【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

「Ryzen 5 3500U」の比較・レビュー|ベンチマークや具体的な使用用途を紹介!

Ryzen 5 mobile アイキャッチ

今回の記事では、格安ノートPCに搭載されている「Ryzen 5 3500U」というCPUについて「どのくらいのスペックなの?」「Intel製のCPUと比較して何が違うの?」といった疑問に答えます。

以下の項目を踏まえておすすめノートPCも合わせて紹介するので参考にしてください。

また、当サイトでは「予算10万円以内で買えるゲーミングPC」を紹介していますので、あわせてご覧ください。

スクロールできます
おすすめモデルCPUメモリストレージサイズバッテリー重量
IdeaPad Slim 170
IdeaPad-Slim-170
Ryzen 5 3500U8GB256GB SSD15.6型約10.8時間約1.6kg
ThinkPad E15 Gen 3
ThinkPad E15 Gen 3
Ryzen 5 5500U8GB256GB SSD15.6型約 13.2時間約1.7kg
mouse B5-R5
mouse B5-i5
Ryzen 5 5625U8GB256GB 15.6型約 7.5時間約1.62kg
目次

Ryzen 5 3500Uの基本スペック

Ryzen 5 3500Uの基本スペック
スクロールできます
世代Ryzen Mobile APU 第2世代
開発コードPicasso
コア数/スレッド数4コア/8スレッド
動作周波数2.1GHz
最大動作周波数3.7GHz
TDP12~35W
内蔵グラフィックスRadeon Vega 8 Graphics
PassMark CPU Markスコア7876

総合的な性能は、同等のスペックを持った「Intel Core i3 1115G4」と比較すると、「Ryzen 5 3500U」はコア・スレッド数で上回り、マルチコア性能が優れています。

マルチコア性能が優れているということは、簡単に言うとマルチタスクに向いているので、ビジネス目的や動画編集で活躍します。

Ryzen 5 3500Uのベンチマーク

ここでは「Ryzen 5 3500U」と同価格帯、性能が近いCPUや上位モデルと比較したベンチマークを紹介します。

特にIntel製のCPUとどう変わるのか気になる方はチェックしてください。

Ryzen 5 3500UのCPU Markスコア

ノートPCに使用されるCPUを「PassMark」というベンチマークソフトで計測したグラフになります。

PassMarkは重い計算処理を回す、動画処理など、CPUが様々な使われ方をされた場合の総合的な性能を評価しています。

基本的にこの値が高いほどCPUの性能が総合的に高いと思っていいです。

Ryzen 5 3500U CPU Mark
Intel Core i7-11800H
21232
AMD Ryzen 5 5500U
13474
AMD Ryzen 5 4500U
11245
Intel Core i5-8259U
11002
Core i5-1135g7
9822
Intel Core i3-9100F
8940
Intel Core i5-7440HQ
8069
AMD Ryzen 7 3700U
8002
AMD Ryzen 5 3500U
7876
AMD Ryzen 5 2200G
7869
Core i3-1115g4
6233

同世代の「Ryzen 7 3700U」や、低価格PCに採用される「AMD Ryzen 5 2200G」とほぼ同じ性能をしています。

ゲームや高解像度のイラスト制作などの用途にはスペック不足ですが、この価格帯のCPUの用途であるフルHDの動画編集や、ビジネス用PCとしての運用が最適です。

Ryzen 5 3500UのCinebench R23(マルチコア)スコア

Cinebench(マルチコア)で計測するスコアの主な指標は「マルチコアの性能」です。

マルチコアとは、CPUの頭脳の数のことを指し、マルチコア性能とはそれぞれのCPUの並列処理能力のことを指します。

このスコアが高いと、複数のアプリ動作などのマルチタスクに優れます。

Ryzen 5 3500U Cinebench R23
Intel Core i7-11800H
12180
AMD Ryzen 5 5500U
6747
Core i5-1135g7
5913
AMD Ryzen 5 4500U
5620
Intel Core i7-1060G7
4260
Intel Core i5-10210U
4013
Intel Core i3-9100F
3921
AMD Ryzen 3 2200G
3587
Ryzen 5 3500U
3544
Intel Core i7-10510U
3271
Core i3-1115g4
2696

マルチコア性能も先述した「PassMark」通り、コア数による違いがないのであまり順位は変動せずビジネス用PCとしては安定した性能を持っています。

Ryzen 5 3500UとIntel Coreシリーズ比較

ここでは、「Ryzen 5 3500U」と同じくらいのスペックのIntel製CPUを比較し、どのようなところが優れ、劣っているのかを解説します。

Ryzen 5 3500U vs Core i5-1135g7(ほぼ同等のスペックのCPUです)

世代第2世代
コア数/スレッド数4コア/8スレッド
動作周波数2.1GHz
最大動作周波数3.7GHz
TDP12~35W
CPU Mark7876
Cinebench R23(マルチコア)3544
発売日2019年1月7日
価格帯5万円~
Ryzen 5 3500U
世代第11世代
コア数/スレッド数4コア/8スレッド
動作周波数2.4GHz
最大動作周波数4.2GHz
TDP12~28W
CPU Mark9822
Cinebench R23(マルチコア)5913
発売日2020年10月
価格帯7万円~
Core i5-1135g7

消費電力・総合処理能力・マルチコア性能ともに「Core i5-1135g7」が優れていますが、ビジネス用途でいえば「Ryzen 5 3500U」でも十分快適に運用が可能です。

「Core i5-1135g7」の内蔵グラフィック処理は『VALORANT』を最低設定にして、ぎりぎり遊べるくらいの性能なので、軽めのゲームも楽しむ予定の方は「Core i5-1135g7」が向いています。

一方で「Ryzen 5 3500U」は性能は劣りますが価格は安いので、価格をなるべく抑えつつ軽い動画編集と仕事用として使用するのであれば「Ryzen 5 3500U」搭載ノートPCがおすすめです。

Ryzen 5 3500U vs Core i3-1115g4

世代第2世代
コア数/スレッド数4コア/8スレッド
動作周波数2.1GHz
最大動作周波数3.7GHz
TDP12~35W
CPU Mark7876
Cinebench R23(マルチコア)3544
発売日2019年1月7日
価格帯5万円~
Ryzen 5 3500U
世代第11世代
コア数/スレッド数2コア/4スレッド
動作周波数1.7GHz
最大動作周波数4.1GHz
TDP12~28W
CPU Mark6233
Cinebench R23(マルチコア)2696
発売日2020年10月
価格帯5万円~
Core i3-1115g4

エントリークラスながら、デュアルコアでなかなかのスコアを叩き出す「Core i3-1115g4」ですが、「Ryzen 5 3500U」には一回り処理能力が及びません。

搭載ノートPCの価格帯を見てもほぼ同価格なので、「Ryzen 5 3500U vs Core i3-1115g4」は「Ryzen 5 3500U」に軍配が上がります。

Ryzen 5 3500Uが向いている用途

Ryzen 3500 U結論

「Ryzen 5 3500U」は結局どのような用途に向いているのか簡単にまとめるとこうなります。

用途解説評価
インターネット(動画閲覧・ショッピング)YOUTUBE等で動画を観ながらの、ショッピング
ビジネス(Officeソフト・Web会議など)Officeソフトでの資料作りをしながらの、Web会議
ゲーム3Dグラフィックでの処理が必要なゲーム
(2Dドットゲームは除く)
動画・画像編集録画作業と、取り込んだ画像・動画データの編集
3D制作3D CADやBlenderなどを用いた3Dモデリング

上記の表を踏まえて結論を出すと、ネットサーフィン・ビジネス利用は快適に行えます。

基本的にこのクラスのCPUは、グラボ搭載型のゲーミングノートPCは現在販売されていないので、グラフィック処理が重めの用途には向きません。

ゲームのプレイに関しては、要求スペックの高くない2Dゲームなら何とかプレイできますが、3Dゲームになると、設定を下げてもプレイは厳しく、最悪起動すらしないでしょう。

また、動画・画像編集などクリエイター向けの作業に関しても同様で、比較的軽めの作業ならできなくないですが、そもそも編集ソフト自体要求スペックのが高いので、ストレスを感じながらの作業になるのは間違いありません。

Ryzen 5 3500U搭載おすすめノートPC

Ryzen 5 3500Uを搭載したPCや、後継モデルを搭載したおすすめPCを紹介します。

また、Ryzen 5 3500Uは一昔前のモデルなのでBTOショップなどでは販売されていることが希少となっています。

どうしてもRyzen 5 3500Uを搭載したモデルを探したい方は、中古パソコンの失敗しない選び方を参考に中古パソコンショップで探してみて下さい。

スクロールできます
おすすめモデルCPUメモリストレージサイズバッテリー重量
IdeaPad Slim 170
IdeaPad-Slim-170
Ryzen 5 3500U8GB256GB SSD15.6型約10.8時間約1.6kg
ThinkPad E15 Gen 3
ThinkPad E15 Gen 3
Ryzen 5 5500U8GB256GB SSD15.6型約 13.2時間約1.7kg
mouse B5-R5
mouse B5-i5
Ryzen 5 5625U8GB256GB 15.6型約 7.5時間約1.62kg

IdeaPad Slim 170

IdeaPad Slim 170
IdeaPad Slim 170
CPU : Ryzen 5 3500U
グラフィック : Vega8 Graphics
メモリ : 8GB
ストレージ : 256GB NVMe SSD
モニター : 15.6型
バッテリー : 約10.8時間
重量 : 約1.6kg

Lenovoで詳細・価格を見る

5万円台ながらRyzen 5 3500Uと、高速なSSD(PCIe NVMe/M.2)を搭載。

SSDで高速な読み込み速度とビジネス用途に耐えるCPUの組み合わせで、サクサクと作業をこなせる格安ノートPCです。

内蔵グラフィック「Radeon Vega 8 Graphics」の性能は、美麗な3Dグラフィックを売りにしたタイトルのプレイはできませんが、軽めの2Dゲームであればプレイ可能です。

わずか17.9mmと薄く収納や持ち運びにも便利で、Dolby Audio対応のスピーカーとHDウェブカメラにより、クリアなビデオ通話を楽しめます。

>>公式サイトで「IdeaPad Slim 170」を見る

ThinkPad E15 Gen 3

IdeaPad Slim 170
ThinkPad E15 Gen 3
CPU : Ryzen 5 5500U
グラフィック : AMD Radeon Graphics
メモリ : 8GB
ストレージ : 256GB NVMe SSD
モニター : 15.6型
バッテリー : 約 13.2時間
重量 : 約1.7kg

Lenovoで詳細・価格を見る

「Ryzen 5 3500U」の後継モデル「Ryzen 5 5500U」は、AMD Ryzenの最新チップ「Zen3」を使用しており、1コアあたりの周波数と並列処理が向上しています。

6コア12スレッドと1.5倍まで基本スペックが向上し、これにより特に動画エンコードのスピードが上がっています。

内蔵グラフィックの性能も『Fortnite』『VALORANT』くらいの軽いゲームであれば、設定次第で100fps以上のフレームレートでプレイ可能です。

軽めのゲーム、ビジネス用途、動画エンコードなどに幅広く使えるノートPCです。

>>公式サイトで「ThinkPad E15 Gen 3」を見る

mouse B5-R5

mouse B5-R5
mouse B5-R5pre
CPU : Ryzen5 5625U
グラフィック : Radeon グラフィックス
メモリ : 8GB
ストレージ : 256GB NVMe SSD
モニター:15.6型
バッテリー駆動時間:約7.5時間
重量:約1.62kg

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

「Ryzen 5 5600U」のマイナーチェンジモデル「Ryzen 5 5625U」を採用し、内蔵グラフィック性能も「Ryzen 5 5500U」に比べて約97%も向上している高性能モデルです。

mouse B5-R5 3D Mark
mouse公式サイトより引用

これにより、ビジネス利用だけでなく、イラスト制作を快適にこなせるようになり、軽めのゲームであれば快適にプレイ可能です。

mouse B5-R5 トリプルディスプレイ接続図
mouse公式サイトより引用

また、PC本体も含めてトリプルディスプレイでの使用も可能で、USB Type-Cでの接続は65WのUSB Power Deliveryに対応しているので、モニターへの給電をPC本体から行えます。

USB給電の一番の利点は電源コードを省略できるところで、これによりモニターとPCにそれぞれACアダプターを用意する必要がありません。

高水準な環境でビジネスや動画作業を外出先でも行いたい方におすすめです。

注意点として、動画を扱う場合はオプションで「SSDの増設」をすることをおすすめします。

デフォルト256GBのストレージは動画を扱うには容量が小さいので、快適な動画作業を目指すのであれば+1TBはあると安心です。

>>公式サイトで「mouse B5-R5」を見る

Ryzen 5 3500Uまとめ

今回の記事では「Ryzen 5 3500U」の性能を解説し、後継モデルも含めたおすすめノートPCを紹介しました。

以下おすすめモデルのおさらいと、まとめです。

スクロールできます
おすすめモデルCPUメモリストレージサイズバッテリー重量
IdeaPad Slim 170
IdeaPad-Slim-170
Ryzen 5 3500U8GB256GB SSD15.6型約10.8時間約1.6kg
ThinkPad E15 Gen 3
ThinkPad E15 Gen 3
Ryzen 5 5500U8GB256GB SSD15.6型約 13.2時間約1.7kg
mouse B5-R5
mouse B5-i5
Ryzen 5 5625U8GB256GB 15.6型約 7.5時間約1.62kg
  • 「Ryzen 5 3500U」はビジネス用途であれば最高のコスパ
  • 動画視聴やデュアルモニターも快適に行える
  • ゲーム用途は厳しい

ノートPC搭載CPUの中でも、エントリーモデルである「Ryzen 5 3500U」は5万円台から販売されており、ビジネスやネットサーフィンを快適に行える性能があるので、欲張らなければ非常にコスパがよいCPUです。

ゲームを快適に行いたいのであれば向いているとはいえませんが、非常に軽いゲームであればできなくはありません。

今回紹介したモデルのページには、オプションや別モデルを選ぶことでスペックが上がるものもあるので、自身の予算と、用途に応じて選び比べてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次