【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

「さくら VPS」で『マインクラフト』のマルチサーバーを立てる方法|画像付きで初心者にもわかりやすく解説!

さくらVPSでマイクラサーバーを立てる方法

この記事では、「さくら VPS」を利用して『マインクラフト』のマルチサーバーを立てるまでの手順を画像付きで分かりやすく説明しています。

以下の内容について解説していますのでぜひ参考にしてください。

さくらVPS以外にもマイクラにおすすめのVPSはあるので、ぜひチェックしてみてください!

目次

さくら VPSを使用した『マインクラフト』のマルチサーバーの立て方

この項目では、さくら VPSの登録から、実際にマイクラのマルチサーバーを立てるまでの手順を画像付きでわかりやすく解説します。

さくら VPSを使えば簡単にマイクラのサーバーを立てることができるので、ぜひ参考にしてみてください!

さくらVPS トップ
by さくら VPS

さくら VPSの契約手順

そもそもさくら VPSはどこで契約できるのか?と疑問を持つ方に向けて、契約までの手順をわかりやすく画像付きで紹介していきます。

STEP
公式サイトから申し込む
さくらVPS 申し込み
画像クリックで公式サイトへ

上記画像をクリックするか、「さくら VPS公式サイト」から申し込み画面へ移動し、ピンクの「お申し込み」ボタンをクリックします。

STEP
ゾーンを選択する

まずは、プランを選択します。

さくらVPSは会員登録をすることで、年払い30%OFFしてくれるキャンペーンを行っています。

非常にお得なので、1年を超える契約をする予定の場合、必ずVPSサーバーを申し込む前に会員登録してください。

会員登録をしなくてもVPSサーバーはレンタルできるので、1年未満の場合は会員登録をしなくてもかまいません。

12か月契約割引

まずは、ゾーンを選択します。

どのリージョンのサーバーを選択してもほぼ差はありませんが、接続するユーザーが近いゾーンの方が、より快適に接続できます。

逆に、都心の通信災害リスクを考えて遠いサーバーを選択する方も多いので、深く考えずにどれを選択してもかまいません。

STEP
プランを選択する

ゾーンが選べたら、プランを選択します。

さくら プラン

マイクラマルチサーバーとして推奨されているのは1Gプラン以上なので、サーバーを利用するユーザーの人数に合わせてプランを選択してください。

スクロールできます
遊ぶプレイヤー人数スペック日割料金月額料金
4人以下2コア、2GB、25GB24円660円
5~10人4コア、4GB、30GB35円979円
11人以上8コア、8GB、100GB256円7,150円

プランを選択できたら、「次へ」をクリックしてください。

STEP
サーバー設定をする

プランを選択できたら、次にサーバーの設定をします。

赤枠のサーバー名を入れたら、インストールするOSを選択します。

どれでもマルチサーバーの構築は可能ですが、今回はさくらVPSが推奨する「ubuntu」をインストールします。

サーバー設定

「20.04」を選択して、「管理ユーザーのパスワード」を8文字以上の数字、英字、記号を2種以上組み合わせたもので設定してください。

最新バージョンは「22.04 amd64」ですが、現時点ではイクラをインストールしてくれるスタートアップが登録されていないので、ここでは「20.04 amd64」を選択します。

随時スクリプトが追加されていくので、最新OSのスタートアップにマイクラの最新バージョンがある場合はそちらを選択してください。

「20.04」でもマイクラ最新バージョンの1.19で遊ぶことができるので、遊びたいバージョンが選択できるOSバージョンを選択してください。

STEP
スタートアップスクリプト設定(サーバーにマイクラをインストール)

OSとパスワードの設定後、スタートアップスクリプトの設定を行います。

「その他のスクリプトを検索」をクリックしてください。

さくらVPS マイクラ設定

複数のスクリプトが表示されたら、「Minecraft Server(Java版)」を選択してください。

マイクラを選択

Modありサーバーなど自由度が高いサーバーはJava版ですが、Switchなど別ハードとも遊びやすい統合版もあるので、遊び方に合わせて選択してください。

スタートアップスクリプトが選択できたら、サーバー名とバージョンを入力し、規約を確認します。

さくらVPS 登録終盤

規約を確認後、赤枠をクリックしてチェックを入れます。

2つの項目を「利用しない」、「登録しない」のまま、「次へ」をクリックして次のページに進みます。

さくらVPS登録STEP1最終段階

パケットフィルターは利用者に対しての通信制限で、必要であれば設定することが可能です。

SSHキー登録はModを導入するために外部からサーバーに接続する場合に求められますが、サーバー構築時に後から設定することができます。

STEP
支払い方法を登録する

次のページでは、支払い方法の登録を行います。

支払いパターンから「毎月払い」か「12か月一括」を選択して、クレジットカード情報を「カードを追加」ボタンから追加してください。

支払い方法登録1

銀行振込と請求書払いも可能ですが、2週間無料お試しが使えるのはクレジットカード支払いのみなので、クレジットカードでの支払い登録がおすすめです。

クレジットカードを登録したら、2週間無料のお試しで「利用する」をクリックして、約款を確認して「同意する」にチェックを入れます。

支払い方法登録2

再度クレジットカードのセキュリティーコードを入力して、「お支払い」をクリックします。

STEP
さくら VPSの申し込みが完了

これで、サーバー作成のお申込みが完了しました。

申し込み完了 さくらVPS

提供まで時間がかかるので、サーバー一覧に反映されるまでしばらく待ちます。

筆者の場合は、契約から5分程でサーバーが提供されました。

今後もこの画面でサーバーの追加や管理をすることになるので、ブラウザのブックマークに登録することをおすすめします。

サーバー準備中 さくらVPS

さくら VPSを使ってマイクラサーバーを立てる手順

実際にさくらVPSを使って、マイクラのマルチサーバーを立てる手順を画像付きでわかりやすく解説します。

STEP
IPアドレスを確認、コピーする。

契約したサーバーの赤枠「IP」にあるIPアドレスを確認し、コピーしておきます。

さくらVPS サーバー

IPアドレスは赤枠部分に表示されている「xxx.xxx.xx.xx」形式で表示されている数字です。

IPアドレスとは、パソコンのインターネット上の住所にあたる数字です。

STEP
マイクラを起動する

マイクラを起動し、「マルチプレイ」を選択します。

1.18.1 マイクラ

必ず、アプリケーションセットアップで登録したバージョンで、マイクラを起動してください。

起動構成

ランチャーの「起動構成」から、他のバージョンを選択することができます。

STEP
サーバーを追加する
サーバー接続

マルチプレイで遊ぶ画面の「サーバーを追加」ボタンをクリックします。

STEP
サーバーの情報(サーバー名・IPアドレス)を入力
アドレス入力

STEP8で確認したIPアドレスを「サーバーアドレス」の欄に入力します。

サーバー名は複数のサーバーが登録されても判別がつくように、分かりやすい名前にしましょう。

STEP
サーバーへ接続する

IPアドレスに間違いがなく、正常にVPSサーバーが認識されているなら緑のアンテナバーが確認できます。

緑の表示 サーバー接続

問題がないようなら「サーバーに接続」ボタンをクリックします。

また、「ダイレクト接続」により、直接接続を行う方法もあります。

ダイレクト接続
STEP
マイクラマルチサーバーへ接続完了

おなじみのゲーム画面が表示されれば、マルチサーバーへの接続が完了です。

さくら VPSを使ってMOD入りのマイクラサーバーを立てる手順

さくら VPSを使ってMOD入りのマイクラサーバーを立てる手順を、サーバー参加者・サーバー側に分けて解説します。

サーバー側は、必ずサーバー参加者の設定を行ってから、サーバーの設定をしてください。

サーバー参加者の設定

この項目では、MOD入りサーバーへ参加する側の設定について解説します。

STEP
Javaを導入する

パソコンにJavaがインストールされていないと、MODを入れてマイクラを遊ぶために必須な「Minecraft Forge」のインストールが行えません。

Javaを導入する
by Java.com

Javaの導入がまだの方は「Java公式サイト」にて、インストールを済ませましょう。

すでに導入済みの方は、このステップは飛ばしてもらって問題ありません。

STEP
Minecraft Forgeを導入する

サーバー側と参加者側は同じバージョンのMinecraft Forgeを導入する必要があります。

サーバーを管理している人にバージョンを聞いて、そのバージョンをサイト左欄から選択してください。

最新バージョンではほとんどのModが動作しないので、遊びたいModを先に決めて、Modが対応しているバージョンの導入がおすすめです。

Minecraft Forge」より任意のバージョンをダウンロードしてください。

Minecraft Forgeを導入する
by Minecraft Forge

「Download Latest(最新版)」は最新バージョンですが、動作が安定しない場合があるので、「Download Recommended(安定版)」がおすすめです。

「Installer」をクリックすると、インストーラーのダウンロードが始まります。

サーバー側と参加者のMinecraft Forgeのバージョンは合わせる必要があります。

STEP
Minecraft Forgeをインストールする

Minecraft Forgeのインストーラーのダウンロードが完了したら、実行し、インストールを進めます。

Minecraft Forgeをインストールする

マルチサーバーへ遊びに行く参加者側の方は「Install client」を選択し、「OK」を押してインストール作業を進めます。

なお、Javaを導入した直後や環境によってはMinecraft Forgeのインストーラーをダブルクリックしても実行できないケースが散見されています。

その場合は、まずPCを再起動してから再度実行してみるか、それでもだめならコマンドプロンプト(CMD)のコマンドラインからパスを指定して実行してください。

windows10
Windows10
windows11
Windows11

コマンドプロンプトは、Windows10ならタスクバー左下の検索窓、Windows11ならスタートメニュー上部の検索窓それぞれに「cmd」と入力することで、起動できます。

コマンドプロンプトが起動したら以下のコマンドを入力します。

java -ja C:\インストーラー名が置かれているパス\インストーラーファイル名

コマンドを入力
コマンドプロンプトへ打つコマンドの一例

なお、Minecraft Forgeのインストーラーが置かれているパスは、ファイルを「右クリック」→「プロパティ」→「セキュリティタブ」で確認できます。

Minecraft Forgeが置かれている場所の確認方法
Minecraft Forgeが置かれている場所の確認方法

筆者の環境の場合、ダウンロードフォルダへ置いてあるので「java -ja C:\Users\ユーザー名\Downloads\インストーラー名」です。

STEP
クライアントを起動する
クライアントを起動する

Foregeの導入が成功していると、画面左下に「Powerded by Forge」の表示が確認できます。

MODの追加方法

STEP
タスクバーの検索窓へ「%appdata%」と入力
タスクバーの検索窓へ「%appdata%」と入力

タスクバーの検索窓へ「%appdata%」と入力し、該当のフォルダへ移動します。

Windows11の場合はスタートボタンを押したあとの検索窓へ入力します。

STEP
階層を進み、「.Minecraft」フォルダ内の「mods」フォルダを開く
modsフォルダの場所
modsフォルダ内

「AppData」→「Roaming」→「.minecraft」→「mods」の順に進み、各種MODファイルをそのままフォルダに入れます。

STEP
クライアントを起動する
MOD入り画面

クライアントを起動し、MODが反映されていることを確認します。

ビデオ設定

MODを導入したことにより、ビデオ設定項目が増えていることが確認できました。

サーバー側の設定

STEP
設定変更やファイル設置用のソフトを用意する

VPSへ接続し、設定を変更・ファイルを設置するために必要な「Win SCP」をインストールします。

WinSCPでVPSサーバー内のファイルを編集する事が出来ます。

STEP
WinSCPを使いVPSへ接続する
WinSCP さくらVPS

各項目の設定は以下の通りです。

転送プロトコルSFTP(初期設定)
ホスト名IPアドレス
ポート番号22(初期設定)
ユーザー名rootなどのユーザー名(今回の場合ubuntu)
パスワードサーバー構築時に入力したパスワード

全て入力したら、ログインを押してサーバーにアクセスします。

STEP
バニラサーバーを削除する
バニラサーバーを削除する

「/opt/minecraft_server」の階層へ移動し、バニラサーバーの「minecraft_server.X.XX.jar」(赤字部分はバージョン)を削除します。

STEP
Minecraft Forgeを設置する
Minecraft Forgeを設置する

パソコンに保存されている「Minecraft Forge」を「/opt/minecraft_server」フォルダへ移動、設置します。

STEP
シェルファイルを作成
シェルファイルを作成
start.sh

「新規」→「ファイル」の順に選択し、編集ウインドウのファイル名入力欄に「start.sh」と入力して「OK」を押します。

forgeのバージョンに応じて入力

空白のエディタが開かれるので、以下の一文をコピペして、上書き保存をしてください。

screen -AmdS java -server -jar forge-X.X.X.jar (赤字部分は設置したForgeのバージョン)

STEP
VPSを再起動する

さくら VPSコントロールパネルへ戻り、サーバーの強制再起動を行い、設定を反映させます。

サーバー再起動 

以上でWinSCPを使った設定は完了で、Modありのマイクラマルチサーバーで遊ぶことができます。

さくら VPSのメリット・特徴

さくらVPS トップ
スクロールできます
おすすめVPS日割試用期間サーバー自動構築バックアップスケールアップ支払方法公式サイト

さくらVPNロゴ
さくら VPS
なしあり(2週間)ありなしあり(アップのみ)クレカ・銀行振り込み詳細を見る
  • 2週間のお試し期間で環境を試せる
  • サーバー自動構築スクリプトが豊富で面倒な初期設定がしやすい
  • 初心者にやさしい公式のマニュアルが豊富

さくら VPSは、他のVPSにはない強みや特徴があります。

この項目では、それらについて詳しく解説します。

2週間のお試し期間で環境を試せる

さくらVPSはクレジットカードが支払い方法の場合、2台のサーバーを2週間無料でお試しすることができます。

支払い方法登録2

最低3か月利用の本登録はキャンセルできないので、この期間にサーバーの環境テストを行うことができますが、お試し期間中は転送量制限などがあるので、会員メニューからすぐに本登録することも可能です。

サーバー自動構築スクリプトが豊富で面倒な初期設定がしやすい

さくらVPSはサーバー自動構築スクリプトが豊富で、マイクラJava版だけでなく、マイクラ統合版、7 Days to Die、テラリア、WordPressや、ほかのユーザーが作成したスクリプトが使用可能です。

さくらVPS特徴

さらに、豊富なOSラインナップの全てにスクリプトが用意されており、専門の技術者が監視、スクリプトの追加をしています。

初心者にやさしい公式のマニュアルが豊富

公式サイト内に「ネコでもわかる!さくらのVPS講座」やよくある質問コーナー、公式Youtubeで新規申し込み設定の流れを紹介する動画が設置されており、初心者でも1からVPSを学び、サーバーを扱うことができるようになります。

ネコでもわかるさくらのVPS

また、サポートも充実で、24時間365日対応のメール、チャット、コールバックサービスによって、困ったときはいつでも専門家に頼ることができます。

さくら VPSと他VPSサービスの比較

スクロールできます
おすすめVPS日割試用期間サーバー自動構築バックアップスケールアップ支払方法公式サイト
さくらVPSロゴ
さくら VPS
なしあり(2週間)ありなしあり(アップのみ)クレカ・請求書・銀行振り込み詳細を見る
KAGOYAロゴ
KAGOYA VPS
ありなしありあり(オプション)あり(上下)クレカ・銀行振り込み詳細を見る

ConoHa VPS
なしあり(1カ月)ありありあり(上下)クレカ・銀行決済・コンビニ・Amazon Pay・Paypal詳細を見る

この項目では、さまざまな観点からさくら VPSと有名VPSを比較してみました。

さくら VPS以外のサービスの契約をしようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

試用期間

ConoHaのキャンペーンの一例(公式サイトより)
スクロールできます
おすすめVPS試用期間公式サイト
さくらVPSロゴ
さくら VPS
あり(2週間)詳細を見る
KAGOYAロゴ
KAGOYA VPS
なし詳細を見る

ConoHa VPS
あり(1カ月)詳細を見る

ConoHa VPSはキャンペーン経由で契約すると最大で1カ月無料で利用できるクーポン(700円分)を発行しています。

利用するプランと契約期間によっては、1カ月あたり700円以下の料金になりますので、実質1カ月無料で利用することが可能です。

さくらVPSはクレジットカードでの契約に限り、2週間無料で利用することが可能で、ConoHa VPSより期間は短いものの、料金が発生しないのが利点です。

KAGOYA VPSにはそもそも試用期間やクーポンはないですが、日割りで清算されるためインスタンスを削除してしまえば費用を抑えることが可能です。

サーバー自動構築

スクロールできます
おすすめVPSサーバー自動構築公式サイト
さくらVPSロゴ
さくら VPS
あり(豊富)詳細を見る
KAGOYAロゴ
KAGOYA VPS
あり詳細を見る

ConoHa VPS
あり(専用サポート機能あり詳細を見る

テンプレートを利用したマイクラのマルチサーバーの自動構築機能の有無は、難しいことを抜きにして早く遊びたい人にとって非常に重要です。

さくら VPSはUbuntuなどのOSテンプレートを選択することで、非常に簡単かつスピディーにマイクラのマルチサーバーを構築可能です。

CentOSなど他のOSを選択しても、豊富なスクリプトが入っているので非常に初期構築がしやすいVPSです。

バックアップ機能の有無

スクロールできます
おすすめVPSバックアップ機能の有無公式サイト
さくらVPSロゴ
さくら VPS
なし詳細を見る
KAGOYAロゴ
KAGOYA VPS
あり(オプション)詳細を見る

ConoHa VPS
あり詳細を見る

バックアップ機能があれば、お気に入りのワールドが何らかの事故で消失してしまった場合でも、修復が可能です。

さくらVPSはバックアップ機能がないものの、同一ゾーンであれば複数台構成が利用できるので、他のサーバとデータを同期する、重要なデータはローカル環境に保存して管理することを推奨しています。

スペック変更

スクロールできます
おすすめVPSスケールアップ公式サイト
さくらVPSロゴ
さくら VPS
アップのみ詳細を見る
KAGOYAロゴ
KAGOYA VPS
上下ともに可能(ストレージはアップのみ)詳細を見る

ConoHa VPS
上下ともに可能詳細を見る

契約後に利用状況に応じてスペックの変更(スケールアップ・ダウン)が可能かどうかは、レンタルサーバーを利用する上で重要な要素です。

さくら VPSはスケールアップのみに対応しており、スペックダウンができないので柔軟性にかけるものの、比較的低価格でスケールアップが可能です。

料金設定

スクロールできます
おすすめVPS1GBプラン2GBプラン4GBプラン8GBプラン16GBプラン32GBプラン公式サイト
さくらVPSロゴ
さくら VPS
880円/月1,738円/月3,520円/月7,040円/月13,200円/月26,400円/月詳細を見る
KAGOYAロゴ
KAGOYA VPS
880円/月1,760円/月2,640円/月7,040円/月14,080円/月28,160円/月詳細を見る

ConoHa VPS
968円/月1,848円/月3,608円/月7,348円/月14,300円/月28,600円/月詳細を見る

さくら VPSは、他VPSと比べて4GBプラン以外最安となっています。

サイトのアクセスが増えたり、マルチサーバーに活気が出てプレイヤーが増えるなどでサーバーへのアクセスが増加したときにはスケールアップが必要となりますが、さくらVPSはどのプランでも比較的低価格で使用できます。

支払方法

スクロールできます
おすすめVPS支払方法公式サイト
さくらVPSロゴ
さくら VPS
クレカ・請求書払い・銀行振り込み詳細を見る
KAGOYAロゴ
KAGOYA VPS
クレカ・銀行振り込み詳細を見る

ConoHa VPS
クレカ・銀行決済・コンビニ・Amazon Pay・Alipay・Paypal詳細を見る

さくら VPSはConoHaVPSの支払い方法の豊富さには劣るものの、基本的な支払い方法は抑えています。

お財布に優しい価格設定と初心者へのサポートが手厚いメリットを考えれば、是非選びたいVPSです。

さくら VPSでマルチサーバーを立てる際によくある質問

さくら VPSは無料で使えますか?

2週間以内にキャンセル手続きをすれば、無料でお試しすることができます

最低利用期間は3か月となっているので、少し長めの環境テスト期間が用意されています。

rootパスワードはどこで確認できますか?

最初にさくらVPSに登録したパスワードが、rootパスワードになります。SSH非公開鍵の生成は、TeraTermで行うことができます。

ホスト名とはなんですか?IPアドレスがわからないのですが

コントロールパネルのIP欄に表示されているXXX.XXX.XX.XXが、IPアドレスで、ホスト名として入力します。

マイクラ本体の動作が重いのですが

パソコン本体のスペック不足の可能性があります。

MODを入れたりするとグラフィックにも大きく影響があり、動作が重くなってしまうため、MOD入りでも快適に遊べるゲーミングPCを用意するのが一番手っ取り早いです。

詳しくは「『マインクラフト』おすすめゲーミングPC」の記事でマイクラにマッチしたパソコンを紹介しているのでチェックしてみてください。

マルチプレイができません、また、参加できないプレイヤーがいます

サーバーのバージョンとプレイヤーのバージョンが合っているか確認してください。

マイクラが起動できない場合は、一度PCごと再起動してみてください。

エラーコード1や-1と出ている場合、導入しているModに問題がある可能性が高いので、一度Modフォルダの中身を移動してから再起動してみてください。

さくら VPSでマイクラマルチサーバーを立てる方法まとめ

スクロールできます
おすすめVPS日割試用期間サーバー自動構築バックアップスケールアップ支払方法公式サイト

さくらVPSロゴ
さくら VPS
なしあり(2週間)ありなしあり(アップのみ)クレカ・銀行振り込み詳細を見る
  • さくら VPSは、2週間以内であればお試しとして無料で環境をテストできる
  • 初心者への解説が豊富で、VPSについて理解することができる
  • MOD入りマルチサーバーを立てるには「Minecraft Forge」の導入が必須
  • rootパスワードを忘れてしまった場合は、コントロールパネルにて再設定できる

さくら VPSは、どのOSテンプレートでもスタートアップスクリプトが豊富で、マイクラや他ソフトの初期構築が簡単に行えます。

MOD入りのマルチサーバーを立てる場合は、「Minecraft Forge」の導入など、少し難しい操作が必要になり、細かい設定やゲーム内でコマンドを使うにはTeraTermでコード入力が必要になります。

rootパスワードは厳重に管理することが望ましいですが、万が一忘れてしまった場合は、コントロールパネルにて再設定が可能です。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次