2013年04月02日(火)04時04分

稲船 敬二氏が日本市場におけるXbox苦戦の理由に言及「国産製品をサポートするのは自然なこと」

inafune3.jpg稲船 敬二氏

ゲーム・クリエーター稲船 敬二氏がIGNの取材に応え、Microsoftのコンソールが日本市場で苦戦し続けている現状についてコメント。国産製品をサポートするのは自然なことであると語っています。

稲船 敬二: 私がカプコンで働いていた時は、Xbox 360を精一杯サポートした。PlayStationも大好きだが、私はXboxも楽しんでいるし、個人的には悪いコンソールだとは思っていない。日本のユーザーがXbox 360を好んでいないのは理解しているが、私にはこれといった理由が見当たらないよ。

PlayStationは国産ブランドだから、というのも理由の一つかもしれない。日本人が国産製品にシンパシーを感じて惹かれるのは自然なことだし、私自身もそういうところがある。似たようなフィーチャーを搭載した2つの製品があって、一つは国産製品でもう一つが外国製品なら、国産の方が手に取り易いんだ。

そう見ると、XboxはMicrosoftがアメリカで作った製品だから、国産製品ではない。国産製品をサポートしようという気持ちは自然だよ。もっと沢山のXbox独占ソフトがあったら事情は異なっていたかも知れないが、大抵はマルチ・プラットフォームだからね。

[ソース: IGN]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 業界 タグ: -