【※在庫限り※】フロンティアのゲーミングPCセール情報まとめ

WindowsOSは中古で購入すると違法なのか│具体的な注意点と中古PCからのOSの抜き取りについても解説!

中古のWindowsOSはヤフオクなどのフリマサイトで格安で購入できますが、結論から言えば購入することはおすすめしません。

この記事では、

中古のWindowsOSは安全なのか、違法なのかについて注意点を踏まえながら詳しく解説していきます。

当サイトでは、「中古パソコンの選び方」と「中古パソコンおすすめショップ」についても詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

中古のWindows OSに関する注意点

ヤフオク winos

ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリでWindowsOSをインストールするためのプロダクトキーというコードが書いてあるシールが定価よりもかなり安い価格で売られています。

結論からいうと、こういった場所で販売されているWindowsOSやプロダクトキーはすべてMicrosoftのライセンス違反です。また、入手方法によっては違法の可能性も十分にあります。

こういったプロダクトキーの主な入手経路としては、

  • 廃棄されるパソコンからはがしたもの
  • 企業向けライセンスを不正に入手したもの
  • 個人が中古パソコンからはがしたもの

主にこの3つです。

業者や個人が廃棄されるパソコンから、プロダクトキーをはがし販売する行為はMicrosoftのライセンス違反行為にあたります。

しかし、一企業のライセンス違反行為であり、法律違反ではないというのが現状です。

ただ、やり方によっては海賊版の販売と認められるケースもあるため、パッケージ版の購入または、安心できる中古パソコンショップで最安値のパソコンを入手した方が健全です。

これはOSだけに限らず、中古パソコンをメルカリで買う際にも注意点があるので気をつけましょう。

フリマサイトで売られているライセンスは使えない可能性や、一定期間を過ぎると使えなくなる可能性があり、対処ができないので購入はおすすめしません。

中古パソコンからWindows OSを抜き取って別PCにインストールは可能?

中古パソコン イメージ

Microsoftの規約に違反せず、中古パソコンからOSを移植することはできる場合とできない場合があります。

いくつかの制約があるのでしっかりと知識をつけてからでないとお金が無駄になってしまう場合があるのでその注意点について解説していきます。

現在マイクロソフト社が販売しているライセンスにはいくつかの種類があります。

  • リテール版
  • OEM(Original Equipment Manufacturing)版
  • DSP(Deliver Service Partner)版
  • VL(Volume license)版

この種類によって、ライセンスの譲渡が可能かが変わってきます。

以下の項目をタップ(クリック)すると、詳しい説明を見ることができます。

「再生PC用OS」と記載されているものは個人では使用できないので注意

再生PC用OS販売ページ

オークションサイトにまれに「再生PC用OS」なるものが出回っています。

これは、WindowsXPやWindows7の時代によく見受けられたもので、業者が中古パソコンのOSを再インストールする時に使われるOSです。

ライセンスに関する認識が今よりもおざなりだったのか、この時代はオークションなどで個人でも簡単に入手することができていたようです。

最近ではほぼ見かけておりませんが、再生PC用OSは中古パソコンを扱う業者に向けてマイクロソフトが特別に許可を取っているOSのため、フリマサイトに出ているものはほぼ確実に違法で入手したものといっていいでしょう。

また、この違法に入手した再生PC用OSをリテール版として販売している販売者もいるので、オークションやフリマサイトでのOS購入はおすすめしません。

Windows OSがインストールされてない方は新品で購入するのがおすすめ

OSは中古販売で購入するのは上述したようにかなりのリスクをともないます。

なので、どうしてもOSだけ欲しい場合はリテール版または、DSP版の購入をおすすめします。

また安価だからと言って、Windows7や8などの旧OSを購入することもおすすめしません。

旧OSはすでにサポート期間が終わっており、セキリュティの観点からウィルスに関せしてしまう可能性が非常に高いからです。

そのため、Windows11への無償アップグレードも行っているWindows10のリテール版またはDSP版を購入するのがいいでしょう。

マイクロソフト
¥19,480 (2022/12/07 10:52時点 | Amazon調べ)

Windows OSがインストール済みのおすすめ中古パソコンショップ

OSだけ入手するのではなく、最初からOSがインストールされた中古パソコンを購入するのも選択肢の1つです。

中古パソコンは格安で購入できるものがあり、信頼できるショップで購入すればしっかりと動作するので予算が少ない人にも安心です。

1位:OraOrA!

OraOrA!
OraOrA!
納期:翌営業日発送
支払い:代金引換/コンビニ/カード決済/Amzon pay
サポート:平日9時~16時
保証:90日保証

OraOrA!の公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 全商品バッテリー最大容量70%以上
  • 高性能で安い良コスパの商品が多い
  • 90日間の保証対応
  • サイト設計がやや見辛い


「ノートパソコンをよく持ち運ぶ」「とにかくコスパのいい商品が欲しい!」という方には『OraOrA! 』がおすすめです。

『OraOrA! 』では全商品がバッテリー最大容量70%以上というのが特徴で、購入する際にノートパソコンのバッテリー残量を気にする心配がありません。

OraOrA!のネット上の評判でも、バッテリー保証やコスパの良さは多くの利用者から評価されています。

ノートパソコンを頻繁に持ち運ぶ方には、外出先でバッテリーがすぐなくなってしまうというトラブルも避けることができます。

さらに、ビッグセールや今月のお買い得品など、高性能なパソコンを安く買えるイベントを多く開催しているため、コスパ重視でパソコンを購入したい方におすすめです。

保証期間も最大90日あるので、安心して購入することができます。

ノートパソコン・デスクトップどちらも多数の商品を取り扱っているので必ず自分にあったパソコンが見つかります。

また万が一OSに不具合が発生しても、初期不良として交換することができます。

OraOrA!のサポートは対応が良いとこで有名で、初期不良による送料もOraOrA!が負担してくれます。

コスパ重視で買うならココ!

「OraOrA!」公式サイトを見る

2位:JUNKWORLD

JUNKWORLD
JUNKWORLD
納期:発送日から翌日~1週間
支払い:代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
サポート:平日9時~18時
保証:30日保証

JUNKWORLDの公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 低価格帯の商品が豊富
  • 13時までの決済で当日発想可能
  • 中古のゲーミングパソコンも取り扱っている
  • 保証日数が30日とやや短め
  • 価格が安い分、美品は少なめ


とにかく安くパソコンが欲しい方には『JUNKWORLD』での購入をおすすめします。

特徴はなによりも価格の安さで、1万円以下で購入できるパソコンの取扱数は中古パソコンショップの中でも最多です。

その圧倒的な価格の安さから、JUNKWORLDのネット上の評判では多くのユーザーから良い評価を得ています。

13時までに商品の決済完了をすれば、「本州・四国」なら当日発送をしてくれるので、すぐにパソコンが必要な場面でも迅速に対応してくれます。

『JUNKWORLD』ではゲーミング特集なども行っており、グラフィックボードが搭載された安いパソコンも取り扱っているので、これからPCゲームを始めようとしている方にもおすすめのショップです。

Microsoftが認定したMRRプログラムを適応したパソコンが販売されており、本家が認めたOSをインストールしていますので安心して購入することができます。

とにかく安いPCが欲しい人向け!

「JUNKWORLD」公式サイトを見る

3位:PC-WRAP

PC-WRAP
PC-WRAP
納期:即日配送可
支払い:代金引換/銀行振込/コンビニ支払い/カード決済/PayPay
サポート:平日10:00~18:00
保証:10日~3年間

PC-WRAPの公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 業界一の保証の長さ
  • 販売されている中古パソコンが豊富
  • 9,999円以上で送料が無料
  • PayPay支払いに対応
  • 非がない口コミで印象操作された過去がある
  • タイミングによってはモデル数が少ないことがある

3位の「PC-WRAP」は3年間の保証が特徴的な中古PCショップです。

多くの中古PCショップはパーツやパソコン、液晶によって保証期間が変わるのですが、PC-WRAPはすべての商品に3年間は修理の対象になる保証が適用されるため、中古PCを買ってすぐ壊れてしまうのが不安な方におすすめです。

支払い方法にはPayPay支払いもあり、わざわざ個人情報などを入力せずともスムーズに購入できるのも魅力的な部分です。

3年保証で安心して購入可能

「PC-WRAP」公式サイトを見る

中古のWindows OSに関する注意点まとめ

最後にWindowsの中古OSに関する注意点についておさらいします。

  • オークションやフリマサイトに売っている中古OSは危険がいっぱい
  • BTOショップで売っているパソコンのOSは移植でない場合が多い
  • OSのみ欲しいのであればリテール版またはDSP版を買うのが一番安全
  • 中古サブ機のOSを移植ではなく、サブ機をメインにスペックアップした方が効率が良い

サブ機をメインにする方法も、中古PCショップを使えば自分でパーツなどを購入しなくてもスペックアップができるのでかなりおすすめです。

また、「中古パソコンの選び方とおすすめショップ」ではおすすめの中古パソコンの選び方やよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次