【2022年最新】グラボ在庫不足・価格高騰の原因について

中古パソコンの寿命はどれぐらい持つのか|壊れても交換できるパーツや保証サービス充実のおすすめ中古PCショップを紹介

中古で販売されているパソコンは、どうしても「壊れやすい」「どれぐらいの寿命か分からなくて怖い」というイメージがついてしまっています。

この記事ではその様な疑問を持つ方に向けて、

について詳しく解説していきます。

当サイトでは、「中古パソコンの選び方とおすすめショップ」についても詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

中古パソコンの寿命はどれぐらい?

結論から言えば、中古パソコンがどれくらいの寿命で使えなくなるのかは明確にはわかりませんが、一般論では5年と言われています。

中古といえど、使用時間にもよって変わってくるでしょうし、バッテリーは放電せずに放置していたら使い物にならなくなるので、一概に5年という訳ではありません。

その証拠に当サイトでアンケートを実施してみました。

中古パソコンは意外と壊れない

画像を見ておわかりいただけるようにほとんどの方は壊れずにお使いいただいています。

5年以内で壊れている方は全体の16%という結果でした。

また壊れる箇所によっても修理が可能な場合もありますので、安易に買い替えなくても使える場合も多いです。

メルカリなどで購入した中古パソコンは壊れやすい可能性が高い

メルカリ 中古PC

メリカリやヤフオクなどのフリマアプリでは、多くの中古パソコンの売買がやり取りされています。

中古パソコンはすぐ故障してしまうわけではありませんが、それは正規の中古パソコンショップだったり有名なPCショップから購入した場合に限ります。

中古パソコンでメルカリで購入する際には多くの注意点があり、「届いた時点で故障していた」という実例もあります。

これから中古パソコンを購入しようとしている人は、保証がしっかりしている評価の高い中古パソコンショップで購入することをおすすめします。

中古パソコンの寿命が最も長いパーツは?

パソコンには半永久的に使えるものと、耐久年数があるものの2通りがあります。

下記表にまとめましたので、購入の参考にしてください。

パーツ寿命目安
電源約5年
CPU半永久
GPU約5年
メモリ半永久
マザーボード約7年
CMOSの電池約3~5年
SSD約5年
HDD約4~5年
液晶モニター(ノートパソコン)約11年

メーカーの平均的な耐久時間を1日8時間利用した場合で算出したデータです。あくまで目安として参考にしてください。

以下では、パーツの寿命に関する特徴や、耐久年数の伸ばし方について解説していきます。

電源

使えなくなる前に異音がしたり、突然電源が落ちるなど前兆がある場合が多いです。

耐久年数を上げるためには、中に入っているファンのホコリをこまめに掃除すること、排熱する導線を確保したり高温な状態での使用しないなど、熱を溜めないようにする工夫が必要です。

CPU

CPUとは何か

パソコン部品には寿命あると定められている物(有寿命部品)と、定められていないもの(非有寿命部品)があります。

CPUは寿命があると定められていないものなので、寿命で壊れることはほぼありません。

ですが、それはあくまで消しゴムのように「使えば使うだけ消耗・摩耗する部品ではない」というだけで、壊れないわけではありません。

GPU

GPU グラフィックボード

GPU(グラフィックボード)は使えなくなると映像出力ができなくなります。

耐久年数を上げるには、ファンがついているならこまめにホコリを掃除すること、そしてチップ部分にグリスがついているので経年劣化でカチカチになっていたら一度無水エタノールで落とし、グリスを交換してください。

メモリ

CPU同様寿命が定められた寿命ではありません。

故障する場合は熱か物理的破損、初期不良しかないのではないかと言われています。

それくらい耐久性がある部品として知られています。

マザーボード

マザーボードとは何か

すべてのパーツとつながっている部品なので故障すると「電源が入ってもすぐ落ちる」、「映像出力がされない」、「一部のパーツが認識しない」など様々なことが起きます。

主な原因はCMOSのボタン電池の電池切れ、そしてコンデンサの液漏れです。

コンデンサの液漏れは、それによりどこかのパーツがショートしてしまっている可能性もあるので、素人が下手に手を出してしまうと大変なことになります。

そして、CMOSの電池切れは電池を交換することで元通りに使える場合があります。

交換方法はショップでボタン電池を購入しパソコンの中を開け電池を交換するだけです。

しかし、その前にCMOSクリアと言ってボタン電池が入っていた場所のプラス極とマイナス極をピンセットなどで一度ショートさせてから電池を入れる作業をしておいた方が電源が復活する可能性が高いのでやっておきましょう。

SSD

記憶媒体なので、故障するとOSが起動しないなどの不具合が発生します。

メーカーの話では個体差はありますが、約36.5TB分の書き込みが行われると寿命という明確な基準があります。

基本的には消耗品なので定期的に交換しましょう。

また、複数のストレージを持っておく、または別のSSDまたはHDDに定期的にバックアップを取っておくようにしましょう。

HDD

こちらも同じく記憶媒体なので基本的には消耗品として考えた方が良いのです。

内部でディスクが回転して読み込むたびにすり減って摩耗していくので、SSDよりも耐久年数は若干少ないです。

液晶モニター(ノートパソコン)

壊れる前兆としては、「画面に線が入る」、「画面が暗い」、「鮮明さがない」などがあります。

原因はケーブルの劣化かマザーボードと同じく、コンデンサーの液漏れが原因が多いです。

中古パソコンの寿命がきても交換可能なパーツは?

寿命が来てもパーツ交換でなおる可能性がある

故障した場合修理できるパーツとできないパーツについて解説します。

パーツ交換には専門的な知識がいるため詳しい交換方法は「PCパーツ交換は初心者にもできるのか」をご覧ください。

交換できるパーツ
交換できないパーツ
  • HDD
  • SSD
  • メモリ
  • CPU
  • GPU
  • 電源
  • マザーボード
  • モニター(ノートパソコンの場合)

本記事ではメーカー製造品パソコンの場合でお話を進めます。

こちらで交換できないものは、一体型などパーツが市場に販売されていないもののため交換ができません。

また、メーカー製のパソコンの電源とマザーボードは特注品が多いので、スペックが合うものを購入したとしても物理的にケースに入らないことや、ピンの形が特殊で刺さらないことがあります。

ですので、壊れた部品を交換するのではなく、交換できるパーツを流用して新しいパソコンを組む方が簡単で安価に済ませることができます。

おすすめの中古パソコンショップ一覧

中古パソコンショップでは保証サービスや、リフレッシュ品やアウトレット品が販売されているので品質は普通の中古品に比べたら寿命が長いと思われる商品もたくさん売られています。

そんな中古ショップの中でもおすすめのショップを3つ紹介します。

1位:デジタルドラゴン

デジタルドラゴン
デジタルドラゴン
納期:1~3営業日にて発送
支払い:代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
サポート:9時~21時年中無休
保証:永久/180日/60日保証

デジタルドラゴンの公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 他ショップにはない充実した保証
  • パーツカスタマイズが豊富
  • 求めている商品が分かりやすいページ設計
  • 15時までの注文で当日発送
  • モバイルノートパソコンの取り扱いが少ない

デジタルドラゴン』は実店舗をかまえるパソコン工房と同じユニットコムグループに属する中古パソコンショップです。

「パソコン工房」は全国に70店舗展開している業界でも大手の会社なので、同グループで質のいい中古パソコンを購入することができます。

業界初の手厚い保証がありメモリー・HDD・ケーブル類などに永久保証がついています。

万が一パーツの寿命が尽きても対象のパーツであれば何度でも交換してくれるので本当にありがたいです。

保証内容やサポートは他社と比べても充実しており、デジタルドラゴンのネット上での評判が良いことにも繋がっています。

購入時にメモリの増設や、SSDへの交換もできるので自分の望んだスペックのパソコンを簡単に見つけることができる優良販売店です。

2位:OraOrA!

OraOrA!
OraOrA!
納期:翌営業日発送
支払い:代金引換/コンビニ/カード決済/Amzon pay
サポート:平日9時~16時
保証:90日保証

OraOrA!の公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 全商品バッテリー最大容量70%以上
  • 高性能で安い良コスパの商品が多い
  • 90日間の保証対応
  • サイト設計がやや見辛い

秋葉原に本店をおく、『OraOrA!』は中古パソコン専門店で楽天市場にも出店しています。

ノートパソコンのバッテリー最大容量70%以上という特徴があり、寿命の長いバッテリーが付属していることを保障しています。

OraOrA!のネット上の評判でも、バッテリー保証やコスパの良さは多くの利用者から評価されています。

価格は、2万円台パソコンのコーナーがあり低価格でコスパのいい中古パソコンが多く取り扱われています。

また、プラス1,000円でWPS Officeを付けることができます。なので、万が一初期化やOSの再インストールをしなければいけなくなっても、Officeを何度もインストールすることができます。

アウトレットレットの品ぞろえが多く、店舗でディスプレイとして使われていた商品なので外装もキレイで普通の中古品と比べて寿命が長いです。

極力寿命が長い中古品を探しているという方にはおすすめの優良ショップです。

3位:JUNKWORLD

JUNKWORLD
JUNKWORLD
納期:発送日から翌日~1週間
支払い:代金引換/銀行振込/コンビニ/カード決済
サポート:平日9時~18時
保証:30日保証

JUNKWORLDの公式サイトを見る

良い点
気になる点
  • 低価格帯の商品が豊富
  • 13時までの決済で当日発想可能
  • 中古のゲーミングパソコンも取り扱っている
  • 保証日数が30日とやや短め
  • 価格が安い分、美品は少なめ

とにかく低コストで、という方におすすめしたいのが『JUNKWORLD』です。

特徴はなんといっても安さで、1万円以下の中古パソコンの品ぞろえは業界No.1です。

その圧倒的な価格の安さから、JUNKWORLDのネット上の評判では多くのユーザーから良い評価を得ています。

セキュリティ面では、Microsoftが認定したMRRプログラムを適応したパソコンが販売されており、本家が認めたOSがインストールされていますので安心して購入することができます。

不良品保証が30日ついているので、不具合が起きた場合でも30日以内なら交換にも対応しています。

中古パソコンの寿命はどれぐらい持つのか?まとめ

最後に、中古パソコンの寿命に関してのまとめです。

  • パソコンの寿命は5年と言われているが当サイトの調べてはわずか16%
  • CPUとメモリは長寿命
  • パーツが壊れた場合は、流用できるパーツを使って新しくパソコンを組んだ方が安価
  • 保証サービスが充実している中古パソコンショップは安心して中古パソコンを購入できる

中古パソコンは「とにかく壊れやすい」というイメージがありますが、利用者のほとんどが壊れずに使用することができています。

もし購入して「万が一壊れたら・・・」と不安な方は、保証サービスが充実している中古パソコンショップを利用することをおすすめします!

この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる