グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

テレビはPCモニターとして代用できる?|メリット・デメリットとおすすめの使い方を解説

テレビをPCモニターとして代用できる?

「テレビをPCと繋いだらPCモニターの代わりになるのではないか」と考えたことがある人も多いでしょう。

普通のPCモニターよりも大きな画面で見れるし、メリットが多そうな感じもしますが、今回は「テレビ」と「モニター」の違いを解説します。

結論から言うと

テレビでモニターの代用をできるかどうかは使い方次第
ゲームをする人は物足りない可能性あり
PCモニターのほうがPCの性能を引き出すことができる

となります。

テレビをモニター代わりに使うメリットデメリット、おすすめのテレビの使い方も紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

テレビはPCモニター代わりになる?

結論から言うとPCの画面はテレビに映せます。

PCからの映像信号さえしっかり入力できていれば、フルHDでも4Kテレビでも問題なく描画可能です。

テレビをPCモニターとして使う方法

テレビをPCモニターとして使う方法

実際にテレビをモニター代わりに使う方法ですが、通常のモニター接続と何も変わりません。

最近のテレビやPCはHDMI端子が付いているので、HDMIケーブルで繋ぐだけで簡単に映すことができます。

HDMI端子が付いていないPCやテレビでもDisplayPortやDVIケーブル、もしくはVGAというアナログ出力でも一応映すことができます。

仮にPCとテレビの端子が一致しない場合は、変換ケーブルを使用することで解決できます。

テレビに映った後は、繋がった先のテレビの解像度に合わせてPC画面が映ります(機種にもよります)。

テレビをPCモニターとして使うメリット、デメリット

テレビをPCモニターとして使うメリット、デメリットを紹介します。

メリット
デメリット
  • 大画面なので作業スペースが広い
  • 映像が綺麗で動画や画像をより楽しむことができる
  • モニターを買い足す必要がない
  • PCを使う姿勢がきつい
  • 文字やアイコンが小さくなってしまい、見にくい
  • 応答速度が遅く、PCゲームには向かない

テレビをPCモニターの代用で使うメリット

テレビはPCモニターと比べて画面サイズが大きい製品が多いので、ブラウザとワードで画面を半分ずつ使うなど、一つのモニターの中で2つの作業をするマルチモニター的な使い方もできます。

また、テレビは映像を美しく描写することが得意なので、動画や画像をより綺麗な映像で楽しむことができます。

さらにテレビでPCモニターの代用ができればモニターも買わなくて済むので、余計な出費を減らせるというメリットもあります。

テレビをPCモニターの代用で使うデメリット

テレビはPC用に作られたものではないので、いくつか問題もあります。

まず、テレビがテレビ台などに設置されているとソファや床に座るので、PCとして作業しにくい姿勢になる可能性が高いです。

2つ目に、テレビは使用者との距離が遠いため、文字やアイコンが小さいという問題がより顕著になります。

表示を拡大することで解消できますが、そうすると一度に画面に映せる情報量が減ってしまうので、スクロール量が増えたり、アイコンが逆に隠れてしまったりします。

3つ目は、描写速度がPCモニターほど早くない点が挙げられます。

描写速度の遅さはゲームをする人にとって重要な問題です。

人間は8ms(0.008秒)の違いが認識できる(東京都市大学)と言われていますが、PCモニター、特にゲーミングモニターは応答速度が1ms(0.001秒)などの高速に設定されているものが多いです。

テレビの遅延はゲーミングモニターと比べてけた違いに大きいので、素早いレスポンスが重要となるFPSなどのゲームではかなり気になる人も多いでしょう。

テレビのリフレッシュレート(1秒間に何枚の静止画を描写できるか)は60hzが一般的で、それ以上のリフレッシューレートに対応したものはまだまだ少ないこともネックです。

詳しく知りたい方は「フレームレート(fps)とは何か?」と「リフレッシュレートとは何か?」をセットで参考にしてください。

テレビをPCモニターとして使用できるパターン

テレビをPCモニターとしておすすめできる人

以上、メリットデメリットを紹介してきましたが、実際にテレビでPCモニターを代用できる人はどんな人なのか?をご紹介します。

長時間PC作業をしない人

PCはたまにしか使わなくて、ネットでちょっと調べ物をする、動画を見るといった使い方であれば、テレビで代用してもよいでしょう。

ネット閲覧も画面が大きいと見やすくなり、動画や映画を視聴するときはテレビの性能を最大限に活かせます。

ゲームをやりこまない人

通常の使い方をしていて、表示遅延/応答速度やリフレッシュレートが問題となることはほとんどありません。

コンマ数秒を争うようなゲームをしない人にとっては、テレビは映像が綺麗な優秀なPCモニター代わりとなります。

仮にゲームをする場合でもゲームモードが付いているテレビもあるので、対戦ゲームやアクションゲームをやりこむタイプのゲーマーでなければそれほど不満は抱かないでしょう。

逆に、対戦ゲームやアクションゲームをやりこむような人は「おすすめの144hz対応ゲーミングモニター」や「おすすめの240hz対応ゲーミングモニター」からゲーミングモニターを探してみることをおすすめします。

省スペースにしたい人

部屋のスペースの関係であまり物を置けないという方は、テレビも置く、モニターも置くとなればその分スペースが占有されてしまいます。

部屋をすっきりさせたいという人はテレビだけでも十分です。

今あるテレビを使うことができればモニターを買う必要はないので節約にもなります。

デスク上でテレビ兼PCモニターとして使う予定の方は、大きすぎる製品は避けましょう。24インチ前後が全体も見やすくおすすめです。

レグザ(Regza)
¥33,100 (2021/09/23 09:25時点 | Amazon調べ)

テレビではなくPCモニターを使ったほうがいいパターン

PCモニターを使ったほうがいい人

次に、テレビではなくPCモニターを使ったほうがいい人の特徴を紹介します。

PCがないと仕事にならない人

テレビの設置場所にもよりますが、リビングのソファや床に座っての作業では正しい姿勢が維持できず、疲労が溜まります。

PCがないと仕事にならないという人は、普通にデスクにモニターを置いて作業したほうが負担は少なくなります。

PCの置き方を検証してみた」ではPCをどこに置くのが正解か、詳しく検証しているので参考にしてください。

家族がテレビを使う人

家族や同居人がいる方はもしかしたらテレビの取り合いになりかねないので、そういう可能性のある方はモニターの購入をおすすめします。

テレワークなどをきっかけに家で仕事をする機会が増えた人も多い昨今、仕事中にテレビを使うことができなくなると家族から文句を言われてしまうかもしれません。

コアゲーマー

PCでたくさんゲームをする人は絶対にゲーミングモニターを使ったほうがいいです。

応答速度はテレビよりも圧倒的に早く、リフレッシュレートも高く設定されているものが多いので、滑らかな映像でゲームを楽しむことができます。

特にシューティングやFPSをプレイするゲーマーにはおすすめです。

おすすめの144hz対応ゲーミングモニター」や「おすすめの240hz対応ゲーミングモニター」ではそれぞれスペックと予算に合ったPCモニターを紹介しているので、PCゲーマーはそちらを参考にしてください。

テレビをPCモニターとして使う方法まとめ

・PCで「何をしたいか」が鍵
・長時間PCを使わない場合はテレビでも十分
・ゲーミングPCの性能を引き出したいのであればゲーミングモニターが必須

以上、テレビをPCモニターとして使う方法、メリットデメリット、おすすめできる人を紹介してきました。

テレビはPCモニターの代わりとして使うことは可能ですが、場所によっては使いにくかったり、自分の使い方に合わないこともあります。

自分がどのようにパソコンを使うかということを明確にすればテレビで十分なのか、モニターを使ったほうがよいか迷うことはなくなるでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる