2013年03月23日(土)22時58分

『Saints Row』のVolitionがTHQ倒産を語る「uDrawの失敗が最大の原因」

udraw.jpg360、PS3、Wiiで発売された『uDraw』

『Saints Row』シリーズで知られるVolitionのScott Phillips氏がTHQ倒産を振り返り、モバイルを無視したことと、お絵かきツール『uDraw』が倒産の原因だろうと語っています。

Scott Phillips: 『uDraw』と、モバイルに参入しないという判断は過ちだった。今年の初頭になるまで、THQはモバイルやiPadゲームのことは考えもしていなかっただろう。彼らは全てで遅れを取り、結局はそれが致命的だったんだ。

シニア・プロデューサーJim Boon氏は、THQ倒産最大の原因は『uDraw』だろうとしています。

Jim Boon: 子供を相手にしたビジネス――THQ自身が認めたように、彼らはもう少し早く撤退していればと考えていた――というのは、多額の投資が行われる。その最たるものが『uDraw』問題だった。あれは丁度『Saints Row: The Third』発売とほど同時期だったので、THQでは大ヒット作に誰もが興奮する一方、『uDraw』で1億ドルの損失を出していたんだ。

その結果、VolitionはKoch Media/Deep Silverの傘下に入ることになりましたが、スタジオの文化には何の影響もないという。

Jim Boon: THQは投資ファンドに頼ることができたから、我々自身はパブリッシャーの変更によるレイオフなどは心配していなかった。スタジオを維持する方法は常に存在するように思えたからね。我々が心配していたのは、誰がオーナーになるのか、そしてオーナーの変更が何を意味するのか、という点だった。仮に違うパブリッシャーに買収された場合、ゲームそのものや我がスタジオの文化、開発プロセスの変更を迫られるのではないかという懸念があったんだ。幸運なことに、Deep Silverはとても良くしてくれている。開発プロセスやスタジオの文化は今までどおりだし、ゲームに関しても何一つ変更を要求されていないよ。とてもシームレスだ。

[ソース: GameSpot]

カテゴリ: 業界 タグ: -