グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

CPUとは何か|CPUの役割と種類について解説

CPUとは何か

CPUはPCのパーツの中で最も重要なパーツの一つです。

CPUの性能がPCの性能を決めるといっても過言ではありません。

このページでは、CPUの役割や種類など、基本的な知識をわかりやすく解説します。

目次

CPUの役割

CPUは中央(演算)処理装置と呼ばれ、実際に様々な計算やデータ処理を中心的に行うコンピュータの「頭脳」といえるパーツです。

「頭脳」だけあって、CPUがなければPCを動かすことはできません。

間違いなくPCの最重要パーツなので、CPUの性能が悪ければPC全体のパフォーマンスが落ちてしまいます。

CPUは非常に発熱しやすく、発熱すると性能が低下するばかりか故障の危険性もあります。
CPUの性能を維持するためにファン(扇風機のようなもの)やクーラーを装着するのが一般的です。
CPUが発熱したらどうなるのか?は「CPUの適正温度は何度まで?|熱暴走の対処法を紹介」で解説しています。

CPUの性能を表す用語について

CPUとGPUの違い

CPUはコンピュータ全体の計算処理を行うのに対し、GPUは主に画像専門の計算処理を担当する点で、まったく違うパーツです。

GPUについては、以下のページで詳しく解説しています。

CPUの種類

現在流通しているCPUは、Intel(インテル)社とAMD(Advanced Micro Devices)社の2社が市場のほぼすべてを占めています。

ここではIntelとAMDの商品ラインアップとその違いを説明します。

IntelとAMDのCPUラインアップ

下記のとおり、IntelとAMDは廉価モデルから業務用まで幅広いラインアップでシェアを競っています。

長年の間トップシェアはIntelでしたが、2019年頃からはAMDのRyzenシリーズが人気となり、2021年4月現在はAMDがトップシェアとなっています。

スクロールできます
モデルIntelAMD特徴
最上位Core i9Ryzen 94K動画の編集やゲーム動画配信といったハードな作業に向いたハイエンドCPU
上位Core i7Ryzen 7ゲームや動画編集など個人向けの用途であれば負荷の大きい処理でも快適に行うことができる
中位Core i5Ryzen 5一般的な用途であれば十分なスペックを誇り、コストパフォーマンスに優れる
下位Core i3Ryzen 3ネットサーフィンや動画視聴、軽めの資料作成など、ライトな用途であれば十分こなせるスペック
廉価Pentium, CeleronAthlon性能も消費電力も控えめ。低価格PCへの採用が多い
業務用XeonRyzen Threadripper大容量の処理に耐えうる安定性が特徴で、ワークステーション・サーバーやアプリケーション開発、4K・8K動画の編集など、CPU性能をフルに使用する用途に。
高性能だが高価格なため、個人用ではほとんど採用されない
Intel製/AMD製CPUの製品区分と特徴

インテルとAMDの違い

インテルとAMDの違い

かつては「AMDのほうがマルチスレッド(一度にたくさんの種類の処理を行うこと)能力が高くて安い」、「Intelのほうがシングルスレッド処理は得意だが排熱に問題がある」などと言われていました。

しかし、現在は両社ともそれほど機能的な差は無いと言われています。

CPUの確認方法

ここでは現在使用中のCPUの確認方法をOS別に解説します。

Windows 10の場合

STEP
画面左下のスタートアイコン上で「右クリック」し、「システム」を選択
CPU チェック方法 Windows10 01
STEP
デバイスの仕様欄に使用中のCPUが表示される
CPU チェック方法 Windows10 02

macOSの場合

画面左上のリンゴマークをクリックし、「この Mac について」の中に「プロセッサ」という項目があり、Intel プロセッサの名前が表示されます。

CPU チェック方法 macOS
by : Apple サポート

CPU性能の見方と目安

CPUの性能は型番から大まかな情報を読み取ることが可能ですが、異なるメーカー・ブランド・グレード間での比較は困難です。

そのため、比較サイトを使用して算出されたスコアを目安に比較する方法が一般的です。

Intel製CPUの世代・型番の見方

Intel製CPUの型番説明
by : Intel社公式ホームページ
スクロールできます
英語日本語概要
BRANDブランド名「Core」「Pentium」「Celeron」「Xeon」など
BRAND MODIFIERグレードブランド内での区分け。Coreだと「i3」「i5」「i7」「i9」等がある
GENERATION INDICATOR世代Intel製の場合は数字=世代となるので、例の場合は「第11世代」
SKU NUMERIC DIGITS型番同モデル内での性能の良さ。数字が大きければ高性能
SUFFIX末尾モデル識別用文字。オーバークロック可/不可などがわかる

AMD製CPUの世代・型番の見方

AMD製CPUの型番説明
スクロールできます
日本語概要
ブランド名「Ryzen」「Athlon」など
グレードブランド内での区分け。Ryzenだと「3」「5」「7」「9」「Threadripper」等がある
世代AMD製の場合は「大きいほど新しい」。数字≠世代なので注意!
型番同モデル内での性能の良さ。数字が大きければ高性能
末尾モデル識別用文字。オーバークロック可/不可、省電力モデルかどうか等がわかる

PassMarkスコアの使い方

簡単にCPUの性能を比較する目安(ベンチマーク)を確認するサイトとしてPassMarkがあります。

ここではPassMarkのベンチマーク結果を基にCPUの性能を比較する手順を説明します。

STEP
使用中のCPUの型番+”passmark”でGoogle検索を行う
PassMark 検索 01
注意:型番は正しく入力しましょう!
STEP
表示されたページの一番上の検索結果の右側の数値がベンチマークスコア(これを比較する)
PassMark 検索 02

以下の表のように、PCの使用目的に応じて最低限のCPU性能は確保したいところです。
今回の結果だと、動画視聴やテレワーク等には十分ですが、3Dゲームをするには物足りないスコアです。

スクロールできます
PassMarkスコアの目安最適な用途
~2000ブログ更新など
2000~5000インターネット閲覧、一般的な事務作業など
5000~12000動画視聴やテレワーク等を問題なくこなせる
12000~190003Dゲームや多目的用途で使用可能
19000~クリエイター、ヘビーゲーマー向け
PassMarkスコア別の最適な用途

自作・交換におすすめのCPU

PCの自作やCPUの交換を検討しているみなさんに、CPUの中でも特に人気のある商品をいくつかおすすめします。

各社の最新鋭CPU2種と売れ筋CPUの2種類をご紹介しますが、交換の場合は以下の点に注意してください。

昔のPCだとマザーボードの規格が古く、最新CPUとソケットがつながらない可能性があるので、PCごと買い替えも検討したほうがいいかもしれません。

Intel Corei9-11900K

インテル
¥66,780 (2021/10/20 17:41時点 | Amazon調べ)

ここがポイント

  • Intelの個人向け高性能CPU
  • 動画編集・エンコードもサクサクの安定感
  • 高性能な分、発熱は対策の必要あり

AMD Ryzen 9 3950X

ここがポイント

  • AMDの個人向け高性能CPU
  • レビューでは「現時点で家庭用最強のCPU」との評価も
  • かなり人気があり、品薄気味(執筆時点)

Intel Corei5-10400F

ここがポイント

  • AMD Ryzen 5 と同価格帯のIntel製CPU
  • Intel製CPUの中でも特にコストパフォーマンスが良いという評判
  • 重いゲームを多重起動する場合は力不足を感じることも

AMD Ryzen 5 3500

ここがポイント

  • Amazonの売上ランキング(CPU部門)人気ナンバー1商品
  • コストパフォーマンスの良さに定評あり
  • 安心の冷却ファン付属モデル
参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる