【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

Bobsappaim(ボブサップエイム)の『Apex Legends』での設定まとめ|解説系動画投稿者の本名や使用デバイスを紹介!

ボブサップエイムのデバイスまとめ

この記事では人気VTuber「渋谷ハル」さんが主催する「KNR」所属のBobsappaim(ボブサップエイム)さんの『Apex Legendes』での設定や使用デバイス、PCの情報をまとめています。

上記の項目について紹介しています。

当サイトでは、真の推奨スペックをまとめた「Apex LegendsのおすすめゲーミングPC」について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Bobsappaim(ボブサップエイム)のプロフィール

スクロールできます
名前Bobsappaim(ボブサップエイム)
出身福岡県
あだ名・愛称えいむくん、ぼぶくん
本名たいき(姓は不明)
誕生日2001年3月4日
年齢21歳
所属コミュニティ野良連合→KNR
SNSTwitterYouTubeTwitch
Bobsappaim(ボブサップエイム)のプロフィール

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏は、『ApexLegends』メインの人気ゲーム実況者です。

ランクは上位750名であるプレデター常連と非常に高い実力で、Apex以外にもVALORANTでダイヤに到達していたりゲームセンスの高さが伺えます。

元々は野良連合のPUBG部門に所属するプロゲーマーでしたが、2019年に『ApexLegends』への移行と共に野良連合を脱退しました。

当時はVtuberとしても活動しており、青猫えいむという名前でPUBGやR6Sの実況動画を投稿していました。

2019年1月26日に青猫えいむからBobSappAimに改名し、現在は動画投稿、Youtube配信をメインに活動しています。

Vtuberを引退してから顔出ししており、整った顔と甘いボイスのファンは多く、歌ってみたなども投稿しています。

動画投稿をしていたら、『ApexLegends』の制作会社Electronic Artsから公式に依頼を受けるほど解説動画がわかりやすく、最新武器情報まとめなどを投稿する解説系動画投稿者です。

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用デバイス一覧

ここでは、Bobsappaim(ボブサップエイム)さんが使用しているデバイス一覧をまとめています。

デバイスのおすすめ部分についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
ゲーミングマウスゲームパッドゲーミングキーボードモニターマウスパッドイヤホンマイク
G PRO WL
GPro Wireless
INFINITYREALFORCE東プレ REALFORCE SA R2KG251QIbmiipxAcer ゲーミングモニター SigmaLine 24.5インチ KG251QIbmiipx 0.5msPOWERPLAYPOWERPLAYQuietComfort 20
Bose イヤホン QuietComfort 20
SM7B
参考リンク

本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

本人がデバイスの更新などをした場合には掲載されている情報が100%確実ではないことがあるのでご了承ください。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用マウス

Logicool G(ロジクール G)
¥12,017 (2022/11/30 19:46時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
接続方式ワイヤレス(無線)
重さ80g
ボタン数8
DPI100-20000
センサー25K HERO
形状左右対称
Logicool G PRO ワイヤレス』のスペック
  • 80g以下の軽量マウス
  • 優秀なセンサーによる高い応答速度
  • バッテリー長持ち
  • ボタンが取り外し可能

G PRO ワイヤレス」は、ゲーミングデバイスメーカーLogicoolが提供する、軽量の無線マウスです。

左右対称で、シンプルで癖がないので右利きでも左利きでも手に馴染みやすい形状です。

さらに大きな特徴として両面のサイドボタンが取り外し可能で、使わないボタンは外して穴埋め部品を付けて、よりフラットな形状にすることができます。

重量は約80gと無線マウスにしては軽量で、サラサラした手触りで持ちやすくなっています。

よく比較対象としてRazerの「Viper Ultimate」(75g)と比較されますが、裏面のパネルとサイドボタンを外せばほぼ同じ重量になり、Razerだけの良さはあるものの、G PROの方が人気が高いです。

薄いソールで動き出しが良くちゃんと止まる、どんなマウスパッドとも相性が良いG PRO ワイヤレスはどんな方にもおすすめのマウスです。

関連記事 Apex おすすめ マウス

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用ゲームパッド

SCUF Gaming
¥42,372 (2022/12/05 11:28時点 | Amazon調べ)
  • カスタマイズできる背面パドル
  • トリガーの硬さが調整可能
  • オーダーメイドができるデザイン

SCUF INFINITY PRO」は、カスタムゲームパッドを販売するSCUFが提供している、高性能なゲームパッドです。

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏はマウス歴が9年ありながら、『ApexLegends』のPADが強い環境に合わせて、ゲームパッドも使用しています。

SCUFのゲームパッドは自由にデザインをオーダーメイドすることが可能で、Amazonでもデザインの良い多くのゲームパッドが販売中です。

重量が純正コントローラーより軽くなっており、グリップ部分が細くて握りやすくなっています。

背面パドルにボタン設定を登録することができるので、各段に操作がしやすくなり、自分にあったゲームパッドにすることが可能です。

高価ですが、本気で『Apex Legends』や『フォートナイト』などをやり込みたい方におすすめのモデルです。

関連記事 Apex おすすめ ゲームパッド

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用ゲーミングキーボード

東プレ(Topre Corporation)
¥27,480 (2022/12/02 18:34時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
接続方式USB有線
ブランド東プレ
静電容量無接点方式キースイッチ
配列日本語配列
サイズフルサイズ
『REALFORCE SA R2』のスペック
  • 静音で優しい打鍵感
  • 押下圧が軽く疲れ知らず
  • 印字が薄れない昇華印刷

 REALFORCE SA R2」は、コンピューター用部品の製造などを行う日本メーカーの、高性能なキーボードです。

ビジネスシーンでも人気なREALFORCEが提供する高級なキーボードで、品質が良く高い耐久性で安心感があります。

「羽毛を押したようなフェザータッチ」と売り込んでおり、スコスコといった打鍵感が心地よく、押下圧が軽いので長時間のタイピングでも指が疲れません。

さらに、静音性が高くカチャカチャ音がならないので、通話や配信にノイズが入りにくいのも嬉しい点です。

REALFORCE SA R2』はゲーマーが求める性能を持ちながら、フルサイズで派手なLEDなどもなく静音性が高いので、ビジネスでも使えるキーボードです。

なお、REALFORCEに関しては「REALFORCEのおすすめモデルを紹介」にて、最新のREALFORCE R3のレビューを掲載しておりますので、こちらもあわせてご覧ください。

関連記事 Apex おすすめ ゲーミングキーボード

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用モニター

日本エイサー
¥28,010 (2022/12/02 20:44時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
応答速度0.5ms
リフレッシュレート144Hz
インチ24.5インチ
パネルTN液晶
解像度フルHD
出力HDMI×2・DP×1
『Acer KG251QIbmiipx』のスペック
  • 超高速な応答速度
  • 高いリフレッシュレート
  • ブルーライト軽減で目が疲れにくい
  • AMD FreeSyncテクノロジーで描画の遅れ無し

KG251QIbmiipx」は、PC機器メーカーAcerの高性能ゲーミングモニターです。

ゲーミング用のTN液晶は鮮明に情報を映してくれるので、暗い場所の敵もしっかり視認することができます。

リフレッシュレート240Hz滑らかさと、0.5msの超高速な応答速度は、シューティングゲームで有利に働くことは間違いありません。

残像感も抑えられており、動きの速いシーンでもクリアで滑らかな映像を見ることができるモニターです。

また、Bobsappaim(ボブサップエイム)氏はサブモニターとして以下のモニターも使用していました。

アイ・オー・データ
¥34,949 (2022/12/05 03:09時点 | Amazon調べ)
アイ・オー・データ
¥23,680 (2022/12/04 23:58時点 | Amazon調べ)

どちらも高性能でAmazonで評価が良く、人気なモデルです。

関連記事 Apex おすすめ ゲーミングモニター

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用マウスパッド

Logicool G(ロジクール G)
¥17,370 (2022/12/02 12:40時点 | Amazon調べ)
ブランドLogicool
サイズ321×344×4.3mm
素材クロス/ハード
滑りやすさ滑りにくい
『Razer Gigantus V2』のスペック
  • ワイヤレスマウスの充電が不要になる
  • レシーバー内蔵でデスクがスッキリ
  • 滑りの違う2つのタイプが付属

Logicool G POWERPLAY」は、Logicoolが提供する無線充電ができるマウスパッドです。

なんとワイヤレスマウスの充電が不要になる画期的なマウスパッドで、バッテリー切れの心配がなくなります。

さらに、マウスのレシーバーを内蔵しているので、USBハブを必要以上に埋めることはない上、より遅延のない安定した高速の接続を保つことが可能です。

滑りにくいコントロール系のクロス(布製)タイプと滑りやすいハードタイプの滑りが違う2種類が付属するので、カスタマイズや使い分けができます。

マウスパッドとしては値が張るものの、ワイヤレス環境に革新を与えるPOWERPLAYマウスパッドは非常におすすめです。

関連記事 Apexにおすすめのマウスパッド

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用ヘッドホン/イヤホン

BOSE(ボーズ)
¥24,800 (2022/12/05 22:04時点 | Amazon調べ)
メーカーBose
インイヤー
ドライバーダイナミック型マイクロドライバー
接続方式3.5mmミニプラグコネクター
マイク搭載
ケーブルの長さ130cm
  • 周囲の音をシャットアウト
  • 着け心地が良くゲームに没入できる
  • 高音質でクリアなサウンド
  • バッテリー長持ち

QuietComfort 20」は、音響機器メーカーBoseが提供する、高性能なイヤホンです。

外部の音をシャットアウトするノイズキャンセリング機能が非常に優秀で、音に没入することができます。

周りの音が聞こえなくなり過ぎるので、外出先での使用には注意が必要なほどです。

ノイズキャンセリングモジュールのバッテリーは最大16時間と長持ちで、充電の手間に追われる心配はありません。

充電が切れてもノイズキャンセリング機能がないイヤホンとして問題なく使える上、機能もボタンで簡単にオン/オフができるので、取り回しが楽チンです。

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏はさらに、YAMAHAのオーディオインターフェース「AG03」で音の品質や定位感を調整しています。

ヤマハ(YAMAHA)
¥33,462 (2022/12/03 18:38時点 | Amazon調べ)

よく音楽を聴いたり、音が重要なゲームをプレイする方、1ランク上の音質環境を手に入れたい方は、オーディオインターフェスの導入をおすすめします。

関連記事 おすすめのゲーミングイヤホン

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用マイク

SHURE
¥41,600 (2022/12/01 22:24時点 | Amazon調べ)
メーカーSHURE
型式ダイナミック型
ポーラーパターン単一指向性
接続方式XLR端子
周波数範囲50Hz~20kHz
SHURE SM7Bのスペック
  • クリアな音声入力
  • ノイズをシャットアウト
  • 一般的なPC環境でも使いやすいUSBモデルが販売されている

SHURE SM7B」は、海外の音響機器メーカーSHUREが提供している非常に高品質なマイクです。

マイクの軸が振動を低減するよう最適化されていて、PC機器から発生する小さなノイズをシャットアウトする機能が搭載されているので、クリアな音声を入力することができます。

また、単一指向性なので、自分の声だけ録音したい、配信やゲーム実況をする方に特におすすめです。

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏が使用しているSM7B接続方式がXLR端子なので、オーディオインターフェースが無ければ一般的なPCには接続することができません。

MV7」はSM7Bを模倣したUSB接続モデルで、機能や性能にほぼ差がないので、一般的なPC環境でも使いやすく非常に評価の高い人気モデルです。

SHURE
¥26,745 (2022/12/01 16:33時点 | Amazon調べ)

関連記事 ゲーム実況・配信におすすめのマイク

Bobsappaim(ボブサップエイム)のPCスペック

CPURyzen 9 3900X
GPURTX2080Ti
メモリ16GB以上(推定)
ストレージSSD2TB、HDD3TB以上(推定)

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏はPCスペックを公開していませんが、2021年の『マインクラフト』配信でPCスペックの一部が確認できています。

PCスペック
by:Bobsappaim マイクラ配信

またサブPCも使用しており、そちらのPCスペックは部屋紹介動画から確認できます。

動画には4つのマルチモニターと3台のPCが映っており、自作のメインPCとサブPCのガレリアのZZを紹介していました。

「ガレリアZZ(販売終了モデル)」はCPU i9-9900K、GPU RTX2080Ti搭載・メモリ16GB・SSD500GBという構成なので、わりとメインPCと似ている構成となっています。

ガレリアで販売されているBobsappaim(ボブサップエイム)のPCスペックに近いモデル

ドスパラが展開しているゲーミングPCブランドのガレリアは、最短翌日~3日と、他BTOショップとくらべても納期が早く、「早く手元にゲーミングPCがきてほしい!」という方におすすめのブランドです。

ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
ガレリア XA7C-R37 第12世代Core搭載
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

XA7C-R37」は、ガレリアが販売しているPCの中でBobsappaim(ボブサップエイム)氏のスペックに近いゲーミングPCです。

スペック自体は、プロゲーマーやほかの有名ストリーマーが使用しているような最高級のゲーミングPCではありませんが、価格と性能がしっかり見合った良コスパのモデルとなっています。

ありとあらゆるPCゲームが最高設定で快適に遊べるのはもちろんのこと、『Apex Legends』でもどんな環境下でも144fpsをキープできる性能を持っています。

予算的にもちょうど良い価格なので、「高性能過ぎるPCまでは必要ないけど低スペックすぎるPCもちょっと…」という方におすすめできるゲーミングPCです。

G-Tuneで販売されているBobsappaim(ボブサップエイム)のPCスペックに近いモデル

G-Tune HN-Z-3070Ti
G-Tune XP-Z-LC
CPU :Core i7-11700K
グラフィック : RTX 3070Ti
メモリ : 32GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD/2TB HDD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

マウスコンピューターが展開しているゲーミングブランドのG-Tuneは、とにかくゲーマーのニーズに応えたラインナップが多く、サポートも充実しているためPC初心者におすすめのブランドです。

G-Tune HN-Z-3070Ti」は、Bobsappaim(ボブサップエイム)氏の使用するPCスペックよりも若干グレードアップしたゲーミングPCです。

搭載されているGPUはBobsappaim(ボブサップエイム)氏が使用しているGPUよりも高い性能のものが搭載されており、メモリも32GBと配信しても重くならないスペックとなっています。

ストレージも512GBSSDと2TBのHDDが内蔵しているので、「動画や画像を大量に保存するから空き容量がすぐなくなる」という方にも空き容量の心配なく使うことができます。

少し予算をあげて、もう一歩だけ良いゲーミングPCが欲しい!という方には「G-Tune HN-Z-3070Ti」がおすすめです。

Bobsappaim(ボブサップエイム)の『Apex Legends』の設定

ここでは実際にBobsappaim(ボブサップエイム)氏が『Apex Legends』でどんな設定でゲームをプレイしているかを記載していきます。

こちらも以下のSNS、YouTube動画などを参考にして作成しています。

参考リンク

こちらも本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

設定の更新、一時的な変更によって掲載されている情報が最新のものではない可能性があります。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

Bobsappaim(ボブサップエイム)のマウス設定

スクロールできます
DPI800
ゲーム内感度1.7
ADS感度1.1
マウス加速オフ
マウス反転オフ
ライティングエフェクトオン

振り向きが15.28cmなので、『ApexLegends』プレイヤーとしてはハイよりのミドルセンシです。

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏のキーボード設定

スクロールできます
前進W
後退S
左へ移動A
右に移動D
スプリント左SHIFT
ジャンプスペース/マウスホイール上
しゃがみ(切り替え)C
しゃがみ(ホールド)左CTRL
戦術アビリティQ
アルティメットアビリティZ
アクション/拾うE
アクションボタンの別設定X
インベントリ左TAB
マップM
攻撃左クリック
射撃モード切り替えB
照準器エイム(切り替え)
照準器エイム(ホールド)右クリック
格闘マウスサイドボタン2
リロードR
武器切り替えマウスホイール下
武器1を装備1
武器2を装備2
武器を収める3
グレネード装備4
サバイバルアイテムH
装備中の回復アイテムを使用マウスサイドボタン1
注射器を使用
医療キットを使用
シールドセルを使用
シールドバッテリーを使用
フェニックスキットを使用

特徴としては、サイドボタン前後に回復と格闘を設定して、とっさに使えるようにしています。

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏は、自身の設定について詳しく紹介している動画もあるのでより詳細に知りたい方はそちらもチェックしてみだくさい。

Bobsappaim(ボブサップエイム)の『Apex Legends』でのビデオ設定

スクロールできます
画面モードフルスクリーン
縦横比16:9
解像度1920×1080
明るさ50
視界(視野角)104
FOVアビリティ・スケーリング無効
スプリント時の視点のゆれ普通
NVIDIA Reflex有効+ブースト
垂直同期無効
解像度適応の目標FPS0
アンチエイリアスTSAA
テクスチャストリーミング割り当て極(VRAM:8GB)
テクスチャフィルタリング異方性16X
アンビエントオクルージョン品質
サンシャドウ範囲
サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール最高
空間光有効
ダイナミックスポットディテール有効
モデルディテール
エフェクトディテール
衝撃マーク無効
ラグドール

2PC環境で余裕があるため、画質設定は高く設定されていますが、一般的なPCではパフォーマンスが低下します。

Bobsappaim(ボブサップエイム)の使用デバイスまとめ

スクロールできます
ゲーミングマウスゲーミングキーボードモニターマウスパッドゲームパッドイヤホンマイク
G PRO WL
GPro Wireless
REALFORCE東プレ REALFORCE SA R2KG251QIbmiipxAcer ゲーミングモニター SigmaLine 24.5インチ KG251QIbmiipx 0.5msPOWERPLAYPOWERPLAYINFINITYQuietComfort 20
Bose イヤホン QuietComfort 20
SM7B
  • Bobsappaim(ボブサップエイム)氏が使用しているデバイスはLogicool製が多い
  • 使用しているデバイスはどれもAmazonの人気モデル
  • マウス歴が9年ありながら、環境に合わせてゲームパッドに移行している。

Bobsappaim(ボブサップエイム)氏の使用しているデバイスはすべてAmazonから購入することが可能となっているので、同じデバイスを使用してみたい方はぜひチェックしてみてください。

また、当サイトではFPSプレイヤーやゲーマーに向けたおすすめのゲーミングデバイスをまとめています。

具体的な選び方やメリットまで詳しく解説しているので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次