グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

【厳選3モデル】おすすめの240hz対応ゲーミングモニター|ライバルと差をつけたいFPSプレイヤー向けに選び方を解説

おすすめの240hz対応ゲーミングモニター

FPSやTPSで勝つために必要な「ゲーミングデバイス」はいくつかありますが、「240hzモニター」はまさしく最強のデバイスです。

この記事では、

このすべての疑問に応え、240hzモニターのおすすめモデルと選び方について解説します。

おすすめモニターをおすすめする理由も具体的に紹介していくので、これから240hzモニターを買おうとしている人はぜひ参考にしてください。

おすすめモニターメーカー応答速度リフレッシュレートインチパネル
BenQ XL2546K
BenQ XL2546K
BenQ0.5ms(GtG)240hz24.5TN
ALIENWARE AW2521HF
ALIENWARE AW2521HF
Dell1ms(GtG)240hz24.5IPS
AOC AG251FZ2
AOC0.5ms(GtG)240hz24.5TN
目次

【メリット】FPSをやるなら「240hzゲーミングモニター」を使った方がいい理由

【メリット】FPSをやるなら「240hzゲーミングモニター」を使った方がいい理由

240hzゲーミングモニターを使うことのメリット

  • ゲーム画面が滑らかで見やすくなる
  • 激しいアクションシーンでもゲーム酔いしにくくなる
  • 普通のモニターを使っている時と比べてエイム力が一気に上がる
  • プロゲーマー並の環境でプレイできる

FPSやTPSでうまくなりたいなら「240hzゲーミングモニター」は必須レベルです。

理由は単純で、60hzモニターを使っているプレイヤーは144hzモニターのプレイヤーに撃ち勝てないし、144hzモニターのプレイヤーは240hzモニターのプレイヤーに撃ち勝てないからです。

これは極論ではありません。運よく1回60hzプレイヤーが勝てたとしても、長期的には圧倒的に240hzモニターのプレイヤーが有利です。

「240hzゲーミングモニター」を使った方がいい理由を詳しく説明していきます。

240hzとは何か?ゲーミングモニターを使うとゲームが滑らかに

そもそも「240hz」とは何なのか?を簡単に説明します。

モニターのリフレッシュレートとは、1秒間に何回モニターを更新できるか、という数値です。単位はhz(ヘルツ)です。

モニター上の動きは、「フレーム」と呼ばれる連続した静止画像をパラパラ漫画のように表示することで表現されています。フレームレート(fps)は1秒あたりに表示されるフレーム数です。フレームレートが高いほどフレーム数も多くなるので、動画やゲームはより滑らかに見えます。

フレームレート
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
ゲームのフレームレートが高ければ高いほど映像は滑らかになり、3D酔いしにくくなり、快適に操作できるようになります。

それだけでなく、フレームレートに比例してプレイヤーの反応速度も上がり、対戦ゲームではフレームレートが高いほうが有利になります。
フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は「フレームレートとは何か?」を参考にしてください。

普通のモニターは60hzなのでどんなにフレームレートの高いゲームや動画でも「60fps」までしか表示できませんが、「240hzのモニターで240fpsのゲームをプレイ」したら超滑らかな画面でゲームをプレイできます。

それこそが「240hzモニター」の真価です。

「240hzモニター」を使うことで、どれほどFPSやTPSで有利になるのか、記事全体で説明します。

リフレッシュレートとは何か」をもっと知りたい方は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

普通のモニターを使っているプレイヤーとエイムに圧倒的な差がつく

『Apex Legends』でドームファイトをするとき、普通のモニターを使っているプレイヤーは240hz勢に絶対勝てません。

『フォートナイト』で建築し合いながらショットガン合戦をするとき、普通のモニターを使っているプレイヤーは240hz勢に絶対勝てません。

理由は3つ。

  • 滑らかな画面とカクついた画面では操作難易度が違いすぎるから
  • そもそも240hzモニターのほうが先に敵を視認できているから
  • 普通のモニターは残像感が強くて、敵を視認できても正確なエイムができないから

これが何を意味しているのかは、動画を見れば一発でわかります。

普通のモニターを使っているプロプレイヤーは存在しない

フレームレートとキルレの関係
Fortnite および PUBG のキルデス比に基づく by:NVIDIA

FPSやTPSでは統計的に、フレームレートが高ければ高いほどキルレが上がる、ということが証明されています。

当然、各ゲームのプロゲーマーは勝利するために今買える(チームから支給される)範囲で最高の240hzモニターを使っています。

いくつか例を出してみましょう。

ProSettings.netでは1,600人以上のプロゲーマー&ストリーマーを分析してどのモニターを使ってゲームをしているかが記録されています。(個々に確認をとったわけではないので、100%確実な情報ではありませんが)

ゲームプロ+ストリーマー240hz以上のモニター所持
CS:GO461人461人
オーバーウォッチ187人163人
フォートナイト232人156人
VALORANT238人216人
by:ProSettings.net

付け加えるなら、ここで240hz以上のモニターが登録されていないプレイヤーはほとんどが「ストリーマー」もしくは「引退したプロ」です。

現役バリバリで戦いたい、上達したい、上のランクを目指したいならやはり240hzゲーミングモニターが必須です。

「低ランク帯には関係ないや」と思う人もいるでしょうが、実際は『Apex Legends』でゴールド帯のプレイヤーがモニターを変えただけでダイヤ帯まで行った、なんてことも珍しくありません。

フレームレートとリフレッシュレートの力はどんなレート帯でも通用します。

早くモニターを買いたい!という方は下記のボタンを押してください。

【デメリット】「240hzゲーミングモニター」を購入する際に気をつけるべきこと

「240hzゲーミングモニター」を購入する際に気をつけるべきこと

240hzゲーミングモニターを買うことのデメリット

  • 144hzモニターと比べて高価
  • PCスペックが低いと高性能モニターの意味がない
  • ノーブランドのモニターを買うと欠陥品をつかまされることも

「240hzゲーミングモニター」を購入することは、メリットばかりではありません。

なにも考えずに購入して後悔することにならないよう、事前に気をつけるべきことをチェックしておきましょう。

ゲーミングモニターは価格が高い

「ゲーミングモニター」は価格が高いです。1ランク下の「144hzゲーミングモニター」も高いのに、「240hzゲーミングモニター」はもっと高いです。

例として、同じメーカーの144hzモニターと240hzモニターで比較してみましょう。

スクロールできます
スペックI-O DATA GigaCrysta LDGC242HTBI-O DATA GigaCrysta EX-LDGC251UTB
リフレッシュレート240hz144hz
サイズ24.5インチ23.6インチ
応答速度0.6ms0.6ms
値段42,808円29,400円
値段は執筆時点

値段にして1万円以上の差があります。I-O DATAは安めのメーカーなので、高いブランドだともっと差が出るでしょう。

それでも、ここで妥協して144hzモニターを買ってしまうと、ゲームで強くなれません。

もし本気でFPSやTPSを上手くなりたいなら、1万円多く出してでも240hzモニターを買うことをおすすめします。

ゲーミングPCのスペックが低いと性能を引き出せない

当たり前ですが、「240hzゲーミングモニター」を買えばただちに240fpsで遊べるようになるわけではありません。

遊びたいゲームを240fpsで動かせるだけの高性能なパソコンが必要になります。

では、遊びたいゲームを240fpsで遊ぶためのパソコンのスペックはどう探せばいいのでしょうか。

『Apex Legends』を例にすると、公式の推奨スペックは

スクロールできます
CPUCore i5-3570T
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
推奨スペック(by:Apex Legends)

です。しかし、このスペックのPCで『Apex Legends』をプレイすると60fpsすら安定しません。

以下、人気のFPS・TPSゲームと、240fpsを出せるGPUをまとめてみました。

ゲームGPUフレームレート
Apex LegendsRTX 3060 Ti平均255fps
フォートナイトGTX 1660 SUPER平均316fps
VALORANTGTX 1660 SUPER平均300fps
フルHDグラフィック低設定

このベンチマークは戦闘しない時間も含めた平均フレームレートです。戦闘時にはもちろん重くなり、この平均fpsは維持できません。
また、それぞれ計測時期も方法も異なり、検証は完全な同一環境で行われているわけではないので、あくまで目安としてください。

240hzゲーミングモニターの性能を引き出すための「おすすめゲーミングPC」は以下の記事で紹介しています。

240hzゲーミングモニターの選び方

ゲーミングモニターを買う時のチェック項目

  • 応答速度は必ず確認すること
  • 画面サイズは24インチ前後を選ぶ
  • 液晶パネルはTNかIPSを選ぶ
  • 画面の位置調整機能の有無を確認する
  • モニター独自のゲーミング機能もチェックしておく

240hzゲーミングモニターおすすめモデル【厳選3機種】」はこれら全てをクリアしていますが、外せない条件もあるので順番に確認していきます。

応答速度は必ず確認

モニターの応答速度について、EIZOが非常にわかりやすい説明をしているので引用します。

液晶ディスプレイの応答速度とは、画面の色が「黒→白→黒」と変化するときに要する時間だ。 単位には「ms」(ミリ秒、1msは1秒の1000分の1秒)が使われる。応答速度が「12ms」の液晶ディスプレイは、画面の色が「黒→白→黒」と変化するときに12msの時間がかかるということだ。

EIZO

この説明は間違っていません。

ただ、ゲームの世界で登場する色は黒や白だけではありません。ゲームをするうえで本当に重要なのは「黒でも白でもない色→黒でも白でもない色→黒でも白でもない色」と変化する時間です。

そうした応答速度は「1ms(GtG)」と書かれます。ただの「応答速度1ms」より「応答速度1ms(GtG)」のほうが実践的で優秀ということです。

画面サイズは24インチを選ぼう

FPSやTPSの主流は24インチです。実際、「240hzゲーミングモニターおすすめモデル【厳選3機種】」も全て24インチ前後のモニターを選定しています。

一回り大きい27インチモニターも存在しますが、画面上で敵を視認したりエイムを合わせたりすることを考えると、24インチがベストです。

画面が大きければ敵の姿も大きく見えるので視認性は良いように思えますが、実際は画面全体が自分自身の視野に収まりきらず、敵に気付かない、なんてことが起こってしまいます。大きければ良いというものではないのです。

液晶パネルで選ぶ

液晶パネルの駆動方式は大きく分けて「TN」「IPS」「VA」の3種類。

ゲーミングモニターでよく使われるのは応答速度の速い「TN」ですが、240hzモニターに限ってはグラフィックも応答速度も重視した「IPS」採用モニターも存在します。(「VA」は240hzをサポートしていません)

パネルメリットデメリット特徴
TA応答速度が速い視野角が狭いゲーミングモニターの主流
IPS美しい色再現性高価240hzモニターにも使われる
VA優秀なコントラスト比応答速度が遅い144hzまでしかサポートしていない

応答速度だけを求めるなら「TAパネル」のものを選べばOKですが、応答速度+画面の美しさまで求めるなら「IPSパネル」も選択肢に入ります。

画面の高さ調整&画面を傾けることができるか

画面の高さ調整&画面を傾けることができるか
by:I-O DATA MAGAZINE

FPSやTPSは長時間プレイするうえ、エイムを安定させるためにも、姿勢は非常に重要です。

モニターの位置、高さ、角度は非常に個人差が大きいので自分でベストな位置を見つけるしかないのですが、そもそも「位置・高さ・角度を調整できない」のは論外です。

安いモニターだとこのあたりの設計が甘くて使い勝手が悪いのですが、「240hzゲーミングモニターおすすめモデル【厳選3機種】」では全て、安いモデルも含めて位置調整ができるモニターを選定しています。

モニター独自の機能が充実しているか

「DyAc⁺」や「black equalizer」のような、視認性や残像感を調整してくれるゲーミングモニターらしい独自機能も大きな売りであり選定基準です。

BenQ「DyAc⁺」

本当に安いノーブランドのモニターだと独自機能が全くないか、普通の機能を独自機能のフリをして書いているだけですが、「240hzゲーミングモニターおすすめモデル【厳選3機種】」ではそうした機能の充実性もポイントに入れて選定しています。

240hzゲーミングモニターおすすめモデル【厳選3機種】

一口に「240hzモニター」といっても、商品によってそれぞれ大きな違いがあります。

そこで、240hzゲーミングモニターのおすすめモデルを3つ厳選しました。

基準は、「評価の高さ」「スペックの高さ」「プロ人気」「値段」の総合判断です。

おすすめモニターメーカー応答速度リフレッシュレートインチパネル
BenQ XL2546K
BenQ XL2546K
BenQ0.5ms(GtG)240hz24.5TN
ALIENWARE AW2521HF
ALIENWARE AW2521HF
Dell1ms(GtG)240hz24.5IPS
AOC AG251FZ2
AOC0.5ms(GtG)240hz24.5TN

【定番ならこれ】BenQ ZOWIE XL2546K

ベンキュージャパン
¥61,000 (2021/07/18 14:44時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
リフレッシュレート240hz入出力端子HDMI2.0 / DP1.2 / ヘッドフォンジャック
応答速度0.5ms(GtG)解像度フルHD
サイズ24.5インチ内臓スピーカーなし
パネルTN高さ調節あり
重量6.2 kg機能DyAc⁺/Black eQualizer
画面回転ありサイズ‎57.1 x 20 x 52.1 cm
BenQ ZOWIE XL2546K』のスペック
メリット
デメリット
  • 信頼のBenQ
  • 定番商品なのでおすすめ設定がネットで見つかる
  • プロゲーマーにも人気
  • 超高速「応答速度0.5ms(GtG)」
  • モニターの高さ・角度調整も簡単
  • TNパネルなのでモニター視野角がやや狭い
  • 人気すぎて一時的に在庫が切れることも

今日本で最も人気のある「240hzモニター」といえばBenQのこのモデルでしょう。

シンプルに最強クラスのスペックなので、「FPSで勝ちたいならこれ!」という定番モデルになっている感があります。

240hzモニターに期待される機能は全て揃っており、何よりうれしいのは、利用者が多いため「ゲーム別のベストなモニター設定」がネットにたくさん出回っており、ネット情報から完璧な設定を作り上げることができる点。

これっばっかりは不人気モニターでは絶対に不可能なBenQならではの特権です。

240hzゲーミングモニターの大定番!

【IPSパネルならこれ】ALIENWARE AW2521HF

スクロールできます
リフレッシュレート240hz入出力端子HDMIx2,DPx1,USB3.0アップストリームx1,USB3.0ダウンストリームx4,ヘッドホンアウトジャックx1,オーディオラインアウトx1
応答速度1ms(GtG)解像度フルHD
サイズ24.5インチ内臓スピーカーなし
パネルIPS高さ調節あり
重量7.17kg機能FreeSync Premium/G-SYNC Compatible
画面回転ありサイズ高さ421.21-526.08mm×幅556.29mm×奥行251.92mm
『ALIENWARE AW2521HF』のスペック
メリット
デメリット
  • 人気のALIENWAREブランド
  • 色再現性が高く美しいIPSパネル
  • 高速な「応答速度1ms(GtG)」
  • 高さ・角度・モニターの縦横まで自由自在に設定できる
  • ゲームだけでなく映画鑑賞や動画編集にも最適
  • メーカーサポートが遅い
  • BenQの「応答速度0.5ms(GtG)」には敵わない
  • 人気すぎて一時的に在庫が切れることも

言うまでもなく大人気、ALIENWAREのIPSパネル240hzモニターです。

海外プロゲーマーのデバイスを分析して「最高のゲーミングモニター」を決める企画ではBenQと並んで「ALIENWARE AW2521HF」の旧モデルがランクインするレベルで、いかにこのモデルが世界的な信頼を得ているかがわかります。

これはBenQとALIENWAREのどっちがいいということではありません。

一部のゲーマーがグラフィックの美しさをある程度捨てて応答速度やスペックに全振りしたBenQを高く評価するのもわかりますが、美しい画面と限界まで速い応答速度の両立を目指すALIENWAREも高く評価されている、ということです。

グラフィックと応答速度の両立!

【低価格ならこれ】AOC AG251FZ2

AOC
¥52,155 (2021/07/20 20:41時点 | Amazon調べ)
スクロールできます
リフレッシュレート240hz入出力端子Dサブ, USB, HDMI, ディスプレイポート
応答速度1ms(GtG)解像度フルHD
サイズ24.5インチ内臓スピーカーあり
パネルTN高さ調節あり
重量‎9.98 kg機能FreeSync/Dial Point/シャドウコントロール
画面回転ありサイズ566.65(W)x 545.21 (H) x 218.2 (D)
『AOC AG251FZ2』のスペック
メリット
デメリット
  • 240hzモニターにしては安い
  • 高速な「応答速度1ms(GtG)」
  • 高さ調整ができる
  • 簡易リモコン付き
  • 海外ではプロにも使われているが、日本では知名度の低いメーカー
  • TNパネルなのでモニター視野角がやや狭い
  • 「応答速度0.5ms(GtG)」には敵わない

AOCといえば日本ではブランド力が低く「低価格で240hzモニターを売ってるメーカー」ですが、実は海外でも評価されているちゃんとしたメーカーです。

『レインボーシックス シージ』プロ使用モニターのトップ5にも旧モデルがランクインしているほどで、安かろう悪かろうということもありません。

手元で操作できるリモコンや内蔵スピーカーなど、他の240hzモニターにない便利機能も付いており、十分「高コスパ」といっていい出来です。

使い勝手の良い格安240hzモニター

240hzモニターに関するよくある質問

初めて240hz対応モニターを買おうという人が抱きがちな疑問に、240hzモニターを常用している筆者がFAQでこたえてみました。

240hzモニターでPCゲームをするならPCはデスクトップとノートのどっちがいい?

ノートPCでも外部ディスプレイとして240hzモニターを接続すれば使えます。しかし、240hzモニターの性能を使いこなせるほど高性能なノートPCはほぼありません。

240hzモニターは高性能なデスクトップゲーミングPCとのセットが基本です。

>>デスクトップゲーミングPCおすすめモデル一覧を見る

60fpsと144fpsには大差がないって言っている人がネットにいるけど本当ですか?

完全にウソです。60fpsと144fpsは誰にでも見分けられるし、誰でも体感できます。

フレームレート(fps)とは何か?」でも動画付きで詳細に解説していますが、FPSのフレームレートが60fpsだと「ちょっとガクガクでプレイしにくい」と感じるレベルで、144fpsだと「快適」に感じられます。

144fpsと240fpsには大差がないって言っている人がネットにいるけど本当ですか?

半分本当で半分ウソです。ゲームによっては、144fps以上のフレームレートが出ないようになっていたりしますし、そもそもほとんどのゲームは144fpsあれば十分快適にプレイできます。

「240fpsが必要」なのは対戦型ゲーム、特にFPSやTPSだけです。『Apex Legends』や『フォートナイト』のようなゲームでは、144fpsと240fpsで圧倒的な有利不利が生まれます。

「144hzモニターだと撃ち勝てないのに240hzモニターなら撃ち勝てる」経験が何度も続いて、「やっぱり差があったんだ」と気付く人も多いです。

144fpsで十分なゲームしかプレイしていない人は、「おすすめの144hz対応ゲーミングモニター」から144hzモニターをチェックしてみてください。

240hzモニターを使っているのに240fpsが出ない。モニターの設定がおかしい?

よくある設定ミスとしては、デスクトップを右クリック→ディスプレイ設定→ディスプレイの詳細設定のリフレッシュレートが60hzや59hzに設定されてしまっている場合です。

プロパティから画面のリフレッシュレートを240ヘルツに設定すればすぐに直ります。「リフレッシュレートとは何か?」では画像付きでリフレッシュレートの確認方法を詳しく解説しています。

PS5でも240hzモニターは使えますか?

使えます。

ただし、PS5は最大120fpsまでしか対応していないので、240hzモニターではなく120hzもしくは144hzモニターで十分です。240hzモニターを使うならやはりゲーミングPCとセットという形をおすすめします。

240hzモニターを買ったらすぐにFPSで強くなれますか?

なれます。

もしあなたが初心者ならそもそもそのゲームを上手くなる必要がありますが、ゲームで高ランク帯にいるプレイヤーであれば、144hzモニターから240hzモニターに変えただけで劇的に空間把握能力やエイム力・反応がアップし、中級者の人程効果的です。

>>240hzモニターおすすめモデル一覧を見る

中古のモニターをメルカリで買おうと思うのですが、大丈夫ですか?

大丈夫じゃありません。

中古モニターによくあるのは、いわゆる「ドット落ち」で画面が見づらくなっていたり、部品が足りずにモニターの角度調整ができなくなっていたり、古くてモニターが黄ばんで汚れたいたり傷だらけだったりなど。

せっかく240hzモニターで快適なゲーミング環境を作ろうとしている人のテンションを下げるような不具合に遭遇しがちなので、おすすめできません。

240hzモニターはどのケーブルに対応していますか?

HDMIやディスプレイポートは当然使えますが、詳しくはモニターによって異なるので、Amazonページなどの「接続端子」もしくは「入出力端子‎」の項目をよく読んでみてください。

240hzモニターは何年くらい使えますか?

製品としては、5年どころか10年は使えます。

高フレームレートモニターのトレンドがこれから360hzまで移行するにはかなりの時間がかかるでしょう。プロゲーマーを含めた多くのプレイヤーのコンセンサスが「240hzあれば十分」で固まっているので、「240hzモニター」を買っておけば今後5年以上は困りません。

「壊れたりしないの?」という意味なら、デスクから落下するとか、よっぽど乱暴な扱いを受けない限り壊れません。

ゲーミングモニターでよく聞く「黒画面の挿入」とはなんですか?

ゲームプレイ中の残像感を減らすため、フレーム間に一瞬黒画面を挿入することで残像感を減らす技術のことです。最近はどのメーカーのモニターも「DyAc+」「MPRT」「ELMB」など違う名前を付けて似た機能を搭載しています。

フレーム間に黒画面を挿入することで視認性はアップしますが、ごくわずかな遅延が生まれる可能性があることを危惧してこの機能をオフにしているプロゲーマーも存在します。

240hzモニターの設置って時間がかかるんじゃないの?

段ボールから開封する時間を含めても、10分ほどでPCと接続出来ます。面倒なセッティングはありません。

240hzモニターのメーカーは結局どこが一番いいですか?

この記事で厳選して紹介した「BenQ」、Dellの「ALIENWARE」、「AOC」はどれもおすすめです。

逆に、240hzモニターのメーカーで買ってはいけないところはありますか?

どのメーカーも競争しながら優れた商品を出しているので特別ダメなメーカーはありませんが、ノーブランドの製品はおすすめしません。単純にコスパが悪いです。

240hzゲーミングモニターおすすめモデルと選び方まとめ

おすすめモニターと選び方のおさらいです。

おすすめモニターメーカー応答速度リフレッシュレートインチパネル
BenQ XL2546K
BenQ XL2546K
BenQ0.5ms(GtG)240hz24.5TN
ALIENWARE AW2521HF
ALIENWARE AW2521HF
Dell1ms(GtG)240hz24.5IPS
AOC AG251FZ2
AOC0.5ms(GtG)240hz24.5TN

240hzゲーミングモニターの選び方まとめ

  • FPSやTPSで勝ちたいなら240hzモニターは必須
  • 評価の高いモデルを選べば間違いない
  • ノーブランド品や中古品は避けよう

240hzゲーミングモニターを買うとき、「このモニターで何のゲームをプレイするか」を意識して買うと、買ってから後悔しません。

ゲーム別推奨ゲーミングPC」ではそれぞれのゲームがどのくらいのPCでどのくらいのフレームレートを出せるのか、が検証されているので、「本当にこのゲームに240fpsが必要なのか?」「今持っているゲーミングPCで240fpsを出せるのか?」を考えることができます。

現時点で高性能なパソコンを持っていない方は、「おすすめのゲーミングPC」から「240hzゲーミングモニター」に相応しいパソコンを選んでセットで購入することをおすすめします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる