【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

SteelSeries(スティールシリーズ)おすすめゲーミングヘッドセット│Arctis各モデルの違いや機能面の解説を紹介

SteelSeriesおすすめヘッドセット アイキャッチ

SteelSeriesのヘッドセットはプロゲーマーでも多く使われており、シリーズによって機能性が異なります。

この記事では、

をポイントにSteelSeriesのゲーミングヘッドセットを紹介します。

SteelSeriesという会社自体がどういったものなのか知りたい方は「SteelSeriesの評判」で紹介しているので、合わせてご覧ください。

目次

SteelSeries(スティールシリーズ)ゲーミングヘッドセットの特徴

by:SteelSeries

SteelSeriesのゲーミングヘッドセットは有線・無線はもちろん、デザイン性に優れマイクを収納する機構があるモデルや、耳元にメディアコントロールスイッチを搭載したモデルもあり、外出先で使用しても違和感がないデザインと機能性が特徴です。

特にマイク性能はゲーム用途に注力した性能を持っており、「Arctisシリーズ」に搭載されているマイクは、高水準でノイズや周囲の雑音をシャットダウンし、「Discord公認」と言われるだけあってVCメンバーとの通話に優れています。

SteelSeries(スティールシリーズ)ゲーミングヘッドセットの選び方

この項目では、SteelSeriesのヘッドセットをこれから選ぶにあたって、どこを基準に選べばよいか。またその基準にはどのようなメリットがあるのかを紹介します。

有線か無線(ワイヤレス)かで選ぶ

有線のメリット
無線のメリット
  • 遅延が一切ない
  • 充電する必要がない
  • ワイヤレスに比べて安価な商品が多い
  • USBレシーバー接続であれば遅延がほぼゼロ
  • コードに引っ張られる感覚がなくなる
  • 配線がスッキリする
  • ヘッドセットをつけたまま移動できる

SteelSeriesのヘッドセットには有線タイプや無線タイプのモデルも多くあります。

無線(ワイヤレス)では、コードがないためヘッドセットをつけたまま自由に移動することができ、ちょっとした離席の間も通話が可能です。

コードがないため配線がスッキリし、装着している時にコードの抵抗を感じる煩わしさもありません。

有線ではケーブルがあるためデスクまわりが若干煩わしく、可動域も限られてしまいますが、遅延などは一切なく充電する必要もありません。(と言ってもSteelSeriesの無線ヘッドセットも無遅延と言って差し支えありません)

無線機能がない分、価格も抑えられたモデルが多いのでコスパを求める方にもおすすめできます。

それぞれにメリットがあるので、しっかりと当サイトで紹介するおすすめ商品を見て判断してください。

ワイヤレスヘッドセットのBluetooth接続はどうしても遅延が発生してしまうため、ゲームに使用する際はUSBレシーバー接続モードで使用しましょう。
基本的にBluetooth接続は携帯端末での使用が主な役割です。

マイク性能で選ぶ

  • ノイズキャンセル機能が無いと、雑音やヘッドセット自体の音をマイクが拾ったりする。
  • SteelSeriesで展開中のヘッドセットには高性能なノイズキャンセルマイクが付いている。
  • 空母のデッキクルーが使用するマイクと同等のもの。
  • マイク音質も聞き取りやすい。

ヘッドホンとマイクを個別に用意するのではなく、ヘッドセットを選ぶということはマイク性能も気にしたほうが良いポイントになります。

マイク性能がお粗末なヘッドセットは少なくなく、雑音を拾うマイクだとヘッドセットから流れている音や周囲の雑音をマイクが拾ってしまい、VCメンバーからうるさいと苦情が来てしまったり、ライブ配信でハウリングしてしまう要因になります。

またノイズキャンセル機能があっても、聞き取りにくい音質ではあまり意味がありません。

SteelSeriesで展開中の「Arctisシリーズ」は、高性能なノイズキャンセルマイクが付いている「Arctis ClearCastマイク」を搭載しており、聞き取りやすい音質も実現しています。

「Arctisシリーズ」に搭載されたマイクの検証動画

動画を見ていただけると、かなり周囲の雑音をシャットダウンし、なおかつ聞き取りやすい音質なのがわかります。外出先でのライブ配信にも向いていると言えます。

今回紹介するヘッドセットはどれも「Arctisシリーズ」なので、マイク性能は安心して良いです。

モデルによっては着脱式マイクや収納式マイクがあるので、そこで選んでみても良いでしょう。

音質で選ぶ

  • ハイレゾ対応モデルは高価だが鳴らせる音域が広いので、高音質になり臨場感が出る。
  • 7.1chサラウンドは立体的な音響で迫力が増すが、音の方向がぼやけやすいのでFPSにはあまり向かない。
  • DTS HEADPHONE:X V2」はステレオでもまるで3D空間にいるような高性能サラウンドシステム。
  • ハイレゾまで求めておらず、7.1chサラウンドもいらないという方は価格が抑えられる

ヘッドセットを購入するからには音質も気を配りたいポイントです。

SteelSeriesのヘッドセットは高品質なスピーカードライバーを使用しているので、基本的な音質はどのモデルでも違いありません。

その中でDTS HEADPHONE:X V2 ~ハイレゾ・7.1chサラウンドシステムまで対応したモデルが揃っており、その中で価格が変わってきます。

音楽鑑賞や、RPG・アドベンチャーゲームなどで没入感を重視する方は「ハイレゾ・7.1chサラウンド」対応モデルが良いでしょう。

FPSで音の方向を正確に知れれば良い、という方は「DTS HEADPHONE:X V2」対応モデルが価格も抑えられておすすめです。

値段で選ぶ

SteelSeriesは多くのニーズに応えているので、低価格~高価格帯で高機能なヘッドセットが用意されています。

高機能・高性能なヘッドセットが欲しい場合は金額も上がっていくので、性能を重視する方は高価格なヘッドセットを購入することをおすすめします。

主にサラウンドシステム・ハイレゾ・ワイヤレスタイプといった要素で値段が変わるので、自身の用途と価格のバランスをおすすめヘッドセット一覧から考えてみてください。

当記事では6000円から購入できる「Arctis 1」高価格だけど高性能な「Arctis Pro WIRELESS」を紹介しています。

SteelSeries(スティールシリーズ)のおすすめゲーミングヘッドセット

ここではSteelSeriesのヘッドセットをこれから購入しようと考えている方へ向けて、おすすめゲーミングヘッドセットをモデルごとに紹介します。

前述した選び方を参考に、自身にあったヘッドセットを選んでみてください。

【Game DAC付属】ARCTIS PRO + Game DAC

SteelSeries
¥32,932 (2022/10/01 08:42時点 | Amazon調べ)
接続方式USB/3.5mmプラグ
サラウンド対応ハイレゾ・7.1サラウンド・ DTS HEADPHONE:X V2
構造密閉型
重量512g
ARCTIS PRO + Game DAC 』のスペック
  • バーチャルサラウンドをPS4でも体験できる「Game DAC」付属。
  • ハイレゾ対応で音楽鑑賞やゲームへの没入感が増す。
  • 「Arctis ClearCastマイク」搭載なので通話も高品質。

SteelSeriesの中でも最高峰の性能を持っているプロ仕様のモデルです。

付属で「Game DAC」というメディアデバイスが付属しており、バーチャルサラウンドやハイレゾ音源を楽しめ、ライブ配信に便利なオーディオ調整機能など多彩な用途に活躍します。

公式アプリを使用することにより、7.1chサラウンドに加え「DTS HEADPHONE:X V2」にも対応しているので、音楽鑑賞のときは7.1に、FPSをやるときは「 DTS HEADPHONE:X V2 」に切り替えるといった使用が可能です。

Game DACとは

PS4やPCから出力される音声信号を、「Game DAC(ゲームダック)」を通すことでバーチャルサラウンドを実現する技術です。

これにより臨場感あふれる音響に加えて備え付けのコントローラーでハイレゾ音源に切り替えたり、イコライザ機能を使用して好みの音でゲームプレイなどが行なえます。

マイクも「Arctis ClearCastマイク」を搭載しており、ゲーム中や外出先での通話もクリアに雑音をシャットダウンし快適な会話が行なえます。

とにかく高性能なヘッドセットが欲しい方はこのモデルがおすすめです。

【ワイヤレス版】ARCTIS PRO WIRELESS

SteelSeries
¥36,000 (2022/10/01 08:42時点 | Amazon調べ)
接続方式USB/3.5mmプラグ/Bluetooth/USBレシーバー
サラウンド対応 ハイレゾ・7.1サラウンド・DTS HEADPHONE:X V2
構造密閉型
重量687g
ARCTIS PRO WIRELESS 』のスペック
  • デュアルチャンネル通信によりほぼ無遅延と安定した通信を実現。
  • デュアルバッテリーシステムで充電待ちを解消。
  • Nintendo Switchなどの携帯端末への接続も可能。

Arctis PRO」の無線モデルです。基本的な性能は変わりません。

ARCTIS PRO WIRELESS

付属のトランスミッターデバイスに充電スロットがあるので、2つのバッテリーの片方を充電しながら使用することが可能なので充電待ちをすることなくスムーズにバッテリー交換が可能です。バッテリーの持続時間は約10時間です。

トランスミッターの入力側にハブなどを使用して様々な機器を接続すると、それらの機器を高音質ワイヤレスで楽しめるようになるので非常に便利です。

もちろんヘッドセット本体とBluetooth接続でスマホなどの携帯端末との通信も可能です。

【長寿命バッテリー】ARCTIS 7P

SteelSeries
¥24,980 (2022/09/25 20:27時点 | Amazon調べ)
接続方式USBレシーバー/ 3.5mmプラグ
サラウンド対応7.1chサラウンド・DTS HEADPHONE:X V2
構造密閉型
重量421g
ARCTIS 7P』のスペック
  • DTS Headphone:X v2.0サラウンド対応。
  • バッテリー寿命が約24時間と長い。
  • アルミフレームで頑丈。
  • 「Arctis ClearCastマイク」搭載なので通話も高品質。

高音質と臨場感を実現するバーチャルサラウンド機能が搭載されている高性能モデルです。

ヘッドセットのフレームはアルミ製で、頭や耳が触れる部分は柔らかく通気性がよい素材を使用しています。

ARCTIS 7P

耳元にボリュームコントロールやミュート切り替えスイッチがあるので、微調整もスムーズに行なえます。

無線ヘッドセットの中でも使用可能時間が多く、フル充電で約24時間の使用が可能です。

バッテリー時間が長く、高性能なヘッドセットが欲しい方におすすめです。

【手軽にサラウンド体験】ARCITIS 5

SteelSeries
¥16,000 (2022/10/01 08:42時点 | Amazon調べ)
接続方式USB/3.5mmプラグ
サラウンド対応 7.1chサラウンド・DTS HEADPHONE:X V2
構造密閉型
重量363g
Arctis 5』のスペック
  • DTS Headphone:X v2.0サラウンド対応で臨場感ある音響。
  • 「USB ChatMix Dial」でPC音とVCのバランス調整が手軽に可能。
  • 「Arctis ClearCastマイク」搭載なので通話も高品質。

SteelSeries独自のサラウンドシステムをお手頃な価格で体験できるモデルです。

基本的な音響は上位モデルと相違なく、有線で基本的なユーティリティを備えるまでにとどめているため、SteelSeriesのバーチャルサラウンドをコストを抑えて体験できます。

ARCITIS 5

付属の「CHAT MIX DIAL」でPC音とVCの音量バランスをスムーズに調整できるので、ライブ配信や咄嗟にゲーム音とのバランスを調整したいときに便利です。

価格を抑えつつも7.1chサラウンドを体験したい方におすすめです。

【収納式マイク】ARCTIS 3

SteelSeries
¥5,900 (2022/10/01 08:42時点 | Amazon調べ)
接続方式3.5mmプラグ
サラウンド対応Windows Sonic
構造密閉型
重量100g
Arctis 3』のスペック
  • 収納可能なマイクで外出先でも違和感なく使用可能。
  • 100gと軽量なので疲れにくい。
  • 「Arctis ClearCastマイク」搭載なので通話も高品質。

「Windows Sonic サラウンド」対応のSteelSeriesエントリーモデルです。

「Windows Sonic サラウンド」 とは?

PC上のステレオサウンドを、Windowsに標準搭載された機能を用いてサラウンド音響に変換するものです。

上位モデルもWindows Snoicに対応していますが、高性能モデルはWindows Sonicよりも高性能なSteelSeriesオリジナルのサラウンド機能を使用するほうが良いです。

ARCTIS 3

イルミネーション機能はありませんが全体的に落ち着いたデザインで、マイクを収納すれば外出先でもファッションに左右されにくい柔軟性があります。

100gとSteelSeriesの中ではかなり軽量なので、長時間の使用にも優れます。

軽い有線ヘッドセットを求めている方におすすめできます。

【格安モデル】ARCTIS 1

接続方式3.5mmプラグ
サラウンド対応Windows Sonic
構造密閉型
重量288g
Arctis 1』のスペック
  • 上位モデルと同じスピーカードライバーを使用
  • 機能を省くことで価格を抑えている。
  • 着脱式マイクでコンパクトにできる。
  • 「Arctis ClearCastマイク」搭載なので通話も高品質。

機能面を省くことで価格を抑えたエントリーモデルです。

価格は安いですが、使用されているスピーカードライバーは上位モデルと同じものなので、音質自体は遜色なくしっかりとしていて高音質です。

マイクは着脱式で、使用しないときや外出先でのコンパクトさに優れています。

SteelSeriesのスピーカードライバーをとりあえず体験したいという方におすすめです。

【ハイレゾ対応】ARCTIS PRIME

SteelSeries
¥10,427 (2022/10/01 08:42時点 | Amazon調べ)
接続方式3.5mmプラグ
サラウンド対応ハイレゾ・Windows Sonic
構造密閉型
重量426g
Arctis Prime』のスペック
  • ハイレゾ対応で、高音質な音源や映画鑑賞が体験できる。
  • イヤークッションが合皮。
  • 「Arctis ClearCastマイク」搭載なので通話も高品質。

ハイレゾ対応の「Primeシリーズ」ヘッドセットです。

Primeシリーズはプロが使用する事を目的とした、SteelSeriesのeスポーツ向けデバイスシリーズです。

基本的な性能はそのままに、ハイレゾ音源に対応することでゲームの臨場感や聞こえづらい音をしっかり表現してくれます。

ARCTIS 1

Arctisシリーズは基本的に布製クッションですが、こちらのモデルは合皮イヤークッションなので外からの音を遮断する性能に優れています。

eスポーツタイトルのゲームを主にやる方におすすめです。

SteelSeries(スティールシリーズ)のおすすめゲーミングヘッドセットまとめ

  • SteelSeriesのヘッドセットは、すべてのモデルで音質が相違ない。
  • マイクは全モデル高性能。
  • 値段は機能性・ビジュアル・サラウンドやハイレゾ対応などで変わってくるので、求めてる機能で選ぶ。
  • ゲームにだけ向いていれば良い方は「Arctis Prime」がおすすめ。

SteelSeriesのマイクとスピーカードライバーは全モデル同じ性能のものを搭載しているので、Arctisシリーズの安定したクオリティを維持しているので音質面で損をすることはないでしょう。

その中で様々な付加価値をつけることで値段が変わってくるので、自身に合ったメリットを選び適切なヘッドセットを選びましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次