グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

Shadow PlayでDiscord(ボイスチャット)の音声なしにゲーム音のみ録音する方法

Shadow PlayでDiscord(ボイスチャット)の音声なしにゲームのみ録音する方法

友人とDiscordやスカイプで通話しながら『Apex Legends』や『フォートナイト』といったオンラインゲームをプレイする、というのは当たり前の光景になっています。

スーパープレイが生まれて、GeForce Experienceのインスタントリプレイで切り抜いてツイッターやYouTubeにアップして自慢したいのに、自分や友達の声が入っているせいで動画がダサい!というトラブルはありがちです。

今回はその解決方法、つまり「ボイチャで話しながら録画したゲーム映像を、映像とゲーム音のみで録画する方法」をまとめました。

以上の項目を解説していきます。

Shadow Playの使い方全般は以下の記事で詳細に解説しているので参考にしてください。

目次

Shadow Playの録画に自分の音声を入れない方法

STEP
GeForce ExperienceのShadow Playを開き、「マイク」のアイコンをクリック

初期設定では「Alt+Z」キーを押すことで、Shadow Playが開きます。

STEP
「オフ」をクリック

以上で完了です。

これでShadow Playで録画しても、自分の音声は入りません。

マイクをオフにする以外にも、プッシュ・ツー・トーク機能で、特定のタイミングだけマイクをオンにすることもできます。

プッシュ・ツー・トークは、特定のキーを押している間だけマイクがオンになり、それ以外はマイクをオフにするという機能です。

友達の声(Discord等)を録画に入れない方法

ボイスチャットしている友達の声を録画に入れない方法は少し複雑なので、手順を追って解説していきます。

ここで説明する順番通りに操作してください。

「VB-CABLE」のダウンロード

STEP
「VB-Audio Software​」公式HPから「VB-CABLE」をダウンロード

公式HPから、「Download」ボタンをクリックして「VB-CABLE」をダウンロードします。

STEP
VBCABLE_Setup_x64を「管理者として実行」をしてインストール

ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、中にある「VBCABLE_Setup_x64」を右クリックして「管理者として実行」を選択してください。

STEP
Install Driverをクリックして、「VB-CABLE」のインストールが完了

Install Driverをクリックして、画面を進めていけばインストールが完了です。

「管理者として実行」を選択せずに「VBCABLE_Setup_x64」をクリックしてしまうと、エラーが表示されてインストールできないので注意してください。

Windowsのサウンド設定を変更する

STEP
デスクトップ右下の「スピーカー」アイコンを右クリックして、「サウンド」をクリック
STEP
サウンド設定画面が開いたら、再生タブをクリックして「CABLE input」を既定のデバイスに設定する

①サウンド設定の再生タブを開くと、CABLE input というデバイスが追加されています。

②このデバイスを右クリックして 既定のデバイスとして設定 をクリックしてください。

また、普段使用しているデバイス の名前は必ず覚えておいてください。

STEP
次に録音タブをクリックして、「CABLE Output」のプロパティから このデバイスを聴くにチェックを入れる

①録音タブを開くと CABLE Output が追加されているので、右クリックを押してプロパティを選択

②プロパティが開いたら、聴くタブをクリックして このデバイスを聴く にチェックを入れてください。

普段使用している デバイスを選択する。

ShadowPlayの録音設定を変更する

STEP
Shadow Playを開き、「マイク」のアイコンをクリックして設定を開く
STEP
オーディオ設定画面からマイクのソースとボリュームを変更する

マイクのソースを CABLE Output に変更して、ボリュームを0%に設定します。

ボイスチャットツール(Discord)の設定を変更する

Discordを例に、ボイスチャットツールでの設定を変更していきます。

STEP
Discord画面左下の歯車アイコンをクリックしてユーザー設定画面を開く
STEP
ユーザー設定画面の「音声・ビデオ」タブから入力デバイスと出力デバイスを変更する

音声・ビデオタブをクリックして、音声設定の入力デバイスと出力デバイスに 普段使用しているデバイス を設定してください。

Skypeなどその他のボイスチャットツールでもDiscordと同様に音声設定の入力デバイスと出力デバイスを変更してください。

この時 Default を選択してしまうと、相手に自分の声が聞こえないなどのトラブルが起こる可能性があるので注意してください。

以上ですべての設定が完了です。

実際の使用例

実際に『Apex legends』を友達とプレイして、普通に音声が入った設定と、自分と友達の声を入れない設定で録画しました。

上の動画では敵を倒したシーンで友達の「ナイス」という声や自分の声が入ってるため、キルクリップとしては少し邪魔になってしまっています。

こちらが実際にVB-CABLEを使用して友達の音声を録画機能に入らないように設定したものです。

ゲーム音声だけしか出力されていないため、キルクリップとしてかなり見やすい動画になっています。

GeForce Experienceで録画に音声を入れない方法まとめ

  • 自分の声を録画に入れたくなかったらShadow Playの設定からオフにする
  • 友達の声を録画に入れたくなかったらVB-CABLEをインストールして既定のデバイスにする。

VR-CABLEを使用することで簡単に友達の声の録画機能に入れない設定にすることができます。

音声が聞こえなくなったなどのトラブルが起きたら、選択しているサウンドのデバイスを間違えている可能性があるので注意しましょう。

なお、Shadow Play/GeForce Experienceの役割は録音だけではありません。「ゲーム画面にfps(フレームレート)を表示させる方法」ではゲーム中にフレームレートを表示する方法を解説しています。

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

参考リンク
この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる