【最大88,000円OFF】マウスコンピューターのセール情報まとめ

おすすめのスリムタワーPC一覧│コスパ抜群のおすすめPCの紹介やケースの特徴を解説

おすすめスリムタワーPCアイキャッチ

この記事では、スリムタワーPCの特徴やケースの種類を始め、以下の内容について解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

目次

PCケースの種類とサイズ

PCケースの種類

PCケースは大きく分けて以下の5種類に分けられます。

PCケースのおおまかな種類

・フルタワー
・ミドルタワー
・ミニタワー
・スリム
・キューブ

ここからさらにフルタワーとミドルタワーを「大型ケース」、それ以下のサイズのケースを「小型ケース」に大別できます。

それぞれの大きさはどれぐらいなのかというと、実は明確な定義があるわけではありません。

各BTOショップの基準を照らし合わせると、おおむね以下の範囲のようになります。

PCケースのサイズ一覧

スクロールできます
ケース幅(mm)奥行き(mm)高さ(mm)
フルタワー250~300500~650500~650
ミドルタワー200~250400~550400~550
ミニタワー150~200350~450350~450
スリム75~145220~400200~400
キューブ250~500250~500250~500

一般的なスリムタワーは横幅100mm前後・奥行き3~400mm前後・高さ350mm前後な場合が多いです。

詳しくは「PCケースのサイズと選び方」を参考にしてみてください。

スリムタワーPCのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 省スペース
  • 価格が安い
  • 省電力
  • 高スペックPCはない
  • メンテナンスがしにくい
  • 拡張性が低い

スリムタワーPCはコンパクトなサイズによるメリットとデメリットが存在します。

それぞれのポイントを踏まえた上で、スリムタワーPCを採用するかどうか検討してみてください。

スリムタワーPCのメリット

低価格なことが多く、設置スペースに困らない

ケースがコンパクトなため、置き場所に困らずスッキリ設置できるのが大きなメリットです。

小さい分パーツ類も性能が抑えめですが、価格を抑えられることも強みです。

このようなメリットの範囲で使用ができるPCなので、主にビジネス用PCとして人気が高いPCケースです。

スリムタワーPCのデメリット

ゲームや高度なクリエイター作業を行うための、高スペックPCモデルは無い

スリムタワーPCに用いられているケースは以下の問題を抱えています。

  • 排熱がうまくいかないのでエアフローに問題がある
  • 高性能な大型パーツを取り付けられない

特に、搭載できるグラフィックボードのサイズが限られているので、グラフィック関係に大きな負荷がかかる作業は苦手です。

また、ホコリ掃除などのメンテナンスはスペースが狭いのでやりづらく、長期間放置しがちになってしまいます。

スリムタワーPCの選び方

スリムタワーPCを購入する際に、PCパーツの構成をどういう基準で選べばよいかを解説します。

CPU

CPU
スクロールできます
CPUメーカービジネス向け動画編集・ゲーム向けクリエイター向け
intelCore i3 第10世代以上 Core i5 第10世代以上 Core i9 第11世代以上
AMDRyzen 3 3000番台以上 Ryzen 5 3000番台以上 Ryzen 7 5000番台以上

ビジネス向け~クリエイター向けCPUで、最低限このくらいは欲しいおおよそのスペックを表にするとこうなります。

オフィスソフトとブラウザを同時起動する程度であれば「ビジネス向け」項目のCPUで問題ないでしょう。

「クリエイター向け」の項目は、3D CADを扱ったり高解像度のイラスト作成やなどを行う際に快適な動作を目指せるCPUです。

メモリ

メモリ

通常のビジネス利用ゲーム・高度なビジネスソフト本格的なクリエイター作業
必要なメモリ(GB)8GB16GB32GB

メモリはOSの動作とブラウザ起動するだけでメモリを3~4GB使用することが多いので、最低でも8GB必要です。

最新ゲームや高解像度のイラストや動画編集ツールなど、負荷が上がるにつれて必要なメモリは変わっていくので、用途に応じてメモリは多めに積んでおくのが良いです。

スリムタワーPCであれば多くても16GB積んでおけば困ることはないでしょう。

グラフィックボード

グラフィックボード

スリムタワーに搭載できるグラフィックボードは、ケース内が狭い関係上「ロープロファイル」と呼ばれるモデルに限定されるため、グラボなしでCPUに内蔵されたグラフィック処理機能を使用することがほとんどです。

動画編集や3D CADなどのソフトを扱う場合は、グラフィックボードを搭載したモデルを選ぶと良いでしょう。

その中でもコストパフォーマンスに優れるモデルとして「GTX 1030」搭載モデルが人気です。

ロープロファイルとは

簡単に言うと通常のグラフィックボードよりも、サイズが小さいモデルのことを指します。

このタイプのグラフィックボードであれば、状況によっては無理な場面もありますが小さいPCケースでもグラフィックボードを搭載することが可能になります。

ストレージ

ストレージ(SSD/HDD)

ストレージの容量は用途によりますが「500GBのSSD」か「250GBのSSD+500GB以上のHDD」が最低限あるのが理想です。

250GBのストレージしかないPCを選ぶ場合は、画像や動画などを大量に扱うとすぐにストレージがいっぱいになり、PCのパフォーマンスが低下する要因となるためオプションで容量をアップしたほうが無難です。

USB外付けタイプのSSD/HDDもあるので、後々手軽にストレージを追加したい方はこちらで対応するのも手です。

ウエスタンデジタル(Western Digital)
¥8,480 (2022/05/26 21:53時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazonで見る

価格帯

スリムタワーPCは高性能パーツを搭載すると、排熱問題が発生するためパーツ構成が限られてくるので、価格が安いモデルが多いです。

ここで紹介するモデルのPCは6万円12万円の価格帯になります。

スクロールできます
価格Officeソフト&ブラウザ閲覧動画編集や3Dソフト
5~6万円可能動作が重くなる場面がある
7~9万円快適他ソフトと併用すると重くなる可能性がある
10~12万円快適快適(メモリ増設すると更に快適)

自身の予算の価格帯のPCは、どんな事が可能なのか目安にしてみてください。

スリムタワーPCのコスパ抜群のおすすめモデル一覧

この項目では、コスパ抜群の筆者おすすめスリムタワーPCを厳選して紹介します。

前述した選び方を参考に購入を検討してみてください!

【格安】Slim Magnate IE

Slim Magnate IE
LEVEL-C046-iX4-RFX
CPU :Core i3-12100
グラフィック :intel UHDグラフィックス730
メモリ : 8GB
ストレージ : 250GB SSD(NVMe)

ドスパラで詳細・価格を見る

  • 格安モデル
  • 簡単な作業ならサクサクこなせる
  • ストレージが少ないので、場合によっては増設が必要
  • ビジネス目的であればOfficeソフトのオプション追加が必要

格安ながらOfficeソフトとブラウザを起動しながらの作業程度であれば、サクサクこなせるPCです。

徹底的に価格を抑えた構成なので、ストレージが250GBであったり、Officeソフトはオプションで追加しないと使えない点には注意しましょう。

それでも価格面から考えると、家庭用・ビジネス用としても使いやすい1台となっているスリム型のデスクトップモデルです。

【良コスパCPU】ThinkCentre M75s Small Gen2

ThinkCentre M75s Small Gen2
LEVEL-C046-iX4-RFX
CPU :AMD Ryzen 5 PRO 5350G
グラフィック :内蔵グラフィックス
メモリ : 4GB
ストレージ : 256GB M.2 SSD(NVMe)

Lenovoで詳細・価格を見る

  • CPUの性能に比べて価格がかなり安い
  • ストレージが少ないので、場合によっては増設が必要
  • ビジネス目的であればOfficeソフトのオプション追加が必要

ビジネス利用に加えて、簡単な動画編集までこなせるコスパが良いモデルです。

こちらのモデルも用途に応じてストレージの増設と、Officeソフトをオプションで追加する必要があります。

Ryzen製のCPUは特にマルチタスクに優れたCPUが多いので、複数の作業を同時にこなす仕事に特に向いているので、1台で多くのソフトを利用する方におすすめのモデルです。

【グラボ搭載】mouse SL5-G-1030

mouse SL5-G-1030
LEVEL-C046-iX4-RFX
CPU :Core i5-11400F
グラフィック :GeForce GT 1030
メモリ : 8GB
ストレージ : 256GB SSD(SATA)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

  • グラフィックボード搭載モデルなので、3Dソフトを扱える
  • 無線LAN+Bluetooth内蔵
  • ストレージが少ないので、場合によっては増設が必要
  • ビジネス目的であればOfficeソフトのオプション追加が必要

スリムタワーにも搭載可能な「GT 1030」を搭載したモデルで、3D CADなどのソフトを快適に扱えるスペックを持っています。

また、最新ゲームの動作環境は満たせませんが、軽めのゲームならプレイ可能です。

無線LANとBluetooth通信機能を内蔵しているので、LANケーブルを配線できない箇所にも設置できるため置き場所に困りません。

ビジネス利用の中でも、グラフィックに負荷がかかる作業を行う予定の方におすすめです。

【高性能CPU】mouse SL7

mouse SL7
LEVEL-C046-iX4-RFX
CPU :Core i7-11700
グラフィック :intel UHDグラフィックス750
メモリ : 8GB
ストレージ : 256GB M.2 SSD(SATA)

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

  • 高性能CPUを搭載で作業がサクサク
  • 無線LAN+Bluetooth内蔵
  • ストレージが少ないので、場合によっては増設が必要
  • ビジネス目的であればOfficeソフトのオプション追加が必要

ゲーミングPCにも採用される高性能CPU「Core i7-11700」を搭載したモデルです。

内蔵GPUもそこそこの性能なので、動画編集や3D CADなどの他に、軽めのゲームであればプレイ可能です。

こちらのモデルもワイヤレス機能搭載なので設置場所を選ばず、スリムタワーなのでコンパクトなモデルとなっています。

【500GB SSD】Slim Magnate GE

Slim Magnate GE
LEVEL-C046-iX4-RFX
CPU :インテル Core i7-12700
グラフィック :intel UHDグラフィックス770
メモリ : 8GB
ストレージ : 500GB SSD(NVMe)

ドスパラで詳細・価格を見る

  • デフォルトで500GBのSSDを搭載
  • 高性能CPUを搭載
  • 用途に応じてメモリの増設が必要
  • ビジネス目的であればOfficeソフトのオプション追加が必要

高性能CPUと500GB SSDを搭載しており、スリムタワーPCの中でもハイスペックなモデルになります。

このままでも充分快適ですが、CPUの性能に対してメモリが若干不安なので、オプションでメモリを16GBに増設するとなお良いです。

動画編集・3D CAD・イラスト作業などを高水準で行うことが可能で、快適な作業を求めるのであればこのクラスのモデルがおすすめです。

スリムタワーPCに関するよくある質問

スリムタワーPCはスペックが低いから値段が安いのでしょうか

グラフィック処理に関して言えばそのとおりです。

しかし、グラフィックに大きな負荷がかからない処理は大きいケースのPCと変わらない性能を発揮できます。

スリムタワーから後で大きいミドルタワーケースなどに交換することは可能でしょうか?

可能ですがおすすめはしません。

パソコンを一から組み直すレベルのことをしなければならないのと、予算がかかるのとスリムタワーのメリットが消えてしまうからです。

どうしても交換したいのであれば、自作経験がない方はお店に頼むのが無難です。

スリムタワーでRTX 3090などの高性能グラボを搭載できますか?

できません。

一般的なゲーミングPCに搭載されているグラボは「フルサイズ」と呼ばれるグラボです。

グラボの項目で説明している通り、ロープロファイルという省スペースのグラボのみスリムタワーに搭載できます。

自作経験がある人であれば、PCケースを無理やり改造して搭載することも可能ですが、例外中の例外なので一般的には不可能です。

高性能なグラボを求めている方は「初心者におすすめのゲーミングPC」の記事を参考にしてみてください。

パーツ交換は簡単にできるのでしょうか?

スペースが狭いため簡単とは言えませんが可能です。

PCパーツ交換は初心者にも簡単のできる?」の記事では難易度順に解説しています。

スリムタワーPCで最新の3Dゲームを、高画質で高fpsでプレイできますか?

できません。

スリムタワーには、搭載できるグラボが限られており、ロープロファイルという規格のグラボのみ搭載できます。

ロープロファイルのグラボは、最新ゲームの推奨動作環境をとても満たせるものではない性能のものしか無いため、ゲーミングPCとしての運用はスリムタワーPCにはできません。

おすすめのスリムタワーPCまとめ

  • スリムタワーPCでゲーミングPCは無い
  • 省スペースで価格を抑えたモデルが多いのでビジネス向け
  • 無線機能が内蔵されたモデルは設置場所に困らない

スリムタワーPCはコンパクトなサイズが売りですが、それによるデメリットも存在します。

メリットを生かした用途は主にビジネス向けなので、オフィスに置いてあるPCはスリムタワーPCなことが多いです。

自宅用にスリムタワーPCを選ぶ理由としては省スペースで、価格が安めというポイントが主な理由になるので、自身の環境と用途に応じてコスパ抜群のおすすめスリムタワーPCから選んでみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる