グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

PCでスクリーンショットを取る方法4選|Windows 10とMacそれぞれ解説

PCでスクリーンショットを取る方法

ゲーム中の画面保存、検索中のちょっとしたメモなど、スクリーンショットは利用機会のとても多い機能です。

今回はWindows 10,Mac OSのスクリーンショット撮影方法について詳しく紹介します。

目次

Windows 10でスクリーンショットを取る方法

Windows 10のスクリーンショットを撮影する方法を4つ紹介します。

[PrintScreen]キーがないキーボードの対処法についても最後に紹介します。

画面全体を保存したい

画面全体を保存したい

[Win] + [PrintScreen]を押すと,パソコンの画面全体をそのまま画像として保存することができます。

スクリーンショット画像の保存先は“ピクチャ”フォルダの“スクリーンショット”にPNG形式で保存されます。

アクティブウィンドウだけスクショしたい

アクティブウィンドウだけスクショしたい

[Alt] + [PrintScreen]を押すと,今アクティブになっているウィンドウのみをスクリーンショットとして保存することができます。

スクリーンショットは“クリップボード”に保存されるので,ペイントなどのソフトに一度「貼り付け」をして保存する必要があります。

ゲーマーにおすすめ ShadowPlay

ゲーマーにおすすめ ShadowPlay

Nvidiaのグラボを使っている人は,「GeforceExperience」ShadowPlay機能を使ってスクリーンショットを撮影することもできます。

[Alt] + [F1]を押すことでスクリーンショットの撮影ができます。画像の保存先は“ビデオ”の“ゲーム名”のフォルダ内に保存されます。

ShadowPlayはゲームの録画もできる機能です。
例えば『Apex Legends』を録画したときの動画ファイルは“ビデオ”の“Apex Legends”フォルダに保存されます。

同じように『Apex Legends』のリザルト画面を[Alt] + [F1]で撮影した時のスクリーンショット画像も“Apex Legends”フォルダに保存されます。

ゲームの録画とスクリーンショット画像が同じ場所に保存されているため管理が楽になり便利です。

Shadow Playの使い方全般は以下の記事で詳細に解説しているので参考にしてください。

好きな部分だけを切り取りたいとき

Gyazo

「Gyazo」は画面の撮影・録画などができる高機能な画面保存フリーソフトです。

画面の範囲を自由に切り抜いてスクリーンショットを保存ができるだけでなく,そのまま画像のURLを共有したり,自由な範囲を7秒間のGIF画像にしたり,画面を動画として録画することができます。

まずは「Gyazo」をダウンロード,インストールしてください。

[Ctrl] + [Shift] + [C]を押して,スクリーンショットを撮影したい範囲をマウスのドラッグで指定します。

撮影が成功するとブラウザが起動します。

Gyazoでは,撮影した画像は自動でGyazoのサーバーに保存されるので,Google Driveと似たような使い方ができます。

スクショした画像はURLをそのまま共有することができるので、SNSなどに投稿する際も便利です。

[PrintScreen]キーがないときのスクリーンショットを撮影する方法

[PrintScreen]キーがなく[Fn]キーのみがあるキーボードもあります。

この場合は,WindowsFnSpaceキーが[PrintScreen]キーの代わりになります。

パソコンメーカーによって[PrintScreen]キーを代用するためのキーの組み合わせが異なる可能性があるので,マニュアルを確認してみてください。

[PrintScreen]キーにこだわらなければ,先ほど紹介した「Gyazo」を使えば[PrintScreen]キーがないパソコンでもスクリーンショットを撮影することができます。

Macでスクリーンショットを取る方法

Macでスクリーンショットを撮影する方法とそのショートカットキーは次の3つです。

  • 画面全体撮影 [Shift] + [command] + [3]
  • アクティブのウィンドウだけ [Shift] + [command] + [4] + [space bar]
  • 好きな範囲だけを切り取って [Shift] + [command] + [4]

スクリーンショットを取る方法まとめ

今回はWindows 10とMac OSでスクリーンショットを撮影する方法を紹介しました。

アクティブウィンドウだけ撮影したいとき、画面全体を撮影したいときなどそれぞれのシチュエーションで撮影方法を使い分けてみてください。

筆者の個人的なおすすめは最もお手軽な「Gyazo」ですが、一番良いのは自分に合ったスクショ方法を見つけることです。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる