グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

ゲーム画面にfps(フレームレート)を表示させる方法|おすすめfpsカウンター4選

ゲーム中fpsを表示させる方法

fps(フレームレート)という数値はFPSやTPSゲームをプレイする人にとって非常に重要で、fpsの差でゲームに負けてしまうこともあります。

フレームレートとは何か?」で詳しく解説していますが、PCゲームにとってフレームレートは決定的に有利不利を左右します。

なので、自分のPCはきちんと性能に見合ったfpsが出ているか、を確かめる必要があります。

この記事ではおすすめのfpsカウンターとその設定方法を紹介します。

目次

おすすめのFPSカウンター一覧

リアルタイムでフレームレートを表示できるfpsカウンターの表示方法を複数紹介します。

ランキングではありませんが、使用頻度が高いと思われる順で上からソフトを紹介していきます。

GeForce Experienceの使い方

メリット
デメリット
  • 設定画面がシンプルで見やすい
  • 一度覚えておけば、あらゆるゲームで使える
  • ネット上に操作解説がたくさんある
  • インスタントリプレイや録画にfpsカウンターは映らない
  • ​AMD製GPUだと使用できない


NVIDIA製のグラフィックボードを使っているなら、GeForce Experienceのfpsカウンターはベストな方法の一つです。

設定画面がとてもシンプルでわかりやすく、あまりパソコンを触ったことがない初心者でも簡単にfspカウンターを表示できます。

また、GeForce Experienceの録画機能やインスタントリプレイを使ってもゲームプレイ中に表示されているfpsカウンターが録画されていないというメリットがありますが、動画でfpsを検証したい人にとってはデメリットにもなります。

GeForce Experienceの設定方法

STEP
GeForce Experienceを起動

スタートメニューからGeForce Experienceを起動します。

STEP
右上のマークから、ゲーム内のオーバーレイを開くをクリック
STEP
右下の歯車から各種設定を行う

ALT+Zでもこの画面を開くことができます。

STEP
HUDレイアウトをクリック
STEP
パフォーマンスから、fpsと表示位置を選択
STEP
指定した位置にfpsカウンターが表示されるようになる

fpsは右上、右下、左上、左下のいずれかに設定して表示できます。

ゲームを終了してもfpsカウンターが残り続けてしまうことがある、というバグがありますが、画面を切り替えたりfpsカウンターの設定を一度変更することで消すことができます。

GeForce Experienceの録画機能「Shadow Play」の使用例を以下の記事で紹介しています。

MSI Afterburnerの使い方

メリット
デメリット
  • 最も多機能なユーティリティーツールの一つ
  • 録画映像にフレームレートを表示できる
  • 指定区間の平均フレームレートも計測できる
  • GPUやCPUの使用率や温度までリアルタイムで表示できる
  • インストールや設定に少し手間がかかる

MSI AfterburnerはGeForce Experienceと比べて多機能ですが、そのぶん設定には少々時間がかかります。

ただ、本気でゲームのフレームレートを計測・検証しようと思ったら「MSI Afterburner」は避けて通れません。

MSIのソフトですが、特にMSI専用というわけではないので、誰でも自由に使うことができます。

MSI Afterburnerの設定方法

STEP
MSI Afterburnerをダウンロード

公式サイトから「MSI Afterburner」をダウンロードします。

STEP
MSI Afterburnerをインストール

このとき、必ずインストールオプションから「RivaTuner Statistics Server」のチェックを外さず、「MSI Afterburner」と同時に「RivaTuner Statistics Server」もインストールしてください。

STEP
MSI Afterburnerの設定

MSI Afterburner」をインストールしたら以下のような画面が出てきます。左の歯車マークをクリックして詳細な設定を行います。

STEP
「モニタリング」タブを開く

「モニタリング」タブの中からフレームレートにチェック。下部にある「オンスクリーンディスプレイでの表示」にもチェックを入れてください。適用もしくはOKを押したら設定完了です。

フレームレート以外のグラフを表示させたくない場合は、それらのチェックマークを外せばOKです。

STEP
リアルタイムでfpsカウンターが表示されるようになる

fpsカウンターの位置やサイズ、色などを調整したい場合は同時にインストールした「RivaTuner Statistics Server」を使って調整可能です。

Frapsの使い方

メリット
デメリット
  • シンプルでわかりやすいfpsカウンター
  • 録画機能は有料

Frapsは公式サイトからダウンロードするだけでとても簡単に設定することができます。

Frapsは起動している最中はデフォルトで有効になっており、最初からF12キーがホットキーになっています(画面録画は有料ですが、fpsカウンター自体は無料で使えます)。

メリット
デメリット
  • スマホでPCゲームを遊べる
  • スマホでPCゲームの状態を管理できる
  • Radeon Softwareの機能なのでNVIDIA製GPUだと使用できない

AMD LINKはRadeon Software の一部の機能です。
Radeon SoftwareはAMD社が開発したソフトウェアで、いわばNVIDIA GeForce ExperienceのAMDバージョンです。

AMD LINKはリモートプレイであらゆる場所、あらゆるデバイスでPCゲーミングを楽しむことができるソフトですが、同時にPCゲームのプレイ環境をスマートフォンで管理できるソフトでもあります。

fpsカウンターだけでなく様々な機能があり、使い慣れてしまえばとても便利になるので、AMD製のグラフィックカードを持っている人はぜひチェックしてみてください。

ゲームクライアントでfpsカウンターを表示する

外部のソフトウェアを使うのではなく、ゲームクライアントから直接fpsを表示することもできます。

uplay

uplayは、設定画面から、一般の様々な項目の中に、「ゲームにfpsカウンターを表示する」という項目があるのでそこにチェックをすると、fpsカウンターを表示することができます。

Origin

Originはアプリケーション設定から、ORIGIN IN-GAMEのタブをクリック、下にスクロールするとゲームプレイ中のfpsカウンターの表示が出てくるので、お好みのところに配置すれば表示できるようになります。

Steam

初めに、ホームを開いて左上のSteamをクリックします。
設定タブをクリックします。

ゲーム中のフレームレート表示をクリックしてお好みのところに配置して表示することができます。

ゲーム内設定のfpsカウンター

SteamやOriginのようなゲームクライアント側にfpsカウンターが付いていない場合でも、ゲーム自体にfpsカウンターがついていることがあります。

Fortnite


『Fortnite』では、クライアントのEpic Gamesストアで設定をいじるのではなく、ゲーム自体の映像設定からfpsの表示をオンにするだけでfpsカウンター表示することができます。

非常に簡単なので実際に『Fortnite』をプレイしている人は確認してみましょう。

Call of Duty: Warzone

『Call of Duty: Warzone』も、クライアントの「Battle.net」からではなく、ゲーム内設定からfpsカウンターをオンにできます。

設定>全般>下にスクロールしていくとfpsカウンターが存在します。

ゲーム中のfps表示方法まとめ

  • 自分の環境に合ったソフトを使うのがベスト
  • お手軽さと多機能を両立しているのが「GeForce Experience
  • 最も詳細にフレームレートを表示できるのは万能の「MSI Afterburner
  • ゲームクライアントの設定でfpsを表示できるのが一番簡単

様々なfpsカウンターの表示方法を紹介しました。

もし、検証した結果「フレームレートが全く出ない」ということになったら、「おすすめゲーミングPC」や「おすすめゲーミングノートPC」、「安いゲーミングPC」などからゲームに合ったPCを探してみてください。

こちらの記事にて、当サイトが厳選したおすすめゲーミングPCを紹介しています。ぜひチェックしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめモデル|ゲーマー目線で初心者向けに選び方も解説!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる