グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

内蔵GPUとは何か?|グラフィックボードとの違いやメリット・デメリットを解説

内蔵GPUとは何か?

「内蔵GPU」とは、GPUの機能の一部をCPUに内蔵したものです。

「内蔵GPU」と「GPU」の違いは、PCでゲームを快適に遊んだり、効率よく動画編集などをする上で知っておくべき重要なキーワードなのでしっかり理解しましょう。

この記事では、「内蔵GPU」と「GPU」の違いや内蔵GPUのメリット、デメリットを解説します。

目次

CPUとGPUの関係性を整理しよう

CPUとGPUの関係性を整理しよう

「内蔵GPU」について知る前に、CPUとGPUの関係性について整理しましょう。

CPUは計算や命令を各パーツに出す頭脳的な装置のことで、GPUはグラフィックを処理する装置のことです。

CPUとGPUは、お互いに得意分野を分けて同時に動くことで、効率よくコンピューターを動かすための最重要パーツです。

CPUとGPUについては、以下のページで詳しく解説しています。

内蔵GPU=CPUに内蔵されたGPU=オンボードグラフィック

内蔵GPUとはCPUに内蔵されたGPUのこと

一般的にGPUとは「グラフィックボード」と呼ばれ、拡張カードとしてPCに付けるパーツになります。

「内蔵GPU」とは、グラフィックボードから一部のグラフィック処理機能だけをCPUに内蔵させたものです。

「オンボードグラフィック」とも呼ばれていて、グラフィックボードがなくても画面出力ができるCPUのことになります。

つまり、内蔵GPUとは「CPUの機能の一部」なのです。

内蔵GPUは、主にIntelとAMD製CPUの一部に搭載されています。

IntelとAMDの内蔵GPUの傾向

内蔵GPUは全てのCPUに搭載されているわけではありません。

CPUメーカーのIntelとAMDでも傾向が違います。

  • IntelのCPUには基本的にGPUが内蔵されています
  • AMDのCPUには基本的にGPUが内蔵されていません

PCを自作しようとしている人には、次の組み合わせをおすすめします。

  • ゲーム用途なら「CPU(内蔵GPUなし)+グラフィックボード」
  • ビジネス用途なら「CPU(内蔵GPUあり)のみ」

もちろん「CPU(内蔵GPUあり)」と「グラフィックボード」の両方を搭載しても構いませんが、併用するメリットは特にありません。

内蔵GPUとグラフィックボードの違いは「圧倒的な性能差」

内蔵GPUとグラフィックボードの違い

内蔵GPUとグラフィックボードには、ゲームや動画編集などの重たい処理で圧倒的な性能差があります。

内蔵GPUとグラボの性能比較

内蔵GPUとグラフィックボードの性能差を、ゲーミング性能を表すベンチマークスコアを使って解説します。

まずはNVIDIA GeForceグラフィックボードのローエンドからハイエンドまでのスコアをチェックしましょう。

スコア3000以上なら重めのゲームでも動かせます。

グラフィックボード3DMarkグレード
RTX 309019930ハイエンド
RTX 308017704ハイエンド
RTX 307013748ミドル~ハイエンド
RTX 30608650ミドルレンジ
GTX 20607603ミドルレンジ
GTX 16605477ローエンド~ミドルレンジ
GTX 16503620ローエンド
by:3DMark

続いてIntel 第11世代のCPUに内蔵されているGPUのスコアを見てみましょう。

内蔵GPU3DMarkグレード
UHD Graphics 750724ミドル〜ハイエンドCPUに内蔵
UHD Graphics 630453旧世代ハイエンドCPUに内蔵
UHD Graphics 620351旧世代ローエンドCPUに内蔵
by;3DMark

データを見てわかる通り、ハイエンドCPUの内蔵GPUは、ローエンドのグラフィックボードGTX1650にさえ負けます。

アーキテクチャが変わって内蔵GPUのパフォーマンスが上がったUHD Graphics 750でさえ、グラフィックボードとは5倍〜28倍もの性能差があるのです。

このデータではっきりわかるのは、内蔵GPUだと複雑なグラフィック処理が必要な3Dゲームを快適に遊べないということです。

内蔵GPUのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 消費電力と発熱が少なく静音
  • PC本体を小型化できる
  • グラボより安い
  • ゲーム性能や動画編集能力が圧倒的に低い
  • メモリ共有で全体的な処理が遅くなる

メリット1:消費電力と発熱が少なく静音

グラフィックボードは高性能なため、消費電力が高くて発熱も多くなります。

発熱を抑えるため、主にファンを回転させて風を送って冷却しますが、冷却機能が足りないパソコンだとそれなりの騒音がします。

一方内蔵GPUは性能を抑えているので少ない電力で動き、発熱も少なく静音化が容易です。

メリット2:パソコン本体を小型化できて価格も安い

グラフィックボードが不要なので、パソコン本体を小型化できます。

部品数を少なくできるので、パソコンの価格も安くなります。

デメリット1:ゲームや動画編集能力が圧倒的に低い

ゲームや動画編集のような重たい処理は高い処理能力が必要で、内蔵GPUよりもグラフィックボードの方が圧倒的に有利です。

内蔵GPUの性能は年々上がっていますが、グラフィックボードの性能も比例して上がってます。

さらにゲームや動画編集などに求められる能力も年々上がっているので、両者の性能差はいつまでたっても埋まりません。

デメリット2:メモリ共有でパソコンの動作が遅くなる

GPUはメモリ上の連続したデータを処理するのが得意で、CPUはランダムに配置されたデータを処理するのが得意です。

それぞれに適したメモリ(GDDRとDDR)があって、内蔵GPUは本来GPUには向いていないメインメモリをCPUと共有するので、単純にパソコンのデータ処理の動作が遅くなります。

内蔵GPUの確認方法

現在使用しているパソコンに搭載されているGPUを確認するためには、以下の手順で確認します。

STEP
画面左下の検索欄に「dxdiag」と入力
検索 dxdiag

画面左下の検索欄に「dxdiag」と入力すると検索結果で「dxdiag」という実行ファイルが表示されるのでアイコンをクリックします。

もしメニューバーに検索窓が無い(設定で非表示にしている)場合は、ショートカット(Windowsボタン+R)で「ファイル名を指定して実行」を呼び出して「dxdiag」と入力・実行してください。

ファイル名を指定して実行 dxdiag
STEP
GPUの「名前」を確認
DirectX診断ツール

「ディスプレイ」タグを選択し、デバイスの「名前」の欄にGPUもしくは内蔵GPUが記載されています。

3DMarkでこのGPU名を検索すれば、ベンチマークスコアを確認できます。

まとめ:内蔵GPUでゲームはできる?

まとめ:内蔵GPUでゲームはできる?
  • 内蔵GPUはグラフィックボードよりもかなり性能が低い
  • ブラウザゲーなど処理の軽いものであればプレイ可能
  • Netflixなどの映像鑑賞、Officeアプリを使ったビジネス用途なら問題ない

内蔵GPUについてまとめると、上記のようになります。

本当に軽いブラウザゲームならできますが、99%以上のPCゲームを快適に楽しめるレベルではありません。

ゲームに全く興味のないユーザーは、あえてGPUのことを気にする必要はありませんが、PCで快適にゲームをしたいのなら、グラフィックボードは必須と考えておきましょう。

参考リンク

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる