MENU

メモリとは何か|用途別メモリ容量の目安・メモリの確認方法

メモリ(RAM)とは

パソコンのメモリが多ければ多いほど作業効率が良い、ということはよく知られていますが、「具体的にメモリ容量はどれくらい必要なのか?」という感覚は人それぞれです。

「メモリは16GBも必要ない。8GBで十分」と言う人もいれば、「16GBは絶対に必要だが32GBは不要」と言う人もいます。

このページでは、PCのメモリ(RAM)の役割や確認方法、用途別に必要なメモリ容量の目安について解説していきます。

目次

メモリの役割

「メモリ」とは、データを一時的に保管しておく場所であり、よく「作業机」に例えられます。

メモリが少ない(=机がせまい)といくら他のパーツの性能が良くても性能を活かしきれません。机がせまくて一人しか作業ができないと効率が悪いのと一緒です。

メモリが少ない状態
メモリが少ない状態

メモリが多ければ(=机が広ければ)、他のパーツも一緒に作業ができて(=マルチタスク)、効率が良くなります。

メモリが多い状態
メモリが多い状態

マルチタスクをするときだけでなく、動画や音楽のような大きなデータを処理するときもメモリ容量は重要です。

逆に言えば、大きなデータを扱わず、複数の作業を同時に行ったりもせず、ただインターネットを閲覧するだけの利用方法であればそれほど大きなメモリ容量は必要ありません。

グラフィックボードに搭載されているメモリ(VRAM、ビデオメモリ)はこのページで解説する「メモリ」とは違い、主にグラフィックの描画に使用されるメモリを指します。近年では仮想通貨のマイニングにも転用され、GPUの価格高騰を招く一因となっています。

用途別メモリ容量の目安

用途別に「最低限必要なメモリ容量」の目安をまとめました。

もし作業中にパソコンの動作が重いと感じるのであれば、メモリ容量を見直すことも必要かもしれません。

メモリが多すぎて困ることはないので、動作するかどうか不安に感じたら一段上の容量を買えばOKです。

容量用途
8GBオフィスソフトの使用・インターネット閲覧などPCへの負担が軽い作業向け
16GBゲーム用PCの基本スペック。ほぼすべてのゲームがサクサク。負担の軽い作業なら並行して作業可能
32GB~動画編集などPCへの負担が重い作業向け。4K 60fpsの映像編集も可能
用途別メモリの目安

文部科学省が子ども1人につき1台の情報端末を持たせようという「GIGAスクール構想」では、「メモリ4GB」が標準仕様とされています。
これはかなり切り詰めたスペックで、ごく簡単な教育ソフト以外はまともに動かせず、通常利用は期待できません。
事実上、パソコンを買うなら最低でも8GB、余裕があれば16GBというのが現時点でのPCユーザーの常識です。

メモリの確認方法

メモリの確認方法は「PCスペックの確認方法」でも解説していますが、今回はさらに簡単な方法で確認します。

STEP
画面左下のスタートアイコン上で「右クリック」し、「システム」を選択
メモリ確認方法 手順1
STEP
デバイスの仕様欄に実装RAM(=メモリの容量)が表示される
メモリ確認方法 手順2

実装RAM=メモリ16GBは仕事用としてもゲーム用としても標準的な数字です。

自作・増設におすすめのメモリ

PCの自作やメモリの増設を検討しているみなさんに、メモリの中でも特に人気のある商品をいくつかおすすめします。

メモリは初心者でも簡単に取り付けができるパーツです。

もしも初期不良や相性不良でメモリが動作しない場合も、以下の3点は全てメーカーの永久保証が付いているので安心です。

TEAM DDR3 8GBx2枚

Team
¥7,980 (2021/04/15 20:03時点 | Amazon調べ)

ここがポイント

  • 少し古いPCをメモリ増設で快適に
  • 現行のメモリ規格(DDR-4)の一つ前の規格(DDR-3)であることに注意!DDR-4とDDR-3は互換性がありません
  • メーカーによる「永久保証」でトラブル対応も安心

TEAM DDR4 8GBx2枚

ここがポイント

  • AmazonのPC用メモリの売れ筋ランキングで堂々の1位(執筆時点)
  • オフィス用途からゲーミングまで多用途に使える8GB*2の計16GB
  • 最もコストパフォーマンスの高いメモリの一つ

KLEVV DDR4 16GBx2枚

エッセンコアクレブ(Essencore Klevv)
¥15,488 (2021/04/15 19:57時点 | Amazon調べ)

ここがポイント

  • 動画編集などパワーが必要な作業や高性能ゲーミングPCの自作にも耐えうる16GB*2の合計32GB
  • 16GB*2、3200MHzの商品の中では最もコストパフォーマンスが良い
  • 永久保証のオーバークロックメモリ
この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる