAM4世代のハイエンドモデル「Ryzen 9 5900X」を上回ります。

Ryzen 7 5800X3D vs Ryzen 9 5900X
「Ryzen 7 5800X3D vs Ryzen 9 5900X」by.AMD

なぜキャッシュ容量が増えるだけでこんなにfpsが変わるのか、厳密に正確な答えは開発者のみぞ知る部分なのでハッキリとは言えませんが、主な要因はGPUとのやり取りがスムーズになるためです。

CPU単体ではそこまでスコアが変わらないのに、グラボと絡めるとfpsに差が出るのはこのためで、特にオブジェクトの位置や動きを計算してグラボに受け渡すラインが円滑になるのは、キャッシュ容量が多いCPUの特徴です。

そのため、「AMD 3D V-Cache Technology」を採用した「Ryzen 7 5800X3D」は、ゲーム性能に特化したCPUと言えます。

逆に言うと、ゲームを主な用途としないのであれば「Ryzen 7 5800X3D」は「5800X」とスペックは変わらず、約1.5万円も価格が上がるので、コスパが悪くなってしまうため注意が必要です。

AMD
¥55,758 (2023/02/01 15:40時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

Ryzen 7 5800X3D vs Core i9-12900K

世代第5世代
アーキテクチャZen4
コア数/スレッド数8コア16スレッド
定格クロック3.4GHz
最大クロック4.5GHz
キャッシュ容量L2:8MB
L3:96MB
TDP105W
CPU Mark28031
Cinebench R2315103
価格(2023年1月現在)約50,000円
Ryzen 7 5800X3D
世代第12世代
コア数/スレッド数16コア(Pコア8+Eコア4)
24スレッド(Pコア16+Eコア8)
動作周波数(Pコア)3.2GHz/5.2GHz
動作周波数(Eコア)2.4GHz/3.9GHz
二次キャッシュ14MB
三次キャッシュ30MB
TDP125W
MTP241W
CPU Mark41923
Cinebench R2327796
価格(2023年1月現在)約73,000円
Core i9-12900K
Ryzen 7 5800X3D vs Core i9-12900K
「Ryzen 7 5800X3D vs Core i9-12900K」by.AMD

単純な処理速度は圧倒的に「Core i9-12900K」が勝っていますが、ゲームでのfpsは「Ryzen 7 5800X3D」の方が若干上回るほどのスコアを叩き出します。

これは先述したキャッシュ容量の差による部分が大きく、AMD製CPUがゲーム性能でIntelに劣るイメージを一掃する形となりました。

基本的にCPU単体のスペックが問われる用途は、ゲーム以外では動画編集などになるため、普段使いとゲームが主な用途であれば価格も安い「Ryzen 7 5800X3D」が最適です。

「Core i9-12900K」はその圧倒的な処理能力を活かして、動画のエンコードや動画配信などのクリエイターPCとしての運用が理想的と言えます。

Ryzen 7 5800X3Dが向いている用途

「Ryzen 7 5800X3D」は結局どのような用途に向いているのか簡単にまとめるとこうなります。

用途解説評価
インターネット(動画閲覧・ショッピング)YOUTUBE等で動画を観ながらの、ショッピング
ビジネス(Officeソフト・Web会議など)Officeソフトでの資料作りをしながらの、Web会議
ゲーム3Dグラフィックを駆使した流行りのゲーム
動画・画像編集フルHD・4Kでの動画や画像編集
またはゲームの動画配信
3D制作3D CADやBlenderなどを使用した3Dモデリング

上記を踏まえて結論を言うと「ゲームに特化したCPU」です。

相性の良いグラボの目安は「Ryzen 7 5800X3D」に対してボトルネックにならない「RTX 3070」あたりが理想的です。

特に『Escape from Tarkov』を始めとした重量級のゲームが快適に動くCPUを5万円台で用意でき、普段使いも不自由することがないスペックなので、ゲーム用CPUとして圧倒的なコスパを誇ります。

ミドルクラスながらハイエンドCPUと遜色ないゲーム性能を発揮する、ゲーム特化型ミドルクラスCPUと言えます。

AMD
¥55,758 (2023/02/01 15:40時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

Ryzen 7 5800X3Dシリーズ搭載おすすめPC

ここでは「Ryzen 7 5800X3D」シリーズを搭載したゲーミングPCを紹介します。

CPUのゲーム性能はハイエンドクラスなので、自身の求めるGPUのパワーと予算に合わせて選んでみてください。

スクロールできます
おすすめモデルCPUGPUメモリストレージ
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3060)
Ryzen 7 5800X3DRTX 306016GB1TB SSD
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3060 Ti)
Ryzen 7 5800X3DRTX 3060 Ti16GB1TB SSD
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3070)
Ryzen 7 5800X3DRTX 307016GB1TB SSD

Ryzen 7 5800X3D搭載ゲーミングPCを購入するなら「G-GEAR GA5A-D221/B」がおすすめ!

G-GEAR GA5A-D221/B
ガレリア UA9R-R39
CPU : Ryzen 7 5800X3D
グラフィック : RTX 3060~RTX 3070
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

「Ryzen 7 5800X3D」搭載モデルのゲーミングPCは、まだ少ないため本モデルが唯一の搭載モデルとなります。

現在「RTX 3060・3060Ti・3070」の3つの中から選べるので、自身の予算が許す範囲で選択しましょう。

G-GEAR GA5A-D221/B
byTSUKUMO

一番のおすすめは「RTX 3070」モデルです。『Escape from Tarkov』や『サイバーパンク2077』などの重量級ゲームを、最高画質60fps以上の環境で快適に遊びたいのであれば「RTX 3070」モデルを選びましょう。

一番スタンダードなスペックで良い、様々なゲームでフルHD高fpsが安定するコスパ重視PCが欲しい方は「RTX 3060Ti」がおすすめです。中量級ゲームやRPGなどのゲームでは4Kも狙えます。

「RTX 3060」モデルはフルHDでいろんなゲームがカクつかないで動作すれば良い、という方におすすめです。軽めのゲームであれば設定次第で240fpsも余裕で出せるスペックがあるので、決して低スペックと言うわけではありません。

基本構成はメモリ16GB・M.2 SSD 1TB搭載なので、カスタマイズなどでアップグレードする必要がありません。もし動画配信するのであれば、メモリを32GBに増設すると安心できるでしょう。

ASUS
¥31,320 (2023/01/28 16:20時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る

Ryzen 7 5800X3D比較まとめ

今回の記事では「Ryzen 7 5800X3D」の性能を解説し、同シリーズを搭載したおすすめPCを紹介しました。

以下おすすめモデルのおさらいと、まとめです。

スクロールできます
おすすめモデルCPUGPUメモリストレージ
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3060)
Ryzen 7 5800X3DRTX 306016GB1TB SSD
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3060 Ti)
Ryzen 7 5800X3DRTX 3060 Ti16GB1TB SSD
G-GEAR GA5A-D221/B(RTX 3070)
Ryzen 7 5800X3DRTX 307016GB1TB SSD
  • AMDの新技術を搭載した第一弾CPU
  • グラボとのスムーズな通信が可能なのでfpsが目に見えて向上
  • RTX 3000シリーズとボトルネックが少ない
  • CPU単体としての処理能力はミドルスペック

「Ryzen 7 5800X3D」の特徴は、「AMD 3D V-Cache Technology」によりグラボとの通信がスムーズになったため、あらゆるゲームで高水準のfpsを稼げるところです。

あくまでもグラボとのやりとりがスムーズになったゆえにfpsが向上しているCPUなので、そもそもCPU自体に高負荷がかかる状況(MMORPGなどでプレイヤーが密集している場所)ではfpsが伸びない場合があることは留意しておきましょう。

今後「AMD Ryzen 7000X3Dシリーズ」を発売することが決定しているため、CPUに負荷がかかるタイプのゲームでもfpsが低下しないCPUとして大いに期待できます。

CPUカテゴリでは、その他のRyzenCPUやIntelCPUの比較を行っているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

AMD
¥55,758 (2023/02/01 15:40時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次