グラボ在庫不足の原因と現在の状況について

ブースティングの意味とは何か?|公式が禁止するチートすれすれな迷惑行為

ブースティングとは何か?

ブースティング(boosting)とは、オンラインゲームにおいて弱いプレイヤーと強いプレイヤーがパーティを組み、弱いプレイヤーの勝率やランクを強引に上げる行為です。
「代行プレイ」とは別物とみなされることが多いです。

目次

ブースティング」の意味を解説

多くのオンラインゲームに存在するレーティングシステムで、自分の力で上のランクに行けないプレイヤーが、実力のあるプレイヤーに頼ってランキングやレートを上げてもらうのが「ブースティング」です。

最初から弱いプレイヤーがプレイすらせず、アカウントごと強いプレイヤーに渡して戦績を上げてもらうのは「ブースティング」ではなく「代行プレイ」と呼ばれることが多いです。

ブースティングとは、チートを利用したプレイヤーとチームを組むことで簡単に勝利を収めるなどして、戦績等をブーストするオンラインゲームの迷惑行為の一つです。

ブースティングは、依頼者自体はチート行為などを行っているわけではないので、違反行為として摘発されにくく、非常に悪質です。

ちなみに、単純に上手い人に混ざってランクマッチでプレイすることは「キャリー」と呼ばれます。チートや代行と比べれば悪質性は低いものの「ブースティング」の一種とされることもあります。

ブースティング」はチート?

ブースティングは明らかな禁止行為で、『Apex Legends』を例に挙げると、公式の開発者がTwitterでブースティングはBANの対象となる行為だと明言しています。

『Apex Legends』などの超人気タイトルは、育成代行を行う個人や業者のターゲットになっており、利用者も後を絶ちません。

「ランク」「バッジ」「キルレート」など、プレイヤーのステータスとなる要素が多いため、効率良く戦績を上げられない人はブースティングに頼ってしまいがちな傾向にあります。

ブースティングを主導する側は、チートを利用したり、本来のランク帯以上の腕前を持っているので、マッチングから公平性が失われます。ブースティング自体はチートではありませんが、チーターがやりがちな行為の一つです。

別タイトルでは『Call of Duty』シリーズを手掛けるActivision社は公式でブースティング行為を明確に禁じていると発表しています。

ブースティングは公平感が失われ、ゲーム本来の楽しみを失う悪質な迷惑行為です。

『Apex Legends』や『Call of Duty』シリーズは禁止行為と明言していますが、その他のタイトルでも同様に迷惑行為となるので、ブースティングは絶対に止めましょう。

ブースティングは2016年ごろから、ランク制度が導入されたオンラインFPSゲームで常に問題となってきました。
オンラインFPSの歴史について知りたい方は「FPSゲームとは何か?」を参照してみてください。

ブースティングは禁止行為?

結論から言えば、「ランクマッチで」「極端に実力の離れた者同士のパーティが」「戦績の水増し目的で継続的に」プレイし続けたら、それは禁止行為にあたる可能性が高いです。

逆に、実力差のある友達同士で2,3戦低レベル帯に潜っても、BANされる可能性は低いでしょう。

スマーフ」問題同様、「どれくらいの違反行為か」「どれくらい嫌われているか」はゲームによってケースバイケースです。

スクロールできます
格ゲー影響度:小
競技FPS/TPS(VALORANT)影響度:大
バトロワ(Apex Legends)影響度:中
MOBA影響度:大
カジュアル対戦影響度:小
ブースティングの「嫌われ度」

「ブースティング」関連用語

ブースティング以外にもオンラインゲームには多くの禁止、迷惑行為が存在します。

  • スマーフ・・・上級者がサブアカウントを使うなどして初心者を装い、初心者狩りをする行為
  • チーター・・・チートを使ったスマーフでブースティングをするパーティも存在する
  • チーミング・・・敵同士で組んで圧倒的有利状況で他のパーティを倒す行為。スマーフより嫌われる
この記事が役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる