【台数限定!】フロンティアのセール情報まとめ

iiTzTimmy(ティミー)の『Apex Legends』での設定まとめ|圧倒的強さを支えるデバイス・設定・感度・彼女について紹介

TimmyのApex設定まとめ

この記事では、TwitchやYoutubeなどの配信サイトで人気ストリーマーとして活躍中のiiTzTimmy(ティミー)氏の使用デバイスや情報、設定をまとめています。

上記の項目について紹介しています。

当サイトでは、真の推奨スペックをまとめた「Apex LegendsのおすすめゲーミングPC」について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

iiTzTimmy(ティミー)のプロフィール

スクロールできます
名前iiTzTimmy(ティミー)
本名Timmy An
出身アメリカ カリフォルニア在住
誕生日2000年4月19日
年齢22歳
所属チームGG(Golden Guardians)→無所属
SNSTwitterTwitchYouTube日本語Youtube
iiTzTimmy(ティミー)のプロフィール

iiTzTimmy(ティミー)氏は、220万人ものフォロワーをもつアメリカのストリーマーです。

アメリカ出身、カリフォルニア州在住の韓国系アメリカ人で、同じくストリーマーのsoftiさんという彼女がいます。

FPSを中心にプレイしていて、『ApexLegends』や『VALORANT』に限らず様々なゲーム配信や雑談配信をしています。

『ApexLegends』では9000ダメージを叩き出した世界記録保持者で、1配信でブロンズからプレデター到達など途方もない業績を達成している最強プレイヤーです。

以前はApexのプロチームGGに所属していましたが、自身の夢のためにチームと大学を辞め、memerストリーマー、コンテンツクリエイターを目指しました。

memerというのは流行を作り出す存在のことで、Timmy(ティミー)氏の配信で印象的なことが起きると短い動画が流れ、海外でネットミームになった松本人志さんのリアクションなどが流れることもあります。

日本ファンの多さから日本語のYoutubeチャンネルも開設しているので、そちらもチェックしてみてください。

iiTzTimmy(ティミー)の使用デバイス一覧

ここでは、Timmy(ティミー)氏が使用しているデバイス一覧をまとめています。

デバイスのおすすめ部分についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
ゲーミングマウスゲーミングキーボードゲーミングモニターマウスパッドヘッドセットマイク
G PRO WL
shroud edition G PRO
G PRO X
g pro x shroud
XL2740K
XL2740
G840
G840
G PRO X
G pro x headset
SM7B

本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

本人がデバイスの更新などをした場合には掲載されている情報が100%確実ではないことがあるのでご了承ください。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

iiTzTimmy(ティミー)の使用マウス

Logicool G(ロジクール G)
¥12,255 (2022/07/06 01:49時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
接続方式ワイヤレス(無線)
重さ80g
ボタン数8
DPI100-20000
センサー25K HERO
形状左右対称
Logicool G PRO ワイヤレス』のスペック
  • 80g以下の軽量マウス
  • 優秀なセンサーによる高い応答速度
  • 即充電対応でバッテリー長持ち
  • ボタン取り外し可能

G PRO ワイヤレス」は、ゲーミングデバイスメーカーLogicoolが提供する、軽量の無線マウスです。

左右対称のシンプルな形状で癖がないので右利きでも左利きでも手に馴染みやすい形状です。

さらに大きな特徴として両面のサイドボタンが取り外し可能で、使わないボタンは外して穴埋め部品を付けて、よりフラットな形状にすることができます。

重量は約80gと無線マウスにしては軽量で、サラサラした手触りで持ちやすくなっています。

よく比較対象としてRazerの「Viper Ultimate」(75g)と比較されますが、裏面のパネルとサイドボタンを外せばほぼ同じ重量になり、Razerだけの良さはあるものの、G PROの方が人気が高いです。

薄いソールで動き出しが良くちゃんと止まる、どんなマウスパッドとも相性が良いG PRO ワイヤレスはゲーマーの方におすすめのマウスです。

また、Logitechは、人気元プロゲーマーShroud氏とコラボしたShroud Editionを販売しています。(Logicoolは海外ではLogitech)

Timmy(ティミー)氏もマウス、キーボード、マウスパッドでShroud Editionを使用していますが、ここでは入手しやすい通常モデルを紹介しています。

日本ではShroud EditionのGPRO マウスのみが購入できるので、Shroud(シュラウド)氏のファンの方はこちらもチェックしてみてください。

Logitech G
¥20,800 (2022/07/04 01:54時点 | Amazon調べ)

他にもおすすめのマウスを知りたい方は「Apexにおすすめのゲーミングマウス」で詳しく紹介しています。

関連記事 Apex おすすめ マウス

iiTzTimmy(ティミー)の使用ゲーミングキーボード

Logicool G(ロジクール G)
¥12,700 (2022/07/03 20:48時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
続方式USB有線
バックライト有り
赤(切り替え可能)
サイズテンキーレス
配列日本語
『Logicool GPRO X』のスペック
  • 打鍵感が心地よい上質な赤軸
  • 青軸モデルでは軸の交換が可能
  • ケーブル着脱可能
  • FPSゲームでのプロ使用率上位

G PRO X」は、ゲーミングデバイスメーカーLogicoolが提供する、高性能なメカニカルキーボードです。

Timmy(ティミー)氏はリニア(赤軸)を使用しており、他にもクリッキー(青軸)、タクタイル(茶軸)があります。

クリッキーモデルでは軸の交換が可能で、移動キーだけを茶軸にするなどカスタマイズも可能です。

また、専用ソフトウェアの「G HUB」を導入すればバックライトの明るさや発光パターンも細かく調整できます。

本気でゲームをやりたい方にも、普段使いのキーボードの打鍵感にこだわりたい人にもおすすめしたいキーボードです。

関連記事 Apex おすすめ ゲーミングキーボード

iiTzTimmy(ティミー)の使用モニター

ベンキュージャパン
¥80,546 (2022/07/04 12:42時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
応答速度0.5ms
リフレッシュレート240Hz
インチ27インチ
パネルTN
解像度フルHD
出力HDMI×3・DP×1
『BenQ ZOWIE XL2746K』のスペック
  • プロが設定している設定をダウンロードして使用可能
  • eスポーツシーンでも使用されたモデル
  • 独自のモニターアームで可動域が広い
  • 27インチの大きな臨場感のある液晶

BenQ ZOWIE XL2746K」は競技用として採用されるBenQのブランドのひとつ「ZOWIE」シリーズのゲーミングモニターです。

細かい調整ができるモニターアームは丈夫なまま小型化されており、27インチという大きめなモニターですが十分なプレイスペースを確保できます。

Timmy(ティミー)氏が使用しているのはXL2740というモデルですが、XL2740は日本未発売で、同じ27インチ240Hz仕様の後継モデルとして販売されているのがXL2746Kです。

そのため、Timmy(ティミー)氏と同じモニターを使いたい!という方はこちらのモデルを購入すればOKです。

主に進化した点としては、XL2740時では平均3ms、最小1msだった応答速度が、XL2746Kでは0.5msと高速になっています。

DP端子に加えてHDMI端子が3つ付いているので、PC、PS4、Switchを繋げても1つ余るほど余裕があります。

他にも残像を軽減するDyAc+などFPSゲーマーには嬉しい機能が備わった高性能なモニターです。

関連記事 Apex おすすめ ゲーミングモニター

iiTzTimmy(ティミー)の使用マウスパッド

Logicool G(ロジクール G)
¥4,418 (2022/07/01 02:57時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
ブランドLogicool
サイズ900×400×3mm
素材クロス(布)
滑りやすさバランスタイプ
『Logicool G840』のスペック
  • 滑りやすく止めやすい
  • マウスをぶんぶん振れる大型マウスパッド
  • 選べるサイズとタイプ
  • 1年保証

G840」は、ゲーミングデバイスメーカーLogicoolが提供する、大型のマウスパッドです。

滑らかな滑りだしで、止めたいところでピタっと止められる、中程度の摩耗抵抗を持っています。

G640rは特に低DPIでのプレイを想定した表面加工がされているので、ローセンシプレイヤーの方におすすめです。

熱処理された繊維表面はどんなマウスとも相性が良く、特にLogicoolのマウスと相性が良いので、プロゲーマーでも使用率が高いモデルです。

Logicoolは他にもG240tG440tG640rなど、タイプの違うモデルも提供しているので、自分にあったものを選択してみてください。

関連記事 FPSにおすすめのマウスパッド

iiTzTimmy(ティミー)の使用ヘッドセット

Logicool G(ロジクール G)
¥10,364 (2022/07/02 22:53時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
メーカーLogicool
密閉型ヘッドホン
ドライバーダイナミック型マイクロドライバー
接続方式有線
マイクあり
最大連続動作時間約20時間
その他の特徴7.1chサラウンド対応
『Logicool G PRO X』のスペック
  • BLUE VO!CEテクノロジーによるクリアな音声
  • 上質アルミ製フォークと低反発イヤーパッドによる高耐久性と快適性の共存
  • 7.1chサラウンド対応
  • 単一指向性マイク付き

G PRO X」は、7.1chサラウンド対応の高性能ゲーミングヘッドセットです。

Timmy(ティミー)氏は有線モデルを使用していますが、充電長持ちな無線モデルも選ぶことができます。

Logicool G(ロジクール G)
¥21,736 (2022/07/04 21:52時点 | Amazon調べ)

7.1chサラウンドに対応しているので、足音などの効果音は位置や距離感を掴みやすく、高音質なので臨場感のあるゲームプレイをすることができます。

USBの外付けサウンドカードが付属しているので、音の定位感が良くクリアな音質を楽しむことが可能です。

また、高性能な単一指向性マイクによる音声は非常にクリアで、コミュニケーションの精度を高めます。

Timmy G PRO Red Bull
Twitch配信ワイプより

Timmy氏はレッドブルアスリートとしてRed Bullと提携しており、Red Bull仕様にカスタマイズしたG PRO Xを使用しています。

関連記事 Apex おすすめ ゲーミングヘッドセット

iiTzTimmy(ティミー)の使用マイク

SHURE
¥51,100 (2022/06/30 20:46時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
メーカーSHURE
型式ダイナミック型
ポーラーパターン単一指向性
接続方式XLR端子
周波数範囲50Hz~20kHz
『SHURE SM7B』のスペック
  • クリアな音声入力
  • ノイズをシャットアウト
  • 一般的なPC環境でも使いやすいUSBモデルが販売されている

SHURE SM7B」は、アメリカの音響機器メーカーSHUREが提供している、高品質なマイクです。

マイク軸が振動を吸収する機能と、PC機器から発生する小さなノイズをシャットアウトする機能が搭載されているので、声に混ざるノイズがほとんどなく、クリアな音声が入力されます。

また、単一指向性のため、周囲の音は入れずに自分の声だけ録音したい、配信や録画をしたい方に特におすすめです。

Timmy(ティミー)氏が使用しているSM7B接続方式がXLR端子なので、オーディオインターフェースが無ければ一般的なPCには接続することができません。

以下のマイクはSM7Bを模倣したUSB接続モデルで、機能や性能に差はほぼないため、一般的なPC環境でも使いやすく非常に評価の高い人気モデルです。

SHURE
¥30,100 (2022/06/29 19:19時点 | Amazon調べ)

関連記事 ゲーム実況・配信におすすめのマイク

iiTzTimmy(ティミー)のPCスペック

CPUAMD Ryzen 9 5950X
GPURTX 3080 Ti
メモリ32GB
ストレージSSD1TB以上(推定)

Timmy(ティミー)氏の配信で「!specs」とチャットすると、Streamlabsから以下のコメントが返ってきます。

「 Dual PC Set-Up | Streaming PC – no specs shared atm | Main PC – AMD 5950X, 32 GB RAM, EVGA 12GB 3080 Ti https://bit.ly/3jnSWwX Both provided and sponsored by !Origin iitzHype !」

Timmy(ティミー)氏はゲーム用と配信用でPCの役割を分けるDual PC環境で配信していることがわかりました。

『ApexLegends』や重いゲームの配信は、PCに負荷をかけてしまい、ゲームのパフォーマンスを落としてしまうことがあります。

しかし、ゲーム用PCはゲームの性能を引き出すことに専念、配信用PCは配信の環境や画質向上にのみリソースを使い2つのPCで役割分担することによって、より安定した環境でゲームをプレイすることが可能です。

配信用のPCはスペックを公開していませんが、メインPCは非常にハイスペックなモデルを使用していることがわかりました。

また、リンク先は北米BTOPCメーカーOriginとのコラボPCで、Timmy(ティミー)氏仕様のゲーミングPCが販売されています。

ガレリアで販売されているiiTzTimmy(ティミー)のPCスペックに近いモデル

ガレリア ZA9R-R39
ガレリア ZA9R-R39
CPU : Ryzen 9 5950X
グラフィック : RTX 3090
メモリ : 16GB SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

ドスパラが展開しているゲーミングPCブランドのガレリアは他BTOショップとくらべても納期が早く、「早く手元にゲーミングPCがきてほしい!」という方におすすめのブランドです。

ガレリアが販売しているPCでTimmy(ティミー)氏のスペックに近いのが「ZA9R-R39」です。

GPUにはRTX 3090、CPUにはTimmy(ティミー)氏のメインPCのパーツと同様の優秀なRyzen 9 5950Xが搭載されているので、360Hzレベルの高性能なモニターの力を最大限発揮させることができます。

非常に高性能なパーツが組み込まれているので、良画質での配信や、プロ級の動画編集も行える、ハイスペックなゲーミングPCです。

高いレベルでの配信をするならTimmy(ティミー)氏のような2PC環境が理想ですが、このゲーミングPCであれば、ゲームのパフォーマンスをほぼ落とさず配信することが可能です。

G-Tuneで販売されているiiTzTimmy(ティミー)のPCスペックに近いモデル

G-Tune XP-A
G-Tune XP-Z-LC
CPU :AMD Ryzen™ 9 5950X
グラフィック : RTX 3090
メモリ : 32GB
ストレージ : 2TB NVMe SSD/4TB HDD

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

マウスコンピューターが展開しているゲーミングブランドのG-Tuneは、とにかくゲーマーのニーズに応えたラインナップが多く、サポートも充実しているためPC初心者におすすめのブランドです。

G-Tune XP-A」は、Timmy(ティミー)氏の使用するPCに近いスペックのモデルです。

最高クラスの性能を持つハイエンドなパーツが組み込まれたBTOパソコンなので、ゲーム内で高品質な設定にしても高いfpsを安定して出すことができます。

FPSゲームではゲームのパフォーマンスを上げるために画質設定を低くすることが多いですが、このPCのスペックであればほとんどのゲームで高画質設定にしても映像の滑らかさが落ちることはありません。

ストレージも2TBSSDと4TBのHDDが内蔵しているので、動画投稿を考えている方でも安心の大容量です。

また、ケースとファンの冷却性能が高く、優秀なパーツの発熱をうまく抑えることができているので、高いパフォーマンスを継続することができます。

iiTzTimmy(ティミー)の『Apex Legends』の設定

ここでは実際にiiTzTimmy(ティミー)氏が『Apex Legends』でどんな設定でゲームをプレイしているかを記載していきます。

こちらも以下のSNS、YouTube動画などを参考にして作成しています。

参考リンク

こちらも本人のSNSなどを参考にしてまとめていますが、個々に確認を取っているわけではありません。

設定の更新、一時的な変更によって掲載されている情報が最新のものではない可能性があります。

掲載されている情報が違う場合は、お問い合わせフォームにて参考となるソースを記載した上で情報提供のご協力をお願いいたします。

iiTzTimmy(ティミー)のマウス設定

スクロールできます
DPI1800
ゲーム内感度1.1
ADS感度1.05
マウス加速オフ
マウス反転オフ
ライティングエフェクトオン

Timmy(ティミー)氏は振り向き10.50なので、ハイセンシにあたります。

ローセンシが強いといわれるのは安定するためですが、理論上はハイセンシの方が素早く敵にエイムを合わせることができ、Timmy(ティミー)氏はハイセンシの完成形といわれています。

iiTzTimmy(ティミー)のキーボード設定

スクロールできます
前進W/マウスホイール上
後退S
左へ移動A
右に移動D
スプリント左SHIFT
ジャンプスペース/マウスホイール下
しゃがみ(切り替え)C
しゃがみ(ホールド)左CTRL
戦術アビリティ3
アルティメットアビリティ4
アクション/拾うE
アクションボタンの別設定Z
インベントリ左TAB/I
マップM
攻撃左クリック
射撃モード切り替えB
照準器エイム(切り替え)
照準器エイム(ホールド)右クリック
格闘V
リロードR
武器切り替え
武器1を装備1
武器2を装備2
武器を収めるX
グレネード装備T
サバイバルアイテムQ
装備中の回復アイテムを使用F
注射器を使用
医療キットを使用
シールドセルを使用
シールドバッテリーを使用
フェニックスキットを使用

アビリティや回復など、初期設定から変えている部分が多く独特なキー設定でプレイしています。

前進キーにマウスホイール下を追加しているのは、キーボードマウス特有の、タップストレイフというキャラクターコントロールをしやすくするためです。

iiTzTimmy(ティミー)の『Apex Legends』でのビデオ設定

スクロールできます
画面モードフルスクリーン
縦横比16:9
解像度1920×1080
明るさ50
視界(視野角)104
FOVアビリティ・スケーリング無効
スプリント時の視点のゆれ
NVIDIA Reflex有効+ブースト
垂直同期無効
解像度適応の目標FPS0
アンチエイリアスなし
テクスチャストリーミング割り当て低(2-3GB VRAM)
テクスチャフィルタリング異方性16X
アンビエントオクルージョン品質無効
サンシャドウ範囲
サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール無効
空間光無効
ダイナミックスポットディテール無効
モデルディテール
エフェクトディテール
衝撃マーク無効
ラグドール

iiTzTimmy(ティミー)の使用デバイスまとめ

スクロールできます
ゲーミングマウスゲーミングキーボードゲーミングモニターマウスパッドヘッドセットマイク
G PRO WL
shroud edition G PRO
G PRO X
g pro x shroud
XL2740K
XL2740
G840
G840
G PRO X
G pro x headset
SM7B
  • Timmy(ティミー)氏は、Logicoolのデバイスを愛用している
  • 使用しているデバイスは、Amazonの人気モデルが多い
  • ゲーム用と配信用で分ける2PCで配信を行っている
  • 北米で人気のPCメーカーとのコラボPCを販売している

Timmy(ティミー)氏の使用しているデバイスはすべてAmazonから購入することが可能となっているので、同じデバイスを使用してみたい方はぜひチェックしてみてください。

また、当サイトではFPSプレイヤーやゲーマーに向けたおすすめのゲーミングデバイスをまとめています。

具体的な選び方やメリットまで詳しく解説しているので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる